本サイトの雑記から分離整理したできたブログ。
タイトル通りライト層による単なるメモなので面白みはないかと思われます。
書き手がミラニスタなので内容はACミラン中心です。
<< 2022年5月 >>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<<   >>

パッツォの駆け引きから


※前節・リッカにアンブロジーニが乗り移った?(2013年1月20日の雑記)

AC Milan - Biglietti Milan online

 CSのスカチャン0セリエA 2012/13 第22節 アタランタ×ミランを見る。2013年1月27日現地時間15:00キックオフのデイゲーム。スタディオ アトレーティ アッズーリ ディターリア。解説/実況:亘崇詞/倉敷保雄。来た! この実況解説コンビ。
 1位ユヴェントス48点、2位ナポリ43点、3位ラツィオ43点、4位インテル39点、5位フィオレンティーナ36点、6位ミラン34点、7位ローマ33点、8位カターニャ32点、8位パルマ31点
 アタランタ4-3-1-2

 ACミラン4-3-3 アッレグリ監督
  32アッビアーティ(カピターノ)
  20アバーテ、17サパタ、5メクセス、21コンスタン
  16フラミニ、18リッカルド・モントリーヴォ、10ケヴィン・プリンス・ボアテング
  19ニアン、11パッツィーニ、92ステファン・エル・シャーラウィ

