本サイトの雑記から分離整理したできたブログ。
タイトル通りライト層による単なるメモなので面白みはないかと思われます。
書き手がミラニスタなので内容はACミラン中心です。
<< 2019年10月 >>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<<   >>

新生ミランの成長を見せられるか


※以前の同カード記述・誰?誰?!ノチェ?!ノチェ!(2012年4月3日の雑記)

※前節・ターンオーバーで存在感を見せられるか(2012年12月5日の雑記)

※前戦・マリオ&プリンス始動なるか(2013年2月16日の雑記)

AC Milan - Biglietti Milan online

 CSのスカチャン12012/13 UEFAチャンピオンズリーグ ラウンド16 1st leg ミラン×バルセロナを見る。2013年2月20日現地時間20:45キックオフのナイトゲーム。イタリアミラノ、サン・シーロ。解説/実況:宮内聡/倉敷保雄。後日、BS12 TwellVの「ACミラン・チャンネル」を見て、追記する。解説/実況:福西崇史/中村義昭。2013年2月24日放送分を見る。「ついに今シーズン初めて、UEFA チャンピオンズリーグの試合をお伝えできます」と中村さんの第一声。入場だけでワクワクすると福西さん。何か字幕がいつもと違って新たに作りだしているような感じ。

ACミラン・チャンネル2012/2013:BS12 TwellVで無料放送!

 昨年のリーガとセリエの二位同士対決。フィジカルで優位性のあるフラミニとノチェリーノが揃って欠場(汗)

Breaking News: AC MILAN OFFICIAL STATEMENT | AC Milan


下記のコラムで急にミラン×バルセロナが出てきてびっくりした。なるほど、あくまでも1対1で守りに行くイングランドに対し、+1のカバーリングができるようにするイタリアね。

英国視点からの欧州訪問紀(9):サッカーはじゃんけんのようなもの - Goal.com

 アンデルレヒトと対戦したシーズンは優勝だってそんなのすぐ崩されそうなジンクス。ステファン、パッツォ、プリンス、リッカのスローモーション映像順。そしてムンタリの後にようやくメッシ。やはり現地映像! 過去映像はステファンのシュート×2(切り込んでのとクロスをトラップしてのと)とフリーキックをうけたメクセスのバイシクルシュート。

 ACミラン4-3-3 アッレグリ監督
  32アッビアーティ
  20アバーテ、17サパタ、5メクセス、21ケヴィン・コンスタン
  18リッカルド・モントリーヴォ、23アンブロジーニ(カピターノ)、4ムンタリ
  10ケヴィン・プリンス・ボアテング、11パッツィーニ、92ステファン・エル・シャーラウィ

 バルセロナ4-3-3、ロウラ監督
  1ヴィクトル・ヴァルデス
  2ダニエウ・アウヴェス、3ピケ、5プジョル(キャプテン)、18ジョルジ・アルバ
  6シャビ・ヘルナンデス、16ブスケツ、4ファブレガス
  17ペドロ・ロドリゲス、10メッシ、8イニエスタ

