Site Calendar

サイトカレンダをスキップ

2021年 10月
«
»
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

NAVI

ログイン

ログイン

新着情報

記事

-

コメント (2日)

-

トラックバック (2日)

-

リンク (2週)

新しいリンクはありません

QRコード

QR code

アンケート

三国志ニュースのレポート系記事

三国志ニュースで書いて欲しいレポート系記事はどれ?

  •  三国志フェス
  •  三国志学会大会
  •  関プチ5全国ツアー
  •  魏晋南北朝史研究会関連
  •  三國夜話
  •  六間道三国志祭
  •  三国志TERAKOYA4
  •  三国志 義兄弟の宴
  •  東アジアの『三国志演義』/ベトナムの『三国志演義』
  •  zip,torrent(トレント),rar,lha,mediafire,pdf,DL(ダウンロード),nyaa等を含む検索語句(違法なフリーライド・無料閲覧関連)、あるいはBD・DVD自作ラベル、カスタムレーベル等を含む検索語句(著作権・肖像権侵害関連)に関する調査・研究

結果
他のアンケートを見る | 64 投票 | 0 コメント

PR

清岡的見解:ねこまんまさんについて http://tinyurl.com/nekonomanma3
よくわかるねこまんまさんの問題行動 pdf
gif

江戸の見立て文化と政治性(2021年8月27日)


ショー  下記Accountの下記Statusで知ったこと。

・辻田 真佐憲@『超空気支配社会』刊行 (reichsneet) on Twitter
http://twitter.com/reichsneet

・Twitter / reichsneet: ご要望の多かった回がついに実現です。私は司会兼任だと思うので、どんな感じにしようか思案中。 辻田真佐憲×箱崎みどり×春木晶子「江戸の見立て文化と政治性――アイヌ、三国志、プロパガンダ」 @reichsneet @midori_hakozaki @ShokoHARUKI #ゲンロン210827 https://shirasu.io/t/genron/c/genron/p/20210827 @shirasu_io ...
https://twitter.com/reichsneet/status/1420219787343384579

 下記サイトの下記ページにあるように2021年8月27日金曜日19時よりシラスまたはニコ生を通じてゲンロンカフェ主催のトークイベント、辻田真佐憲×箱崎みどり×春木晶子「江戸の見立て文化と政治性――アイヌ、三国志、プロパガンダ」が開催されるという。視聴料金はそれぞれのメディアのチャンネル会員は無料、シラス一般990円、ニコ生一般1000円だという。

・ゲンロンカフェ
https://genron-cafe.jp/

※関連記事 日本人はなぜ「三国志」が好きなのか(仮)(2021年4月27日)

※新規関連記事 竹内真彦の三国志ラビリンス(シラス2021年8月12日-)

・江戸の見立て文化と政治性
https://genron-cafe.jp/event/20210827/

・『箱崎みどりのすっぴんトーク』 - AMラジオ 1242 ニッポン放送
http://www.1242.com/blog/midori/

※関連記事 『三國志 覇道』公式生放送 ハドウへの道! 第6回(YouTube2021年7月13日)

※新規関連記事 『三國志 覇道』公式生放送 ハドウへの道! 第7回(YouTube2021年8月17日)

※新規関連記事 『三國志 覇道』1周年記念直前生放送(Twitter,YouTube2021年9月12日)

 前述のページから下記へイベント概要を引用する。

━引用開始━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【イベント概要】

江戸時代の絵師は、多くの「見立て絵」を描いていました。

見立て絵とは、当時の町人には縁遠い歴史上のトピックや、物理的に離れた土地の風物を、同時代の人々に親しみやすい題材(昔話や神話、英雄物語など)に置き換えて描いたものです。そこには、いまのわれわれの感覚ではびっくりしてしまうような、突飛な発想による「見立て」が満ちています。たとえばアイヌを描くのに桃太郎や浦島太郎、ひいては三国志のキャラクターが持ち出されることもありました。

このイベントでは、無邪気とも言える「見立て」を読み解きつつ、そこに潜む政治性にも注目します。絵師たちを突き動かしたイメージの欲望の正体とは?

太平洋戦争の日本をはじめ、多くの「国威発揚事案」を分析してきた近代史研究家・辻田真佐憲と、『愛と欲望の三国志』の著者であり、先日鮮烈なゲンロンカフェデビューを飾ったアナウンサー・箱崎みどり、そして江戸東京博物館の学芸員で、江戸文化における表象に詳しい春木晶子が、豊富な事例をもとに江戸の想像力を読み解く。

※ 放送のみ(会場は無観客)のイベントです。

 

━引用終了━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

トラックバック

このエントリのトラックバックURL:
http://cte.main.jp/newsch/trackback.php/5764
表示形式
コメント投稿

サイト管理者はコメントに関する責任を負いません。