 前節と同じ! 亘さんにそこはかとなくアルゼンチンっぽいスタジアムじゃないかと振る倉敷さん。そういえば倉敷さんがここに昨年、取材に行っていたんだね。育成に力を入れていることで有名なクラブ。アタランタはここ数戦でわずか2点だそうで、亘さんはこのミランに点がとれるかどうかも見所と。亘さんはミランがビッグクラブにことごとく勝てないと指摘。倉敷さんは前のミラン×アタランタ戦を紹介。そういえば0-1でミランが負けたんだった(汗) というか公式サイトに「Revenge」の文字があったか。アタランタは青黒シャツに黒パン黒ソックス、ミランは白一色。
 ちょっと霧がかかっているところでキックオフ。ハイプレスのミラン。1分、ミランボールになるが、すぐに取られる。激しい攻防。パッツォを見てフラミニと説明する倉敷さん。3分、次は右サイドで激しい。アッビにボールが零れ、コンスタンから左にボールが行き、バイタルを横切り、最後はフラミニがシュート。目前でブロックされる。4分、そのニアンによる右コーナーキック。ボックス内のつかみ合いで仕切り直し。中で弾かれる。零れた球のクロスはオフサイド。5分、左サイドから。リッカのミドルフィードはボックス付近で弾かれるもミランボール。6分、右サイドでボールロスト。クリアされ、ミランボール。しかし高い位置でボールロストし、アタランタが左サイドをかけあがっての左奥からのクロスはアッビがセーブ。アタランタによる右のコーナーキック。弾かれアタランタの振りだし。8分、リッカやパッツォはアタランタユース出身と倉敷さん。9分「Forza Milan!」 アタランタの組み立てボール回し。10分、アタランタの右サイドの縦パスにゴールラインでのするどい折り返しにアッビが飛び出しカット。おお双方。天晴れなプレイ。11分、アバーテが右サイドから何とかクロスを出すもボックス内ニアでカット。アバーテとタソッティが何やら話す。倉敷さんの話からそういやアタランタはインテルに勝ったんだね。もしかするとミラノ勢2チームとも倒すというモチベーションかもしれないって。12分、中盤でニアンがボールロスト。意外と狙われている。13分、アタランタが中央から右奥へのパスでそれを折り返しての攻撃。何とかブロックするも右のコーナーキック。14分、メクセスが弾く。そこからのステファンがドリブルでのカウンターはしのがれる。うーん、がんばれ。アタランタの右からのクロスにアッビとサパタが交錯してひやっとする。そのカウンターにフラミニに対するアタランタのファール。15分、プリンスの距離のあるところからのシュートはすべったのかふかす。倉敷さんがプリンスの首筋のタトゥーをみて子供が怖くないのかな、とツッコミ。16分、アタランタのゴールキックをプリンスが頭で前に弾き、それをステファンがトラップし、前へ行くもボックス内で二人のコンビネーションでカットされる。まだエル・シャーラウィにとって芝生が重い感じと倉敷さん。ステファンが左サイドから切り込み例の右足でのクロスはファーのパッツォにとって大きい。必勝パターン、入ったと思ったが。亘さんの説明ではステファンの一か八かのスピードや角度で勝負をかけてくるはディフェンスにとって驚異とのこと。17分、アタランタは左サイドでボールロスト。18分、プリンスからステファンへの中盤でのパスはカットされ仕切り直し。ボールを回すミラン。プリンスの左サイドへのパスにコンスタンのクロスは大きい。ピッチ状態が悪いのかな。19分、リッカのボールテイクでミランの攻撃。右サイド。アバーテが中へ切り込んでのワンツーは折り返しが合わず。20分、アタランタの攻撃。縦パスをワンタッチで戻してそこからのミドルは目前でブロックされる(リプレイだと中に入ったアタランタの選手に当たっている)。面白い攻撃をする。21分、コンスタンのドリブルでキープしてからのクロスはカットされ、左のコーナーキック。やはりニアンは髪の毛を染めているようだ。練習風景の写真では金髪だったが、今は赤毛だ。22分、左サイドでプリンス&ファラオのコンビネーションでファールを誘う。23分、フェーリライモンティ交替。25分、アタランタの組み立て。ミランはこういった頑張ってくる相手に勝てたら勢いに乗ってくると思う」と倉敷さん。アタランタの面白い攻撃を凌ぎ、ミランボール。右サイドでニアンが抜いたあと、右のコーナーキックへ。26分、サインプレイで、ニアンが近くまで来てワンタッチでのパスはキーパーキャッチ。27分、アタランタのカウンターをしのぐ。28分、リッカがドリブルで食い込み、右サイド。リッカからのパスを受けニアンがポストプレイで反転し、ボール裁きで少し溜を作ったところでステファンがバイタル中央へボールを斜めの動きでもらいにきて、右へ流れ、ボックス内でのシュートはゴールマウスの左へ刺さる。思わず見ているこっちは諸手上げ! 真っ先にニアンへハグし、そこへフラミニが乗ってくる。そして歩いているところにステファンの左からパッツォが肩を組み祝福する。0-1でミランの先制! というかステファンの久々のゴール! 15ゴール目!(リプレイでのセレブレーションでは天を指さしていた)。そしてニアンのセリエA、初アシスト!(※追記:写真を見るとステファンと共に天を指差しているね) 29分、アタランタの左からのフリーキックは流れ、最後、アッビが拾う。30分、アタランタがボックス右へパスで切り込むもメクセスがカット。