本サイトの雑記から分離整理したできたブログ。
タイトル通りライト層による単なるメモなので面白みはないかと思われます。
書き手がミラニスタなので内容はACミラン中心です。
<< 2019年12月 >>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<<   >>

メモ:アットホーム・ミラニスタ交流会


※2013年大型連休目次的ページ・メモ:亜種一周片道乗車券

※カルチョ関連の前回・抑えておきたい一戦

※カルチョとは無関係の前回記事・メモ:第35回 三国志街道の集い(2013年4月27日)

 カルチョとは無関係の前回記事で書いたように、2013年4月27日土曜日の昼にカルチョとは無関係なイベントに一般参加していて、それが終わった15時ごろには一般参加者主導で近くの飲み屋にて二次会をしていた。
 15人ぐらい参加していたので、もちろんみんな一緒に話していたというわけではなく、大抵は東西に長い部屋で大きく三つに分かれて話されていた。清岡は一番右の南側に座っていて、そこの話題は三国に限らず日本史が主な歴史の話がされていた。
 一番左で野球の話をされているなぁと思っていたら、ふと清岡の前の人が急に「話ぶった切ってすみません。ずっと言おうと思っていたんですが、それってACミランですよね?」とおっしゃった。
 この日、清岡はインナーの上に新しく買ったA. C. Milan red and black jersey for the 2011/2012 season EL SHAARAWY (背番号92番)の14 years (155-165cm)を着て、それを覆うようにさらに上からMICHEL KLEINの白い七分袖を羽織っていたんだけど、さらにACミランの今シーズンのファースト・ユニフォームのデザインのネクタイを付けていて、しかもネクタイのACミランのマークが見えるようにしていたので、ツッコミを入れられたという状況だった。それに白鉢巻さんからは道理でユニフォームが見えていたと言われる。後で気付いたが、羽織っていたのが白だったので、バッチリ背中の92番が浮き上がっていた。
 ツッコミを入れた相手はバルセロナとFC東京のファンということで、前者はメガクラブなだけに一瞬、最近ファンになった方かと思ったら、そうでなく10年以上のファンだそうな(ヨハン・クライフ監督あたりから?)。回りの人をおいてけぼりにするな、と思いつつ、しばしヨーロッパ・サッカー話をする。途中から番組『Youは何しに日本へ?』で海外から見に来ていた浦和サポーターに密着取材していたという話を振り、Jリーグの話にシフトし、話を輪を広げていた。

YOUは何しに日本へ?: 番組情報 : テレビ東京

 それで気付けば17時近くになっていたので、清岡は次の用事に向けてお金を払ってその場を立ち去る。16時52分、亀戸発の列車に乗り込み、総武線各駅停車で17時31分、阿佐ヶ谷駅に到着する。まず改札前集合と言うことで、いつものように階段を降りていると、改札の向こうに人だかりが見える。その右奥に自転車に乗ったニシさんがいらっしゃったので間違いなく目的の集団だと知る。そういえば集合場所に居るとおっしゃっていたな。それと、てっきり赤黒の集団かと思ったら、みなさんほとんど普段着だった。というより、清岡は昼のイベントからユニフォーム姿でいようと思っていたが、他の同行者の手前、あまり派手な格好をするのも気が引けるので、結局、ネクタイでしかミラニスタであることをアピールしていなかった。
 というわけで17時45分、「アットホーム・ミラニスタ交流会」の集合場所となる阿佐ヶ谷駅改札前に到着する。

