Site Calendar

サイトカレンダをスキップ

2020年 09月
«
»
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

NAVI

ログイン

ログイン

新着情報

記事

-

コメント (2日)

-

トラックバック (2日)

-

リンク (2週)

新しいリンクはありません

QRコード

QR code

アンケート

三国志ニュースのレポート系記事

三国志ニュースで書いて欲しいレポート系記事はどれ?

  •  三国志フェス
  •  三国志学会大会
  •  関プチ5全国ツアー
  •  魏晋南北朝史研究会関連
  •  三國夜話
  •  六間道三国志祭
  •  三国志TERAKOYA4
  •  三国志 義兄弟の宴
  •  東アジアの『三国志演義』/ベトナムの『三国志演義』
  •  zip,torrent(トレント),rar,lha,mediafire,pdf,DL(ダウンロード),nyaa等を含む検索語句(違法なフリーライド・無料閲覧関連)、あるいはBD・DVD自作ラベル、カスタムレーベル等を含む検索語句(著作権・肖像権侵害関連)に関する調査・研究

結果
他のアンケートを見る | 53 投票 | 0 コメント

PR

清岡的見解:ねこまんまさんについて http://tinyurl.com/nekonomanma3
よくわかるねこまんまさんの問題行動 pdf
gif

TCGの宴2014in東京(2014年2月1日)


玩具 ※関連記事 三国志大戦トレーディングカードゲーム 構築済みデッキ(2013年12月26日)

上記関連記事で触れた情報と共に下記公式サイトで知ったこと。

・三国志大戦トレーディングカードゲーム公式サイト
http://www.sangokushi-taisen-tcg.com/

・『TCGの宴2014in東京」概要 | 三国志大戦トレーディングカードゲーム公式サイト
http://www.sangokushi-taisen-tcg.com/data/events/2014tokyo/

※前回記事 TCGの小宴in札幌(2013年12月21日)
※同場所前回記事 TCGの宴2013in東京(2013年8月24日)

上記公式サイトの上記ページにあるように、SEGAの主催で2014年2月1日土曜日9時から19時30分までの期間(物販について「(※物販コーナーは午前10時より開始します)」とのこと)に東京都大田区 大田区産業プラザ・PiO にて『三国志大戦トレーディングカードゲーム』のイベント「TCGの宴2014in東京」が開催されるという。上記の前回記事にあるように類似イベントが最近では2013年12月21日に札幌で開催されていて、それより遡る同場所前回イベントが上記の同場所前回記事にあるように、2013年8月24日に開催された。
通常のビデオゲーム(日本で言うテレビゲームの意味)のイベントだとソフトウェアを買って貰えば良いんで、下記関連記事のように発売前に全国で体験会を開くのが販売促進に効果的なのだろうが、こういった遊べば遊んで貰うほど消費に繋がるトレーディングカードゲームであると、まずゲーム自体に興味を持って貰うこと、遊び方を覚えて貰うこと、何より遊ぶ対戦相手を確保できる、交流の繋がりをプレイヤー各自で持って貰うことが販売促進となるので、こういった、イベントを全国に展開していくのがより効果的なんだろうね。ちなみに安直に「通常のビデオゲーム」と書いたけど、最近ではダウンロード・コンテンツ(略称「DLC」)があるので、発売以降も消費の機会があって、一概には言えないし、下記関連記事の例でも「キャラクターソング集」といったゲームではないがゲーム由来の商品でも展開し、さらにそれに関係する声優イベントも開催しているので、やはり一概には言えなくなっている。

※関連記事 真・三國無双7 with 猛将伝 店頭体験会(2013年11月2日-24日)

話を戻し、冒頭の大会ページによると、「TCGの宴2014in東京」の企画は、予選トーナメントで「エリア代表決定戦参加権利」争奪戦(※兼 予選トーナメント)、マット未取得者限定大会「登竜門」(※兼 予選トーナメント)とあり、大会形式で、会場No.1決定トーナメント、マット未取得者限定大会「登竜門」(※通常)、特別称号「賢将」争奪 ブースタードラフト大会、限定構築戦 特別称号「二枚看板」争奪 16人トーナメントとあり、ガンスリンガーコーナー、フリースペース、フードコート、カードゲーマー編集部出張所、物販コーナー、キャンペーン臨時受付所がある。
前からなんだろうけど、各大会の景品が称号特製ラバープレイマットで(「魏王」など以外にも、本人だけの実力でないだろう「四世三公」や三国以外でもあるそうな「二枚看板」)に今回、着目してしまった。つまり戦闘機に撃墜数を「☆」で示したり、サッカーで10回リーグ優勝するごとにクラブエンブレムに「☆」を付けたりするのと同じく、プレイするたびにプレイヤーの自尊心をはぐくむという興味深さがあるね。
それと今回、特筆すべきはカードゲーマー編集部出張所かな。下記関連記事の『三国志大戦トレーディングカードゲーム ビジュアルガイド』以外にも、前述のページによると「ホビージャパン様より刊行されます2014年1月31日発売の『カードゲーマーvol.14』についてくる、引換券(※付録PRカードが入っている袋)と特製セパレーター「呂布」との交換を実施いたします」とんことで、下記リンク先の『カードゲーマーvol.14』の表紙写真によるとその雑誌の付録は「限定プロモーションカード×2枚!」とのことだ。※追記。冒頭の公式サイトの2014年1月29日更新分によると「三国志大戦トレーディングカードゲームを巻頭特集&プロモーションカード『郭王姫』×2枚の付録つき!」「さらにさらに、プロモーションカード『郭王姫』が封入されている綴じ込み袋には、対応する公式イベントで特製セパレーター「呂布」と交換できる引換券が付いています!」とのこと。

※関連記事
 三国志大戦トレーディングカードゲーム ビジュアルガイド 群星(2012年10月25日)
 三国志大戦トレーディングカードゲーム ビジュアルガイド 戦乱(2013年8月16日)

・カードゲーマー公式web » 「カードゲーマーvol.14」表紙公開!
http://hobbyjapan.co.jp/cardgamer/?p=4969

※追記 THE WORLD of THREE KINGDOMS(ロケテスト2014年1月8日-)

※次回記事 TCGの宴2014in名古屋(2014年3月1日)

トラックバック

このエントリのトラックバックURL:
http://cte.main.jp/newsch/trackback.php/3017
表示形式
コメント投稿

サイト管理者はコメントに関する責任を負いません。