Site Calendar

サイトカレンダをスキップ

2019年 12月
«
»
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

NAVI

ログイン

ログイン

新着情報

記事

-

コメント (2日)

-

トラックバック (2日)

-

リンク (2週)

新しいリンクはありません

QRコード

QR code

アンケート

三国志ニュースのレポート系記事

三国志ニュースで書いて欲しいレポート系記事はどれ?

  •  三国志フェス
  •  三国志学会大会
  •  関プチ5全国ツアー
  •  魏晋南北朝史研究会関連
  •  三國夜話
  •  六間道三国志祭
  •  三国志TERAKOYA4
  •  三国志 義兄弟の宴
  •  東アジアの『三国志演義』/ベトナムの『三国志演義』
  •  zip,torrent(トレント),rar,lha,mediafire,pdf,DL(ダウンロード),nyaa等を含む検索語句(違法なフリーライド・無料閲覧関連)、あるいはBD・DVD自作ラベル、カスタムレーベル等を含む検索語句(著作権・肖像権侵害関連)に関する調査・研究

結果
他のアンケートを見る | 50 投票 | 0 コメント

PR

清岡的見解:ねこまんまさんについて http://tinyurl.com/nekonomanma3
よくわかるねこまんまさんの問題行動 pdf
gif

三極姫~乱世、天下三分の計~(2010年12月17日)


  • 2010年11月21日(日) 22:07 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    6,022
ゲーム 別件でたまたま見かけ、公式サイトを見てスルーしそうになったが、まぁ記録として書き残しておこう。

・Welcome to unicorn-a!
http://www.unicorn-a.com/

上記の美少女アダルトゲームブランド「ユニコーン・エー(ゆにこーんえー)」のサイトによると、2010年12月10日にWindows 7/Vista/XP 日本語版(要DVD-ROMドライブ)用の美少女歴史シミュレーションアドベンチャーゲーム『三極姫~乱世、天下三分の計~』が10290円で発売するという。
※追記。11月29日の更新履歴によると、発売日が「2010年12月10日」から「2010年12月17日」に変更になったそうな。
ゲームの対象が18歳以上だから、直接公式サイトにはリンクしていないが、上記のブランドサイトからアクセスできる。

それでタイトルに暗喩されているように「三国志演義の世界で美少女武将が群雄割拠!!」(公式サイトより)のゲームだそうだ。ブランドサイトを見ると先に戦国シミュレーションアドベンチャー『戦極姫~戦乱の世に焔立つ~』が二作品もさらにスピンオフ作品も発売されているので、日本の戦国時代の次は中国の三国時代って流れなんだろうね。
それで「シミュレーションアドベンチャーゲーム」って何?と思ったんだけど、公式サイトを見ると「アドベンチャーパートとシミュレーションパートでゲームが進行する」(公式サイトより)という。
アドベンチャーゲームでこの手のゲームは例えば下記関連記事にあるように『恋姫†無双』シリーズを連想するが、それとは違って、公式サイトを見る限りこちらは全部が全部、三国時代の人物を女性化した訳ではなさそうだ。例えば馬岱は男性に見えるし。

※関連記事 真・恋姫†無双~萌将伝~(2010年7月23日)

※追記 三極姫(2011年8月23日-)

※追記 三極姫~三国乱世・覇天の采配~(2011年12月22日)

※追記 三極姫2~天地大乱・乱世に煌く新たな覇龍~(2012年7月27日)

それと機種依存性文字回避のためだろうけど、「公孫瓚」が「公孫讃」と誤っていたり「賈詡」が「賈駆」と誤っていたりするのも『恋姫†無双』シリーズを連想させるね。あと公式サイトの「武将紹介」の各キャラの説明に「史実人物説明」とあって作中のキャラの元になった人物の説明をする意気込みは評価するが、小説の『三国演義』内の説明も「史実」とするのは誤解の元だね。あと一騎討ちがあって、そこでは「脱衣演出」だって。さすがその対象年齢。

