本サイトの雑記から分離整理したできたブログ。
タイトル通りライト層による単なるメモなので面白みはないかと思われます。
書き手がミラニスタなので内容はACミラン中心です。
<< 2020年6月 >>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
<<   >>

ミランでのアッズーリ・コンビ始動なるか


※以前の同カード・胸を張れる!(2012年9月23日の雑記)

※ウディネーゼ以前のマッチ・ポグバが出てきた(2013年1月20日の雑記)

※前節・パッツォの駆け引きから(2013年1月27日の雑記)

AC Milan - Biglietti Milan online

 CSのスカチャン0セリエA 2012/13 第23節 ミラン×ウディネーゼを見る。2013年2月3日現地時間20:45キックオフのナイトゲーム。サン・シーロ。解説/実況:宮内聡/西岡明彦
 また後日、BS12 TwellVの「ACミラン・チャンネル」の2013年2月5日放送分を見て付け足す。解説/実況:野々村芳和/八塚浩

ACミラン・チャンネル2012/2013:BS12 TwellVで無料放送!

 調子が上がってきたところにバロテッリが入ってきて明るい材料が増えたと八塚さん。こちらもバンダイが提供の一つ。広告費をガンガン使っているね。

 1位ユヴェントス49点、2位ナポリ46点、3位ラツィオ43点、4位インテル40点、5位ミラン37点、5位フィオレンティーナ36点、7位カターニア35点、8位ローマ34点、9位ウディネーゼ33点
 下のカターニアが負けナポリが勝ったので、ここは振り払われないように勝ち点を延ばしたいところ。あとバロテッリはなかなか出てこないのだろうな…と事前の記者会見では先発も仄めかしているが。早く出てステファンのおとりになってほしいところだけど。あとパッツィーニとバロテッリについて「Pazzini and Balotelli can play together, not as part of a front three but as two strikers playing together.」といっていて、パッツォとバロテッリが一緒にプレイできるが、フロント・スリーじゃないと言っている…訳のときに「only」が抜けたか? それとも新フォーメーションか。

MAINTAIN THIS PACE - AC Milan

 あとキーパーのペトコヴィッチ(Petkovic (N. 61))が呼ばれていてサラモンはまだだ。というか普通にアンブロジーニが呼ばれているんだけど、怪我はもう大丈夫なのかな。というかウディネーゼにメルケル?

Breaking News: 24 ROSSONERI CALLED UP | AC Milan

Breaking News: MILAN-UDINESE: 23 PLAYERS FROM FRIULI | AC Milan

 そしてインテルがシエナに3-1に負けている知らせ。チャンス到来。さてこれをロッソネリがプレッシャーと感じるか追い風と感じるか。

Breaking News: SERIE A: RESULTS FROM ROUND 23 | AC Milan

 ウディネーゼはユヴェントス戦で負けるまでインテル、フィオレンティーナ、上位を倒してきて調子を上げていたのでまったく油断はできないが、そもそもミランにはウディネーゼ・キラーのステファンがいる……って元祖・トサカコンビニはマキシ・ロペスが居たね、21番の。

ファラオ!(2012年2月12日の雑記)

 ACミラン4-3-3 アッレグリ監督
  1アメーリア
  20アバーテ、17サパタ、25ボネーラ(カピターノ)、21コンスタン
  16フラミニ、18リッカルド・モントリーヴォ、8ノチェリーノ
  19ニアン、45バロテッリ、92ステファン・エル・シャーラウィ

