本サイトの雑記から分離整理したできたブログ。
タイトル通りライト層による単なるメモなので面白みはないかと思われます。
書き手がミラニスタなので内容はACミラン中心です。
<< 2020年1月 >>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<<   >>

抑えておきたい一戦


※カルチョ関連の前回・上位三連戦の初めはアウェイから(2013年4月7日の雑記)

※2013年大型連休目次的ページ・メモ:亜種一周片道乗車券

 2013年4月26日金曜日。大型連休前半戦前。早引きして、一周片道乗車券利用でいざ関東へ。その日は上空に寒気がやってきていて荒れた天気になるとのことだったんで、30分早く出発。特に目立った遅れはなく列車は東海道線を走る。しかし静岡で終電に追い付かれてしまうというJR東海マジック。そこから順調に進むも品川駅から金曜終電大混雑に巻き込まれ(人事異動や新入社員、新入生の四月、そして大型連休前ということで飲み会があちこちで行われたんだろう)、体が押し潰されるんじゃないかとおもうぐらいぎゅーぎゅーで、その前に確実に服のボタンが取れるな、と思っていたが助かる。山手線よりマシだったが、中央線も大混雑で何とか阿佐ヶ谷駅で降りられる。やってきたのはスポーツバー「ミラニスタ」

東京のスポーツバー ミラニスタ

 やはり何もミランの放送時間のない日だからアキラさんとコマツさんからの視線や間が「こいつ日を間違えたんじゃねーのか」というものだった(笑)

<追記>
 道中、冷えこんでいたので、インナーの上に新しく買ったA. C. Milan red and black jersey for the 2011/2012 season EL SHAARAWY (背番号92番)の14 years (155-165cm)を着ていた(スクデット・マークがいとおしかったので)。店内では上を脱いで、ユニフォーム姿になっていたら、アキラさんに試合もないのになぜユニフォームを着ているか聞かれ、「寒かったから」と答えたら、「神聖なユニフォームに何て扱いすんねん」と拙い関西弁発音でツッコミを入れられた(笑)。
<追記終了>

※今節のネタバレ含む関連記事・プレシーズン…ではない。(2012年9月17日の雑記)

※前節・久々にオーナーさんと話した(2012年9月2日の雑記)

 カプセルホテルのデイユースまでの待ち時間と告げ、見ていなかった今シーズン第6節 パルマ戦を頼むも、ハードディスクにその節だけないことが判明。仕方ないので(スカチャンの再放送をまつか)、やはり見てなかったセリエA 2012/13 第3節 ミラン×アタランタを頼む。「勝手に一人ミラニスタ会」とひそかに称していた。現地時間2012年9月15日20:45キックオフ。サン・シーロ

AC Milan - Biglietti Milan online

 ミラン4-3-1-2 アッレグリ監督
  32アッビアーティ
  20アバーテ、25ボネーラ、13アチェルビ、77アントニーニ
  34デ・ヨング、23アンブロジーニ(カピターノ)、28ウルビー・エマヌエルソン
  10ケヴィン・プリンス・ボアテング
  11パッツィーニ、92ステファン・エル・シャーラウィ

