本サイトの雑記から分離整理したできたブログ。
タイトル通りライト層による単なるメモなので面白みはないかと思われます。
書き手がミラニスタなので内容はACミラン中心です。
<< 2019年10月 >>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<<   >>

ガラクシア杯、決勝トーナメント


※前節・ガラクシア杯、はじまる(2013年1月29日の雑記)

NHKアニメワールド 銀河へキックオフ!!

 『銀河へキックオフ!!』#36「決戦前夜」2013年2月5日放送を見る。原作と同じく花島監督に予選で本気を出してないことを見破られ、指摘される。でも原作は決勝戦で、アニメでは予選に対してだね。というか花島監督のネクタイは彩度が押さえているけど、赤黒縞のネクタイだね。下の写真のような感じ?



いつものフォーメーション。

  1杉山多義
  4降矢凰壮、2太田翔
  3西園寺玲華、10降矢竜持、7高遠エリカ
  9降矢虎太、11青砥ゴンザレス琢馬

 ガラクシア杯 準々決勝 日本代表(桃山プレデター)×イングランド代表 桃山プレデターはいつもの赤黒縦縞シャツに白パン白ソックス。イングランド代表は白一色で赤い線でのデザインがあるので、もろイングランドA代表のイメージだね。

Oohhh Nocerino...(2012年6月25日の雑記)

 プレデターからのキックオフ。エリカ、翔とボールが回り、下がり、翔の「ビルド」の掛け声。ドリブルでボールを運び、それに併走する玲華、虎太。翔からのパスは竜持に渡り、上がる。囲まれる前に左サイドの青砥にパスするもカットされる。イングランドはそこからロングボールで攻め上がり、右上を狙った9番のシュート。多義が横っ飛びにキャッチ。そこからは翔のナレーションによる静止画のダイジェスト。虎太が右に迫られ、左からカットされるところ、プレデターのディフェンスラインをロングボールで越えられているところ。「イングランドはボールを奪うとすぐさまロングボールを入れるという、伝統的な中盤を省略したサッカーを仕掛けてくるチームなんだ」とナレーション。ジャンプしてのヘディングシュートのところ。多義の左下でのセーブのところ。そして動画になって翔の「ビルド」の掛け声で、速攻、エリカがボールを運び、スライディングされ、ロングボールを出される。ドリブルでゴールに迫られるも凰壮のスライディングで阻止。カウンターを危惧した翔はイングランドの左からのコーナーキックをカットしつつ「ダイサン!」の掛け声。そのまま竜持へのパスが通り、ドリブルで上がり、右の凰壮へパス。凰壮は縦パスで虎太へ繋ぐ。虎太がスライディングをかわす静止画、竜持が右へパスする静止画。凰壮が相手と前のボールを競る静止画。ポゼスションを上げていったとのこと。虎太のドリブルしてのシュートが決まり、1-0でプレデターの先制。翔による「チェンジ」の掛け声で虎太、青砥、竜持が下がり、凰壮、エリカ、玲華が上がる。そしてどよめくイングランドの選手。エリカがボールを運び、玲華にパス。コンビネーションだね。囲まれつつあると玲華は右奥の凰壮にパス。そこから凰壮はツータッチでゴール正面へと折り返す。そのスペースに青砥が飛び込み、キーパーが右に飛んで防ごうとするも、流し込む。2-0で差を付ける。そのまま試合終了、プレデターが準決勝に進出する。相手はオランダ代表とのこと。

 ガラクシア杯 準決勝 オランダ代表×日本代表(桃山プレデター) オランダ代表はA代表をイメージしてかオレンジシャツに白パン白シャツ。

目立つデ・ヨング(2012年11月15日の雑記)

 何かオランダ代表のキャプテンはキャラ立ちしていて、「Go!」の掛け声を出し、オランダ代表の選手が一斉に上がり出す。そこからの縦パスに、2番がカットインで相手は竜持。速さにものをいわせて竜持を引き離す。相手の右からエリカと正面から玲華とカバーニ入るも左にパス。そこにちっこい11番のフォワードがそのままドリブルで上がり、翔をかわし、さらに凰壮のスライディングをかわし、そのミドルシュートは左に曲がり、多義でも防ぎきれず、ゴールネットに突き刺さる。1-0でオランダの先制。再び、一斉に上がり出すオランダ代表。それを注視してた虎太が不意のスライディングを受け、ボールロスト。キャプテンへパスを繋ぐ。ドリブルで上がるオランダ代表の10番。エリカをかわすようにパスを11番に出し、11番はドリブルでボックスへ左から進入。翔が追い付くもそこでループシュート。何とか多義が触り外へ。左のコーナーキック。11番がキッカー。虎太が高さで競り勝ち外へ。ここで前半終了、1-0でオランダが勝ち越し。
 ハーフタイム中でそんなオランダを評し、凰壮は景浦(n.10)が司令塔で虎太(n.9)とゴン(n.11)がツートップと喩える。翔はマンマークを支持。10番に竜持、11番に虎太、9番に青砥。ここで各選手にスペースができたと見た翔は「うずまき」の指示。凰壮→翔→虎太→凰壮→青砥→竜持→エリカ→玲華とパスを繋ぎバイタル中央まで来る。玲華はバイタル左に置くようなパスを出し、そのスペースに竜持が飛び込み、ダイレクトにシュート。それがネットに突き刺さり、1-1に追い付く。続いて10番を虎太と凰壮が挟んでボールテイク。そこで再び翔が「うずまき」の掛け声。虎太から戻しのパスが翔に通るが多義からダメ出し。凰壮のマークが外れていないのを指摘。竜持のシミュレーションを思い出し、翔から竜持へパスし、「ハンテン」の掛け声。つまり逆回転の「うずまき」だ。竜持→玲華→エリカ→青砥→凰壮→虎太とパスをつなぎ。そして虎太が浮き球のパスを出し、そこへ凰壮のボレーシュート。キーパーが飛び届かないが、惜しくもクロスバー。零れ玉に玲華が飛び込み、バウンドを押さえた後、冷静に上へ決める。1-2でプレデターが逆転。動揺するオランダ代表。そこからダイジェスト。虎太のドリブル絵、青砥のドリブル絵、エリカの足トラップ絵。そのまま試合終了で1-2でプレデターの勝利、そして決勝進出!
 相手はバルセロナ選抜で会場はカンプノウだそうな。こちらのロッソネリは一足先にバルサと戦うのか。

※追記・新生ミランの成長を見せられるか(2013年2月21日の雑記)

※次節・ガラクシア杯、決勝戦(2013年2月12日の雑記)

C O M M E N T


名前 :
E-mail :
URL :
パスワード :(削除用 : コメント投稿後の修正は不可)


  プレビュー

<< >>










RSS

Ringworld
RingBlog v3.22