 メクセスは膝の負傷、アッビアーティとケヴィン・プリンス・ボアテングはインフルエンザ。ウディネーゼは3-5-2。気温8℃。ミランが調子が良いという西岡さんの振り。そしてバロテッリ移籍の話題、ステファンのスローモーション映像。そして、バロテッリのスローモーション映像。但し共に日本語順位表で隠れているが(汗)。「SUPER MARIO」や「BALO LIFE IS NOW」「92-45-19 A CRESTAALTA」の旗や幟、それに「BALO IS BACK」のマフラー。アッレグリを讃える宮内さん。あとステファンを始めポジション争いが良い意味で出てくると。やはりお祭り騒ぎだな。ウディネに勝つことが第一だぞ。ネット情報によるとアップ中にパッツィーニは内転筋を負傷したため、急遽バロテッリに交替だとかで。パッツォを好調だから見たかったと宮内さん。これでメッキが剥げるか、そのまま上昇するか、バロテッリ。ウディネはディ・ナターレはもちろんムリエルもフォワード陣が要注意。
 ステファンの後に続きバロ登場。聞き慣れない、応援歌。噂のバロ応援歌? ディ・ナターレとバロが何やら言葉を交わす。ミランは赤黒縞シャツに白パン黒ソックス、ウディネは白黒縞に黒パン白ソックス。
 キックオフで右奥のタッチラインを割る。ミランボール。38分、ニアンの胸トラップの落としに拾ったバロテッリの前にディフェンダーが阻むもそれを抜き去りミドルのグラウンダーのシュートは惜しくも左に逸れる。思わず声をあげちゃって拍手しちゃったよ! 1分、ノチェのカットでリッカが拾ったと思ったが、続いてウディネボール。ウディネは昨シーズンの3位と八塚さん。言われてみれば! 2分、ナターレからリッカがカットし、ニアンへパス。ニアンがボールを運んだが、バロへのパスはブロックされる。この時期はサン・シーロの芝があれる、と八塚さん。3分、フラミニが右奥で相手にボールを当て、ミランボール。ニアンが右奥からドリブル突破を図るが妨げられ、ウディネボール。格で言えばようやくミランらしい選手が来たと野々村さん。4分、「Forza Milan!」 ミランの右サイドからの攻め。5分、ミランは前で積極的にチェイスする。6分、ウディネの右からの攻めを二回しのぎ、カウンター。ニアンとバロのコンビは合わず。バロが前のスペースへパスしたのを宮内さんは評価。7分、フラミニのカットでミランボール。ニアンとバロのコンビネーション発動せず。8分、コンスタンは元ウディネーゼとのこと。右サイドでアバーテの浮き球をトラップする際にニアンが倒される。ボックス外右でフリーキック。9分、フリーキックはボックス内で弾かれる。コンスタンが上がりステファンへ。ノチェからサイドチェンジ。アバーテがバイタルを横切り中央へ切り込む。ボックス内での右へのパスは通らず。アバーテの新しいパターンが定着してきたね。10分、左サイドでバロがワンタッチの短いスルーパスにボックス内左にニアンがフリー。しかしキーパーに弾かれる。おい、入れろよ! 上へ飛んだボールをヘディングするも右に逸れる。しかしリンクプレーも平然とこなすバロだ。ニアンとバロとの距離感が良く、ステファンとはまだ見れないと宮内さん。12分、ミランのカウンター、ノチェのボール運びにピンツィがイエローカードで止める。13分、ニアンの右からのコーナーキック。流れ左で。ムリエルのカウンターはアバーテが早く戻って後から邪魔し、最後はアメーリアが拾う。ムリエルはロナウドに似ているという話題を出す八塚さん。ステファンのボール運びに右奥のフラミニが取り、組み直し。ニアンがポストプレーから左からバイタル中央へ飛び込むステファン。しかしそこで潰される。15分、センターサークルでリッカにイエローカード。次節出場停止。デヨングの負傷は残念だと宮内さん。16分、左からの攻めで弾かれ、カウンターをリッカがアンブロ並みのスライディングで止める。マリオのバイタル中央でのボールロスト。しかしアバーテのフォローが入り、再びミランボール。アバーテのクロスはファーでステファンのハンド。たまたま当たったんで半笑いのステファン。17分、低い位置でのボネーラのサイドチェンジは大きくて右のタッチラインを割る。ウディネのミドルシュートは右に逸れる。19分、ウディネのミドルフィードはボックス右のナターレに合わず。20分、アバーテのファーへのクロスはステファンが頭で合わせるも大きい。21分、フラミニからのサイドチェンジに右のアバーテが起点に。ニアンが斜めに右へ入るも防がれる。その右のコーナーキックにサパタが飛び込みヘディングするもキーパー正面。