その右からのコーナーキックはファーにて頭で合わせられるもアッビの正面。それにしてもアタランタサイドでのカメラのシャッター音がもろ入る。32分、カウンターでニアンからの縦のスルーパスをパッツォが受けるもいなされる。アタランタの攻撃。ミドルシュートはブロック。そのカウンターは左サイドでステファンが転ばされる。ノーファール。33分、亘さんによるミランの話は面白い。34分、ボールを回すミラン。左サイドからのプリンスのパス。ニアンが中央で受け、また縦パスでステファンに送るもそこで釘付けになりボールロスト。35分、アバーテのクロスに中央へステファンが飛び込みジャンプして足を合わせるもブロックされる。倉敷さんによるとステファンのマークがライモンディ一枚とのこと。36分、お邪魔具合を見てライモンディを『ドクタースランプ』のマシリトに喩える倉敷さん。37分、アバーテのクロスにパッツォが飛び込むも、足が合わず。その左のコーナーキックからリッカのミドルシュートは浮く。38分、アタランタの左からのクロスにアッビが飛び出しキャッチするもメクセスが邪魔になり零してしまう。サパタがクリア。危ない。39分、前節ほどではないが今節も安心して見れている。ニアンが右サイドでボールを保持。リッカが切り込んできたのにパスするも合わず、そこでロスト。高い位置でプリンスがプレスでボールテイクしかけたが、成功せず。惜しい。40分、アタランタの左サイドからの崩しをうまくプレスして最後、アッビが拾う。41分、右サイド中盤でパッツォが足を蹴られる。左にボールを回す。42分、サパタからステファンへのミドルフィードは通らず。アタランタは右サイドでプレスを受けボールロスト。フラミニへの縦パスが通るが何もなくて戻る(と倉敷さんも実況)。43分、ニアンがドリブルで右に流れてからのミドルシュートはキーパーがゆっくり左に倒れてからのキャッチ。アタランタの右サイドでの縦パスにワンタッチでクロスでおりかえし、デニスが飛び込むもシュートまでいけず。実況陣が二人とも「デニス!」と。頭をかかえるデニス。45分、ボールを回すアタランタ。ボックス内まで切り込まれるがメクセスカット。さらにボックス右奥に切り込まれるが、サパタの判断が遅れ、相手に決定機を与え、アッビが右奥に飛び出した状態で、右奥からのクロスを出されるも誰も飛び込んでなくて助かる。
 倉敷さんによるとアバーテはセリエA150試合目とのこと。ゴールランキング 17ゴール:カヴァーニ、14ゴール:エル・シャーラウィ、ディナターレ、10ゴール:クローゼ、パッツィーニ、ラメラオスヴァルド。ディナターレが風邪を引いたそうな。ボーヤンの映像。ニアンをシマウマに喩える亘さん。それはユヴェントスと倉敷さん。そこからなぜかパンダ話。面白い。ガッリアーニの101%カカの移籍はないという話。
 45分、ニアンへのミドルフィードはとおらず。右のプリンスからのパスにステファンにいくも弾かれる。まだミランボール。ニアンの頭の★の話。テリーマンを引き合いに出す亘さん。ラーメンマンも揃えたいと倉敷さん。46分、ミランが切り込むも防がれる。ニアンからのクロスにフラミニが飛び込み頭に合わせるも右の逸れる。ファーではパッツォがこけている。今度はフラミニをパッツォと誤る倉敷さん。47分、ニアンが倒され、ブリーヴィオにイエローカード。すかさず「おまえに秘孔を突いた、という倒れ方でしたね」とネタを入れる倉敷さん(笑)。48分、リッカのボックス右外からのフリーキック。零れ玉をステファンがシュートかクロスを打つも外へ出る。49分、ステファンが右に流れてのクロスにニアでパッツォが足で合わせるもブロックされる。惜しい! ステファンによる右からのコーナーキック。弾かれ組み立て直す。51分、ボールを回すミラン。ハイプレスのアタランタ。メクセスまで戻し(引き出し)、左サイドからの攻め。ステファンのドリブルで切り込んでのファーへのパスに折り返すも中で弾かれ、最後はリッカのミドルシュートがブロックされる。もう一手間欲しいと倉敷さん。52分、左からのパスにパッツォのポストプレーからのバイシクルシュートは方向合わず。53分、アタランタに右から切り込まれ右奥からのクロスをアッビが弾く。右のコーナーキックはパッツォのクリア。再び右のコーナーキック。パッツォとライモンディが口論。二人にイエローカード。これもパッツォの駆け引き……だよね?(汗) コーナーキックを弾く。55分、アタランタのミドルフィードは大きくオフサイド。アタランタが左サイドで抜け出すもボールを収めきれず助かる。それをリフティングで何とかクロスまでもっていくもクリア。56分。ライモンディの右からの切り込みにリッカがクリア。カウンターでステファンがボールを運ぼうとするも相手に足を蹴られる。57分、ボックス右外でパッツォがボールを持つもガンガン体を当てられボールロスト。でもアバーテがフォローして再びパッツォがボールを受けるもそこでブリーニオがパッツォに対し足を引っかけ、二枚目のイエローカードで退場を誘う。やはりパッツォの駆け引きの一種か! アタランタが10人になる。そこからリッカのフリーキック。はじかれそこからのパスはニアンのオフサイド。60分、デニス→マテウ交替。61分、ミランのターンでニアンがタッチラインを割り、攻守交代。62分、カウンターでニアンがボールを運ぶも3人に囲まれタッチラインを割る。