本サイトの雑記から分離整理したできたブログ。
タイトル通りライト層による単なるメモなので面白みはないかと思われます。
書き手がミラニスタなので内容はACミラン中心です。
<< 2020年6月 >>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
<<   >>

勢いづくミラン


※以前の同カードマッチ・「内容ではミランが上回った」(2012年10月8日の雑記)

※インテル、以前のマッチ・アクイラーニ先発(2013年2月17日の雑記)

※前節・マリオ&プリンス始動なるか(2013年2月16日の雑記)

※前戦・新生ミランの成長を見せられるか(2013年2月21日の雑記)

AC Milan - Biglietti Milan online

 CSのスカチャン0セリエA 2012/13 第26節 インテル×ミランを見る。2013年2月24日現地時間20:45キックオフのナイトゲーム。サン・シーロ。解説/実況:川勝良一/八塚浩。こちらもバンダイの提供。後日、BS12 TwellVの「ACミラン・チャンネル」を見て、追記する。解説/実況:野々村芳和/中村義昭。2013年2月24日放送分を見る。「ACミランの反撃が始まりました」と第一声。ガブリエウがキーパー練習している。

ACミラン・チャンネル2012/2013:BS12 TwellVで無料放送!

 さらに後日、NHK-BS1 2013年2月26日放送分を見て付け足す。冒頭でバルセロナを破ったことを言っている。解説/実況:早野宏史/杉澤僚
 公式戦では279回目を迎えたデルビーと八塚さん。順位が近い者同士なので楽しみだと。
 1位ユヴェントス55点、2位ナポリ51点、3位ミラン44点、4位ラツィオ44点、5位インテル43点、6位フィオレンティーナ42点、7位カターニア39点、8位ローマ37点、9位ウディネーゼ36点、10位パルマ32点
 スロー映像一発目はカッサーノ。ミランの選手ではやはりバロテッリ。あとステファン。やっぱりミランはバルセロナ戦の2-0の完勝の話。個人的にはマンチェスター・ユナイテッド戦とイメージがかぶると川勝さん。バロテッリが三試合連続ゴール中の中村さん。

 インテル4-3-1-2 ストラマッチョーニ監督
  1ハンダノビッチ
  55長友、23ラノッキア、40ジュアン・ジーザス、4サネッティ(カピターノ)
  21ガルガノ、19カンビアッソ、11アルバレス
  14グアリン
  8パラシオ、99アントニオ・カッサーノ
  NHKでは4-2-4。長友右サイド。ステファンとのマッチアップだと。映像はウディネーゼ戦のバロテッリ。ステファンの上げ上げジェスチャー、ナポリ線のゴール。ミランが上がり調子でインテルがエンジンが掛かっていないと早野さん。

 ACミラン4-3-3 アッレグリ監督
  32アッビアーティ(カピターノ)
  20サパタ、17サパタ、5メクセス、2デ・シリオ
  8ノチェリーノ、18リッカルド・モントリーヴォ、4ムンタリ
  10ケヴィン・プリンス・ボアテング、45マリオ・バロテッリ、9ステファン・エル・シャーラウィ