 ACミラン・チャンネルの現地映像のフォーメーションが当たり前だけどスカチャンと同じでいつもと違って何か新鮮。例のユニフォームも表現するやつだし。中村さん曰くボーヤンは「試合以上の価値がある試合だ」と。
 ミランはリーグから5枚変えてきたと倉敷さん。宮内さんはメクセスとメッシに注目だそうな。こっちとしてはCL男のプリンスに期待かなぁ。ミランは赤黒縦縞シャツに白パン黒ソックス。バルサはオレンジから黄色へのグラデーションシャツに黄色パン黄色ソックス。入場前にアンブロがプジョルに握手。チャンピオンズリーグアンセム! バルサからカメラが流れ、最後半袖のプリンスの締め。観客席にはミランのユニフォームの大きいイラストが掲げられている。
 バルセロナボールのキックオフ。低い位置でボールを回す。倉敷さんによるとピケの子どもがミランっていうらしい。ハーフラインを越えるのを待ち構えていると福西さん。ムンタリが中盤でカットしステファンに回し、ドリブルで上がり、左のパッツォに回すもそこからのクロスは誰も詰めず。さらにミランボールで右サイドからアバーテが上がるもいなされる。1分、プリンスのプレッシャーの後、パッツォが高い位置の右サイドでボールテイク。ハイプレス。バルサとしてはボール回しが低いと倉敷さん。2分徐々にラインを上げるバルサ。もっと(この組合せは)後がよかったなぁ、と中村さんが代弁。3分、パス回しからドリブル突破のメッシ。左に流れクリア。カウンターのミランだが、中盤でカット。上がれ上がれのジェスチャーをするプリンス。いつもと戦い方を変えていると中村さんが福西さんに確認。4分、観客席のマリオ・バロテッリとそのフィアンセ。メクセスがドリブルで上がりパスするもカット。ムンタリが中盤で落ちてきたボールをボレーで狙っていく。浮くんだけど、観客が沸く。こういった思い切ったプレイがポジティブな効果がでることがあると中村さん。5分、バルサがもってプレッシャーをかけるミラン。左サイドでメッシに対するファール。「Forza Milan!」 中央から崩しにかかるバルサ。中盤でカットして前に送るもオフサイド。7分、左サイドでカットするも中盤で奪い返される。中盤でセスクに対するリッカのファール。スコットランドのレフリーだから戦うことに関して許容してくれると倉敷さん。8分、ボールを回しひきずりだしにかかるバルサ。パッツォも前から後ろへのトライ。バルサの左からのクロスを中でカット。9分、メッシがバイタル左から、抜きに掛かりシュートするがブロック。左からのコーナーキックをアンブロが外へ。リプレイでプジョルをフリーにしたと中村さん。左のコーナーキック。10分、それを右で最終的にパッツォがカットして前へ。ステファンが運び、サイドチェンジはムンタリに渡り、返しのサイドチェンジを出すも遠い。惜しい! 11分、右からのクロスをメクセスがカット…というかリプレイだとメクセスのハンド? その前にオフサイドらしい。というかバルサがクロスに頼るとは珍しい(…あまりバルサのマッチを見てないのでイメージで)。クロスは珍しいと倉敷さん。やはりそうか。リッカがチャージを受けて倒れる。ファール判定。12分、ハイプレスのバルサ。キーパーからのロングボールを頭で落とし前に行くもカットされる。13分、中盤でのステファンがシャビをチェイス。惜しい。というかステファンらしさが出てきている。ボールを回し、カットするもプリンスがチャージを受ける。15分、左サイドのムンタリからの縦パスにプリンスがワンタッチで前へのスルーパス、ステファンがフリーになるもプジョルがどこからとも現れ、カット。おい! 惜しい。というか、ACミラン・チャンネルでは時計が常に表示されてあって見やすい。続く左からのコーナーキックにボックスニアでプリンスが回転しながらそのままダイレクトにシュートへ。しかし右にそれる! 惜しい! やはりプリンス! 今、まったくのフリーだったと中村さん。16分、倉敷さんによるとミランのチャンピオンズリーグでのゴールは400だそうで。ボールをまわし徐々に加速をつけてくるバルサ。18分、右サイドでカット。メクセスの縦パスがリッカに通り、右に回し、プリンスのクロスはキーパーキャッチ。メクセスがドリブル突破はセンターラインを越えてこけてロスト。バルサのチャンスで攻め上がってからのミドルシュートを放つ。アッビが冷静にキャッチ。19分、中盤で、戻してからボールをロストしてバルサのチャンス。20分、速攻で右にボールを回すもステファンが戻ってきてカット。思わず見ているこっちは拍手。サパタからのステファンへのロングボールはオフサイド。バルサのラインコントロールを褒める宮内さん。あとちょっと前プリンスの守備を褒めていた。21分、ロングボールが右サイドのプリンスに通るもプジョルによってロスト。22分、リッカのミドルのサイドチェンジはボックス内のステファンに通らず。常に意識していると倉敷さん。メッシのドリブル突破をアンブロが居ても乗り移ったように倒れながらのボールテイクのリッカ! サン・シーロがわく! 