Site Calendar

サイトカレンダをスキップ

2018年 09月
«
»
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

NAVI

ログイン

ログイン

新着情報

記事

-

コメント (2日)

-

トラックバック (2日)

-

リンク (2週)

新しいリンクはありません

QRコード

QR code

アンケート

三国志ニュースのレポート系記事

三国志ニュースで書いて欲しいレポート系記事はどれ?

  •  三国志フェス
  •  三国志学会大会
  •  関プチ5全国ツアー
  •  魏晋南北朝史研究会関連
  •  三國夜話
  •  六間道三国志祭
  •  三国志TERAKOYA4
  •  三国志 義兄弟の宴
  •  東アジアの『三国志演義』/ベトナムの『三国志演義』
  •  zip,torrent(トレント),rar,lha,mediafire,pdf,DL(ダウンロード),nyaa等を含む検索語句(違法なフリーライド・無料閲覧関連)、あるいはBD・DVD自作ラベル、カスタムレーベル等を含む検索語句(著作権・肖像権侵害関連)に関する調査・研究

結果
他のアンケートを見る | 45 投票 | 0 コメント

PR

清岡的見解:ねこまんまさんについて http://tinyurl.com/nekonomanma3
よくわかるねこまんまさんの問題行動 pdf
gif

世界の街道をゆく 三国志の道III・中国(テレビ朝日2018年2月)


テレビ 下記のTwitter AccountのStatusなどで知ったこと。

・キリエ‏ (Kyrie0359) on Twitter
https://twitter.com/Kyrie0359

・Twitter / Kyrie0359: #世界の街道をゆく 、今月は再び三国志の旅なのですね。現地で祀られている孟獲像、大変イケメソでございました。 明日は綿竹。放送内容は公式サイトや公式インスタからもご覧頂けるもよう。 ...
https://twitter.com/Kyrie0359/status/960498291371778049

※関連記事 漢三國西晉鏡銘集成(横浜ユーラシア文化館2015年3月-)

※新規関連記事 三国破譚(2018年2月28日)

下記番組サイトの下記ページによると、毎週月曜日から金曜日まで20時54分から21時までの時間枠にテレビ朝日で『世界の街道をゆく』という番組があり、今月、つまり2018年2月1日木曜日から28日水曜日までのテーマは「三国志の道III・中国」とのことだ。ちなみに前回の「三国志の道II・中国」は2015年11月2日月曜日から30日月曜日まで放送。2年強ぶり

・世界の街道をゆく|テレビ朝日
http://www.tv-asahi.co.jp/road/

・バックナンバー|世界の街道をゆく|テレビ朝日
http://www.tv-asahi.co.jp/road/contents/backnumber/201802.html

※関連記事
 世界の街道をゆく 三国志の道II・中国(2015年11月2日-30日)
 三国志の史跡を巡る旅 5日間(成田発2018年2月28日、3月7日、14日、17日)
 三国志~趙雲伝~(BS12 トゥエルビ 毎週月曜-金曜2017年12月27日-)

上記番組サイトから下記へ番組紹介文を引用する。

━引用開始━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今から1800年前。ここ中国の大地に魏、呉、蜀の3つの国が生まれた。三国の分立。さらに、中国統一への熱い志を胸に戦い、散って行った男たちの物語、三国志。四川省の古都・成都。そのはるか南、諸葛亮と7度戦った民族の英雄伝説が残る湖。魏王・曹操と覇権を争った地、漢中。諸葛亮が最期を迎えた古戦場、五丈原。かつて長安と呼ばれた3000年の歴史ある都市、西安。2000キロを超える街道には天才軍師・諸葛亮の見果てぬ夢が息づく。三国志を肌で感じる、中国・西方の街道を辿る。

◆写真 谷口 京

テーマ曲「Goin' on」/篠原信彦

━引用終了━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

やはり関西の同時刻の同系列の放送局ABCを見ると放送されてなかった(汗)

トラックバック

このエントリのトラックバックURL:
http://cte.main.jp/newsch/trackback.php/4494
  • 世界の街道をゆく 三国志の道III・中国(テレビ朝日2018年2月)
  • 0コメント
  • アカウント登録
表示形式
コメント投稿

サイト管理者はコメントに関する責任を負いません。