Site Calendar

サイトカレンダをスキップ

2019年 10月
«
»
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

NAVI

ログイン

ログイン

新着情報

記事

-

コメント (2日)

-

トラックバック (2日)

-

リンク (2週)

新しいリンクはありません

QRコード

QR code

アンケート

三国志ニュースのレポート系記事

三国志ニュースで書いて欲しいレポート系記事はどれ?

  •  三国志フェス
  •  三国志学会大会
  •  関プチ5全国ツアー
  •  魏晋南北朝史研究会関連
  •  三國夜話
  •  六間道三国志祭
  •  三国志TERAKOYA4
  •  三国志 義兄弟の宴
  •  東アジアの『三国志演義』/ベトナムの『三国志演義』
  •  zip,torrent(トレント),rar,lha,mediafire,pdf,DL(ダウンロード),nyaa等を含む検索語句(違法なフリーライド・無料閲覧関連)、あるいはBD・DVD自作ラベル、カスタムレーベル等を含む検索語句(著作権・肖像権侵害関連)に関する調査・研究

結果
他のアンケートを見る | 50 投票 | 0 コメント

PR

清岡的見解:ねこまんまさんについて http://tinyurl.com/nekonomanma3
よくわかるねこまんまさんの問題行動 pdf
gif

六朝詩における「銅雀台」(中国詩文論叢 第31集 2012年12月)


研究 ・中国・本の情報館~中国書籍の東方書店~
http://www.toho-shoten.co.jp/

上記サイトの東方書店に行ったとき、店員さんに目的の学術誌を在庫から探して下さっている間に、手にとって読んでいた内の一つが、下記ページにある『中国詩文論叢』第31集だった。2012年12月刊行だそうな。下記ページでは2625円で販売されてある。

・国内書 中国詩文論叢 第31集【中国・本の情報館】東方書店
http://www.toho-shoten.co.jp/toho-web/search/detail?id=9900009199&bookType=jp

というのも表紙にある目次に、住谷孝之「六朝詩における「銅雀台」」という論文名が見えたので。一目見ると、陸機の名が見えた。 今、手元の電子文献で見てみると、『藝文類聚』巻四十 礼部下 弔に

晉陸機弔魏武帝文曰.夫以迴天倒日之力.而不能振形骸之内.濟世夷難之智.而受困魏闕之下.格乎上下者.藏於區區之木.光于四表者.翳乎蕞爾之土.雄心權於弱憤.壯圖終於哀志.長筭屈於短日.遠跡頓於促路.持姫女而指季豹以示四子曰.以累汝.因泣下.傷哉.曩以天下自任.今以愛子託人.

又曰.吾婕妤伎人.皆著銅爵臺上.施六尺床.下繐帳.朝脯設脯糒之屬.月朝十五日.輒向帳作伎.汝等時時登銅雀臺.望吾西陵墓田.又云.餘香可與諸夫人.諸舍中無為.學作履組賣也.吾歴官所得絹.皆著藏中.吾餘衣裘.可別為一藏.不能者.兄弟可共分之.威先天而蓋世.力盪海而拔山.厄奚險而弗濟.敵何強而不殘.違率土以靖寐.戢彌天之一棺.惜内顧之纏綿.恨未命之微詳.紆家人於履組.塵清慮於餘香.結遺情之婉孌.何命促而意長.宣備物於虚器.發哀音於舊倡.矯戚容以赴節.掩零涙而薦觴.徴清絲而獨奏.進脯糒而誰嘗.悼繐帳之冥漠.怨西陵之茫茫.登雀臺而群悲.眝美目其何望.覽遺籍以慷愷.獻茲文而悽傷.

とあり、「陸機弔魏武帝文」に、確かに「銅雀台」が出てくる。そんな合間で見たので少しも読んでおらず内容の一端も確認していないのだけど。

※追記 メモ:後漢時代の私塾に関する基礎的考察(史料批判研究 9号 2010年12月)

トラックバック

このエントリのトラックバックURL:
http://cte.main.jp/newsch/trackback.php/2760
  • 六朝詩における「銅雀台」(中国詩文論叢 第31集 2012年12月)
  • 0コメント
  • アカウント登録
表示形式
コメント投稿

サイト管理者はコメントに関する責任を負いません。