低い位置でプリンスに対するセスクのファール。逆じゃなくて良かった。ボアテングが献身的に戻ってくると倉敷さん。一人一人が集中していると中村さん。23分、サパタのロングボールがカットされるもプリンスがカバー。ワンタッチでサイドチェンジはステファンに通る。モントリーヴォの成長はそこだと思います、軽いプレイが減ったというか、と福西さん。24分、メッシが中盤で加速しかけたときにメクセスがスライディング。イエローカード。25分、ボールをまわし徐々にゴールに迫るバルサ。ボックス内でシャビがヒールキックで自ら作り出したスペースへパス。それをリッカがクリア。うまい。パスを読んでおかないとやられると宮内さん。よく読んだと中村さん。26分、まだボールを回すバルサ。シャビのクロスをメクセスが避けアッビがキャッチ。「おっと」と倉敷さん。EURO2012決勝のイタリア×スペインを引き合いに出す中村さん。27分。コンスタンがタッチライン際で上がるもそのパスは外へ出してしまう。28分、メッシの右サイドからのドリブル突破は数人がかり(というよりサパタがメクセスにぶつかっているぐらい)でカット。ステファンよりは遅いけど、あの後、緩急あるんだろうな。29分、ボールを回すバルサ。アンブロがカットしてミランボール。プレスをうけつつ右サイドから前へ。大きいサイドチェンジはステファンに通る前にカット。右サイドでメッシのボール。メクセスがつめて、アンブロがカット。31分、バルサがボールをゆっくりと回す。ミランの体力が心配。これは見応えあると中村さん。バルサがボックス内にボールが通るもののオフサイド。その後のカットはステファン。その戻りが光る。カウンターでのステファンの縦パスが通らず。32分、右の頬が血で染まるアバーテ。33分、ボールを回しボックス内まで迫るバルサ。ステファンも戻っている。アンブロのカット。34分、カウンターでステファンが左に張る。攻め倦ねてというより味方の上がりをまってムンタリに戻す。プレスをかけられるがムンタリがファールを誘う。フリーキック。リッカがキッカー。弾かれ、組み直し。バルサのカウンターをプリンスのプレッシャーとムンタリのカットでいなす。35分、中盤でムンタリがカットし、右のプリンスに。プリンスがシンプルなクロス。ステファンの飛び込みは惜しくも足が届かず。サン・シーロが沸く。勢い余って転がるステファン。そこからのバルサの攻めに右サイドでメクセスがカット。メクセス大活躍ですねーと倉敷さん。リプレイでは良いクロスなのに、手前でパッツィーニが怒ってましたと中村さん。あれ以上良いのを求めていたのでしょうと福西さん。36分、アウベスの右からのクロスはメクセスがカット。バルサの右からのコーナーキック。先にホイッスル。サパタに対するプジョルのファール。ホントに高い集中力を維持しているミラン、と中村さん。37分、ムンタリがバイシクルでクリアしたがしばし倒れ、メクセスがアピールし、しばし中断。ドロップボールでバルサに返すミラン。39分、アンブロが中盤でカットし、ステファンがボールを運び。ディフェンダーを中央で引き付ける。しかし誰もオーバーラップしなかったので、前の空に向かいパス。右サイドからメッシが迫るがコンスタンがカット。メッシもいろいろしてくると中村さん。40分、プリンスのワンタッチのおされ縦パス×2が悉くカットされる。その際、リッカが倒れ、止める。41分、カットするもリッカがボールロスト。カウンターにいけず。バルサのラインコントロールでリッカのパスの判断を躊躇させると宮内さん。42分、バルサのスルーパスはメクセスがフォローしてアッビが拾う。バルサも人の子だけど、ほんとにミスが少ない、と中村さん。43分、バルサがボールを回す。アウベスの右からのクロスをメクセスが頭でカット。右サイドからのミランボール。アバーテの縦のミドルフィードは誰にも合わず。アバーテの右での突破からのクロスはキーパーキャッチ。そうだ、サイドを有効につかうんだ。前半は0-0で終了。ミランの体力がもつかどうかがポイントになりそう。あるいはスタイルが変わるかがどうか。倉敷さんもそれを指摘。アンセムがサン・シーロに響く。
 ACミラン・チャンネルのCMはやはりミラノ・デルビー。「プライドをかけたミラノ・デルビー。今シーズンの命運を握る負けることの許されない大事な一戦、好調バロテッリが古巣インテル相手にも牙を剥く。すべては勝利のために、すべてはミランのために!」のナレーションと共に、「プライドをかけた戦い!」と横書きの字幕がすっとでて消えた後、左に「対インテル」と大きい縦書きの文字を前に、第11節のキエーヴォ戦でのステファンのショートクロスにパッツォが押し込んだシーン、第21節のボローニャ戦でのパッツォの2点目ゴールシーン、例のセレブレーション(゜y゜)、第23節のラツィオ戦の開始直後のバロテッリのシュート、そして1点目のボレーシュートのシーン(二つとも寄りの映像)。最後は前回のミラノデルビーの観客席のアート、蛇を掴まえているミランのマスコットの絵。

