本サイトの雑記から分離整理したできたブログ。
タイトル通りライト層による単なるメモなので面白みはないかと思われます。
書き手がミラニスタなので内容はACミラン中心です。
<< 2020年9月 >>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
<<   >>

得点ランキング1位と3位との戦いでもある


※ウディネーゼ以前のマッチ・ミランでのアッズーリ・コンビ始動なるか(2013年2月4日の雑記)

※ナポリ以前のマッチ・2位3位対決(2013年2月10日の雑記)

 CSのスカチャン1セリエA 2012/13 第26節 ウディネーゼ×ナポリを見る。2013年2月25日現地時間19:00キックオフのナイトゲーム。スタディオ・フリウリ。解説/実況:羽中田昌/西岡明彦。こちらもバンダイの提供。もちろん「神イレブン」で検索を促すゲーム『パニーニフットボールリーグ』の宣伝のためだ。

PFL公式サイト -Panini Football League

 さてゆるゆる見るか。もちろんミランの上位が負ける方向を応援なので、ウディネ応援で

 1位ユヴェントス55点、2位ナポリ51点、3位ミラン44点、4位ラツィオ44点、5位インテル43点、6位フィオレンティーナ42点、7位カターニア39点、8位ローマ37点、9位ウディネーゼ36点、10位パルマ32点

 ウディネーゼ3-5-2 グイドリン監督
  25パデッリ
  17ベナッティア、5ダニーロ、11ドミッツィ
  8バスタ、37ペレイラ、3アラン、7バドゥ、26パスクァーレ
  24ムリエル、10ディ・ナターレ

 ナポリ3-4-2-1 マッツァーリ監督
  1デ・サンクティス
  14カンパニャーロ、28カンナヴァーロ、5ブリトス
  16メスト、85ベーラミ、88インレル、27アルメロ
  17ハムシク、7カヴァーニ
  24インシーニェ

 軽快な歌がスタディオに流れる。ウディネは白黒縦縞シャツに黒パン黒ソックス。ナポリは水色一色
 序盤は早いボールのやりとり。3分、ナポリのメストの右からのクロスにカヴァーニが飛び込むも惜しくも合わず。7分、左サイドから攻めるナポリ。カヴァーニのミドルシュートは浮く。17分、ペレイラがハンドでイエローカード。18分、そこからのナポリのフリーキック。距離があるところ。インレルがショートパスでその後、ボックス内のカヴァーニにボールが行き、カヴァーニが倒れるもノーファール。その後のウディネのカウンターでインレルがイエローカード。21分、カヴァーニにボールを通るも、シュート体勢が崩れる。29分、カウンターにいこうとするナポリはいけず。27分、ウディネが中盤でカットして右サイドをドリブルで上がって来て、チャンスを作るも結局パスを出せず。ベナッティア→75ウルドー交替 35分、左からのアルメロのクロスにカヴァーニが飛び込みヘディング。キーパーがセーブ。惜しい! 36分、カウンターでウディネがミドルフィードでサイドチェンジ。すぐに縦パスでバイタルに迫る。アルメロが相手をひっぱり、ウディネにバイタル右で絶好の位置でフリーキックを与える。ディ・ナターレがシュートを打つも壁に当たる。38分、右のコーナーキックをディ・ナターレ。弾かれフリダシに戻る。42分、ウディネのカウンターでディ・ナターレがゴールに迫るもシュートは浮く。0-0で前半終了。
 日本語フォーメーションだとウディネ3-6-1、ナポリ3-5-2のスリーバック対決。
 50分、カウンターでディナターレがボックス左でボールをおさめるもそこからのシュートが弾かれ、さらに右からの選手がシュートするも浮く。ウディネの波状攻撃。53分、ナポリのカウンターでミドルフィードを中央でカヴァーニが納め、左のインシーニェにパス。折り返しのクロスにハムシクがボレーシュート。完璧に崩せたものの左に大きく外れる。58分、メストとバドゥがやりあっている。インレル→19パンデフ交替。ナポリは勝ち点3を取りにいっていると実況。64分、アルメロが中央をワンツーを織り交ぜ突破し、ボックス内で倒れるがシミュレーションでアルメロにイエローカード。68分、左サイドでアルメロが裏をとり、ゴールに迫る。決定機! そこからショートクロスをカヴァーニへ出すが、バランスが取れず、シュートは左に逸れる。惜しい! つか決めておかないと。76分、ナポリの左からのクロスがゴール前に零れるもクリア。さらにナポリが崩しかかる波状攻撃。77分、ディナターレ→77マイコスエル交替。81分、カンナヴァーロにイエローカード。84分、カンナヴァーロ→20ジュマッツ交替。88分、ゴールに迫ろうとするナポリ。カヴァーニがシュートにもいけない、それだけウディネーゼの守備が良いと羽中田さん。89分、メスト→18ズニガ交替。アディショナルタイム3分。このままいくと三試合連続ドロー、点が入れられません、と西岡さん。92分、ナポリが崩しにかかり、浮き球のラストパスがゴール前に行くがキーパーキャッチ。0-0のスコアレスドローで試合終了。

※ウディネーゼ以降のマッチ・下降気味と上昇気味との戦い(2013年4月21日の雑記)

C O M M E N T


名前 :
E-mail :
URL :
パスワード :(削除用 : コメント投稿後の修正は不可)


  プレビュー

<< >>










RSS

Ringworld
RingBlog v3.22