※追記。『三極姫~乱世、天下三分の計~』を誤った検索語句「三国姫~乱世、天下三分の計~」や「戦極姫~乱世、天下三分の計~」をよく見かけるので注意が必要(…とここで書いてもそういう人に限ってよく読まないだろうから気付かれないだろうが)。あと「三極姫~乱世、天下三分の計~ 回避」という検索語句が見られて何かと思ったら、つまり製品には一部問題があってそれを回避したいってことだね。今日付けで前述のメーカーサイトあるいは公式サイトで「「三極姫~乱世、天下三分の計~」Ver1.01アップデータ」が配信されているので、それを使えば良いんだけど、公式サイトをチェックせず検索で済まそうとする怠慢な方だから、この文までちゃんと読んで気付くとは思えないけど実際、どうでしょ。あるいは、おそらくコピーガード(ユーザー登録も?)を回避やら除去やらをするという違法行為に繋がることを検索しているという可能性もある。そうだとすると、こういうのを目の当たりにすると、イヤ~な気分になる。

※追記。2011年1月27日から急に「三国姫」という検索語句が増え、正しい検索語句となる「三極姫」がほぼ無くなった。「三極姫」への遮蔽効果と相俟って、どこかのハブ的ウェブページで思慮の浅い誰かが「三国姫」という誤った語句を記したからだろうね。

何を以て「美」とするかは人それぞれだろうが、個人的にはあんな眼球がでかくて人間離れしたデフォルメだとこれから先も「美」とは思わないだろうな。伊藤剛『マンガは変わる “マンガ語り”から“マンガ論”へ』(青土社2007年12月28日)P.264で言うところの「アニメ絵目」がこれから先も無い状態。

トラックバック

このエントリのトラックバックURL:
http://cte.main.jp/newsch/trackback.php/1856
表示形式
コメント投稿

サイト管理者はコメントに関する責任を負いません。

  • プレイ感想「三極姫~乱世、天下三分の計~」
  • 投稿者:三国志城レジ係  2011年1月 2日(日) 14:14 JST

ちょっとだけやってみたんで感想

良い所

・戦略パートはコー○ーほど細かいデータがない分、SLG初心者でもそこそこいける

・OPがカッコいい

・一部の漢キャラがいい味だしてる(おっさん最高)

・高順がメインキャラにいる(マテww

・前作の戦国モノより個人の能力値が細分化してる分、気休め程度にキャラの個性が出せてる気がする(兵の統率力、個人の武力、攻城やターンの順番に影響する知力、国力増強に必須な政治力等。おお、ここだけは普通に三国志っぽいなw)

 

悪い所

・謀略コマンドの無い三国志、外交コマンドのない三国志・・・

・バグが多くて泣ける

・漢字の間違い多すぎ(「張昭文遠」って誰やねん。似たような名前の人はこんな感じのミスがゴロゴロ・・)

・一騎討ちがあるのは評価できるが、そのシーン及びコマンドがショボい(しかも、コマンドが殆ど運任せなので猛将が名無しのモブ武将に負けるなんて事もしょっちゅう)

 

正直、買ってここまで後悔したゲームは久しぶりです。情報がもっとあれば・・・体験版がもう少し早く出てくれていればこんな・・こんな事にはならなんだのに・・・ぐふっ

いやまあ、クリアするまではやりますが・・・ね・・・

  • プレイ感想「三極姫~乱世、天下三分の計~」
  • 投稿者:清岡美津夫  2011年1月 2日(日) 16:13 JST

こんにちわ。
「三国志城レジ係」さんで高順好きってことは私と会ったことのあるあの方ですね。
ゲームについての詳細なレポをありがとうございました!

このゲームのシステムについて気になっていたんですが、他のゲームと比較すると、なるほど、そういう感じなんですね。
公式サイトでも現れている誤字はわざとだと思っていたんですが、その様子だと天然で誤ってそうですね(汗)