今度こそ新生ミランの転機であれ(2012年11月4日の雑記)

リッカにアンブロジーニが乗り移った?(2013年1月20日の雑記)

ミランでのアッズーリ・コンビ始動なるか(2013年2月4日の雑記)

「内容ではミランが上回った」(2012年10月8日の雑記)

 ミラノ・レポートは2012年10月のミラン・アウディ合同イベント。恒例行事だけど調印式典だったんだね、これって。ロビーニョ、ボーヤン、ステファンと次々と車に乗っていく。ボーヤンはとばしていたが、ステファンは慎重と中村さん。ドライビングテクニックで表彰されたのはパッツォ。ロビーニョがなんで俺じゃないんだって顔してません?、と中村さん。車に名前の各選手のプレートが貼ってある。ステファンは赤! リッカも赤!しかもコンパクト。

 向こうにはないだろうが、ミランにはアッレグリマジックがある。ほのかに期待。日本語放送ではメクセスの活躍に注目していた。ニアンの映像から。顔に「92」と書いてある女性観客。バロテッリがバルサのBチームの入団試験を受けたと倉敷さん。
 ミランボールからのキックオフだがミドルフィードが通らず、バルサボール。ハイプレス。右サイドでリッカのカットがプリンスに渡って、そこからのクロスは素通り。三列のディフェンスラインを作るのはミランは国内リーグではほとんどないが、バルサはいつもこうだと中村さん。47分、バルサの左でカット。ボールを回すミラン。中盤でステファンがチャージされ転び回転するもノーファール。バルサが前にいくも途中でリッカがカット。ボールの取り合い。48分、バルサが攻めてくる。イニエスタとプリンスのマッチアップは服を引っ張ったプリンスのファール。右サイドでアウヴェスとステファンのマッチアップ。49分、ボールを回すバルサ。50分、右サイドから崩しにかかるバルサ。ステファンがカットし、カウンターに移るが芽を摘まれる。依然、バルサボール。カウンターでパッツォに渡るが中盤でいなされ、ボールロスト。51分、ボールを回すバルサ。というか体力のある若さを利用したミランの作戦のように思えてきた。52分、段々とゴールから遠のきボールを回すバルサ。微妙に引き出されている。53分、アンブロがボールテイクしたと思ったら、ファール。パッツォがカットしたが直後スライディングをくらう。パッツォが倒れている。駆け引きに見えて仕方ない(笑)。ブスケツにイエローカード。54分、アバーテがボールに追い付きクロスは中で弾かれる。スローインをボックス内にてポストプレーで受けるパッツォ。しかし、プジョルに対するファール。そして待望のステファンのカットイン。アウヴェスに突き飛ばされ、フリーキックゲット。リッカかコンスタンか。55分、コンスタンが右に飛ばし、リッカのミドルシュート。壁のサパタに当たってしまい、ハンドと思われ、一瞬止まり、そこにプリンスが右に流し込む。ゴール判定! 1-0でミランの先制。しかし、ひっどい判定だな(「(笑)」で)。気を抜く方も悪いが。プリンスが観客席に走っていってセレブレーション。すぐにメクセスが追い付いて首にハグ。プリンスとムンタリがおでこをくっつけていた。そして倉敷さんがしばらくサパタとムンタリと言い続けていて後で訂正したのはご愛敬か。さすがCL男、プリンス! 57分、先制したのは良いことですが、もっと遅くにと倉敷さん。リプレイでプリンスとステファンが右手をタッチして、胸でふいてハグ。そしてピケが抗議してイエローカードをくらっていた。そりゃそうだ、抗議するわ。カウンターでリッカからのパスがやや右よりのステファンに通るも直後カットに合う。59分、センターサークルにてパッツォに対するプジョルのファール。駆け引き継続中。パッツォの倒れながらでのプリンスへの縦パスが通り、ドリブルで上がりクロスを選択するがカットされる。60分、右からのアバーテのスローインでボックス内ニアでパッツォが頭で浮き球として繋ぐもファーのステファンが受け取れ、直後、バイタルでのアンブロのカットで前に出し、パッツォがボレーシュート。右にそれる。その前にアンブロのファール。61分、ファブレガス→9サンチェス交替。62分、メッシのフリーキックはふかす。やはりあの判定はメンタルダメージが大きいんだ。63分、バルサの右からのクロスに零れたところをイニエスタとプリンスのマッチアップ。イニエスタが勝つもアバーテがカバー。64分、バルサが零し、プリンスが拾い、アバーテにバックパスし、そこからのロングフィードは空中でパッツォとプジョルがぶつかる。65分、パッツォが倒れ顔をおさえつつ、ストップを要求。氷嚢が用意される。緊急事態。アッレグリが動く。おでこに赤く痣ができてるパッツォ。バルサボールでプレー再開。アプローチが早いですね、と宮内さん。リッカとプリンスの高い位置でのプレスに中村さん&福西さんが評価。68分、ミランボール。右からのアバーテの飛び出しからのクロスは足元で弾かれる。プジョル治療中。