Site Calendar

サイトカレンダをスキップ

2019年 10月
«
»
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

NAVI

ログイン

ログイン

新着情報

記事

-

コメント (2日)

-

トラックバック (2日)

-

リンク (2週)

新しいリンクはありません

QRコード

QR code

アンケート

三国志ニュースのレポート系記事

三国志ニュースで書いて欲しいレポート系記事はどれ?

  •  三国志フェス
  •  三国志学会大会
  •  関プチ5全国ツアー
  •  魏晋南北朝史研究会関連
  •  三國夜話
  •  六間道三国志祭
  •  三国志TERAKOYA4
  •  三国志 義兄弟の宴
  •  東アジアの『三国志演義』/ベトナムの『三国志演義』
  •  zip,torrent(トレント),rar,lha,mediafire,pdf,DL(ダウンロード),nyaa等を含む検索語句(違法なフリーライド・無料閲覧関連)、あるいはBD・DVD自作ラベル、カスタムレーベル等を含む検索語句(著作権・肖像権侵害関連)に関する調査・研究

結果
他のアンケートを見る | 50 投票 | 0 コメント

PR

清岡的見解:ねこまんまさんについて http://tinyurl.com/nekonomanma3
よくわかるねこまんまさんの問題行動 pdf
gif

ドラマ『曹操』オフィシャルブログ(2013年9月2日-)


  • 2013年9月12日(木) 00:12 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    2,195
テレビ ※関連記事 曹操(2013年9月4日-)

上記関連記事で書いたように、2013年9月4日よりドラマ『曹操』の全41話のセルとレンタルが始まった。

・中国ドラマ『曹操』DVDオフィシャルサイト
http://www.cinemart.co.jp/sousou/

また下記の「ドラマ『曹操』オフィシャルブログ」にて「全41話の解説はもちろん、ドラマをより楽しんでいただけるような三国志や曹操に関連した豆知識、イベントレポートなどなど」が書かれるという。

・ドラマ『曹操』オフィシャルブログ
http://blog.livedoor.jp/sousou_drama/

・ドラマ『曹操』公式ブログ、はじめました。
http://blog.livedoor.jp/sousou_drama/archives/32380392.html

・ドラマ「曹操」Blu-ray&DVDリリース記念イベント・レポ
http://blog.livedoor.jp/sousou_drama/archives/32526805.html
※これによると9月5日にシネマート六本木(映画館)にて松村邦洋さん、副島美咲さん出演でブルーレイ&DVDリリース記念イベントが行われたそうな

その書き手は下記関連記事でふれた、『三国志 Three Kingdoms』各話解説と同じく哲舟さんとのことだ。

※関連記事 三国志 Three Kingdoms 各話解説(2012年4月2日-)

※追記 三国志ファン、コア層こわそう、再燃

※追記 曹操(プレミア放送2014年1月5日)

※追記 旧正月だよ 三国志ナイト!(2014年2月5日)

※追記 日本おもしろ歴史塾~戦国の軍師篇 第1回(2014年2月16日)

・哲舟の呑む喰う浸かる、歴史に憩う
http://blog.livedoor.jp/tetsubo8/

※リンク追記
・ドラマ『曹操』オフィシャルブログ : 各話タイトルについて、お詫び。
http://blog.livedoor.jp/sousou_drama/archives/34828861.html

全然、予定を聞かないがテレビで放送されたときの需要に備え、更新に気付き次第、公式ブログの各話解説へのリンクをこのブログの各サブタイトルに入れていく。

※リンク追記
・ドラマ『曹操』オフィシャルブログ : 各話タイトルについて、お詫び。
http://blog.livedoor.jp/sousou_drama/archives/34828861.html
 ※上記ブログ記事に合わせてこちらでも、ブログ記事のタイトルを括弧にいれて、各話タイトルを入れていく。


第1部-乱世奸雄-
第1話 天下への一歩 (自分の道を自分で歩く!)
※「正史『三国志』では「曹萌」が正しい名前とされ」と書かれているが、通行する『三国志』巻一魏書武帝紀註所引司馬彪『続漢書』では「騰父節」であり、「萌」とするのは『三国志集解』での該当部分での集解部分で「侯康曰後漢書皇后紀獻穆曹皇后諱節魏公曹操之中女也此書三少帝紀景元元年六月故漢獻帝夫人節薨若騰父名節操不應復以名其女梁章鉅曰藝文類聚卷九十四引續漢書曹騰父萌節萌字形相近近或本作萌而誤作節」と注があるぐらいなのに、なんで、正しいと言い切ってるんだろう。正しい正しくないよりどうしてそう書かれたのか気になる。ハードカバーの『三国志』筑摩書房訳本では「節」だけど案外、またちくま文庫訳本の仕業かもしれないね。見る機会があれば確認してここに追記しておこう。(※9/15追記、ちくま文庫訳本でも「節」だった。正攻法だと迷宮入り)
第2話 因縁の出会い (花嫁泥棒)
※いや、『三国志』巻三十二蜀書先主伝に「「今天下英雄、唯使君與操耳。本初之徒、不足數也。」先主方食、失匕箸。」(俗に言う「英雄談義」の件)と陳寿がこの時代に食事で箸(および匕)が使われていると書いているじゃないかと脊髄反射的ツッコミ。

※追記 三国志フェス2013 予習リンク集 (2013年9月28日)

第3話 渦巻く陰謀 (夜間外出禁止令)
第4話 民の味方 (最愛の人、卞思(べんし)登場)
第5話 十常侍の陰謀 (この曹操、必ず歴史に名を残す!)
第6話 黄巾の乱 (蔡文姫との別れ、黄巾の乱勃発)
第7話 劉備との出会い (曹操、初陣を飾る)
第8話 皇太后の野望 (曹丕、誕生す)
第9話 帝位争い (曹操、典軍校尉となる)
第10話 霊帝崩御 (霊帝の死)
第11話 血に染まる皇宮 (袁紹、宦官を皆殺しにする)
第12話 猛将・呂布 (董卓、洛陽を占拠する)
第13話 七星宝刀
第14話 暗殺失敗
第15話 誤殺
第16話 董卓を討て
第17話 燃える洛陽
第18話 連合軍崩壊
第19話 連環の計
第20話 董卓死す
第21話 軍師との出会い
第22話 徐州侵攻
第23話 共鳴

第24話 天子奪還
第25話 皇帝の決意
第26話 丞相誕生
第27話 劉備 降る
第28話 麦畑
第29話 慟哭の日々
第30話 皇帝袁術
第31話 猛者 夏侯惇
第32話 呂布の最期
第33話 虎を放つ
第34話 打倒曹操
第35話 苦渋の選択
第36話 義兄弟の絆
第37話 官渡の戦い
第38話 袁紹死す
第39話 思慕の歌
第40話 屈辱の婚礼
第41話(最終話) そして南へ

トラックバック

このエントリのトラックバックURL:
http://cte.main.jp/newsch/trackback.php/2882
表示形式
コメント投稿

サイト管理者はコメントに関する責任を負いません。