本サイトの雑記から分離整理したできたブログ。
タイトル通りライト層による単なるメモなので面白みはないかと思われます。
書き手がミラニスタなので内容はACミラン中心です。
<< 2020年2月 >>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29
<<   >>

そして式典のようなマッチ


Splash Page | AC Milan

※前節・スクデットに繋がるミラノデルビー(2012年5月7日の雑記)

 セリエA第38節 ミラン×ノヴァーラを見る。初見はACミランチャンネルだが、ネスタの退団会見から始まるという衝撃スタート。

ACミランチャンネル2011/2012:BS12 TwellVで無料放送!

ネスタ、ミラン退団を明言(2012年5月10日の雑記)

  アメーリア
  ザンブロッタメクセスジェペスメスバ
  ガットゥーゾアクイラーニセードルフ
  ボアテング
  イブラヒモビッチカッサーノ

 ここのネスタとチアゴ・シウバが加われば今シーズン初頭のスタメンだね。なんかお別れ中盤×3のような…アクイラーニには残って欲しい(今日は久々のスタメン。しかもアンカー)。涙ぐむ女性ファンが映っていた。ガットゥーゾも試合前から泣いている。息子と娘が出ていた。ユニフォームは来シーズンのファーストで白パン。対するノバーラのフォーメーションは4-3-1-2。
 いきなりピンチだが、カウンターで立場を変える。2分、カウンターから左メスバ、中イブラ。メスバにパスで、PA内左奥に行くイブラにパスするも折り返せず。相手のヘディングシュートがゴールラインを割るもオフサイド、助かった。4分、メスバのチェイスが良いね。5分、衝突後のボアテングの調子が悪そう。7分、解説によるとアンカーにアクイラーニはないだろう、かといって、(来季加入の)モントリーヴォということもないだろうと。アッレグリの意向だと守備ができるのが良いと。10分、やはりボアテング→フラミニ交替。一枚つかっちゃったよ。セードルフがトップ下に移る模様。フラミニはLIHか。10分、右のカッサーノがPA進入し、二人抜くがパス通らず。13分、メスバのスチールが成功するが続かず。14分、パトやシウバが見に来ているところが抜かれていた。イブラ→フリーの状態の左のメスバがクロスを挙げるが、遠くへ飛ぶ。PA内のカッサーノが身振りで怒っていた。17分。イブラがえらく降りてのディフェンス。珍しい。18分、メスバが踏んづけて相手の靴を脱がす。19分、そこからFKでセカンドボールのパスが通り、二人もどフリーの状態でゴールを決められる。失点。20分、カウンターからカッサーノが右からPA進入もディフェンダーにブロックされる。そのセカンドボールをガットゥーゾがシュート打つも大きく枠外。23分のカッサーノのイブラへのスルーパスは軽くオフサイド。ホントに今日はのんびりムード。26分、ガットゥーゾのスルーパス、イブラがPA内、右の奥まで行って、ザンブロッタにパスし、シュートするも枠外。27分、アクイラーニの右からのクロスに左のセードルフがフリーだったが、大きく左に逸れる。セードルフは今回出場すればミランで300試合だそうな。29分、何回かのパス交換の後で、右からカッサーノがミドルシュートは枠外。30分、イブラが自陣で守備参加で、チェイスで相手の選手を体当たり。それにしれも今日はイブラの自陣での守備をよく見れる。32分、カッサーノとセードルフのコンビもなかなか良いね。左側からパスを交換しつつ上がってきていた。34分、ガットゥーゾの長いチェイスで豪快な足へのタックルでファール。らしいねぇ。36分、イブラのマイナスのパスでメスバか。しかしチーム全体に点の臭いがしないな。38分、アクイラーニにイエロー。39分、左のカッサーノからPA内左のセードルフへパスし、セードルフの意表を突いたヒールパスがあったものの、カッサーノと合わず。40分、イブラが正面からPA進入でマイナスのパスでセードルフ。ドリブルで右に流れ、そこから左奥へクロスをあげ、カッサーノがシュート打つも防がれる。41分、相手の10番はPA内でフリーで、メスバ、アクイラーニを次々とかわすが、シュートは枠外。+1分、メスバのクロスにイブラのヘディングが当たらなかったが、アクイラーニのジャンプしてのワンタッチは枠外。それにしてもミランチャンネルのCMが具体的な試合を載せずに毎週の放送時間だけを出していて、もうシーズンが終わったんだと実感。
 ガットゥーゾがカピターノなんだね。