 アタランタ 4-4-1-1。ミラン1勝1敗の10位移籍話。ミランは赤黒縦縞シャツに白パン黒ソックス アタランタは白地に中央縦に青黒、黒パン白ソックス
 カットしアタランタがボールを回す。攻守交代。ミランがボールを回す。1分アバーテが左サイドでボールテイク。ステファンが降りてボールを貰い、左サイドからの崩し。2分、ボールを回す。3分、デヨングが左サイドだ。左からのクロスはポストプレーのパッツォに通らず。4不、プリンスのやや右からのミドルシュートは左にそれる。5分、アタランタのターン。奪って、カウンター。ロングボールが左のステファンに通り、距離のあるところから中央へ切り込む。なかなか崩せない。ウルビーがドリブルでバイタルに戻ってからオーバーラップするアントニーニにパスするも遠い。6分、カウンターでセンターさーくる内にてプリンスがボールロスト。7分、プリンスが左からボックス進入。ボールにいったディフェンダーの足が当たりうずくまる。8分、低い位置から左サイドのライン際、ステファンがボールを運び、併走するウルビーにパスするが続かず。10分、ステファンが右から中央へ切り込むもロスト。アタランタの左からのクロスをアッビがキャッチ。しかしプリンスは例の左手包帯姿。11分、デヨングのパスは左に合わず。ラインを割る。12分グランダーの縦パスはパッツォの前でカット。13分、エマヌが低い位置でボールキープ。左から崩しにかかる。ステファンが左からボックス進入はスライディングでカットされる。14分、エマヌの楔のボックス左へのパスはアントニーニに通る前にカットされる。観客制にリッカルド・モントリーヴォ。15分、アンブロが左サイドで縦パス。ジャンプして頭でプリンスが落とすもパッツォが遠い位置。16分、ステファンが左サイドで起点になり、ウルビーが斜めに走るが足がかかり転ぶ。ノーファール判定。17分、プリンスがカウンターでボールを運ぶが中盤で転ばされる。逆にアタランタのカウンターで左からのクロスは流れる。18分、アバーテがドリブルで切り込むもカットされる。ボールを回すミラン。19分、ボールを回すがカットされる。20分、アタランタのカウンターで中央から崩され、ライン突破。シュートは左のポストにあたる。 21分、カウンターでボックス内のパッツォに通るがいなされる。22分、デニスがミドルシュートは左にそれる。24分、左へのパスは通らず。その攻守交代でアタランタのミドルシュートは右に逸れる。中盤でステファンが左からすすみパスするもカットされる。26分、アタランタのターン。左から崩されるもクリア。27分、ウルビーが長い距離、ボールを運びバイタル右のステファンへパス。そこからのミドルシュートは惜しくもファインセーブに阻まれる。28分、アバーテが右サイドを運びパスは弾かれるもセカンドボールを拾い、右からのファーへのクロスはステファンに合わず。29分アタランタの左からのフリーキックはオフェンスファール。30分、高い位置でボールテイクしたアンブロがドリブルですすんでの強烈ミドルシュートは弾かれる。セカンドボールをパッツォは拾えず。32分、短いパスをつないでくずしにかかるが、カットされカウンター。ボックスまで迫られる。34分、アバーテのクロスは弾かれる。34分、アタランタが左から崩しに掛かり、そこからのミドルシュートはアッビが弾く。ひそかにナイスプレイ。35分、アタランタの右からのコーナーキックは素通り。36分、エマヌが右へサイドチェンジ。再び戻しボールを回す。エマヌの楔のボールはパッツォがポストプレーでジャンプし頭を当てるも左に弾く。37分、左のショートコーナー。エマヌのクロスは弾かれる。38分、カウンターでステファンがボックスを切り込むもルッキーニがカット。39分、アタランタの右からのクロスにデニスが頭に当てるも浮く。40分、プリンスのボックス内右での振り向き様のシュートは左にそれる。プリンスにボールがわたるも体をあびせ倒される。41分、アタランタのカウンターにステファンが後ろから体を当ててしまい止まる。ステファンにイエローカード。43分、右からのクロスにファーでアントニーニが飛び込むも届く前にキーパーキャッチ。ミランの攻撃は続く。左からのスローインを直接バイタル左からステファンがミドルシュートを放つもキーパーキャッチ。44分、パスをつなぎボックスに迫るミラン。前半終了0-0。
