Site Calendar

サイトカレンダをスキップ

2020年 06月
«
»
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

NAVI

ログイン

ログイン

新着情報

記事

-

コメント (2日)

-

トラックバック (2日)

-

リンク (2週)

新しいリンクはありません

QRコード

QR code

アンケート

三国志ニュースのレポート系記事

三国志ニュースで書いて欲しいレポート系記事はどれ?

  •  三国志フェス
  •  三国志学会大会
  •  関プチ5全国ツアー
  •  魏晋南北朝史研究会関連
  •  三國夜話
  •  六間道三国志祭
  •  三国志TERAKOYA4
  •  三国志 義兄弟の宴
  •  東アジアの『三国志演義』/ベトナムの『三国志演義』
  •  zip,torrent(トレント),rar,lha,mediafire,pdf,DL(ダウンロード),nyaa等を含む検索語句(違法なフリーライド・無料閲覧関連)、あるいはBD・DVD自作ラベル、カスタムレーベル等を含む検索語句(著作権・肖像権侵害関連)に関する調査・研究

結果
他のアンケートを見る | 53 投票 | 0 コメント

PR

清岡的見解:ねこまんまさんについて http://tinyurl.com/nekonomanma3
よくわかるねこまんまさんの問題行動 pdf
gif

戦国武将VS三国志(2010年1月27日-10月5日)


  • 2011年11月 4日(金) 20:37 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    863
マンガ ※関連記事 決戦!戦国VS三国志(2011年10月21日配信開始)

上記関連記事を書くに当たり、「戦国VS三国志」と検索すると、下記のページに行き当たる。

・白泉社:花とゆめ.com | ワクワク4コマランド
http://www.hanayume.com/hanayume/wakuwaku/

・白泉社:花とゆめ.com|戦国武将VS三国志
http://www.hanayume.com/hanayume/wakuwaku/sengoku/

つまり、サイト「白泉社:花とゆめ.com」内のサイト「ワクワク4コマランド」にて、小嶋すみれ/著『戦国武将VS三国志』が2010年1月27日から10月5日まで不定期で計13回連載された。上記ページによると「WEB限定描き下ろし!!」とのこと。

4コママンガのタイトルを見て、一瞬、「戦国武将と歴史書が戦うってどういう意味だ? 『問題集に悪戦苦闘する受験生』という言い回しがあるから、日本の戦国時代の誰かが『三国志』の訳に四苦八苦する様を描いた4コマなんだろうか」と思ったが、当然、そんなことはない。
タイトルにもある三国部分だが、順々に読み進めても一切出てこず、5回目(2010年4月20日掲載分)、6回目(2010年5月1日掲載分)、7回目(2010年5月20日掲載分)、8回目(2010年6月19日掲載分)、9回目(2010年7月5日掲載分)の欄外で自己ツッコミ的な文で「三国志」と触れられる。そして漸く10回目(2010年8月5日掲載分)と11回目(2010年8月20日掲載分)で『三国志』に載る人物である曹操が出てくる。それら以外で三国要素が見あたらない。
11回目(2010年8月20日掲載分)の冒頭で石田三成が手に持つ「虎ノ巻」を読むという形で「曹操とは/蜀の名将」というセリフがあり、もちろん、曹操は魏書に立伝される人物(というより本紀だが)であり、蜀漢にも蜀にも関係ない。このセリフに対して作中でツッコミがなく、事実に大きく反することが書かれるといった設定が「虎ノ巻」にないため、このセリフがネタなのか、単なるミスなのか判断が付きかねる。

ちなみに下記関連記事にあるように2009年末2010年初に歴史関連の雑誌が創刊されていたので、そういった需要を見込んで2010年1月27日にこのマンガの連載が始まったのかもしれない。

※関連記事 週刊 そーなんだ!歴史編(2010年1月6日創刊)

※追記 劉備徳子は静かに暮らしたい(LaLa 2016年6月24日-)

トラックバック

このエントリのトラックバックURL:
http://cte.main.jp/newsch/trackback.php/2204
表示形式
コメント投稿

サイト管理者はコメントに関する責任を負いません。