Site Calendar

サイトカレンダをスキップ

2019年 12月
«
»
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

NAVI

ログイン

ログイン

新着情報

記事

-

コメント (2日)

-

トラックバック (2日)

-

リンク (2週)

新しいリンクはありません

QRコード

QR code

アンケート

三国志ニュースのレポート系記事

三国志ニュースで書いて欲しいレポート系記事はどれ?

  •  三国志フェス
  •  三国志学会大会
  •  関プチ5全国ツアー
  •  魏晋南北朝史研究会関連
  •  三國夜話
  •  六間道三国志祭
  •  三国志TERAKOYA4
  •  三国志 義兄弟の宴
  •  東アジアの『三国志演義』/ベトナムの『三国志演義』
  •  zip,torrent(トレント),rar,lha,mediafire,pdf,DL(ダウンロード),nyaa等を含む検索語句(違法なフリーライド・無料閲覧関連)、あるいはBD・DVD自作ラベル、カスタムレーベル等を含む検索語句(著作権・肖像権侵害関連)に関する調査・研究

結果
他のアンケートを見る | 50 投票 | 0 コメント

PR

清岡的見解:ねこまんまさんについて http://tinyurl.com/nekonomanma3
よくわかるねこまんまさんの問題行動 pdf
gif

ぶらぶら美術・博物館 大人気!東京国立博物館「三国志」展(2019年11月26日再放送)


テレビ TV番組予約をしている際に気付いたこと。

・BS日テレ
http://www.bs4.jp/

※関連記事 体感!中国美食紀行 #5#6(2012年11月23日30日)

※新規関連記事 バカリズムの大人のたしなみズム 第66回 三国志のたしなみ~曹操編~(BS日テレ2019年11月30日)

・ぶらぶら美術・博物館|BS日テレ
https://www.bs4.jp/burabi/

・#319 大人気!東京国立博物館「三国志」展 〜リアル三国志!魏蜀呉のお国柄と、曹操の墓から知る真実〜
https://www.bs4.jp/burabi/articles/xt3s7ui7p2lbmwsg.html

※関連記事
 特別展 三国志(東京2019年7月9日-9月16日、福岡2019年10月1日-2020年1月5日)
 夜な夜な三国志(九州国立博物館2019年11月23日)

上記サイトの上記ページによると、BS日テレにて毎週火曜日21時から22時までの枠で放送の「ぶらぶら美術・博物館」の2019年11月26日火曜日放送分は2019年8月27日初回放送の#319「大人気!東京国立博物館「三国志」展 〜リアル三国志!魏蜀呉のお国柄と、曹操の墓から知る真実〜」のアンコール放送だという。

上記ページから下記に放送内容紹介文を引用する。

━引用開始━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1800年もの古 「三国志」にまつわる新発見が続々!

今回のぶらぶらは、上野公園の穴場のお茶屋「新鶯亭」からスタート。大正4年創業の老舗で、名物の鶯だんごやかき氷をいただきます。特に、自家製抹茶あんを白蜜で溶いた特製シロップがうれしい「氷宇治」は、酷暑のこの時期にぴったり!
そして、東京国立博物館で開催中の特別展「三国志」へ!1800年前の中国。後漢王朝の衰退後、魏蜀呉の三国が覇権をかけて争う様子を描いた「三国志」。関羽、諸葛亮孔明、曹操など魅力的な英雄が多く登場し、日本人にもファンが多い、中国版大河ドラマです。
中国では近年、三国志関連の遺跡の発掘作業が盛ん。今回は、そんな貴重な出土品など約160点が集結したファンにはたまらない機会です。人形などの副葬品から新たに分かった、魏蜀呉三国のお国柄や当時の暮らしを解説。物語だけでは知ることができない真実や、逆に、物語を裏付ける資料も登場します。
注目は、魏の基盤を作った曹操の墓の完全再現展示!「三国志の悪役」と言われる、曹操の本当の姿が見えてきます。戦乱の世、彼らはどんな世界で生きたのか?何のために戦ったのか?1800年前、「三国志」の世界へ、いざ参らん!

━引用終了━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

トラックバック

このエントリのトラックバックURL:
http://cte.main.jp/newsch/trackback.php/5146
  • ぶらぶら美術・博物館 大人気!東京国立博物館「三国志」展(2019年11月26日再放送)
  • 0コメント
  • アカウント登録
表示形式
コメント投稿

サイト管理者はコメントに関する責任を負いません。