 ここ三試合インテルが連勝しているとのこと。ところがその前にミランが三連勝、さらにその前がインテルが三連勝と交互に来ているらしい。観客席は「CASCiAUiT」の文字。そして白の楯に赤い十字架のマーク。その下に「ROSSI COME IL FUOCO ... NERI COME LA VOSTRA PAURA」と書かれた横断幕(※追記。訳すと「赤は炎の色…黒はお前たちの恐怖の色」だそうな)。なぜ、インテルの観客は白旗に赤十字の旗をふっている。インテルは青黒縦縞シャツに黒パン黒シャツ。ミランは赤黒縦縞シャツに白パン白シャツ。出てくるときにカッサーノがバロテッリの頭に手をやり仲良さそう。EURO2012での仲か。
 ミランからのキックオフで。前線にボールをおくり頭で前に出すも合わず。シリオが左サイドでカット。しかし前に送るとカットされる。1分、解説&実況はバルサ戦のムンタリ評価。切り替えがとても速い立ち上がりと杉澤さん。きつい日程と早野さん。2分、中盤でリッカがカットするがファール。長友は予想フォーメーションの左と違って右でステファンシフトのようだ。中村さんも指摘。3分、中盤でプリンスに対するジーザスのファール。ボールを右に回すミラン。パスを回すもなかなかつながらない。最後、ムンタリのグラウンダーのシュートは右に外れる。発煙筒で煙たい。4分、インテルが左から崩しに掛かる。カッサーノはプリンスの横を抜く。カッサーノが柔らかいシュートはアッビの正面。NHKではインテルの移籍状況の表が出ていた。5分、シリオが左サイドを上がってきて、ステファンを使った、というよりステファンのナイスな戻りパスでシリオはボックス進入でシュートまでいきキーパーの手を擦り抜けたもののゴールの左に逸れる。惜しい! ちょっと長友のサイドいかれてますよ、と早野さん。6分、グアリンが右からの突破を試みボックス進入するが、リッカが追従し、メクセスが迎えてカット。7分、ボールを回すミラン。このところユヴェントス以上に安定していると八塚さん。モントリーヴォが後ろでタクトを振るうと早野さん。プリンスの高い位置でのアルバレスに対するファール。何か柔道の技みたいに足を払った。8分、インテルが低い位置でボールを回す。インテルが右からのクロスを出すが素通り。ミランのラインが高いんでそれを狙っていると川勝さん。アバーテが前に繋ぐも、内に納めきれず。9分、ノチェリーノがカウンターで前にフィードするがカットされる。長友のドリブルの突破からのパス回しをミランがクリア。カッサーノの右からの浮き球にアッビがキャッチ。シリオを左奥に走らせ、そこからのクロスをボックス内のステファンに通るも、すべってしまいインテルボール。10分、グアリンのミドルはブロック。カッサーノの柔らかい浮いたスルーパスにパラシオが飛び込むも、メクセスが足を延ばしカット。右のコーナーキックを弾く。バロテッリの一つのプレイに大ブーイングと杉澤さん。11分、バルサ戦でメクセスが頑張っていたと八塚さん。依然、インテルボール。カッサーノをメクセスが倒してイエローカード。倒れているカッサーノの頭をなぜる。次節出場停止だとのこと。12分、濡れて居るんでキーパーが掴みにくいと野々村さん。ウィリー宮原の中継。雪の影響で来れなかった観客も多いと。あとバロテッリの圧倒的な人気だそうな。フリーキックをミランが弾く。依然インテルボール。長友とのコンビネーションで右サイドからのグアリンの突破。そのクロスはカット。13分、デ・シリオのフリーが三回目ぐらいと早野さん。14分、バロテッリ評価の解説実況。シリオの左からのクロスはプリンスがあわずスルーで、バロテッリの足元に来すぎてシュートにいけず。追う内どよめく。また左サイドからでした、と早野さん。15分、プリンスがバイタル右でアバーテからのパスを貰い、切り込むと見せかけてノールックパス。それにアバーテが飛び出し折り返しのクロスにステファンがニアに飛び込み、ヒールで左にパスするも誰にも合わず。惜しい! 左のコーナーキック。戻しているところでカッサーノのセンターラインでのカット。アバーテとのマッチアップですべって、ファールを誘う。