カウンターで左サイドでのプリンスのパスはクリアされる。64分、アタランタの右サイドからの切り込みにメクセスが外に出す。その右からのコーナーキックはクリア。65分、ボールを回し徐々にゴールへ近付くミラン。しかしメクセスのパスでロスト。66分、再びミラン。ニアンのクロスはキーパーがキャッチ。67分、アタランタはハイプレスでボールテイク。67分、ミランのカウンターはクリアされる。68分、ボールを回すミラン。メクセスがボールを運び、フラミニにパス。そこからニアンへのパス。ニアンは中央へドリブルしミドルシュートは目の前でブロック。69分、フラミニのミドルシュートはキーパーのファインセーブに阻まれる。フラミニの枠内シュート久々に見た。右からのコーナーキックはファーへ。リッカが中へ切り込むメクセスにパス。そこからのショートパスが弾かれ、アタランタのカウンター。リッカのイエローカードを誘う。70分、アタランタの右サイドからのフリーキック。ニアンが弾く。さらにドリブルで上がり、そこからのパスをメクセスが弾く。さらにアタランタの左へパスが通り、そこからのクロスのカットはアバーテのハンド判定。しかしフリーキックは弾かれる。72分、アタランタの左からのクロスをアッビがキャッチし、ようやくミランボール。なかなか組み立てられない。73分、ライモンディに対するパッツォのファール。アタランタのターン。75分、コンスタンのカットからステファンへのパスで、倒され相手のファール。76分、フラミニの高い位置の(ファール的な)ボールテイクに、ニアンへ渡るも軸足の裏を通すボール裁きの途中で、バイタルにてタックルに倒される。どれもノーファールで、後でメクセスとアタランタのキーパーにイエローカード。ダメジャッジ的すぎ。78分、そういういざこざがあって、ミランボール、特にニアンにボールが渡るだけで大ブーイング。カウンターができずボールを回すミラン。79分、ボアテングの右サイドへのパスは遠くて、アバーテが収めきれず。チガリーニブダン交替。三枚を使い切る。ミランはまだ交替なし。80分、ニアンのパスにフラミニが右からフリーに抜け出すも軽くキーパーにセーブされる。弾かれた玉をニアンがシュートかパスするも、目の前のフラミニに当たる。ファーでパッツォが詰めていたが合わず。左に流れるもそこでもたつく。81分、組み立てるミラン。中盤でアタランタのファール。82分、アバーテのワンタッチのパスを中盤右サイドで受けたニアンだが寄せられラインを割る。83分、さらにフラミニに対するディオンディーニのイエローカード(リプレイだとフラミニが背中にぶつかってその報復のようだね)。その抗議にアタランタの監督が退場。84分、ステファン→7ロビーニョ。すっかりロビーニョもトサカになっちゃった。85分、アタランタのクロスにメクセスがカット。左のコーナーキック。なんなく弾く。86分、安心して見れなくなってきた。アタランタが右サイドから崩し、最後はふかしたミドルシュート。87分、アタランタの右からの崩し。アタランタのスルーパスにメクセスがヒールでクリア。「若島津くん並み」と亘さん大興奮(リプレイではスコーピオンクリアと倉敷さん)。左サイドからのアタランタの攻撃。カルモナが切り込み、股抜きでボックス内で抜いた後、倒れるも、ニアンが引っ張ったように見せたシミュレーションってことでカルモナのイエローカード。そしてリッカへのヘディングして去っていく。88分、ニアン→12トラオレ交替。89分、ミランのカウンター。ロビーニョがついにボールを触ったと倉敷さん。ロストしかけフラミニのファール。そのミドルフィードをアッビがキャッチ。直後にマテウが体を当て、アッビが言い寄って互いにイエローカード。アディショナルタイム4分。91分、時間をかけて攻めるミラン。さすがにハイプレスのアタランタ。92分、ミランが取り返す。右よりのロビーニョからの左サイドで飛び出したトラオレへのパスは通るもそこからカットされる。93分ミランの攻撃。高い位置でボールを回す。コンスタンが上がってからのクロスはプリンスの前でカット。左からのコーナーキックを中盤までドリブルで戻し二人に囲まれつつ粘り、タイムアップ。0-1でミランの勝利。久々のクリーンシート。最後までハラハラする展開だった! リプレイでロビーニョが相手に頭突きしているシーンが出ていた。アタランタの観客がブーイングで騒然としている。ミランの選手の面々は横一列に手を繋いでダッシュしてジャンプし観客の声援に応える。ニアンがステファンの肩に手を掛けているところを倉敷さんがニアンの方が偉そうにしているとツッコミ。

※リンク追記 ・vsアタランタ レガカルチョ22 - La Gazzetta dello MILANISTA

 あぁ、なるほど今回のセットプレイの強さはゾーンからマンツーマンに替えたからなのか。あと前節は高い位置でそんなコンビネーションがあったのか。

※次節・ミランでのアッズーリ・コンビ始動なるか(2013年2月4日の雑記)

※来季の同カード・観客席の話題よりクリスタンテ先発というサプライズ(2014年1月6日の雑記)

C O M M E N T


名前 :
E-mail :
URL :
パスワード :(削除用 : コメント投稿後の修正は不可)


  プレビュー

<< >>










RSS

Ringworld
RingBlog v3.22