にこにかるちょの「ばーるdiかるちょ」web支店

TwiPla - 【春の】アットホーム・ミラニスタ交流会【4/27(土)】

 事前に参加者が25人居ると聞いていたが、こう揃うと圧巻なのだが、ふとどうこの集団に合流しようか、あるいはこの輪を突破するかと思いつつも、とりあえず顔馴染みのニシさんに声を掛けようと、向かって右から回り込んで(まるでゴールライン際を切り込んで中央による右SBのように)、ニシさんに挨拶する。それからこの場を仕切っていたロッベンさんに数に入れて貰うようにという意味も込めて挨拶する。それで向かって右の方で立っていて、ふと左を見ると、サード・ユニフォームっぽい服を着た人が居て、よく見ると、バッグもミランのだし、首からかけるタオルもミランのだし、全身、ミランだらけだった。それで声をかけてみると、大阪から夜行バスで来られたとかで、ここへは1時間前ぐらいに地下鉄の南阿佐ヶ谷駅から歩いてきたそうで、しばらく街歩きされていたそうな。その場ではお互いに名乗り合わなかったのだが、というより他の参加者と違って清岡はTwitter Accountを持っていなかったので、名乗り出ても仕方ないという判断があった。清岡以外、Twitter Accountを持っていて、予めツイッター上でやり取りをしており、そういう意味ではこの会もツイッターでのやりとりの延長線上にあるのかもしれない。また、主催のにこにかるちょさんがツイッターで参加者のリストを作って下さっていて、清岡は開催前にそれを見ていた。

@NicoNicalcio/春のミラニスタ交流会
※リスト。すでにリンク切れ

 そのリストで大阪から来られる方がいらっしゃって、それがミラン・グッズで身を固めていたyunさんだと後で気付く。
 それで話をするに、サード・ユニフォームに見えていたのは、同じデザインのスポーツウェアってこと。だけど、実際にサードのレプリカ・ユニフォーム(11番ジャンパオロ・パッツィーニ)を着ておられるとのことだった。
 清岡のネクタイにも言及して下さったので、パッツィーニが好きなのか尋ねてみると、他にもメクセスも好きだそうな。今シーズン、活躍する以前から好きだったそうで、清岡からは二人ともバルセロナ戦のファースト・レグで活躍した、なんて言っていた。

新生ミランの成長を見せられるか(2013年2月21日の雑記)

 やがてこの時間に集合される参加者が揃ったということで、ロッベンさん先頭にみんなで会場に向かうことになった。
 会場のスポーツバー「ミラニスタ」前に到着。準備が出来ているがロッベンさんが見に伺うとのことで、そこでしばし待つ。

東京のスポーツバー ミラニスタ

 横浜FM×甲府を観戦しているお客さんが依然、いらっしゃるので、数分待って、いざ、店内へ。清岡はもちろん初めての来店ではないが、初めての方々が多くそのリアクションを楽しんでいた。店内に入ると、主催者のにこにかるちょさんがお出迎え。そこで会費の3200を支払い、さらにテーブルに名札が複数並べられていて、それぞれ参加者の名前の他にツイッターのアイコンが描かれていた。清岡はツイッター・アカウントを持っていないのでミランマークだ。
 すでに清岡はステファンの2011/12シーズンのファースト・ユニフォームをきていたものの、ステファンは人気で参加者25人+主催&スタッフαのミラニスタの中では目立たないと思い、ボーヤン・クルキッチの22番のサード・ユニフォームに着替える。赤黒の中で黒は目立つだろうと。
 オーナーさん一家やスタッフが忙しそうに準備する中、皆が揃うまでしばし待つ。荷物を東の端に置き、西側、ダーツ・マシーン前あたりが会場となるので、そこにテキトーに居て待機する。
 そうすると、テーブルにミラン・フラッグが広げられ、そこにACミラン・チャンネルのクラウディオ・リッピさん追悼メッセージを書き込む企画がスタートし、それを終えた人に乾杯用のワイン・グラスを渡される。そこにはこの日のために開けてくれたACミランのワインが注がれていた。清岡のように酒を飲まない人のようにもちゃんと乾杯用のグラスを用意して下さる準備の良さ。オーナーさんがそれ用のグラスを渡して下さる。その際に、オーナーさんが初対面で前に一度来た方と間違えた、シェフチェンコのユニフォームを着たシェヴァさんが挨拶して下さる。オーナーさんとの三人で話していたが、今回、ツイッター・アカウントの名前が発音しにくいとかで、「シェヴァ」と名乗っているそうで、偶然、清岡がひそかに呼んでいた名前と一致する。

バルサ前に勝っておきたい一戦(※2013年3月9日の雑記)