アーリースタートでパラシオへのスルーパス。ボックス左からシュートを放つが右に逸れる。危ないね。17分、ミランボール。右からのノチェ→アバーテのクロスはマリオに行く前に弾かれる。ショートカウンターはすぐに芽を摘む。出足が早いミランと杉澤さん。モントリーヴォがあんな(良い意味で泥臭い)プレイしましたかね、と早野さん。18分、ミランボール。左奥へのパスでシリオがクロスを出すもブロックされキーパーキャッチ。メクセスがカットされながらもボックスまでドリブルで上がってきてマリオとのワンツーみたくなるが決定機につながらず。20分、中盤でインテルのカウンターでカッサーノに渡るもサパタがカットして逆にシュートカウンター。その玉をプリンスがスリータッチで振り返り左へ向かってスルーパス。ボックス左でステファンが受け、右にディフェンダー二人(近くの長友含む!)が来てハンダノビッチが前に居る中、その頭上を飛び越す右足のアウトでのシュート。見事にゴールマウスの上に刺さりゴール! そのまま両手を横に広げ観客席のところへ駆け、ジャンプして右手を突き出す。胸をはって左腕で右胸を叩く。そしてプリンスと右手をタッチしてそれを胸で払ってハグ。マリオともタッチしてハグ。その間にアバーテがコールドスプレー。0-1でミランの先制! 16ゴール目! 本格的なファラオの復活! 「長友、抜かれてしまった!」と杉澤さん。こういときに長友よりのNHKの実況は心地よい。22分、低い位置でボールを回すインテル。カッサーノがバイタル右まで上がってのシュートは左に逸れる。怖い存在だな。23分、最近、メクセスがヘアバンドをよく使う。「Forza Milan!」×2 右からの攻撃。マリオが右に貼っている。24分、ムンタリのボックス左へのスルーパスにシリオが間に合い戻しのクロスにステファンに行くもシュートまで行けず。インテルの選手がゴールラインを割って(リプレイより)ステファンがアピールするも通らず。来たと思ったけどね。25分、パスを繋ぎ左から右へ。アバーテのクロスは目前でブロック。右のコーナーキックは左に流れるかと思ったが、長友とのマッチアップでテイク。さらに中盤でボールロストするが長友から、付いていったムンタリがカットしてリッカがボールテイク。結局、右のコーナーキック。26分、キッカーステファン。バロテッリの強烈ヘディングシュートはハンダノビッチがセーブ。その後、プリンスが詰めるもハンダノビッチが押さえる。なんですか今の強烈ヘディングは!と中村さん。27分、パラシオにゴール前まで迫られるもなんとか対処。ステファンがミドルフィードをタッチして突破をこころみるが長友が対処。バロテッリにレーザーが向けられている。28分、左奥へのムンタリの浮いたミドルフィードにシリオがワンタッチでクロスし、マリオがニアに飛び込み流し込むもハンダノビッチの正面。マリオが悔しそうにゴールポストを蹴る。静止のホイッスルが鳴る。あそこはデ・シリオがトラップしていたらあんなチャンスはなかったと中村さん。29分、ボールを回すミラン。30分、インテルが中盤でカットし上がっていく。グアリンが右に張ったときにミランボール。しかしムンタリのイエローカード(アフタープレイの抗議で?)。エキサイトするムンタリにリッカが耳打ちし宥める。そこを最近、よくみかけると八塚さんの指摘。モントリーヴォが精神的な支えになっていると杉澤さん。ピルロのようになっていると早野さん。そしてやっぱり良い意味でユニフォームを汚す選手云々。31分、ミランボール。シリオのクロスにノチェが飛び込むもターゲットの近くでカット。32分、ノチェが右からの切り込むもカットされる。すぐカバーが入りミランボール。アバーテのクロスにムンタリがジャンプしてのヘディングシュートはキーパー正面。右サイドでグアリンがステファンのマークを外してからのクロスにパラシオが頭に合わせるもアッビの正面。33分、インテルはよく0-1で留まっていると八塚さん。マリオに対するラノッキアのイエローカード。34分、距離のあるところでリッカのパスに、プリンスがポストプレーで振り返ってのシュートは弾かれる。