守備の所が今のところ、安定しているから、カウンターを許していないと野々村さん。22分、ウディネが左から押していったが、サパタがボールキープではぐらかす。23分、リッカが中盤でねばり、バロテッリにパスするがそっからの左へのパスは読まれブロックされる。すぐにノチェが拾いミランボール。右のコーナーキック。弾かれ、フリダシに戻る。24分、コンスタンの縦パスをステファンが受け、内側のリッカを使ってワンツー下あと、左サイドでゴールラインまで上がり、折り返しのクロスはブロックされ、その零れ玉をマリオのボレーは叩き付けゴールマウスの左に入る! 1-0でミランの先制! そしてマリオのミラン初ゴール! 右手を挙げて観客の声援に応えるマリオに、真っ先にリッカが飛び付き首筋に抱きつく。その後、マリオはニアンとハイタッチしバグ。インテルから来て初出場での初ゴールはムンタリ以来か(笑)。ガッリアーニは立ち上がっての笑顔。25分、ウディネの左サイドからの攻撃をアバーテが対応。26分、ミランは左から。27分。サン・シーロの沸き方がいつもと違い、これもバロテッリ効果だと八塚さん。右から。アッレグリはフラミニやリッカに指示していると西岡さん。マリオがバイタル左からの強烈ミドルシュートはキーパーのファインセーブ。EUROで回りの期待ばかり高かったマリオとはえらい違いに見える。この調子で行けば次のデルビーの観客席はスーペルマリオなんだろうね。昔、パックマンガあったし。28分、フラミニがハッスルしている。右サイドでミランボール。早くも(マリオは)ミラニスタの心を掴みましたね、と八塚さん。29分、バイタル中央でマリオが頭で落とすも誰も飛び込まず。30分、何か守りがいつもにも増して固いミラン。ニアンがルーズボールを追って、相手に体を当てられるが怯まず、タッチラインを割ったボールはミランのもの。31分、カウンターでのニアンのサイドチェンジはステファンに合わず。32分、ニアンが右奥へのボールに追い付き、戻しのクロスを出すもキーパーキャッチ。その際に手を挙げた相手の選手の手がマリオに入る。大事にいたらず。フィジカルに優れた選手が今日は多いと野々村さん。33分、左奥でノチェのオフェンスファール。ウディネの左からのクロスにサパタが対応、零れ玉に浮き球のパスを出されるがアメーリアがキャッチ。34分、依然、ウディネボール。誰かがプレッシャーにいって、次取れそうだなと思ったら後ろの人が連動してうごけていると野々村さん。シンプルですね、と。35分、ニアンのヒールパスはオーバーラップしたアバーテに合わず。36分、ハイプレスのミラン。ゲームはコントロールできているが点をとるにはあともう少しアイディアが居ると八塚さん。ウディネの左サイドからの攻めにニアンが戻り、アバーテのコンビネーションでボールテイク。中盤でのマリオに対するドミッツィのイエローカード。38分、リッカのロングボールを、マークされた中マリオが強引に胸トラップして繋げる。こういうイブラみたいなプレイもできるのか! 右サイドでフラミニの戻しのパスを受けたマリオが早いクロス。ニアンが飛び込むもキーパーセーブ。そこからウディネのカウンターでノチェが戻ってクリア。やはりフラミニもノチェもテンションが高い! あれができるのがノチェリーノ、と野々村さん。マリオが長い縦パスでニアンを走らせる。しかし、防がれる。次のオランダとの親善試合でアッズーリにアバーテ、リッカ、ノチェ、マリオ、ステファンが招集されたと西岡さん。39分、ノチェとのワンツーでステファンが左奥に行き、そこからクロスにフラミニがニアに飛び込むもキーパーキャッチ。惜しい! 40分、ニアンのグラウンダーのクロスはカットされる。41分、ショートカウンターで中央から崩しに掛かるウディネ。凌ぐ。リッカが拾う。「Milan, Milan, Milan」 42分、ゴールキックのアバーテにムリエルがスライディング。43分、中盤でのフラミニからニアンへの縦パスはカットされる。ウディネのミドルシュートは左に逸れる。44分、中盤でボールテイクのウディネ。最後はパスが中途半端でアメーリアがキャッチ。マリオとドミッツィとの駆け引き。高いボールを一旦、マリオが体を当てて、その後、後を確認するマリオの手がドミッツィの顔に当たりファール。前半終了、1-0でミランの勝ち越し。まだ1点差だから油断できないな。