 47分、攻める機械を伺うミラン。左からのアントニーニのクロスは中で弾かれ、さらにウルビーのクロスは弾かれる。アチェルビからの縦パスはアンブロがトラップできず。48分、アンブロのグラウンダーのスルーパスにステファンが飛び込むも、体を当てられいなされる。49分、アタランタの右からのクロスを中で弾く。左からのアタランタのクロスを弾く。50分、左からのコーナーキック。51分、左からのアントニーニのクロスにプリンスとパッツォが詰めるも体を入れられボールに絡めず。53分、左からのアタランタのシュートにボックス内でアンブロが他の選手とぶつかりしばし倒れる。54分、アンブロジーニ→8ノチェリーノ交替。55分、左からバイタルを横切ってのステファンのミドルシュートはキーパーがセーブ。惜しい! ここでアキラさんとステファン話。この頃は後の活躍の片鱗を見せていたが単に運がなかったと。56分、続けてボックスないでパッツォのヒールパスを受けてくずしにかかるステファン。しかし合わず。ボネーラのハンド。イエローカード。57分、ノチェリーノのイエローカード。担架が持ち込まれる。58分、プリンスの左からのミドルシュートはセーブされる。59分、パスをうけアタランタのボックス左にながれつつのシュートはアッビがセーブ。60分、アタランタの左のコーナーキック。弾く。61分、カウンター。デ・ヨングがボールを運ぶも戻りが速い。バイタル右のノチェにパスするが、転ばされる。オーファール。63分、ボックスに迫るアタランタ。バイタルに空いたスペースへ戻しのパスにミドルシュート。アッビが横っ飛びするも右に入る! 0-1でアタランタの先制。リプレイだとノチェがボックス内の最終ラインに入り、そのためバイタルにスペースがあったと。67分、プリンスの右からのクロスは目の前で当てられコーナーキックへ。68分、ウルビーの右からのクロスはプリンスがボレーを賺し、最後、ファーでデ・ヨングが飛び込むも惜しくも届かず。69分、ステファン→22ボーヤン・クルキッチ交替。70分アバーテがマークを外してからの右からのクロスはパッツォが中央で飛び込むも足に当たらず。71分、アタランタの選手交代。72分、クロスをアタランタのキーパーがキャッチ。72分、ボールを運びエマヌのバイタル左からのグラウンダーのシュート、それをパッツォが一押ししようとするも足が届かず。74分、エマヌがドリブルでキープし、バイタル左からアントニーニにパス。そこからのクロスがゴール前のノチェに落ちるもシュートまでいけず。75分、バイタル中央でウルビーがボールを奪われカウンターのピンチ。しかしアタランタは急がず。アタランタの選手交代。77分、ノチェのミドルシュートは弾かれる。再びのミドルシュートは目前でブロックされる。78分プリンスのマークを外してのミドルシュートは浮く。79分、エマヌ→21ケヴィン・コンスタン交替。アタランタの選手の交代。82分、左サイドからコンスタンがペナルティアークでポストプレーのパッツォにパス。そこからボックス右のプリンスにパスが通り、シュートに行くが弾かれる。そこからのアタランタのカウンターはアバーテが戻って助かる。83分、ミランがカウンターをくらい、ボックス右にボールが通り、そこでもたつく。近くにアタランタの選手が飛び込みそのままフリーでのシュートはアッビがファインセーブ。84分、左からのコーナーキックはキーパーキャッチ。85分、ミランの左からのコーナーキックは弾かれる。86分、コンスタンがアンカーみたいな役回りをしてボールを回す。88分、ボネーラが左からドリブルで横切りミドルシュートを放つが浮く。アディショナルタイム5分。90分、コンスタンによる右からのコーナーキック。弾かれる。コンスタンのクロスは弾かれる。それをバイタル左でボーヤンのミドルシュートは目前のディフェンダーにあたり威力が弱まりキーパーが拾う。91分、アタランタの選手が倒れている。担架で運ばれる。94分、アディショナルタイム7分に延長。94分、ミランボールと思われたがアタランタボール。95分、ロングボールをパッツォが競り負ける。ノチェの浮き球にプリンスがポストプレー。ボックス右でボーヤンがボールをキープそこからの浮き球クロスにファーのパッツォがジャンプ、頭が届かず! そのままボールが外にでて、試合終了。0-1でアタランタの勝利。サン・ゼーロの呪い続行。

※次戦・依然、劣化ミラン…いやいや新生ミラン(2012年9月19日の雑記)

※次節・胸を張れる!(2012年9月23日の雑記)

※来季の同場所同カード・観客席の話題よりクリスタンテ先発というサプライズ(2014年1月6日の雑記)


※2013年大型連休目次的ページ・メモ:亜種一周片道乗車券

※カルチョ関連の次回・メモ:アットホーム・ミラニスタ交流会(2013年4月27日の雑記)

C O M M E N T


名前 :
E-mail :
URL :
パスワード :(削除用 : コメント投稿後の修正は不可)


  プレビュー

<< >>










RSS

Ringworld
RingBlog v3.22