さらにバイタル左でプリンスが相手のファールを誘い、絶好の位置でのフリーキック。35分、マリオのキックは壁にあたり、インテルの速攻。右サイドのカッサーノに通るもサパタが遅らせる。アーリースタートをしかけるもいなす。36分、ゴールキック。プリンスがセンターラインでロスト。サネッティに対するノチェのファール。ノチェがこけるときに足がサネッティの腹に入っているね。37分、インテルボール。右からの崩しにかかる。グアリンがムンタリを抜きにかかるもゴールラインを割る。37分、ゴールキック。38分、組み立てていくミラン。右から崩しに掛かる。プリンスがたおれかけてルーズボールにくいつくところで、後ろからチャージをされたのでフリーキックを得る。たおれかけて再チャレンジしたことが印象良くてハンドは取られなかったと野々村さん。少し距離がある。39分、マリオがキッカー。左下を狙って来るもキーパーがファインセーブ。リプレイだと急激に落ちている様がある。入れ! 40分、ハイプレスのミラン。長友をチェイスするステファン。ミランの自陣バイタルがぽっかりあくが、何とか埋めてクリア。リッカがボールを運ぼうとするとカンビアッソが後ろから押しファール。そこでリッカがくってかかってレフリーが間に入りなだめる。しばし両チームの選手が間に入り口論で中断。モントリーヴォはパフォーマンスと思いますけどね、と野々村さん。リプレイではカンビアッソが倒れるリッカに小刻みに蹴りを入れている。リプレイで、前戦で若い二人がそれを遠巻きに見ている状況です、ミランです、と杉澤さん。42分、インテルのターン。センターでボールテイクするがカウンターは遅らされる。バロテッリのトラップが大きくてボールロスとするが後ろからきたノチェが奪い返す。ノチェリーノ、良い位置にいますね、と野々村さん。ジーザスにイエローカード。リプレイだとプリンスの後ろから足に蹴りを入れている。43分、右サイドでの攻防。ミランボール。右サイドでのマリオ&プリンスのコンビネーションは突破ならず。依然、ミランボール。44分、そこからのインテルのカウンターはサパタが中盤でクリア。45分、前半終了。0-1でミランが勝ち越しているが全然、安心できない。このまま行けば、マッチ前のリッカの予言がゴールした人も含めズバリ的中するのだけど、もっとミランが点を入れて欲しい。
 ハーフタイムのフォーメーションではインテルは4-4-2。18ゴール、カヴァーニ、15ゴール、エル・シャーラウィ、14ゴール、ディナターレ、11ゴール、ヨベティッチ、ラメラ、オスヴァルドとのこと。
 ACミラン・チャンネルのCM。「勢いに乗ったら誰にも止められない。得点を量産し続ける新生ACミランが誇る強力フォワード陣。好調ラツィオを直接倒す。頂点を目指して突き進め!」というナレーション。「誰にも止められない」の字幕にバロテッリのフリーキックのゴール。「FW総得点34/第26節終了時点」の字幕にステファンのミドルシュート、ニアンのポストに当たったミドルシュート。パッツォのボローニャ戦の2点目。イタリアカラー…というよりスクデットカラーで「頂点を目指して突き進め!」の字幕にロビーニョのボールに触れずに抜いた後のゴール、そしてバロテッリとニアンの並ぶバストアップ。
 ミラノ・レポートは新しいミラン・ストアがオープンの様子。バレージが来店。
 インテルから後半スタート。長友とサネッティのポジション交替。インテルが左から崩しに掛かるが、防ぐ。46分、ステファンがサイドチェンジしてプリンス→マリオ→アバーテ。アルバレスに足をかけられ右サイドでフリーキックをゲット。発煙筒の煙が舞う仲で、リッカがキッカー。47分、ニアでプリンスがダイビングヘッド! しかし惜しくも右に逸れる。48分、パラシオがバイタルでリッカに足をかけられ、リッカのイエローカード。インテルが絶好の位置でフリーキックゲット。発煙筒で煙に巻こうとしているかもしれない、と早野さん。49分、アルバレスのキックは壁に当たる。ディフェンス面でのステファンの貢献を評価する川勝さん。パラシオがアバーテのファールを誘った模様。煙でよく見えない。左からのフリーキック。カッサーノがキッカー。