Site Calendar

サイトカレンダをスキップ

2020年 06月
«
»
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

NAVI

ログイン

ログイン

新着情報

記事

-

コメント (2日)

-

トラックバック (2日)

-

リンク (2週)

新しいリンクはありません

QRコード

QR code

アンケート

三国志ニュースのレポート系記事

三国志ニュースで書いて欲しいレポート系記事はどれ?

  •  三国志フェス
  •  三国志学会大会
  •  関プチ5全国ツアー
  •  魏晋南北朝史研究会関連
  •  三國夜話
  •  六間道三国志祭
  •  三国志TERAKOYA4
  •  三国志 義兄弟の宴
  •  東アジアの『三国志演義』/ベトナムの『三国志演義』
  •  zip,torrent(トレント),rar,lha,mediafire,pdf,DL(ダウンロード),nyaa等を含む検索語句(違法なフリーライド・無料閲覧関連)、あるいはBD・DVD自作ラベル、カスタムレーベル等を含む検索語句(著作権・肖像権侵害関連)に関する調査・研究

結果
他のアンケートを見る | 53 投票 | 0 コメント

PR

清岡的見解:ねこまんまさんについて http://tinyurl.com/nekonomanma3
よくわかるねこまんまさんの問題行動 pdf
gif

高僧伝(一)(2009年8月18日)


  • 2009年9月 9日(水) 22:08 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    1,601
書籍 ・三国志―正史と小説の狭間~満田剛のブログ
http://mitsuda.blogtribe.org/
・購入(2009/08/24)
http://mitsuda.blogtribe.org/entry-fe399fb8c617c656b1b84516626fbc40.html

・古代中国箚記
http://ancientchina.blog74.fc2.com/
・『高僧伝』(岩波文庫)
http://ancientchina.blog74.fc2.com/blog-entry-269.html


上記ブログ記事二件で知ったこと。

どうもその価値をあまり理解していないのでメモ程度。
慧皎/撰、吉川忠夫・船山徹/訳『高僧伝』(一)が岩波文庫で2009年8月18日に発売したそうな。

・岩波書店ホームページ
http://www.iwanami.co.jp/

・高僧伝(一)
http://www.iwanami.co.jp/.BOOKS/33/3/3334210.html

というわけで、上記ページより下記に内容を引用する。

━引用開始━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
高僧伝
(一)
慧皎
吉川 忠夫,船山 徹 訳
■青342-1
■体裁=文庫判・並製・カバー・444頁
■定価 945円(本体 900円 + 税5%)
■2009年8月18日
■ISBN978-4-00-333421-8

中国仏教史の基本資料『高僧伝』初の全和訳.後漢時代に伝来した仏教は六朝期に至って隆盛を極めた.梁の慧皎は,最初期450年間の高僧約500人の事績を集成(本伝257人・付伝200余人).訳経・義解・神異・習禅・亡身・誦経・興福・経師・唱導・明律の10部の内,本冊には鳩摩羅什(くまらじゅう)・法顕(ほっけん)などを扱う訳経篇,及び訳者解説を収める.(全4冊)
━引用終了━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

それで(一)となっているのは二巻以降もあるとのことで、「第2分冊は11月刊行の予定」とのこと。

余談ながら下記のブログ記事によると、2007年12月7日金曜日に開催された「龍谷大学東洋史学研究会第31回研究大会・文学部特別講義」でこの訳者の吉川忠夫先生が「『高僧伝』の成立」という題目で講義を行っている。

・關尾史郎のブログ
http://sekio516.exblog.jp/
・龍谷大学東洋史学研究会第31回研究大会・文学部特別講義
http://sekio516.exblog.jp/6841503/

※追記 リンク:国学導航 四部索引

※追記 大学入試センター試験で三国志関連2014

トラックバック

このエントリのトラックバックURL:
http://cte.main.jp/newsch/trackback.php/1393
表示形式
コメント投稿

サイト管理者はコメントに関する責任を負いません。