本サイトの雑記から分離整理したできたブログ。
タイトル通りライト層による単なるメモなので面白みはないかと思われます。
書き手がミラニスタなので内容はACミラン中心です。
<< 2020年1月 >>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<<   >>

リッカにアンブロジーニが乗り移った?


※以前の同カード・久々にオーナーさんと話した(2012年9月2日の雑記)

※前節・リベンジ一発目なるか(2013年1月14日の雑記)

AC Milan - Biglietti Milan online

 BSスカパー!セリエA 2012/13 第21節 ミラン×ボローニャを見る。2013年1月20日現地時間15:00キックオフのデイゲーム。サン・シーロ 解説/実況:三浦俊也/下田恒幸。そしてゲストはフォワードに目が行く大黒将志さん。絶ってのリクエストがあったそうな。映像は誕生日を迎えたリッカルド・モントリーヴォから。次はコーネ。後日、ACミラン・チャンネル(解説/実況:福西崇史/中村義昭)の2013年1月22日放送分を見て付け足す。

ACミラン・チャンネル2011/2012:BS12 TwellVで無料放送!

 1位ユヴェントス45点、2位ナポリ42点、3位ラツィオ42点、4位インテル38点、5位フィオレンティーナ35点、6位ローマ32点、7位ミラン31点、8位ウディネーゼ30点、8位パルマ30点

 ナポリの控訴が認められ失った2点を取り戻した話。あと大黒さんが居た頃の話。その時はセリエBだったそうな。ジラルディーノ次第とのこと。

カカの躍動を見よ(2007年12月13日の雑記)

 それとディアマンティ。空席が目立つって話。カリアリ戦の28005人がベルルスコーニ時代のワーストだそうな。ACミラン・チャンネルは前節のサンプドリアとの引き分け話とナポリの勝ち点が戻ってきた話。あと冬のメルカート話、カカはどうなるかって話。

 ACミラン4-3-3 アッレグリ監督
  32アッビアーティ(カピターノ)
  20アバーテ、17サパタ、5メクセス、21コンスタン
  16フラミニ、18リッカルド・モントリーヴォ、10ケヴィン・プリンス・ボアテング
  19ニアン、11パッツィーニ、92ステファン・エル・シャーラウィ