50分、ファーにいくも収まらず。ゴールキック。煙の中、人の動きからインテルに弾かれた模様。低い位置でリッカがスライディングを受け、倒れる。ミランボール。51分、アバーテが右サイドからの突破でマイナス気味のファーへのクロス。ムンタリがボレーに行くもジャストミートせず。52分、左でカッサーノがドリブル突破を試みるも防ぐ。ノチェに対する長友のファール。ここまでいってプレッシャーをかけられる、(長友に)まったくなかったプレイ、と早野さんが指摘。53分、パラシオが右をドリブルで上がってきてのクロスにグアリンが足で合わせてきたが、アッビのファインセーブ! 零れたところを左からつめられそうになるもラインを割る。54分、宮原さんの中継。中盤での攻防。なかなか両チームゴール前までいけず。左からの崩しにかかるインテル。55分、インテルの左からのクロスは通らず、右に流れる。ミランボール。ムンタリに対するカンビアッソのファール。というかあきれたように途中でムンタリがあるいたんだけど、それを駆け引きと解説する野々村さん。56分、左からの崩しにかかるもマリオが囲まれロスト。メクセスらがすぐに奪い返す。アバーテのニアのプリンスへのクロスはカットされる。57分、インテルボール。長友の縦のパスをカット。アバーテがファールを誘う。58分、リッカのサイドチェンジにシリオがドリブルで上がりクロスを出すも誰も飛び込まず。ノチェが長友の前に体を入れファールを誘う。59分、ボールを回すミラン。ステファンへのパスがカットされる。すぐに奪い返し、アバーテを走らせるもカットされる。しかしプリンスがさらにカット。サイドチェンジするもシュートまでいけず。60分、右サイドでノチェからマリオへの縦パス。マリオがライン際で倒れるもノーファール…と思ったら後からとった。ボックス右外からのフリーキック。61分、リッカがキッカー。ヘディングはファーへ流れる。長友を追い越しステファンがボールを追うも届かず。63分、インテルの右サイドでメクセスがどすこいファール。ガルガノのミドルシュートは浮くパラシオの口の中が切れて血が出ている。64分、ミランボール。ステファン→シリオ→マリオでステファンがカットインし、バイタルからのシュートは弾かれる。右サイドのアバーテからの縦パスにボックス右にノチェが飛び込みクロスを出し、マリオがニアに飛び込むもハンダノビッチに弾かれる。惜しい! ハンダノビッチが倒れしばし中断。65分、インテルボールから。66分、バロテッリのバイタル中央からのシュートは力なく右に逸れる。サイドチェンジでステファンへ。ふたたび右にボールを回す。ステファンがバイタル中央でボールを受け、ボックス右のプリンスへのスルーパスは通らず。ミランはサイドの空いたスペースを突いてくるのを徹底していると早野さん。67分、早く遠くボールを回しゴールに迫り、ノチェが右奥のプリンスへパス。こういう取られない時間帯をどれだけつくるか、と野々村さん。プリンスは右サイドでマイナスで返し、ニアでのノチェがボレーシュートは浮く。68分、カンビアッソ→7スケロット交替。ほぼ無髪から長髪への交替。69分、インテルのターン。膠着しているが緊迫感のある攻防。中途半端なクリアで自陣ボックス内にボールが零れアルバレスが飛び込むも何とかカット。インテルが果敢に攻める。70分、長友の左サイドからドリブルして中に入ってからのクロスにスケロットがヘディングで右に決める。1-1でインテルが追い付く。おいおい。71分、追加点を取れないツケが回ってきたと八塚さん。72分、短いパスで左サイドを上がる。弾かれ右へチェンジするがそこでボールロスト。アルバレスのクロスがファーのパラシオに通り、頭で左をつくシュートに行くがアッビが走って追い付き捉える。スケロットを入れることで位置が高くなっていると早野さん。アルバレス→17クズバノビッチ交替。74分、ムンタリのミドルシュートは横っ飛びのキーパーの手に当たらず抜けるも惜しくも左に逸れる。流れを変えたいところ。ムンタリがインテルから移って今シーズン、復活していると杉澤さん。75分、左サイドから。ムンタリ−ステファンラインはカットされる。