 それで大先生こと、け〜れっどさんらの近くに行き、話しつつ、乾杯に備える。

 にこにかるちょさんからの挨拶。それによるとミランのワインを用意してくださったのはTaigaさんとミリオンさんとのことだ。「Forza Milan!」といって皆で乾杯。
 乾杯後は歓談とのことで、立ち疲れた方はカウンター席で座って下さいとのことだ。改めてけ〜れっどさんと挨拶。名札を見せるとベタに「静岡さん」と誤られる。慣れてますよー。フィオレンティーナ戦の時にバー「ミラニスタ」に来られていたそうで。

上位三連戦の初めはアウェイから(2013年4月7日の雑記)

 その前後で誰か忘れたけど、リッカルド・モントリーヴォのサード・ユニフォームを着た方ともお話。

 そうすると、にこにかるちょさんから再び告知。会場となるスポーツバー「ミラニスタ」の紹介とそのオーナーさんの紹介。自然と拍手が湧き起こる。今日の飲み放題のメニューがあるそうで。ラストオーダーは20時半。2時間強の会だね。立食パーティ形式。パスタやトリの唐揚げやら料理が並べられていた。後で使い古された「立食パーティってグラスの置き場に困りますよね」なんて言っていた。
 早速、飲物を頼みに行く。コマツさんにパイナップルジュースと伝え、しばし待ってレジ近くで受け取る。店内ではミランの歴史っぽいDVDが流されていた。
 会場は皆、いろんな世代のいろんな種類のレプリカ・ユニフォームに身を包んでおり、「ついつい背番号と名前を確認してしまいますね」とyunさんに話し掛けると、「デ・シリオモントリーヴォが人気ですね」と返ってくる。あとで気付いたのだが、一番人気と踏んで、清岡が敢えて避けた、我らがファラオ、ステファン・エル・シャーラウィのレプリカ・ユニフォームを誰も着てないと判明する。皆も人気と踏んで、敢えて着なかったのだろうと結論づけていた。ニシさんはフィリッポ・インザーギの背番号300の記念ユニフォームだったし。そしてyunさんのジャンパオロ・パッツィーニのサードユニも、清岡のボーヤン・クルキッチのサードユニも被りなしってことで。それと会う人会う人に、このユニを勝ったときはボーヤンが活躍していたって話をしていた。

ボーヤンの両サイドへ動き回り繋ぐ姿を見たか(2012年12月14日の雑記)

 それとどこから来たって話になって、新潟から来られた方がいらっしゃって(ぴぽきちさんだっけ? 前日入りされた方)、関西は大阪、神戸、京都が揃っていた。逆に(ニシさんより?)近くから来た方もいらっしゃった。
 それとロッベンさんと話す機会があったので、チャンピオンズリーグでのバイエルン・ミュンヘンのロッベンの活躍の話を振ってみた。そうすると、チェルシーより前から好きだとかなどなど、語って下さった。

お次はドイツ対スペイン、現国内リーグ・トップ対決(2012年4月24日の雑記)

 それからバルセロナに勝ったバイエルンみたいな強さを來シーズン、ミランにも見せて欲しいという話を振って、ハインケス監督が如何に今のバイエルンを作っていったかという話を伺う。
 さらに、一番の常連さんと呼ばれているとのことで名古屋の栄のACミランカフェ&リストランテのことをロッベンさんから伺う。

ACミランカフェ&リストランテ

 yunさんは名古屋に行ったついでに何回も足を運ばれているそうな。清岡は二回しか行ったことがないんだけど、昨シーズンのバルセロナ戦のときに言ってメッセージカードを貰って、それをネタとして持ってきていてそれを見せつつ話題提供。「こんなのあるんだ」とお二方から良いリアクションを戴く。

男子トイレのみで告知(2012年3月28日の雑記)

誰?誰?!ノチェ?!ノチェ!(2012年4月3日の雑記)

 その場で、ロッベンさんが10月か11月にACミランカフェ&リストランテにてミラン・パーティをやろうとおっしゃって、やることを決めていらっしゃった。
 それでyunさんを囲んでパッツォ話。あの観客席に腹這いになって両手をバタバタさえるセレブレーションとか。いつもやる顔の前に二本指を立てる(゜y゜)のセレブレーションとか。投げキッスとか。