 ニアン先発! 果たして今回、フィットするか。ボローニャは4-2-3-1(ハーフタイムの日本語だと4-5-1。結局は同じだけどね。)。ボローニャはミッドウィークにインテルと戦い延長戦の末、2-3で負けたそうな。コンディション的に不利だそうで。現地映像はカメラに抜かれ驚いている観客の姿が出ている。ミランの応援歌、そして選手入場。ミランが赤黒シャツに白パン黒ソックス。ボローニャが白シャツに青パン白ソックス。アンブロジーニの話題で右の太股の負傷で一ヶ月離脱とのこと。
 サンシーロは冬場ピッチ状態が悪い話をふる中村さん。ミドルフィードで右奥にニアン。そこから流動的に動く。タッチラインを割ってもミランボール。右サイドのままキーパーが拾う。1分、左サイドのプリンス、リッカに戻し、右サイドへ行き、アバーテのマークを外してのクロスは遠い。ミランが来ていると中村さん。右サイドでの攻防。ボローニャボール。2分、低い位置でプリンスが左サイドにて、ディアマンティにプレッシャーを掛けられる。ロシアからアバーテにラブコールがあったと中村さん。3分、バロテッリの移籍がないことの話をふる中村さん。腐ったリンゴ云々。4分、ステファンがボールを運び、左からのプリンスのクロスが右へ流れる。右サイドから攻めるがニアンがプレッシャーをかけられボールロスト、パッツォが何とか取ろうとするがうまくいがず。しかし、直後にリッカがカット。コンスタンのクロスは合わず。三浦さんによると足裏を見せてのパッツォのタックルだったがファールをとらなず、それがイタリアらしいとのこと。5分、右サイドのボールの取り合い。今のミランは40億円あったら別の選手を買う、と中村さん。6分、パッツォとジラルが8ゴール同士と大黒さん。ようやくボールを回すミラン。右から左へサイドチェンジ。ステファンのドリブルでのカットインは防がれる。今回もマークがきついかな? 7分、右へ左へとミラン。最後は中央のプリンスが体勢を崩しボールが右奥へ。その時に右コーナーキックゲット。8分、メクセスがボールをキープして戻って回転してシュートを打つもブロックされた上に後へ転ぶ。9分、中盤でボールロストながらリッカがアンブロのようにすぐにタックルでボールを奪う。そこからのカウンターでコンスタンが切り込み、さらに左のステファンにパス。そこから切り込み、戻しのクロスを出すもおしくもゴールラインを割る。ゴールキック。10分、前回のボローニャ戦が今シーズン初勝利だったと中村さん。リアルタイムで見れて良かった。11分、「Forza Milan!」 右サイドからの攻撃。リッカの放り込みのパスはボックス内のステファンへ通らず、体で進入をブロックされる。12分、プリンスのパスで左のステファンへ。ドリブルでボックス左外から中央へ切り込んでのシュートは目前のディフェンダーを抜いたがキーパーに足でブロックされる。おしい! 13分、プリンスのミドルシュートは目前でカット。カウンターのピンチにプリンス、アバーテの続けての二枚でカット。14分、プリンスの中央からのスルーパスはアバーテを走らせるが惜しくも追い付かず。組み直し左へ。実はアシストがミランの中で最も多いと中村さん。そして出場時間が最も長いと。15分、コンスタンのミドルフィードは後へ零れリッカが拾うところを狙われる。ボローニャのゴールキック。ちょっと空席が目立つと中村さん。16分、ハイプレスなボローニャ。サパタのロングフィードはパッツォに通らず右外へ。17分、ニアンが右サイドで追い込まれるが、そこから早いクロス。ゴール前のスペースにボールが横切るが、ニアのステファンは収めきれず、それ以外は誰も合わせられず、おい! でも惜しい! リッカが読んでボールを拾う。18分、フラミニのクロスはボックス内でカットされる。形が出来てきた。アバーテのカットインは零れプリンスへ。左に流しコンスタンのミドルシュートは目前でブロック。でも良いぞ。19分、モントリーヴォがよくなったのはそこ(守備)かな、と福西さん。20分、大黒さん曰く、モントリーヴォはすごいハードワークでもうパンツがどろどろだそうな。コンスタンの股抜きからの左サイドでの突破はディアマンティの肘鉄を誘いイエローカード。21分、リッカのフリーキック。中でカットされ、カウンターのピンチ。しかしすぐに奪い返す。22分、ニアンが右サイドで抜きに掛かり、突破後の折り返しは誰にも合わず。惜しい! リッカが拾い右から攻めるも、ニアンからのパスで、オーバーラップするアバーテのオフサイド。23分、ボローニャのターン。早い攻撃で、メクセスのクリア。ステファンに対するディアマンティのファール。手が顔に入ったようで。攻守入れ替え。24分、リッカのサイドチェンジにアバーテがドリブルへ中央へ。その後の攻防で、ボックス左奥にプリンスが抜けるもクロスは目前でブロック。ステファンの左コーナーキックはボックス内でカットされる。いろんな情報があるがまとめるとカカは来そうな感じと中村さん。25分、ボローニャは押されているが前半堪えればボローニャペースと。26分、リッカからのミドルフィードはパッツォがディフェンスを押し退けてファール。やはりペナルティテイカーの駆け引きが始まっている。28分、ステファンが中盤で粘りボールテイク。そこからのカウンターは摘まれる。でもミランボール。29分、右サイドから。リッカに戻る。コンスタンのボールロスト。さらにプリンスのファール。30分、ディベロラの切り返してのミドルシュートはアッビのセーブ。何気なくうまいアッビ。31分、中盤でパッツォがボールテイクするもカウンターが潰される。パツエンツァのイエローカード。32分、ボローニャのカウンターでステファンが戻り遅らせる。