Site Calendar

サイトカレンダをスキップ

2019年 12月
«
»
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

NAVI

ログイン

ログイン

新着情報

記事

-

コメント (2日)

-

トラックバック (2日)

-

リンク (2週)

新しいリンクはありません

QRコード

QR code

アンケート

三国志ニュースのレポート系記事

三国志ニュースで書いて欲しいレポート系記事はどれ?

  •  三国志フェス
  •  三国志学会大会
  •  関プチ5全国ツアー
  •  魏晋南北朝史研究会関連
  •  三國夜話
  •  六間道三国志祭
  •  三国志TERAKOYA4
  •  三国志 義兄弟の宴
  •  東アジアの『三国志演義』/ベトナムの『三国志演義』
  •  zip,torrent(トレント),rar,lha,mediafire,pdf,DL(ダウンロード),nyaa等を含む検索語句(違法なフリーライド・無料閲覧関連)、あるいはBD・DVD自作ラベル、カスタムレーベル等を含む検索語句(著作権・肖像権侵害関連)に関する調査・研究

結果
他のアンケートを見る | 50 投票 | 0 コメント

PR

清岡的見解:ねこまんまさんについて http://tinyurl.com/nekonomanma3
よくわかるねこまんまさんの問題行動 pdf
gif

龍狼伝(2015年5月2日-6日)


ショー http://cte.main.jp/newsch/forum/viewtopic.php?showtopic=180&page=12#247

有り難いことに上記のように「三国志ニュース」の掲示板で教えていただいたこと。

※関連記事 龍狼伝 中原繚乱編 15巻(2015年3月17日)

上記関連記事にあるように『月刊少年マガジン』に山原義人/著『龍狼伝 中原繚乱編』(マンガ)が連載されているのだけど、それを原作として(正確にはその前作の『龍狼伝』だろうけど)、下記サイトにあるように2015年5月2日土曜日祝日から6日水曜日祝日まで全9ステージ、東京都中央区銀座の博品館劇場にて舞台『龍狼伝』があるという。具体的な日時は上記公式サイトより「2015年/5月2日(土)19:00/5月3日(日)14:00/19:00/5月4日(月祝)14:00/19:00/5月5日(火祝)14:00/19:00/5月6日(水祝)12:00/16:00」とのことで、前売券6500円、当日券7000円だという。リピーター特典として下記サイトから引用するに「・3回…お好きなキャストの未発売ブロマイド<壱>/・6回…お好きなキャストの未発売ブロマイド<弐>/・9回…お好きなキャストのサイン+お客様の名前入りA4版ブロマイド」があるそうな。

・舞台『龍狼伝』公式サイト
http://assh.info/ryurouden/

・舞台『龍狼伝』|公演/舞台のチケット情報・販売・購入・予約|e+(イープラス)
http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010163P0108P002152771P0050001P006001P0030001

・銀座 博品館劇場:劇場案内
http://theater.hakuhinkan.co.jp/

前述のサイトから下記に内容紹介文とキャストを引用する。

━引用開始━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
GRASP produce vol.1 舞台『龍狼伝』

「月刊マガジン(講談社)」に1993年より連載が続いている、大人気ハイパー歴史アクション『龍狼伝(原作:山原義人)』が遂に舞台化!
西暦207年、中国。乱世の群雄が覇を競う「三國志」の時代に突如龍に乗って現代人の少年少女がタイムスリップ!龍の子として歴史を大きく揺るがすスペクタクルストーリー。
「劉備」「曹操」などお馴染みの三國武将が活躍する中、世を支配し尽くさんと影で暗躍する「破凰の相」を持つ真の敵「仲達」に、「天運の相」を持つ龍の子「志狼」はその野望を打ち砕けるのか!?

ハイクオリティな衣装・メイクを身に纏い、舞台上を縦横無尽に駆け回る豪華キャスト!
迫力の映像と音楽が劇場を包み込み、皆様を「新(ネオ)・三國志」の世界にタイムスリップさせます!

脚本・演出まつだ壱岱が手掛ける「新(ネオ)・三國志」の世界へ・・・いざ!参らん!!


【キャスト】
椎名鯛造 / 栞菜 / 井深克彦 / 友常勇気 / 鶴田亮介 / 室龍規 / 山碕薫太 / 樋口裕太 / 坂田しおり / 緑川睦
末野卓磨 / 新田健太 / 階戸瑠李 / 鷹松宏一 / 鵜飼主水 / 木田健太 / 山本哲平 / 小玉百夏
吉田宗洋
葵 / Kimeru



【原作】
山原義人(講談社)


【脚本・演出】
まつだ壱岱


【監修協力】
講談社月刊マガジン編集部
━引用終了━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

三国マンガの演劇化は下記関連記事の『一騎当千』以来かな?

※関連記事 一騎当千(舞台2012年11月30日-12月9日)

※追記 メモ:はじめての京劇V~三国志「古城会」(2015年4月18日)

※次作 龍狼伝 第二章(2016年4月6日-10日)

トラックバック

このエントリのトラックバックURL:
http://cte.main.jp/newsch/trackback.php/3455
表示形式
コメント投稿

サイト管理者はコメントに関する責任を負いません。