Site Calendar

サイトカレンダをスキップ

2020年 08月
«
»
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

NAVI

ログイン

ログイン

新着情報

記事

-

コメント (2日)

-

トラックバック (2日)

-

リンク (2週)

新しいリンクはありません

QRコード

QR code

アンケート

三国志ニュースのレポート系記事

三国志ニュースで書いて欲しいレポート系記事はどれ?

  •  三国志フェス
  •  三国志学会大会
  •  関プチ5全国ツアー
  •  魏晋南北朝史研究会関連
  •  三國夜話
  •  六間道三国志祭
  •  三国志TERAKOYA4
  •  三国志 義兄弟の宴
  •  東アジアの『三国志演義』/ベトナムの『三国志演義』
  •  zip,torrent(トレント),rar,lha,mediafire,pdf,DL(ダウンロード),nyaa等を含む検索語句(違法なフリーライド・無料閲覧関連)、あるいはBD・DVD自作ラベル、カスタムレーベル等を含む検索語句(著作権・肖像権侵害関連)に関する調査・研究

結果
他のアンケートを見る | 53 投票 | 0 コメント

PR

清岡的見解:ねこまんまさんについて http://tinyurl.com/nekonomanma3
よくわかるねこまんまさんの問題行動 pdf
gif

BS歴史館「三国志」時代を超えた男の魅力(2014年1月3日)


テレビ 放送が明日と迫っているので、順番を替えて2日という早い目のお知らせ。後日、記事の日付を元に戻す。

※関連記事 三国志 Three Kingdoms(チャンネル銀河2014年1月1日-)

「最強 三国志祭り」が上記関連記事で触れたように2014年1月にチャンネル銀河にて始まる。つまりいろんな三国映像作品を集中的に放送して下さるという三国志ファンにとって有り難い企画で、下記サイトの下記番組ページにあるように、それに合わせてか同放送局にて2014年1月3日21時55分から65分枠にて『BS歴史館』「「三国志」時代を超えた男の魅力 覇王・曹操、自分を貫く強さ」が放送されるという。出演は「出演:堺屋太一、小島慶子、渡邊義浩、大鶴義丹」とのことで(※「邊」ではなく「邉」だけど)、曹操中心の番組になっている。

・チャンネル銀河
http://www.ch-ginga.jp/

・BS歴史館「三国志」時代を超えた男の魅力|番組表|チャンネル銀河
http://www.ch-ginga.jp/epg/?program_id=279009

『BS歴史館』はNHK-BSでの番組であり、この回は下記関連記事にあるように2011年10月6日放送分だ(上記ページの「2010年」は放送回ではなくて番組自体の年か?)。NHKの過去の番組を放送するのが同局の特長であり、同局ならではのドラマ『曹操』放送とのタイアップといえよう。

※関連記事
 BS歴史館 シリーズ“三国志”時代を超えた男の魅力(2011年10月6日13日)
 『曹操』特別版ダイジェスト(2013年12月1日28日30日)

・渡邉義浩ホームページ
http://ywata.gakkaisv.org/
※出演者の研究室サイト

※関連記事
 BS歴史館「三国志」時代を超えた男の魅力(2013年5月17日19日21日)
 BS歴史館“三国志”時代を超えた男の魅力(1)(2013年11月8日再放送)

ちなみに上記関連記事にあるように同局で同番組は2013年5月に放送され、2013年11月8日にNHK BSプレミアムで再放送された。

冒頭の関連記事で触れた2日23時のドラマ放送に先立って、21時45分から『三国志ナビ!』続けて21時55分から当番組があり、さらにドラマの後の24時からは『『曹操』特別版ダイジェスト』があり、三国番組が続けるように工夫がある。

※関連記事 三国志ナビ!(2013年6月)

ちなみに下記ページにあるように、チャンネル銀河はスカパー!の基本パックに含まれるチャンネルなので比較的、視聴しやすいかと。

・スカパー!基本パック|ココロ動く、未来へ。スカパー!
http://www.skyperfectv.co.jp/pack/basic/003.html

トラックバック

このエントリのトラックバックURL:
http://cte.main.jp/newsch/trackback.php/2997
  • BS歴史館「三国志」時代を超えた男の魅力(2014年1月3日)
  • 0コメント
  • アカウント登録
表示形式
コメント投稿

サイト管理者はコメントに関する責任を負いません。