そこで下田さんが守備の良さの話を振る。32分、フラミニがボールテイクし、ショートカウンターに行く際にホイッスル。ファールを取られる。フラミニが本気で怒っていたと中村さん。33分、ボローニャのミドルでのボレーシュートは右にそれる。パッツォがファールを誘う。コンスタンのクロスにパッツォが難しい飛び込みで頭を合わせるもキーパーのセーブ。惜しい! 他にも二人が飛び込んできていると大黒さん。35分、左から攻めるボローニャ。ボローニャがフリダシに戻る。組み立て。36分、ミランのゾーンでの組み立て、という切り替えがうまいそうな。プリンスが左サイドからドリブルで上がり、グラウンダーのパスをパッツォにとうそうとするもカットされる。カウンターでディアマンティのミドルシュートはアッビがキャッチ。37分、左のスローインでミランボール。リッカが左へもっていく。38分、パッツォのポストプレーからマイナスのパスにステファンが飛び込んでのミドルシュートは目前でブロック。形の一つだ。パッツォがよこせと言っていたと福西さん。サパタのミドルフィードにコンスタンが切り込む。シャドーにプリンス。しかしキーパーが飛び込み左奥からのクロスが防がれる。39分、ボローニャのロングフィードにジラルがキープするも戻しパスに誰もあわず。ミランボール。40分、ニアンに当たって右サイドでボローニャボール。プリンスが口論中。ミランに安定感があるも得点につながらないな。41分、コンスタンがドリブルで上がってきて、左のプリンスへスルーパス。それが通り折り返しのパスがパッツォに合わず。惜しい! 42分、ニアンの意表を突いた股を抜くパスにフラミニが右サイドで抜け出し、そのクロスにパッツォが飛び出すもキーパーが飛び出し、その間でカットする。その零れ玉にステファンが左で拾いプリンスを使ったワンツー(折り返しがヒールキック)からのシュートはセーブされる。二つとも惜しい! 44分、ミランの組み立て。アバーテが飛び出し、より右のニアンへ。そこからの早いクロスにプリンスが飛び出すもカットされる。惜しい! 0-0で前半終了。
 ACミラン・チャンネルのCM。「今シーズンもゴールを量産しウディネーゼを引っ張るディ・ナターレ。ミランの新エース、エル・シャーラウィ。両者ともにこの対戦カード、三試合連続ゴール中。エース対決を征し上位進出だACミラン!」というナレーションに、まずディ・ナターレの昨シーズンでのミラン戦でのゴール映像×2、「14ゴール」と大きい文字であり「第20節終了時点」と小さい文字で字幕が出る。「勝ち点1差」と大きい文字、「第20節終了時点」と小さい文字。14ゴール」と大きい文字であり「第20節終了時点」と小さい文字で、ステファンのナポリ戦でのゴールシーン。続けてステファンのウディネ戦での昨シーズンと今シーズン、計三つのゴールシーンが出て、小さく「EL」、大きく「92」の赤い字幕。最後、今シーズンのウディネ戦でシュートを決めた後にパッツォに両手で頭を振られステファンが歓迎されたシーン。
 ミラノレポートはクルヴァ・スッドのクリスマス・パーティ。Jリーグと違い女性が居ないと中村さんが指摘。ステファンのトサカが見えた。アッビやボネーラ、アッレグリやガリアーニが来場。
 45分、中央からくずされかけるミラン。何とかしのぐ。46分、カウンターで左サイドへ。ステファンのドリブルはカットされる。零れた球を右へ出し、ニアンが服を引っ張られながらのシュートは左に大きく逸れる。左のコーナーキック。零れた球をメクセスのカンフー2段蹴りはセーブされる。場内どよめく。リプレイだと方向が定まっていなかったというオチ。48分、下田さんによるとデ・シリオはインフルエンザとのこと。ニアンのミドルシュートはキーパーが拾う。取られておっかけていたのですごくまじめかな、と大黒さん。49分、アバーテからニアンのポストプレー。戻して難しい体勢のプリンスがミドルシュート。当然、宇宙開発。またスコアレスはいやだー! 前節と違ってパッツォが居るからか、結構、ミランに攻撃のチャンスがある。51分、ボローニャのターンだがプレッシャーを与えカット。しかしニアンがロストし、再び。ステファンがニアンとのワンツーで中央へドリブルで行き、そのパスはフラミニがスルー。しかし後のこけたパッツォに合わず。パトが移籍した話題を振る中村さん。52分、ボローニャの選手が倒れ一時中断。54分、コンスタンのクロスにニアにニアンが入り、零れた球をパッツォがキープしようとするも転がってキーパーが飛び出て抑える。55分、カウンターでステファンがボールを運び、中央へ、右のニアンへパスし、そこからのクロスにパッツォが足で合わせるも届かず、左奥にいったボールをプリンスが拾い、折り返す、ステファンがスライディングで拾い、バイタル中央へ零れフラミニに行くもおさめきれず。ボローニャのカウンター。再びミランボール。プリンスがバイタル中で溜めをつくり、ボックス内のポストプレーのパッツォへパス。折り返しを右から切り込むフラミニが取るも収めきれず。一転、カウンターのピンチ。コンスタンの戻りが間に合う。57分、ミランのカウンターで、左サイドのニアンのパスがカットされるも前に出て、それをアバーテが追い掛け、ボックス左奥で折り返すし、ニアにパッツォが飛び込み、飛び出したキーパーに抜けるもパッツォがうまく合わせられず。惜しい! 58分、ニアンからのアバーテのオーバーラップからのクロスは目前でブロック。右のコーナーキックはニアン。ニアのバイタルにステファンが飛び込みシュート。しかしキーパーのセーブ。こちらも惜しい。59分、ステファンの左のコーナーキックは弾かれる。