Site Calendar

サイトカレンダをスキップ

2019年 08月
«
»
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

NAVI

ログイン

ログイン

新着情報

記事

-

コメント (2日)

-

トラックバック (2日)

-

リンク (2週)

新しいリンクはありません

QRコード

QR code

アンケート

三国志ニュースのレポート系記事

三国志ニュースで書いて欲しいレポート系記事はどれ?

  •  三国志フェス
  •  三国志学会大会
  •  関プチ5全国ツアー
  •  魏晋南北朝史研究会関連
  •  三國夜話
  •  六間道三国志祭
  •  三国志TERAKOYA4
  •  三国志 義兄弟の宴
  •  東アジアの『三国志演義』/ベトナムの『三国志演義』
  •  zip,torrent(トレント),rar,lha,mediafire,pdf,DL(ダウンロード),nyaa等を含む検索語句(違法なフリーライド・無料閲覧関連)、あるいはBD・DVD自作ラベル、カスタムレーベル等を含む検索語句(著作権・肖像権侵害関連)に関する調査・研究

結果
他のアンケートを見る | 50 投票 | 0 コメント

PR

清岡的見解:ねこまんまさんについて http://tinyurl.com/nekonomanma3
よくわかるねこまんまさんの問題行動 pdf
gif

絵本通俗三国志 USB版(2013年2月、Ver. 2.0:2015年7月25日)


小説 ※関連記事 三國志 武将大名鑑(2015年3月27日)

上記関連記事を書く際に知ったこと。

・大空社ホームページ
http://www.ozorasha.co.jp/

・学術図書出版 大空社 【近世】
http://www.ozorasha.co.jp/fkinsei.html

大空社より池田東籬亭/校正、葛飾戴斗/画『絵本通俗三国志』(大空社デジタル資料叢書・USB版、ISBN978-4-283-01237-0)が2013年2月に発売されたという。価格は「USB1本」(USBケーブルじゃなくてつまり写真を見るとUSBフラッシュメモリだね)で60000円とのことだ。大空社といえば下記関連記事にあるように小説の吉川英治『三国志』の朗読CDを発売したところで、そういった古典ともいうべきコンテンツを通常の出版とは違った切り口で商品にする特長が印象的だね。<それでなぜ、今、これを記事にするかというと、まぁ発売のときに記事にし損ねたってのももちろんあるが、このVer. 2.0が2015年7月25日に発売するからだ(右にリンクしたAmazon.co.jpのページ参照)。

※関連記事 オーディオブック三国志

また、『絵本通俗三国志』については下記関連記事を参照のこと。普通の書籍の形でも21世紀に入ってからも発売されてある。

※関連記事
 2006年7月29日「三国志シンポジウム」雑感2
 2005年11月21日~ 「完本三国志」全6巻

それでこのUSB版の仕様はというと、前述のページにリンクしてあるPDFから下記に引用するとおりである。

━引用開始━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【仕様】

○USB 1本(58×19×9mm、約10g)
 ・収納データ容量 約5GB
 ・対応OS *他のOS利用不可
  Windows XP(SP2以上)、Vista、7(63/64bit)
 *本USBは閲覧専用です。収納データ(ファイル)の
  改変・書き込み・削除はできません。
 *収納PDFから印刷(ハードコピー)は可能です。
━引用終了━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※ここにある「7(63/64bit)」は「7(32/64bit)」の誤りだろうね。わざわざ2の倍数から外れた63bitを用意するなんか無駄だろうし。あとこれでファイル形式はPDFだとわかった。

また前述のページより宣伝文を下記に引用する。

━引用開始━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
日本人の『三国志』ここにあり!
葛飾戴斗の傑作、江戸期版本全75冊+活字本を完全デジタル化。
━引用終了━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

トラックバック

このエントリのトラックバックURL:
http://cte.main.jp/newsch/trackback.php/3550
  • 絵本通俗三国志 USB版(2013年2月、Ver. 2.0:2015年7月25日)
  • 0コメント
  • アカウント登録
表示形式
コメント投稿

サイト管理者はコメントに関する責任を負いません。