3位浮上なるか、苦手なラツィオ戦(2013年3月3日の雑記)

 あれは何の意味があるのか、って話でその場に居た人がテキトーに「(背番号の)11番」っておっしゃっていたので、それに乗せられた清岡が数分後に別の人に申すと、「インテルの時は11番じゃなかったし、あのポーズをしていたんで、両目を指して、『俺を見ろ』ってやっているんじゃないですか」とおっしゃる。なるほど、それだ!
 それとyunさんにスポーツバー「ミラニスタ」の展示物の紹介をしていた。サイン入りユニフォームとか2シーズン前の選手のカードとかマンガ『GIANT KILLING』とか。ニシさんから「ガットゥーゾ」とカタカナで書かれたサイン等の経緯を伺う(笑)

 単独でうろちょろしていて、気になっていたカウンター右端の集団に近付くと、ちょうどフィリッポ・インザーギの持ち主の名前入りサイン入りユニフォーム(2012/13シーズン、ホーム)を着てこられていた方が、そのサインをピッポから直接貰った経緯を語って下さった。試合の前日で、誰も居ないところでべそべそ泣いていたら、守衛のおじさんが中に入れてくれて…という流れで。そして証拠となるピッポとのツーショット写真も。ちゃんと自分の名前のスペルも伝えたそうで。それで2012/13シーズンのユニフォームなので、ピッポが最後に着たユニフォームということでその時のかっこいい最後のゴールについて語っていた。

そして式典のようなマッチ(2012年5月13日の雑記)

 ちなみにその一角はユニフォームがインザーギ並びだった。

 ぴぽきちさんらとあって、昨日のミラニスタの話をしていた。来られたら良かったのに、と話を振ると、今回、ミラニスタに来るのが初めてとのことで、そりゃ遠くから来て初めてでいきなり一人で来るのはハードルが高いな、と。あとサード・ユニフォームについていじって下さった。封印されて一回も使われないのだけど。

抑えておきたい一戦

 それと乾杯の時にご一緒した人が、いつの間にやら2006/07のカカのサードユニフォームに着替えていた(正確には上から羽織ったそうな)。

 それとロッベンさんから明日のミラニスタ・ランチ会の待ち合わせ等を聞く。その時の話の流れでオーナーさんの家族が今日、店員として働いていてそれぞれ誰が誰だって話をしたら、今日、一番の衝撃だって言われた(笑)。

 今回の企画の一つで、ひそかに事前に参加者それぞれがクジを引いていた。それぞれ数字が書いてあって、清岡は4番だった。やがて番号順に呼ばれていって、どうやら選手の写真のポストカードを1枚ずつ貰えるというプレゼント企画で、しかも1人1枚以上貰えるそうで、何回か呼ばれ、清岡は2011/12のパトケヴィン・プリンス・ボアテングを貰った。それで中でもロナウジーニョとロビーニョが不人気で、特にロビーニョは要る人は持っていってください、とかるちょさんがおっしゃるほどの不人気っぷりだった。しっかり清岡は2010/11シーズンのロビーニョ写真を貰う。

 そしてフットサル帰りのACミラン・クラブ・ジャパンの副会長さんが来場。清岡とはバルサ戦以来だね。

ベスト8進出をかけて(※2013年3月13日の雑記)

 なんと副会長さんは昨シーズンのズラタン・イブラヒモヴィッチのサード・ユニフォームを着ていらした。新旧11番のサード・ユニが揃う。

 その後、方々でいろんな話をしていると、集合写真を取る企画の時間となる。その前にプレゼント企画。ロッソネリさんからのもので、それをかけたジャンケン大会が始まる。それは、なんとムンタリのサインと写真だった。そして何回かジャンケンをして たろさんがゲットしていた。ムンタリストになることを宣言されていた。