点に繋がらないけど、良い攻めを見せるね、ミラン。60分、実況陣はリッカの好評価。ついに大黒さんの口からアンブロジーニみたいなプレイと出る。61分、ステファンの加速からのパスはニアンの踵に当たってしまう。アバーテがサイドチェンジでニアンへ。左のニアンからのクロスは誰にも合わず。ジラル→ガッビアリーニ交替。62分、コンスタンがボックス左で1対1になり股抜きを狙うがブロックされる。左からのニアンのクロスはニアのパッツォの足はキーパーカット。右のコーナーキック。アグレッシブに攻めるも合わず。63分、零れ玉を左に拾いに行ったステファンがサイドチェンジ。右からのアバーテのクロスをパッツォがポストプレー。収めて振り返ってのシュートはディフェンダーにブロックされたように見えたが、浮き球になりそれがゴールマウスに転がる。パッツォの9ゴール目! 1-0でミランの先制。当然、パッツォは走っていって、右手でもちろん口の前でVサイン (゜y゜) だ。後からフラミニが来て、さらにリッカが後から飛び付くもかわし、フェンスの上に立ち観客の声援に応える。降り際にニアンにバグ。そしてアバーテにハグ。65分、メクセスが自陣ボックス内でボールをおさめきれず、連続で攻めてくる。その流れでリッカのファール。ボックス外右でフリーキックを与える。ディアマンティが直接狙うが浮く。67分、リッカがドリブルで上がり、ステファンへ。ステファンはリッカを使ってのワンツー。折り返しの浮き球はカットされる。しかし、依然、ミランボール。68分、右からの攻めでロストするがアバーテのパンツを引っ張りファールしミランボール。組み立て直し。コンスタンのクロスでロスト。69分、ボローニャのスルーパスが抜け出すかと思われたがサパタが体を入れて対応。ミランの組み立て。ディアマンティに低い位置でカットされるもリッカのスライディングにより自陣バイタルにてボールテイク。すばらしい。70分。パッツォがボールを運びバイタル左から中央のニアンへ。そこからのシュートは目前でブロックされる。コンスタンが左から切り込み、零れたボールにリッカが飛び込みミドルシュートを放つも途中でブロックされる。71分、リッカからの左のパスにカットされそうになるもステファンがルーレットでファールを誘う。72分、メクセスが左寄りにでばる。ステファンへの浮き球はカットされる。73分、右へサイドチェンジ。74分、パツエンツァパスクワート交替。75分、ボローニャの左サイドのスローインからの攻撃をしのぐ。75分、ニアンの中盤でのトラップからのドリブル突破は相手のイエローカードを誘う。76分、ニアン→8ノチェリーノ交替。ロビーニョは? 77分、ディアマンティのロングボールをトラップしてからのドリブル突破、クロスはクリア。78分、まだボローニャのターン。79分、ディアマンティがボックス左外でアバーテのイエローカードを誘う。フリーキックを与える。フラミニが近くで掛け声。80分、直接狙ってきたが上へ外れる。危ない! フラミニ→12トラオレ交替。81分、トラオレが早速ボールテイクで活躍。プリンスがアバーテへのオーバーラップからクロスを出し、ボックス内でリフティングしてからの回転してボレーシュートは左のゴールネットを揺らす! パッツォのドッピエッタ! そして10ゴール目!  来た、パッツォ(゜y゜) ! 今度は笑顔でゆっくり駆けてコンスタンと抱きつく。ベンチから誰かが出てきて抱きつく。リプレイではアッビが飛び跳ねて喜んでた! 2-0でミランが差を付ける。今シーズン10ゴールですが、半分はボローニャからと福西さん。83分、トラオレが転ぶもノーファール。カウンターを遅らせ、その間、トラオレが後から来るもファール。82分、左からのクロスにメクセスの足に当たりオウンゴール。ボローニャが差を詰める。2-1。おちつけー! 思わず「マジで?」と言う中村さん。84分、激しい攻防。85分、ミランのスローイン。86分、バイタル中央でメクセスがなんとかボールをとる。86分、ノチェのミドルシュートは右に逸れる。87分、ボローニャのシュートはディフェンダーに当たり、浮いた玉をアッビがキャッチ。パッツォがファールを誘う。88分、プリンスが早いクロス。パッツォがニアに飛び込みカットされ、ゴールラインを割る。ステファンによる右のコーナーキック。ニアでトラオレが頭で合わせるも浮く。ゴールキック。89分、ボローニャの左からのグラウンダーのクロスはスペースに行くがコンスタンがクリア。それをステファンが右サイドに拾いに行き、ミランボールのスローイン。90分、ボローニャの攻撃。アディショナルタイム4分。4分長いですね、と福西さん。コンスタン、切れ切れですね、と大黒さん。コンスタンがカウンターでボールを運ぶもスライディングに遭う。91分、プリンスの右サイドでのドリブル突破で転ぶもノーファール。ボローニャボール。ミドルフィードをカットし、カウンター。92分、ステファンの中央へ寄ってからのミドルシュートは惜しくも右に逸れる。93分、ボローニャボール。ピンチをしのぎ、トラオレのドリブルでのカウンターはしのがれる。またボローニャボール。右からのクロスはメクセスがカット。短かったのでステファンがジャンプして外へ出す。そして試合終了。2-1でミランの勝利! コンスタンがエキサイトするが、メクセスがなだめる。そしてミランの応援歌。声援に応えるパッツォ。まだディアマンティに何か言うコンスタン。
 ACミランチャンネルはウディネ戦版。終了後のハイライトで大黒さんがパッツォとジラルがフィオレンティーナで一緒にプレイしていたとのこと。パッツォは控えで。なるほど。