リッカの右からのコーナーキック。ボックス内でパッツォが浮いたたまをポストプレーでリフティングしてからのバイシクル気味のシュートはキーパーキャッチ。パッツォに渡るまえにアバーテが高さで競り、頭を打った模様。しばし中断。また氷嚢登場。70分、プジョルが頭に白いものを貼って帰ってくる。左サイドでいきなりプジョルとパッツォのマッチアップ。中央のプリンスにボールが回るも続かず。71分、バルサボール。左サイドを崩しにかかるがアンブロ(多分)がクリア。72分、再び左から攻めるバルサ。右におくる。バイタル中央でシャビにボールが渡り、そこからのパスは、アバーテがカット。パッツォがボールを運ぶも左サイドでつぶされる。73分、イニエスタのドリブルからのショートパスはアンブロがカット。良いプレイをしますね、アンブロジーニは、この試合を通して、と中村さん。74分、パッツォ→19ニアン交替。ボーヤンは?(汗) 戻ったパッツォはアッレグリにねぎらいで頭をポンとされる。ニアンの右に上がってのクロスは通らず。75分、ボールを回すバルサ。中央からメッシが崩しにかかるがいなされる。左からイニエスタがパス回しからミドルシュートに行き、アッビの左を通り抜けるもゴールマウスも通り抜ける。あぶねー。76分、ムンタリの頭での縦パスはステファンにとおり、ドリブル突破はコーナーキックを誘う。左からのステファンのコーナーキックはムンタリが一人スルーで抜け弾かれたところステファンに返って来るもオフサイド。77分、じわりじわりとボールを回すバルサ。ロングボールにサンチェスがポストプレー。しかしサパタが肩を持ってファール。78分、キッカー、シャビかメッシか。シャビ。右上に逸れる。アッビは充分に反応し、左上に手が行っていたので安心。79分、プリンスが右の外に出すが、すぐにアンブロがカットしてミランボール。80分、そこからのリッカのミドルフィードをニアンがボックス内右でおさめ、また潰されるかと思ったら、ディフェンス3人を引き付けていたようで、バイタル中央のステファンに隙を突いたパス。ステファンが切り込むかと思えば、右足でのツータッチで浮いた玉にてボックス左のフリーのムンタリにパス。そこからのワンタッチの左足でのボレーシュートが鋭くワンバウンドしてゴールマウス右に入る! 2-0でミランが差を付ける! ムンタリとプリンスが変なダンスでセレブレーション。ニアンもシャーラウィもムンタリも落ち着いていたと中村さん。その後、ステファンとハグのムンタリ。81分、ミランのディフェンスに勢いがついている! すげー。82分、ステファンが逆サイドにいってのディフェンス。ここらへんもだね、ステファンの良さは。バルサのミドルのグラウンダーの縦のスルーパスをコンスタンとサパタが対処。いいぞいいぞ。83分、ジュゼッペ・メアッツァは沸いているというよりざわざわしています、と倉敷さん。メッシが右サイドからドリブルで移動。アンブロが例のスライディングでのカット。ミランボール。84分、サパタからの左のミドルフィードにステファンが追い付こうとするもラインを割る。ステファンが足を吊った様子。バルサボール。85分、左からのアルバのクロスにアバーテがカット。86分、バルサの左からのコーナーキック。プジョルの魂のヘディングシュートは左に逸れる。吠えるプジョル。86分、ステファン→12トラオレ交替。交替前にプリンスとハグするステファン。ミラニスタもここまでのゲームが見れるとはどこまで思っていたかと倉敷さん。おもってなかったよー。プジョル→14マスケラ交替。88分、クリーンシートができるかどうかと倉敷さん。試合を終わらせることに関してはメンバーが替わってもミランはうまいと倉敷さん。89分、ボールを回すミラン。タッチラインを越えたのを拾いにいくニアンに体当たりのバルサの選手。ミラニスタのチャントが響く。90分、ボールを回しせまるバルサ。アディショナルタイム5分。やはり長いね。アウベスのクロスにサパタが頭でクリア。左へのロングボールをトラオレが当たりに行き、イエローカード。まぁ、そうだろ。91分、観客席でロビーニョとバロテッリが飛び跳ねながら体を当ててすでに喜んで大騒ぎの映像。自陣ボックス内で高さで競る。最後、メクセスがぶつかりながら頭でクリア。92分、ボールを回すバルサ。ひっぱったんで、フリーキック。アーリーリスタート。カットからのカウンターはクリアーされる。ボールを回すミラン。ボールに食い付いてくるバルサ。サパタとアバーテが交差するもなんとかクリア。カウンターだがニアンが迷っている間に弾かれる(良いように捉えると溜を作っている間にか)。94分、ミランのディフェンスに対して、よく動いていますね、と倉敷さん。バルサの右からのクロスにアッビがキャッチ。2-0で試合終了。ミランの完勝! そしてミランの応援歌! きもちいいねぇ。プリンスとアッビがだきつく。サパタとピケがユニ交換。そして横一列に並んでみんなで駆けてジャンプ!

