Site Calendar

サイトカレンダをスキップ

2019年 08月
«
»
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

NAVI

ログイン

ログイン

新着情報

記事

新着記事 1件(24時間)

コメント (2日)

-

トラックバック (2日)

-

リンク (2週)

新しいリンクはありません

QRコード

QR code

アンケート

三国志ニュースのレポート系記事

三国志ニュースで書いて欲しいレポート系記事はどれ?

  •  三国志フェス
  •  三国志学会大会
  •  関プチ5全国ツアー
  •  魏晋南北朝史研究会関連
  •  三國夜話
  •  六間道三国志祭
  •  三国志TERAKOYA4
  •  三国志 義兄弟の宴
  •  東アジアの『三国志演義』/ベトナムの『三国志演義』
  •  zip,torrent(トレント),rar,lha,mediafire,pdf,DL(ダウンロード),nyaa等を含む検索語句(違法なフリーライド・無料閲覧関連)、あるいはBD・DVD自作ラベル、カスタムレーベル等を含む検索語句(著作権・肖像権侵害関連)に関する調査・研究

結果
他のアンケートを見る | 50 投票 | 0 コメント

PR

清岡的見解:ねこまんまさんについて http://tinyurl.com/nekonomanma3
よくわかるねこまんまさんの問題行動 pdf
gif

『エレ片のコント太郎』ポッドキャスト2013年9月14日分


  • 2013年9月17日(火) 07:26 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    1,619
ラジオ ※関連記事
 『エレ片のコント太郎』ポッドキャスト2011年11月19日分
 メモ:「やつい孔明のヴィレ蛮征伐」最終日(2013年8月2日)

二重の意味で上記関連記事の続きかな。
毎週土曜日深夜25時(つまり日曜日1時)にTBSラジオで下記のようにラジオ番組『JUNKサタデー エレ片のコント太郎』がある。

・JUNKサタデー エレ片のコント太郎
http://www.tbsradio.jp/elekata/

それとは別に毎週月曜日昼にネットで配信開始のポッドキャストがあって、RSSがあるのでそれに登録し、更新されればその都度、そのmp3ファイルをダウンロードし、面白いし移動中に聴いている。先のラジオ本編が関東地方限定だか、ポッドキャストは原理的には日本中どころか世界中どこでも聴ける。

※関連記事 『エレ片のコント太郎』ポッドキャストで三国志ネタ

上記関連記事のように、このポッドキャストにたまに三国志ネタもあるんで、気付けばその都度、メモをしていた。但し、そこでも追記したように「2013年7月1日から局全体の意向でポッドキャストのデータを半年しか保存しなくなったとのこと」ことで、個人で楽しむために保存する場合はお早い目に。
最近、ツイッター上で、下記のリンク先にあるように、「三国志フェス」と検索していて情報をチェックしているのだけど、どうやらポッドキャストの前の本放送で、エレキコミックのやついいちろうさんがどうやら「三国志フェス2013」の告知をしてくれたそうな。

・Twitter / 検索 - 三国志フェス
http://twitter.com/search?q=%E4%B8%89%E5%9B%BD%E5%BF%97%E3%83%95%E3%82%A7%E3%82%B9&src=typd&f=realtime

※関連記事 三国志フェス2013(横浜2013年9月28日)

・百年日記
http://ameblo.jp/100nen/

というわけで、月曜日配信のポッドキャストでももしかして「三国志フェス2013」の告知があるのではないかと楽しみにしていた。

・エレ片9月14日2013年
http://podcast.tbsradio.jp/elekata/files/20130916.mp3

そして敬老の日となる上記リンク先にある2013年9月16日月曜日配信のポッドキャストが配信された(収録は本編のラジオ番組の直後らしい)。いつもより長いどころか、珍しく一時間越えの1時間12分。聞いていくと冒頭の「フツオタ」(普通のお便り)の紹介から始まり、いろんな話題が出ていて、最後にいつものように各パーソナリティからの告知の流れになって、あぁ、ここで少し「三国志フェス2013」の話を少しするのだな、と思っていたのだけど、ファイルの経過時間を見ると、まだ42分で、終了まで30分ぐらいあり、もしやと思って聞き進める。