 ACミラン・チャンネルのCM。「イタリア代表、エースフォワード、バロテッリ。元イタリア代表ディフェンダー、ザッカルドの加入が実現、新しい力を得て、ますます勢いに乗る新生ACミラン。熱戦が続く2月を連勝で乗り切れ!」とナレーション。キエーヴォ戦でのステファンのクロスにパッツォが流し込んだゴール、ローマ戦のパッツォのヘディングシュートが弾かれそれをボーヤンが押し込むゴール、ナポリ戦の流れの中でのステファンのゴール、トリノ戦の止まった空気を切り裂くパッツォのゴール、リッカのキエーヴォ戦でのミドルシュートによるゴール、トリノ戦の左からボールに触れずに切り込んでのシュートによるロビーニョのゴール、ウディネーゼ戦のパッツォのリフティングしてからの反転してのシュートによるゴール、それを背景に「バロテッリ、ザッカルド加入!」の大きいスクロール文字、「目指せスクデット!」、「連勝あるのみ!」と二連発のイタリア国旗色字幕。そしてパルマ戦の放送の予告。ミラノレポートはチョコレートBAR、Cioccolattariani.の紹介。すべてがチョコレート尽くし。店のディスプレイからして、チョコレートの流れている。たこやきみたいなパンやチョコボール。そこでバレンタイン関係で、一般人にインタビューしている。それで終わると思ったら、一応、通りを挟んだ向かいにあるミランストアを映していた。寒そうに鼻から下をネックで覆っているアッビアーティの映像。
 ロビーニョ(なんかちょっかいだしている)とボーヤンがじゃれ合っていちゃいちゃしている映像から(笑)。ローマのゼーマン監督解任のニュース。
 45分、左サイドでコンスタンのパスをカットされ、取り返そうとしたマリオがオフェンスファール。46分、ウディネのターン。右サイドでコンスタンがいなす。次は左サイドで。47分、マリオが戻ってボールテイク。そこから右サイドでニアンがボールを運び、クロスはファーのステファンとマリオに通るがコンビネーションがぎくしゃく。どっかで緩急かアイディアがないと、と野々村さん。48分、ステファンが左サイドでドリブルできりかえしシュートを放つがふかす。49分、ウディネの左サイドでリッカが粘り、オフェンスファールを誘う。49分、左サイドで二人相手にマリオが粘り、最後のクロスは大きく、ニアンに合わず。惜しい。50分、マリオがバイタル中央でボールをおさめ、戻しのパスでステファンへ。ステファンはドリブルで右に動きミドルシュートを放つもキーパーが押さえる。51分、カウンターは防がれる。ウディネの左サイドからラッツァーリのミドルフィードのボックス右のナターレが足で合わせるも浮く。あぶねー。52分、高い位置で、マリオが後からとろうとするもファール。53分、リッカのカットからのミランのカウンター。マリオのクロスは誰にも合わず弾かれるが、ミランボール。最後はコンスタンのミドルシュート。左に逸れる。54分、縦パスをナターレが頭で合わせ前に出し、2対1。そのサパタの足が当たって、浮いてしまって飛び出すアメーリアの頭を越え入ってしまう。1-1でウディネが追い付く。ピンツーのゴール。小団子。なんか見事に入れられた。今まではボネーラのところで跳ね返していたが、リスク・マネージメントという点でまったくできてなかったと野々村さん。55分、勢いづくウディネ。56分、ミドルフィードがマリオに繋がらず。56分、ステファンが右奥からクロス。マリオが収め回転しつつ、三人に囲まれるがシュート。キーパーが押さえる。打った瞬間のシャッター音が多いな。57分、ノチェのパスがカットされる。58分、フラミニのショートパスをうけ、ニアンの右からの斜め45°シュートはバーの上へ。59分、アバーテの追い付いてからのクロスはキーパーがキャッチ。カウンターでニアンがボールを運んでのミドルフィードはカットされる。高い位置でのノチェとニアンのプレスはファールを取られる。61分、ピンツィーの右サイドの攻めをコンスタンがいなす。右からのクロスをアメーリアがキャッチ。アメーリアのパスをリッカが受け損ね、一転、ピンチ。すぐにウディネがループシュートを放つも大きく助かる。63分、高い位置でウディネがボールテイクするもムリエルがパスを受け損ね、戻ったリッカがボールテイク。助かる。カウンターで、ニアンがボールを運び、中盤でラッツァーニが足を引っかけイエローカード。62分、リッカがキッカー。大きくて誰にも合わず。64分、(交替の話題で)決して前の三人のアタッカーは悪くないと宮内さん。ボールを回すウディネ。65分、まだウディネのボール。ウディネの右サイドでナターレ対ボネーラ。しのぐ。66分、ボーヤンが待機。これで流れを取り戻すとボーヤンにとってもひとつ自信になる、と野々村さん。66分、ムリエルの左からのクロスは誰にも合わず。ノチェ→22ボーヤン交替。ウディネも交替。ムリエル→37ペレイラ交替。