 メッセージを何回か換えて、集合写真。ピッポ監督の初タイトルへのお祝いとか。

 その後、告知。ニシさん主催の「ミラン×トリノ戦 のんびり観戦会」。

ミラン×トリノ戦 のんびり観戦会@阿佐ヶ谷【5月5日】

 それから副会長さんからACミラン・クラブ・ジャパンの紹介。

AC MILAN CLUB JAPAN

 企画が全部終わって、どうやら閉会の流れのようで、スポーツバー「ミラニスタ」のオーナーさんから挨拶。拍手。かるちょさんからもスポーツバー「ミラニスタ」の紹介。
 20:50閉会。満場拍手。後は個人個人で歓談とのことだ。

 出入口近くのテーブル席に座っていると、アバオさんらが話していて、その輪に加わりまったりする。アバオさんはその名前の通り、アバーテ好きなので、時間がある時にオーナーさんからアバーテの話を伺えばいい、なんて言っていた。そしてらオーナーさんが来られ、しばし話す。オーナーさんはミランのメンタリティが好きって話で。それが無くなったらファンを止めるとまで。それに対し、ある日、ここに来たら店内が青っぽくなっていて「インテルのメンタリティが…」と言っていたりしてと茶々を入れる清岡。「あそこにはメンタリティない」と即答するオーナーさん。そこからしばしミランの話を伺う。

 その後、かるちょさんと話す機会があって、清岡からはこの会に来る前にバルサ・ファンにネクタイを指摘されたネタと、最近、かるちょさんがツイッターで紹介されていた後藤さんのコラムの話(下記)。

神話の崩壊。バルセロナはなぜ神格化されてしまったのか? : コラム | J SPORTS

 そしてかるちょさんからツイッターをやれば良いのにと仰って下さる。そこからツイッター話(コンテンツで繋がる、とか)、そして今回の会の話を伺っていた。会を企画する経緯とか。

リベンジ一発目なるか(2013年1月14日の雑記)

 その話の中で、それぞれ何のユニフォームを着ていたか記録していたら面白かったのに、と清岡が申し上げると、早速、かるちょさんがミリオンさんにみんなの背中を写真に収めるよう指令を出されていた。後で背中向けの集合写真を撮ったりした。

 23時前後となり、終電もあって、かるちょさんを先頭に皆、帰って行かれた。今回は貸し切りなので、ミラニスタのポイント・カードはないようだね。清岡は始発まで粘るので見送る側となった。

 イベントが終わりくつろぎ、下記のブログ記事で書いたようなことがネット上で起こっていたのをニヤニヤしつつ眺めていた。

爆笑レッドカーペット(2013年4月27日)

 その後、マンガ『GIANT KILLING』を読んだり、ゆるゆると欧州サッカーを見たり、ミラニスタ会の途中からシフトで入ってきていたアキラさんとその会についてのよもやま話をしていたり、なぜかTNAをオーナーさんを筆頭にみんなで見たりして過ごしていた。人が居なくなり、最後は終電が終わった後、カワシマさんがお土産に肉まんを持って来店されてきた。4時台になると、カワシマさんがカウンター席のイスで腹這いになって頭と足を垂れるという変な眠り方をしており、アキラさんとコマツさんとが店の片づけを始め、4時20分ぐらいに、カワシマさんのお土産を温めて、清岡がもう始発に乗らないといけない旨を申すと、優先的に肉まんを頂き、急いで食べて、その場を後にした。始発列車で都内の5時からのデイユースのカプセルホテルに向かい、その日の昼のミラニスタ・ランチ会に備える。

※カルチョ関連の次回・メモ:ミラニスタ・ランチ会(2013年4月28日の雑記)

※追記・しおれたクレスタ(冠)(2013年4月29日の雑記)

※追記・春のミラニスタ会をググられた(2013年8月22日の雑記)

※次回記事・メモ:アットホーム・ミラニスタ交流会@名古屋ミランカフェ(2013年11月2日の雑記)

※追記・メモ:ミラニスタ交流会&ミラニスタ11報告会@大阪(2015年4月4日の雑記)

C O M M E N T


名前 :
E-mail :
URL :
パスワード :(削除用 : コメント投稿後の修正は不可)


  プレビュー

<< >>










RSS

Ringworld
RingBlog v3.22