Site Calendar

サイトカレンダをスキップ

2020年 08月
«
»
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

NAVI

ログイン

ログイン

新着情報

記事

-

コメント (2日)

-

トラックバック (2日)

-

リンク (2週)

新しいリンクはありません

QRコード

QR code

アンケート

三国志ニュースのレポート系記事

三国志ニュースで書いて欲しいレポート系記事はどれ?

  •  三国志フェス
  •  三国志学会大会
  •  関プチ5全国ツアー
  •  魏晋南北朝史研究会関連
  •  三國夜話
  •  六間道三国志祭
  •  三国志TERAKOYA4
  •  三国志 義兄弟の宴
  •  東アジアの『三国志演義』/ベトナムの『三国志演義』
  •  zip,torrent(トレント),rar,lha,mediafire,pdf,DL(ダウンロード),nyaa等を含む検索語句(違法なフリーライド・無料閲覧関連)、あるいはBD・DVD自作ラベル、カスタムレーベル等を含む検索語句(著作権・肖像権侵害関連)に関する調査・研究

結果
他のアンケートを見る | 53 投票 | 0 コメント

PR

清岡的見解:ねこまんまさんについて http://tinyurl.com/nekonomanma3
よくわかるねこまんまさんの問題行動 pdf
gif

火間虫入道のエイプリルフール・ネタ2012


ネット ※関連記事
 三国志大戦3公式ウェブサイトのエイプリルフール・ネタ?2010
 三国志大戦3ステップアップガイドvol.4(2011年3月29日)

上記関連記事にあるように、2010年まで毎年4月1日にアーケードゲーム『三国志大戦3』の公式サイト(下記)にてエイプリルフール・ネタがあったので、今年はどうかアクセスする。

・三国志大戦3公式ウェブサイト
http://www.sangokushi-taisen.com/

5時半ぐらいに日本語のページにアクセスするとフレーム内が左右のコラムとも「Not Found」になっていて、もしかしてエイプリルフール・ネタ更新の形跡か、と期待しつつ、間を開けて10時半ぐらいにアクセスすると三国志大戦スペシャルイベント「秋葉原の宴」開催の情報が出ていた(後日、改めて記事にする予定)。その流れだったので30秒ぐらいエイプリルフール・ネタと思い込んでネタ所を見る目で探っていたが、全然、笑える所や可笑しい所がなかったので、エイプリルフールとは無関係の情報だと気付く(※これで4月2日以降、この情報が消えていれば、それはそれで新しいネタなのだが)。

※追記 三国志大戦スペシャルイベント 秋葉原の宴(2012年5月19日)

昨年に続いて今年もどうやら「三国志大戦3公式ウェブサイト」にエイプリルフール・ネタはないと判断し、毎年、チェックしている他のサイトにアクセスする。

・火間虫入道 -信長の野望 蒐集者の庭-
http://hima.que.ne.jp/

そうするとその中で上記サイト「火間虫入道」にてSLG『三國志』ネタが含まれていた。冒頭でリンクした記事「三国志大戦3ステップアップガイドvol.4(2011年3月29日)」で少し触れたように昨年に続いてのことだね。以下、ネタバレ気味になるので「続きを読む」以降に続く。 (あるいは直接この記事にアクセスされる可能性があるので数行あける)





この企画「虚報新聞」と掛けた、黄皓の「きょほう」ネタ、初代からの『三國志』ファンには有名な龐徳と郭図とのパラメータ逆?ネタや「出ると負け軍師」ネタ(コーエーの『爆笑三国志』由来らしい。リンク先UTF-8)、何より左下が「今ターンの災害」として中国地図でのゲーム画面ネタがある。

あと見に行くサイトとして下記の「徹夜城の多趣味の城」があって、そこの「史劇的な物見櫓」→「ニュースな史点」にエイプリルフール・ネタがある。

・徹夜城の多趣味の城
http://www2s.biglobe.ne.jp/~tetuya/TETUYA.HTML

4本あるうちの1本の出だしの商標登録についての文に「三国志」と出てくるぐらいで、三国志ネタはないんだけどね。どれも面白かったので紹介。

※関連記事 メモ:三国志と株と商標と

上記の二つのサイトは例年だと4月2日以降もこれらエイプリルフール・ネタは見れたので、興味ある方は2日以降でも諦めずに見に行くと良いかも。

トラックバック

このエントリのトラックバックURL:
http://cte.main.jp/newsch/trackback.php/2353
表示形式
コメント投稿

サイト管理者はコメントに関する責任を負いません。