68分、ミランの右サイドの攻撃。ボーヤンが起点になる。68分、アバーテの右からのクロスにファーでのコンスタンがワンタッチで折り返す。その浮いた玉にマリオが中央にてワンタッチで入れようとするも浮く。惜しい! 69分、カウンターでサパタが追い付き外に出す。スローイン。70分、ミドルフィードをボーヤンが足で収めようとするが弾かれる。71分、左からの攻め。右へ。点の臭いがしなくなってきた。相手のカウンターをステファンが戻ってカット。右よりでのニアンとステファンのコンビネーション。最後、ニアンのミドルシュートは右に逸れる。72分、ボーヤンがボールを取り返し、ニアンへの縦パスは通らず。ボーヤンが何か乗り切れていない、と野々村さん。73分、マリオが左サイドで粘りコーナーキック。ステファンがキッカーでサパタに行くも弾かれ右のコーナーキック。弾かれ組み直し。右からニアンのパスにすべるマリオ。すぐ取り返すもピンツィーが倒れボールを外に出す。サパタがちょっかいを出した模様。75分、ニアンのファール。76分、ミランの組み立て。右サイドからせめるもやりなおして左サイド。またステファンが右へパス。アバーテのドリブルは読まれカットされる。しかし、右サイドで奪い返す。ロビーニョがスタンバイしているところを見て、アッレグリ監督はまた攻めの姿勢をとりそうですね、と八塚さん。77分、零れたボールをフリーのニアンの強烈ボレーシュートはクロスバー! 惜しい! 声を出してしまった。79分、ボーヤンのフェイント入れてからのミドルシュートは左に逸れる。79分、ピンツィー→52メルケル交替。まじかよ! ニアン→7ロビーニョ交替。80分、ボーヤンがボール運ぶもアバーテへのパスが合わず。まだミランボール。81分、プレスをかけられるミラン。完全に崩されたがメルケルへの浮き球をステファンが戻りカット! そのカウンターはいなされる。82分、ウディネの右のコーナーキック。83分、アメーリアが飛び出し、その時にオフェンスファール。右サイド中盤でロビーニョに対するウディネのシウバにイエローカード。ウディネーゼにしてはこれで引き分けは悪くないですね、と八塚さん。もう最高に近くて、選手もそんなイメージでしょう、と野々村さん。84分、フラミニ→12トラオレ交替。トラオレに対するバスタのファール。正面の良い位置でフリーキックゲット。85分、マリオがキッカー。右下を狙うが、キーパーのファインセーブで右のコーナーキック。そのカウンターをアバーテが拾う。86分、ウディネボールで、カウンターでパスを出せず、シュートかクロスを選ぶも大きくて外へ。87分、アバーテのグラウンダーのクロスはキーパーキャッチ。アバーテが足を押さえている。88分、ステファンの中盤での縦パスをボーヤンが押さえ、右のマリオへ。クロスを出すも弾かれそれをコーナーキックにする。その右からのコーナーキックをマリオが足で合わせるも浮く。90分、アディショナルタイム3分。ステファンが中央へ行き、シュートを選択。目前でブロック。距離のあるところでフリーキック。リッカがキッカー。91分、ボックス内でマリオが粘り、マイナスのパスにリッカがミドルシュート。右に逸れる。リッカの縦パスが弾かれたものの左よりのマリオに零れ、そこからのカウンター。一番右にロビーニョ、中央にボーヤン、左にステファンが走る。マリオがステファンへ縦パスを出し、ボックス内にてスライディングでステファンがウルトーに削られる。PKゲット! 「来たー!」って叫んじゃった。後のハイライトにて、顔をしかめたことに意味がありましたね、と八塚さん。93分、マリオがボールを手にしておりキッカー奪取。ステファンがかなり痛がって、ベンチの方へ引き上がる。マリオはワンテンポ外し、キーパー右に飛んで左に流し込む。セレブレーションは両手を広げ観客に魅せる。真っ先にアバーテが後から飛び付き乗りつつ観客に左手を突き上げる。みんな集まり、マリオとロビーニョが抱きつく。あとでマリオとステファンが肩を組む。マリオはミラン初出場でステファンの力をがっつり借りつついきなりのドッピエッタ! 今シーズンPKでの得点はステファンにないと西岡さん。その後、ニアンと熱いハグ。そのまま試合終了で2-1でミランの勝利! そしてインテルに追い付いた! さすがに最後のジャッジでウディネ勢がキーパーに駆け寄る。小刻みにジャンプして喜ぶミラン勢。そして手を繋いで走ってジャンプ。その後、再びマリオとニアンが抱きつく。ミランはホームでの五連勝。ウディネはアウェイで連敗。最後は微妙な判定と宮内さん。
 ACミラン・チャンネルのCMはバロテッリ&ザッカルド加入版。