※リンク追記・THREE IMPORTANT POINTS - AC Milan

 ボローニャ戦のことなんだけど、みんなカカのことを言っていて、これで交渉がポシャる方が希だと思ったが、それでもダメなときはダメなんだろうな。温度差のギャップを覚悟するかこのままの上がり調子で見れるか。それにしてもこのボローニャ戦は振り返れば、悪いところも当然、目に付くけど、見応えとそれに即した結果の二つ的には今シーズンの個人的なベストマッチだ。
 それと細かいところでは実況陣がトラオレのプレイを見て控えの選手でもこんな(素晴らしい)選手がいるミランはすごい、みたいな旨をおっしゃっているが、なんか妙に引っかかるね(笑) むしろ選手層の薄さが今のミランの特徴だし。

※次節・パッツォの駆け引きから(2013年1月27日の雑記)

※追記・ミランの新旧11番の近況(2013年1月21日の雑記)

※追記・3位浮上なるか、苦手なラツィオ戦(2013年3月3日の雑記)

※追記・なんやかんやでマリオに話題が持って行かれる(2013年2月18日の雑記)

※追加・新生ミランの成長を見せられるか(2013年2月21日の雑記)

※来季の同カード・1.9軍ぐらいまでは落ちたか(2013年9月26日の雑記)

※来季の同場所同カード・ビッグマッチ前に気持ちよく勝ちたい(2014年2月15日の雑記)

C O M M E N T


名前 :
E-mail :
URL :
パスワード :(削除用 : コメント投稿後の修正は不可)


  プレビュー

<< >>










RSS

Ringworld
RingBlog v3.22