※リンク追記・長〜い、「3週間のハーフタイム」に入った欧州CL : コラム | J SPORTS

 後藤健生さんはプリンス&ファラオのを高評価。丸括弧付けで「あれだけ守備に貢献しながら、しっかり得点に絡んだエル・シャーラウィとボアテングの働きは特筆もの」と。私見では、ステファンはいつも通りの颯爽と下がってくるのを含めての素晴らしい守備貢献に対し、プリンスはいつもより下がる範囲が広がっている。なので、例えは悪いが不良学生がお年寄りに席を譲ってまわりから「案外、良いヤツ」と尊敬されているもどかしさがあるね(笑)

※リンク追記・Breaking News: CHAMPIONS LEAGUE GOALS: MILAN HIT 400 | AC Milan

 倉敷さんがおっしゃっていたようにACミランのチャンピオンズリーグにおける400ゴール目ということで。あと関係ないけど、この記事がこのブログでの400記事目。偶然。

※リンク追記・Daily ACMilan News's post on AC Milan | Latest updates on Sulia

 これを見ると、リッカのシュートに、体を庇ったジョルジ・アルバの左肩が当たり、それがサパタの右顔面と右肩に当たっているね。ハンドじゃなく、ナイスジャッジ!

※次戦・勢いづくミラン(2013年2月25日の雑記)

※次節・ベスト8進出をかけて(※2013年3月13日の雑記)

※来季の同場所同カード・カカ、チャンピオンズリーグで復帰戦(2013年10月23日の雑記)

※来季の同カード・前戦のせいで見る意欲だだ下がり(2013年11月7日の雑記)

※追記・ガラクシア杯、はじまる(2013年2月6日の雑記)

※追記・「MILAN DA SOGNO」(2013年2月27日の雑記)

※追記・続・お誕生日、おめでとう! プリンス(2013年3月13日の雑記)

※追記・3位浮上なるか、苦手なラツィオ戦(2013年3月3日の雑記)

※追記・ついに来た、銀河のワールドカップ(2013年2月19日26日の雑記)

※追記・ステファンのイラストは定番になるか?!(2013年2月21日の雑記)

※追記・ステファンのカットイン(2013年3月3日の雑記)

※追記・メモ:アットホーム・ミラニスタ交流会(2013年4月27日の雑記)

※追記・バルセロナ対策(2013年4月23日の雑記)

※追記・チャンピオンズ・リーグ本戦出場なるか(2013年8月29日の雑記)

C O M M E N T


名前 :
E-mail :
URL :
パスワード :(削除用 : コメント投稿後の修正は不可)


  プレビュー

<< >>










RSS

Ringworld
RingBlog v3.22