Site Calendar

サイトカレンダをスキップ

2019年 07月
«
»
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

NAVI

ログイン

ログイン

新着情報

記事

-

コメント (2日)

-

トラックバック (2日)

-

リンク (2週)

新しいリンクはありません

QRコード

QR code

アンケート

三国志ニュースのレポート系記事

三国志ニュースで書いて欲しいレポート系記事はどれ?

  •  三国志フェス
  •  三国志学会大会
  •  関プチ5全国ツアー
  •  魏晋南北朝史研究会関連
  •  三國夜話
  •  六間道三国志祭
  •  三国志TERAKOYA4
  •  三国志 義兄弟の宴
  •  東アジアの『三国志演義』/ベトナムの『三国志演義』
  •  zip,torrent(トレント),rar,lha,mediafire,pdf,DL(ダウンロード),nyaa等を含む検索語句(違法なフリーライド・無料閲覧関連)、あるいはBD・DVD自作ラベル、カスタムレーベル等を含む検索語句(著作権・肖像権侵害関連)に関する調査・研究

結果
他のアンケートを見る | 50 投票 | 0 コメント

PR

清岡的見解:ねこまんまさんについて http://tinyurl.com/nekonomanma3
よくわかるねこまんまさんの問題行動 pdf
gif

孔明のヨメ。(2010年12月2日)


  • 2011年5月 2日(月) 00:03 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    2,047
マンガ ※関連記事 杜康潤のトコトコ三国志紀行(2011年4月28日)

上記関連記事を書くにあたりそのマンガの下記作者サイトを見ていた。

・居酒屋杜康亭
http://www5f.biglobe.ne.jp/~tokoh_kikaku/

そうすると下記のようなブログ記事を見掛ける。

・三国志4コマ「孔明のヨメ。」新連載開始です!  (※上記ブログ記事)
http://tokohkikaku.blog.shinobi.jp/Entry/27/

それによると、芳文社より2010年12月2日発売(毎月2日発売)の『まんがホーム』2011年1月号(300円)から杜康潤/著『孔明のヨメ。』(4コママンガ)が連載開始したという。

・漫画の殿堂・芳文社
http://houbunsha.co.jp/

・まんがホーム漫画の殿堂・芳文社
http://houbunsha.co.jp/magazine/detail.php?p=109707

上記雑誌ページより下記に内容紹介文を引用する。
━引用開始━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
大型新連載スタート!!その名もズバリ!「孔明のヨメ。」(杜康潤)
昔むかしの中国に、一人の女の子がいました。いずれ大きな時代の波に飲み込まれていく運命の彼女…。
誰も描いてこなかったもう一つの三国志、ここに開幕!
━引用終了━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

※8月4日追記。三国志に直接関係ないのでこちらで。下記サイトでお知らせが出ていて、2011年8月23日火曜日19時-21時、大阪のアートエリアB1にて杜康潤先生出演のマンガカフェ第12回「お坊さんマンガの世界」開催されるという。参加無料。

・京都国際マンガミュージアム
http://www.kyotomm.jp/

※追記 三国志魂(スピリッツ) 上(2012年3月28日)

※追記 孔明のヨメ。 1巻(2012年6月7日)

※追記 孔明のヨメ。(2012年9月1日18日)

※リンク追記
・STOP!違法ダウンロード
http://www.stopillegaldownload.jp/
※上記サイトから引用すると「CD等を購入したり、インターネット有料配信などを通じて購入できる音楽や映像であるにもかかわらず、違法な手段を用いて入手するケースは悪質であるため、厳しい刑事罰が科せられることとなりました。」とのことで、検索語句にzip,torrent(トレント),rar,lha,mediafire,pdf,DL(ダウンロード),nyaaを含む場合は違法な手段と見なされ、その上、経由した各サーバーにその記録は残り、後から罪に問われかねない。著作権や肖像権を侵害したBD・DVD自作ラベル、カスタムレーベル等を含む検索語句についても同様。

※追記 大型連休の三国志情報(2013年4月27日-5月6日)

※追記 メモ:三国志フェス2011 昼まで(2011年9月10日)

トラックバック

このエントリのトラックバックURL:
http://cte.main.jp/newsch/trackback.php/2018
表示形式
コメント投稿

サイト管理者はコメントに関する責任を負いません。