 46分 CK→戻して組み直し。48分、スーペル・ピッポことインザーギの準備が始まる。観客沸く。48分、またセードルフのヒールパスが繋がらない。誰も居ない所。49分、ガットゥーゾのチェイス、また見れた。50分、イブラが背中でディフェンスを倒した! アクイラーニのシュートで、ディフェンダーの足が当たり怪我。アクイラーニの脛当てはイタリア国旗だった。そこからイブラと思ったらセードルフのFK。曲がりきれず右のポストに当たる。53分、カッサーノが飛び込んできて、ワンタッチでイブラにショートパスし、そのポストプレーから反転しシュート。キーパー弾く。惜しい。55分、フラミニが左から上がってきて、さらに左のカッサーノにパスし、そのままキープし、PA内に飛び込んできたフラミニにパスし、フラミニがその勢いのままシュートし、ゴール! 1-1。57分、カットからドリブルで上がるガットゥーゾ→セードルフ→ガットゥーゾが少しドリブルしシュート。惜しくも弾かれる。あと実況が言っていたが、ハーフタイム中に、ザンブロッタが退団を発表したそうな。ザンブロッタのPA進入がはじかれ、右のCK、セードルフがカッサーノにパスしパス返され、セードルフがPA内でドリブルしかわしシュート打つも惜しくも枠外。58分ガットゥーゾが粘ってボールを相手3人から奪う。59分、左からカッサーノのグラウンダーのパスをメスバが受け、PA内、ドリブルでラインまで行き、マイナスのパスを出すもカットされる。左のCKから左のアクイラーニをPA内のジェペスに通り、さらにジェペスが倒れながらもPA内のイブラに渡りポストプレーだがオフサイド。62分、カウンターをくらってリゴーニの駆け上がりでピンチだがシュートは枠外。66分、ガットゥーゾ、すごく活き活きしている。そしてカッサーノ→インザーギ交替。ピッポは公式戦300試合だそうな。カウントの仕方は違うけど、セードルフと同じ300試合とは偶然。交替の際、カッサーノと抱き合う。67分、またガットゥーゾがボールを奪った。リフティングしてパスという華麗さ。68分、ガットゥーゾが相手を倒してボールを奪うもノーファール。審判、空気読むね。69分、メスバのクロスをゴール前のピッポに向かうも合わず。ピッポ叫ぶ。70分、ホント、ガットゥーゾの守備祭りだ。71分、放り込みパスにピッポ惜しい! 72分、セードルフのPA内でピッポへのグラウンダーのパスは通らず。73分、壁の電子広告で新ユニフォームのがあった。広告自体は頻繁に変わっている。75分、カウンターで左メスバ、中前インザーギ、中後ドリブルするイブラ、右セードルフ。イブラがメスバへパス。メスバがクロス、ピッポの頭を越えてセードルフ、セードルフ高めにボールを挙げる。イブラがヘディングでピッポにマイナスのパスをしようとするもキーパーが弾く。零れたボールをピッポがシュート打つもディフェンダーに防がれる。イブラのファールだそうな。78分、セードルフの縦の放り込みパスは距離がありすぎ。セードルフに放り込みのパスにPA内のピッポに通り、ピッポからさらにPA内のアクイラーニに渡るもうまく受けられず。80分、アクイラーニ→ネスタ交替。ネスタがアンカー(※結構、このあと、パスしてゲームを組み立てる姿が見られる)。81分、中盤の左のメスバから中のネスタ、さらに左のセードルフへパスが通り、ガットゥーゾとのパス交換からセードルフの放り込みのスルーパスにピッポが胸トラップでPA内を右に流れ躍動感溢れシュート。そしてゴール! 2-1の逆転。ピッチ外へ走っていって老い(ネスタ)も、真っ先に抱きついて持ち上げた選手も若き(エル・シャーラウィ)も選手がピッポに抱きついて皆、大喜び。カッサーノは後から髪の毛をぐちゃぐちゃにしていた。イブラなんてヘッドロックした上に頭をポンポン叩いていた。86分、カウンターでイブラがボールを運び、ピッポが付いていったが、ファールされる。そのときに紺と白のよこしまパンツ。セードルフのFK。枠外。87分、セードルフがカットしゴールから遠い位置にピッポに通るもパスがカットされる。91分、カメラが抜くあのトサカ赤ちゃんは誰だろう?(→答え、イブラの二人目の子供) 近くにマキシ 92分、右のザンブロッタのシュートが零れピッポの近くに来たが、足が届かず。93分イブラがクロスを挙げるが、セードルフの足が届かず。93分、ガットゥーゾの後からのタックルもカード出ず。2-1で勝利! ACミランチャンネルの最後の今シーズンを振り返る感動的なVTRで気付いたけど、今シーズンのラストゴールはピッポだ! そして一つ前のフラミニというなんとも感慨深い。
 ネスタの二人の子供、インザーギの甥っ子、ガットゥーゾの二人の子ども、イブラの二人の子どもがピッチに出ていた。ザンブロッタ号泣。ピッポも泣いている。
 幻のゴール3本があったマッチそれぞれはどれも引き分けなので、それらの3分の2を認められれば、スクデット取れていたのに、と思ってしまう。それと今シーズンは、終わりの大量退団でもアッレグリ監督は憎まれ役を買って出た感じだね。少なくとも我々ファンはそこらへんを理解しておきたい。

サン・シーロに別れを告げる | News | AC Milan

一つの時代の終わり | News | AC Milan

※次記・TIM TROPHY(2012年7月22日の雑記)

※来シーズン・新生ミランか劣化ミランか(2012年8月27日の雑記)

※追記・メモ:アットホーム・ミラニスタ交流会(2013年4月27日の雑記)

C O M M E N T


名前 :
E-mail :
URL :
パスワード :(削除用 : コメント投稿後の修正は不可)


  プレビュー

<< >>










RSS

Ringworld
RingBlog v3.22