長友がピッチ外で座り込んでいる。左足の負傷? 76分、長友→26キヴに交替。ミランボール。77分、シリオのドリブル→中央のマリオ→ワンタッチでステファンへ。左サイドでのサネッティとのマッチアップ。しかし続かず。ステファンがバイタル中央でもらうもカットされ、カウンターのピンチ。メクセスの寄せで遅らせる。リッカの縦パスを受け、左に流れるプリンス。しかし体を入れられファールになる。79分、低い位置でボールを右から左へ。再び右へ。そして左へ。攻め倦ね? 左のタッチラインを割りインテルボール。80分、プリンス→19ニアン交替。81分、カットし、右から攻め上がるインテル。守る中、マリオがダラダラと歩いている。ニアンが右サイドでボールを運びカウンターに持ち込もうとするも潰される。サネッティが縦のパスを二回カット。83分、依然、インテルボール。ラノッキアに対するマリオのファール。84分、グアリンの左サイドのパラシオへのスルーパスをカットし、ようやくミランボール。ニアンが中盤で倒されファールを誘う。バイタル中央のステファンがドリブルで右に動きつつ、からアバーテのパス。そこからのクロスは誰にもあわなかったが、キーパーが横跳びでコーナーキックになる。85分、右からのコーナーキックにマリオが頭であわせるも後ろに零れ、ステファンがミドルのボレーを狙うもスケロットがブロック。86分、ステファン→22ボーヤン交替。ミランボール。87分。高い位置でチャレンジするインテル。ボーヤンのスルーパスはカットされる。88分、ボーヤンが繋いでのニアンの右からのグラウンダーのシュートはキーパーが押さえる。サパタのイエローカード。次節出場停止とのこと→現地の表示ミスとのこと。89分、インテルボール。ムンタリ→23アンブロジーニ。カッサーノはいけいけ前へ上がれとしているのにファンは行っていいのかな、となっていると早野さん。90分、左からのインテルのクロスにアッビが飛び出しセーブ。依然インテルボール。アディショナルタイム4分、メクセスがニアンへのパスは通らず。インテルボール。アンブロジーニはひょっとして最後のミラノダービーになるかもしれない、と言ったと中村さん。91分、インテルボール。カッサーノが倒れファールを誘う。結構、良い位置でのフリーキック。92分、グアリンがキッカー。メクセスが頭でクリア。ニアンがボールを運ぶもカットされる。ニアンが前へ。93分、インテルのターン。ゴールキック。このまま引き分けか、という中村さんの言葉に、ミランはそれで良いですね、と野々村さん。94分、蹴ったところで試合終了。珍しいデルビーの1-1引き分け。20試合目の引き分けとのことだ。勝ちきれなかったミランだな。前半のミランの出来からみるともったいなかったと野々村さん。カッサーノとプリンスがハグ(昨シーズン、チーム内のイタリアグループじゃなくてイブラ率いる悪童グループに居たお二人だけに、なんだか懐かしい光景)。次節ラツィオに勝って、きっちり3位を勝ち取ろう!

※リンク追記・アッレグリ:「あれだけのチャンスを無駄にしてはいけない」 - Goal.com

 アッレグリのコメントで「今日の試合で勝つ義務があったのは、我々ではなくインテルの方だ」とあるが、よくよく考えたら負け惜しみのようにおもえるが、いかんせん格好いい!

※追記・「MILAN DA SOGNO」(2013年2月27日の雑記)

※次節・3位浮上なるか、苦手なラツィオ戦(2013年3月3日の雑記)

※インテル以降のマッチ・イタリア・ダービー前のくつろぎ時間(2013年3月30日の雑記)

※追記・ついに来た、銀河のワールドカップ(2013年2月19日26日の雑記)

※追記・ベスト8進出をかけて(※2013年3月13日の雑記)

※来季の同場所同カード。・勝って2013年を気持ちよく締めくくろう!(2014年12月23日の雑記)

C O M M E N T


名前 :
E-mail :
URL :
パスワード :(削除用 : コメント投稿後の修正は不可)


  プレビュー

<< >>










RSS

Ringworld
RingBlog v3.22