※追記。マリオとニアンとのコンビネーションが良かったせいか、見落としがちだけど、マリオとステファンとのコンビネーションは何かギクシャクしていて動きが留まっていたところが結構、あった。それでもマリオが入団したばかりということを割り引いても、いきなり2ゴールも繋がったコンビネーションなので、良すぎるんだけどね。これからが楽しみ。

※リンク追記・【12-13セリエA第23節:vsウディネーゼ】この男やはり違う : ミラニスタのガッピルログ

 ここでもアッレグリ賛美だね。ようやく認められるようになったとみるべきか。

※リンク追記 ・vsウディネーゼ レガカルチョ23 - La Gazzetta dello MILANISTA

 ついにリッカの良さも指摘されるようになった。あとフラミニの動きは素晴らしかったね。なるほど、「バルセロナ対策」か。昨シーズンはそういう視点で見ていたが、それどころじゃなかったんで、すっかりそんなことを忘れていた。そうそうサイドからの攻撃。

※次節・リッカが居ないがアンブロジーニ復帰(2013年2月10日の雑記)

※追記・やはりプレミアから帰ってきた人優先報道(2013年2月5日の雑記)

※ウディネーゼ以降のマッチ・得点ランキング1位と3位との戦いでもある(2013年2月26日の雑記)

※来季の同場所同カード・ティフォージの後押しOK(2013年10月20日の雑記)

※追記・なんやかんやでマリオに話題が持って行かれる(2013年2月18日の雑記)

※追記・マリオ&プリンス始動なるか(2013年2月16日の雑記)

※追加・新生ミランの成長を見せられるか(2013年2月21日の雑記)

※追記・ベスト8進出をかけて(※2013年3月13日の雑記)

C O M M E N T


名前 :
E-mail :
URL :
パスワード :(削除用 : コメント投稿後の修正は不可)


  プレビュー

<< >>










RSS

Ringworld
RingBlog v3.22