・あうるすぽっと 公演情報 夏の終わりの妹
http://www.owlspot.jp/performance/130913.html

そうすると、上記のやついさんが出演される舞台『夏の終わりの妹』の告知に続いて、下記バナーの「三国志フェス2013」が紹介される。

三国志フェス2013

どうやらラジオ本編では「まさに三国志的なことをやります」とやついさんがおっしゃってそのまま押し切り、具体的に何をするかリスナーどころか他のパーソナリティにも解らないというネタだったそうなんだけど、ポッドキャストの方も当初はそんな笑いどころだった。
ところが途中から、まるで上記の公式サイトを見たように、一つ一つ、やついさんがプログラムを読み上げていって、それにエレキコミックの今立進さんやラーメンズの片桐仁さんがいじっていくという流れだった。それでも「謎」感が解消されない感じが笑い所になっていた。間に料金体系に触れ、主催者側を心配するぐらいの「安さ」を強調して下さった。
邪推しててっきりお三方の所属するトゥインクルコーポレーションの芸人さんが多数出演される「エンペラー・オブ・お笑い三国志(仮)」があるから告知の時間を長く取って下さっていると思っていたら、そういったことには触れず、「エンペラー・オブ・お笑い三国志(仮)」については出演者に触れず「謎」感の笑いだったかな。さすがに、やついさんがその審査員をすることや、その後のトークショー、さらに夜の部にて、お三方の後輩に当たる、おくまんさんの出演には触れていたが。

・株式会社トゥインクル・コーポレーション
http://www.twinkle-co.co.jp/

・エレキコミック公式サイト エレキズム
http://elecomi.com/

※関連記事 三国志フェス2013 予習リンク集 (2013年9月28日)

・百年日記
http://ameblo.jp/100nen/
 ※やついさんのブログ

・おくまん日記。 - Ameba
http://ameblo.jp/okuman1023/

※関連記事 メモ:第35回 三国志街道の集い(2013年4月27日)

それで、ついにおもしろ三国志さんの出演まで言い切って、さらにおもしろ三国志さんも(下げて上げて)いじっていた。

・おもしろ三国志の諸葛孔明 IN THE HOUSE!
http://ameblo.jp/omoshirosangokushi/

※関連記事 リンク:董卓討つべしRemixies

それで終わりかと思ったら、さらに「よくある質問」のページも読み始めいじりはじめ、挙げ句に「出展者・協力者募集」や「ボランティアスタッフ募集」のページにも触れ、それぞれ片桐さんや、かわじりさんに勧めるというネタになっていた。

いや~、笑わしてもらった。そして「三国志フェス2013」本編もどうなることやらそういう意味でも楽しみ。

※リンク追記。
・2013年10月5日
http://podcast.tbsradio.jp/elekata/files/20131007.mp3
※10月5日深夜25時の本編でのオープニングトークが三国志フェス2013の話ばかりだったそうな。それでポッドキャストの方は、13分ぐらいから、三国志フェス2013で投稿者の友人がやついさんから「うしうしし」のような諸葛亮のイラスト入りのサインを貰ったって話。17分ぐらい、本編の三国志フェスの話は若干だそうな。三国志フェスの出展者のドリポリさんの投稿。ファン同士が手を前に組んで挨拶する様を見てびびったそうな。その投稿ではエレ片リスナー同士で話せて良かったとのこと。投稿から離れ、本編で出ていた、知っている前提でのUSHISUKEさんの名を出すことも少し触れていた(共に音のみなので、ツイッター上でのリスナーのつぶやきでは「うしすけさん」になっていた。)。エンペラー・オブ・お笑い三国志の話と思ったら、そこのネタを含めた惑星ボルヘスさんの話。言葉尻に三国志を見出し、知識をひけらかし話が脱線するというネタなのに、結果としてボケの方が三国志の知識がないという漫才の仕上がり。やついさんが話すと計算じゃなくてあがっていたそうで。39分から、そのボケの方のレッスンさんの話。

※追記 メモ1:三国志フェス2013(2013年9月28日)

※追記 歴人マガジン(2013年12月16日)

※追記 レポ3:九州三国志忘年会(2013年12月29日)

※追記 メモ:恋愛ドラマとケータイ(2014年1月22日)

トラックバック

このエントリのトラックバックURL:
http://cte.main.jp/newsch/trackback.php/2887
  • 『エレ片のコント太郎』ポッドキャスト2013年9月14日分
  • 0コメント
  • アカウント登録
表示形式
コメント投稿

サイト管理者はコメントに関する責任を負いません。