Site Calendar

サイトカレンダをスキップ

2019年 10月
«
»
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

NAVI

ログイン

ログイン

新着情報

記事

-

コメント (2日)

-

トラックバック (2日)

-

リンク (2週)

新しいリンクはありません

QRコード

QR code

アンケート

三国志ニュースのレポート系記事

三国志ニュースで書いて欲しいレポート系記事はどれ?

  •  三国志フェス
  •  三国志学会大会
  •  関プチ5全国ツアー
  •  魏晋南北朝史研究会関連
  •  三國夜話
  •  六間道三国志祭
  •  三国志TERAKOYA4
  •  三国志 義兄弟の宴
  •  東アジアの『三国志演義』/ベトナムの『三国志演義』
  •  zip,torrent(トレント),rar,lha,mediafire,pdf,DL(ダウンロード),nyaa等を含む検索語句(違法なフリーライド・無料閲覧関連)、あるいはBD・DVD自作ラベル、カスタムレーベル等を含む検索語句(著作権・肖像権侵害関連)に関する調査・研究

結果
他のアンケートを見る | 50 投票 | 0 コメント

PR

清岡的見解:ねこまんまさんについて http://tinyurl.com/nekonomanma3
よくわかるねこまんまさんの問題行動 pdf
gif

諸葛八卦村と三国城4日間の旅(2010年12月2日-5日)


  • 2010年11月 3日(水) 10:30 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    920
場所 まだ申込が間に合う期間とのことなので、急ぎ記事へ。後で更新日時変更するが現在30日15時。

・KOBE鉄人PROJECT(神戸鉄人プロジェクト)鉄人28号&横山光輝三国志
http://www.kobe-tetsujin.com/

上記サイトの「What's New」から辿れるページによると、下記リンク先にあるように、2010年12月2日木曜日から5日日曜日まで本場中国三国志の旅 企画第2弾「諸葛八卦村と三国城4日間の旅」というツアーがあるという。「お一人様79,800円(2名様1室)/お一人様91,800円(1名様1室)/※燃油サーチャージは5,000円(2010年9月1日現在)、関西空港使用料(2,600円)、現地空港税(1,200円)、航空保険料(600)円が別途必要です」(下記サイトより)。「KOBE鉄人PROJECT × 三国志ポータルサイト英傑群像 × 近畿日本ツーリスト神戸支店 共同タイアップ企画」とのこと。最少催行人数20名で最大募集人数40名。同行者に英傑群像の岡本さん。

・【英傑群像・神戸鉄人プロジェクト×KNT】諸葛八卦村と三国城4日間の旅 「杭州・無錫・上海」 関空発 | 寺社・史跡・建造物、偉人の足跡、動物園・水族館・遊園地 | 中国 杭州 - 旅の発見
http://tabihatsu.jp/program/78759.html

上記ページでは申込締切日が2010年10月28日になっているが、冒頭の「KOBE鉄人PROJECT」のサイトでは申込締切日が2010年11月1日になっており、下記サイトのブログ記事(2010年10月30日 9:57:59)ではまだ間に合うとのこと。

・英傑群像(三国志エンターテイメント 情報&グッズ)
http://www.chugen.net/
英傑群像

・第十回「英傑サロン」報告と次回の予定  (※上記ブログ記事)
http://sangokushi.chugen.net/1837

「企画第2弾」となっているのは、下記関連記事にあるように昨年にもツアー企画があった。

※関連記事 三国志テーマパーク「三国城」鎮江の旅(2009年11月5日-7日)

このツアーではタイトル通り二日目に諸葛八卦村、三日目に無錫三国城(三英戦呂布のショー含む)に行くそうな。前回に比べ諸葛八卦村が増えた分、一日長くなっている。
冒頭の「KOBE鉄人PROJECT」のページで諸葛八卦村内(と思われる)の諸葛亮の像の写真があるが、よくみると、背後には諸葛亮誡子書の文(下記関連記事参照)が見える。

※関連記事 『第30回全国高等学校クイズ選手権』で諸葛亮誡子書(2010年9月3日)

今、ふと思い出したが、諸葛八卦村って『地球に好奇心 「三国志」の子孫をさがせ~中国・歴史ビジネス最前線~』(下記関連記事参照)で出ていたっけ。そうだとすると三国子孫系の観光地としては一番、成功している部類なんだろうね

※関連記事 メモ:三国志とNHK

※追記 『上海潮流』#4「新幹線で行く、無錫の旅」

トラックバック

このエントリのトラックバックURL:
http://cte.main.jp/newsch/trackback.php/1838
表示形式
コメント投稿

サイト管理者はコメントに関する責任を負いません。