Site Calendar

サイトカレンダをスキップ

2021年 02月
«
»
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28

NAVI

ログイン

ログイン

新着情報

記事

-

コメント (2日)

-

トラックバック (2日)

-

リンク (2週)

新しいリンクはありません

QRコード

QR code

アンケート

三国志ニュースのレポート系記事

三国志ニュースで書いて欲しいレポート系記事はどれ?

  •  三国志フェス
  •  三国志学会大会
  •  関プチ5全国ツアー
  •  魏晋南北朝史研究会関連
  •  三國夜話
  •  六間道三国志祭
  •  三国志TERAKOYA4
  •  三国志 義兄弟の宴
  •  東アジアの『三国志演義』/ベトナムの『三国志演義』
  •  zip,torrent(トレント),rar,lha,mediafire,pdf,DL(ダウンロード),nyaa等を含む検索語句(違法なフリーライド・無料閲覧関連)、あるいはBD・DVD自作ラベル、カスタムレーベル等を含む検索語句(著作権・肖像権侵害関連)に関する調査・研究

結果
他のアンケートを見る | 64 投票 | 0 コメント

PR

清岡的見解:ねこまんまさんについて http://tinyurl.com/nekonomanma3
よくわかるねこまんまさんの問題行動 pdf
gif

レッドクリフ・ウォー(2013年6月9日他)


テレビ ・歴史エンタテインメント専門チャンネル | THE HISTORY CHANNEL JAPAN ヒストリーチャンネル
http://www.historychannel.co.jp/

・レッドクリフ・ウォー:三国志 赤壁の戦いの真実 || ヒストリーチャンネル
http://www.historychannel.co.jp/detail.php?p_id=00615

上記のCS放送局サイトの上記番組ページによると、ヒストリーチャンネルにて2013年6月に「特集:歴史を変えた10の戦い」とのことで、その内の一つの番組として、それぞれ2013年6月9日日曜日21時、10日月曜日23時、15日土曜日12時、24日月曜日19時開始の2時間枠で『レッドクリフ・ウォー:三国志 赤壁の戦いの真実』が放送されるという。そのタイトルと制作年から、下記関連記事にある2009年4月に、同じCS局の衛星劇場で放送されたものと同じ番組だと思われるが、時間が合わないため、その編集版かまったく違う番組なのかもしれない。

※関連記事 三国志 レッドクリフ・ウォーの真実(2009年4月衛星劇場)

前述の番組ページから下記に番組紹介文を引用する。

━引用開始━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
日本でも人気のおとろえる事がない「三国志」。その要因の一つが、英雄たちが知謀知略の限りを尽くす数々の戦術。その戦術から読み解き、戦いの裏に隠された歴史の真実に迫る。
この作品では、三国志の中でも最も有名な戦いと言っても過言でない「赤壁の戦い」を、中国の国防大学教授が様々な視点から分析する。
西暦208年に長江の赤壁において繰り広げられた曹操軍80万と、孫権・劉備の連合軍5万とによる、「赤壁の戦い(=レッドクリフウォー)」。この後、魏、呉、蜀の三国に分かつこととなるこの戦いについて (1)曹操はなぜ勝てなかったのか (2)孫権と劉備はなぜ手を組んだのか (3)東風を呼んだのはいったい誰なのか、という3つの視点で分析する。
━引用終了━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「(3)東風を呼んだのはいったい誰なのか」というところが『三国演義』での創作を連想させ、歴史から逸脱するのではないかという一抹の不安を感じるが、答えは「誰も呼んだりはしない」とかで単なる番組の演出での視聴者への引きだということを期待しておこう。まさか歴史にそもそも目的の違う創作中の疑問を入れて分析したりはしないか。

※参照リンク
Re:後漢紀の有る記述について  (※「三国志ファンのためのサポート掲示板」内投稿)
http://cte.main.jp/c-board.cgi?cmd=one&no=3747

※追記。「ベスト・オブ・2013」という位置付けで2013年12月29日日曜日13時放送。

※追記 レッドクリフ・ウォー(2014年4月6日)

トラックバック

このエントリのトラックバックURL:
http://cte.main.jp/newsch/trackback.php/2786
表示形式
コメント投稿

サイト管理者はコメントに関する責任を負いません。