本サイトの雑記から分離整理したできたブログ。
タイトル通りライト層による単なるメモなので面白みはないかと思われます。
書き手がミラニスタなので内容はACミラン中心です。
<< 2020年9月 >>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
<<   >>

カカの躍動を見よ


TOYOTAプレゼンツ FIFAクラブワールドカップ ジャパン 2012|日本テレビ

AC Milan - Biglietti Milan online

 CSの日テレG+で『TOYOTAプレゼンツ FIFAクラブワールドカップ ジャパン2007(5)準決勝 浦和レッズ(アジア王者)×ACミラン(ヨーロッパ王者) を2013年1月15日放送分に見る。横浜国際総合競技場にて2007年12月13日木曜日19:30キックオフ。解説 北澤豪 城彰二 実況 河村亮

 カカ、セードルフ、ガットゥーゾの映像。

 浦和レッズ3-4-1-2 オジェック監督 アジア王者
  23都築
  2坪井、4田中マルクス闘莉王、5ネネ
  3細貝、13鈴木、22阿部、16相馬
  17長谷部
  21ワシントン、9永井

 ACミラン4-3-2-1 アンチェロッティ監督 ヨーロッパ王者
  1ジダ
  44オッド、13ネスタ、4カラーゼ、18ヤンクロスキ
  8ガットゥーゾ、21ピルロ、23アンブロジーニ(カピターノ)
  22カカ、10セードルフ
  11ジラルディーノ

 共に赤黒だからレッズサポーターかミラニスタかよくわからないね。浦和は赤シャツに黒パン、黒シャツ。ミランは白一色。アンチェの横にタソッティが居るよ。
 レッズからのキックオフだがすぐにミランボール。ジラルがゴールラインを割る。カカは今年のバロンドール獲得だそうな。1分、長谷部、細貝が続けてクロスを出すが中で弾かれる。2分、浦和のロングボールは高さでせってファール。3分、阿部のミドルは左へそれる。4分、ボールを回すと浦和サポーターのブーイング。5分、ネスタがカットして前に出て、田中にカットされさらにつぶすとネスタのイエローカード。6分、ミドルフィードを田中が追うが間に合わず。6分、長谷部のミドルシュートはボテボテでキーパー正面。7分、右サイドでカカがボールを運ぶとネネがカット。8分、ボールを回すミラン。左からヤンクロスキが早いクロスを出すが、ジラルに通らず。カットされる。9分、カカのドリブル突破は阿部に止められる。右からのピルロのミドルフィードにボックス左でセードルフが合わせるも合わず。10分、右を上がられるもアンブロが対処。そうかマルディーニのかわりにアンブロがカピターノか。12分、距離のあるところでフリーキックゲット。ピルロがキッカー。落ちて上のギリギリのところを狙う。キーパーがタッチし何とか外に出す。左のコーナーキックはアンブロジーニが頭で合わせる。惜しくも浮く。14分、ミランボールで右サイド、スローイン。左に流れる。ヤンクロがカットインでワンツーのところを戻しでカット、浦和のカウンターはリノがカット。オッドのクロスは大きい。15分、組み立てるミラン。16分、左からピルロのミドルフィード。ジラルがボックス左で合わせるもジャストミートせず、キーパーが前へ出て拾う。17分、アンブロのミドルフィードは誰にもあわず。18分、しかけつづけるミラン。ネネが低い位置でジラルに足を蹴られる。ファール。19分、カウンター。20分、ボールを回してオッドのクロスはふかす。22分、カウンターで中央突破、ボールを運ぶカカ。会場沸く。ボックス右のフリーのセードルフにパス。シュートはキーパー正面。24分、オッドのクロスは大きい。25分、短いパスでじわじわ攻めるミラン(というかじわじわと書きつつ早く安定したパスワーク。今(2013年1月)よりという注釈が付くが)。バイタル右でピルロがドリブル突破はファールを誘い、フリーキック。26分、壁に当たる。アンブロジーニがバイタル中央へ飛び出し縦パス。ジラルに通ったと思ったが転ぶ。ノーファール。長谷部がドリブルで上がり。左の相馬へパス。そこからのクロスは中でカット。27分、カウンターで左サイドで運ぶカカ。ボックス付近で中央のセードルフにパス。セードルフがノールックのスルーパスを選ぶがカットされる。長谷部がカカに倒される。長谷部のファールで、ピルロのフリーキック。28分、ピルロがふかす。30分、カカが右からドリブルでカットイン。左のアンブロにショートパス。シュートを選ぶも足元でカット。ボールがボックス内右のジラルに零れるもカットされる。そこからの浦和のカウンター。しかしネスタにおくらせられる。ミドルシュートは左に逸れる。31分、左サイドで細貝でボールロスト。32分、組み直すミラン。33分、ピルロが錠剤を飲んだそうな。消化剤とのこと。攻める浦和。あっさり左でカットされる。11月下旬から1時間ずつ睡眠時間をずらしていたそうだ。34分、カカの左サイドのドリブルは二人縢りで最後阿部がテイク。38分、ピルロのミドルフィードにボックス左でカカが収めきれず。右でパスカットされる。39分、しかしすぐに奪い返し、オッドの右からのクロスはジラルがニアに足で合わせるがキーパーキャッチ。何か今(2013年1月)のパッツィーニを連想させる。39分、ヤンクロの右からのクロスはカット。ワシントンの中央突破は潰される。40分、右から鈴木のシュートはジャストミートせず、キーパーに拾われる。41分、ピルロのミドルフィードにオッドが受けるもカットされる。41分、オッドのクロスにボックス内でアンブロと田中が高さで競るもシュートまで行けず。43分、ヤンクロのドリブルしてからもミドルシュートは拾われる。44分、切り込むのを窺うミラン。0-0で前半終了。
 46分、ボックス外右でジラルに対する田中のファール。ピルロのフリーキック。中で弾かれる。47分、ボールを回すミラン。カカが縦パスを受け、ドリブルで左右に振って、リノに戻す。リノが左サイドにミドルフィード。そこからワンタッチでヤンクロのクロスかシュートは右に逸れる。48分、浦和のターン。49分、カカのボックス進入。戻す。ジラルにボールが零れゴールに迫るもシュートかクロスは目の前で弾かれ、ヤンクロのクロスはニアのセードルフに通らず。オフサイド。50分、セードルフのボックス進入からのクロスはキーパーが飛び出し弾く。51分、ミランのカウンターでピルロに対し阿部がイエローカードで止める。52分、オッドのクロスは大きい。53分、攻め続けるミラン。縦パスは受け手がおらず。インザーギが映る。54分、阿部が左からミドルシュート。キーパー正面も弾く。55分、左からの崩し、右へ回す。ピルロの放り込みのパスにセードルフがボックス内でフリーで胸トラップ。そのままシュートを打つがおしくも右に逸れる。56分、カットし浦和のカウンターは続かず。アンブロのクロスはニアにジラルが飛び出し、足で合わせるも右に逸れる。25歳のジラル。やはりパッツォを連想させる。59分、右からセードルフのコーナーキック。田中が弾く。60分、浦和のターンを凌ぐ。セードルフが中央からドリブルで切り込んで、近くのジラルにパス。そこからのシュートは弾かれる。右のコーナーキックはニアで合わすも笛。61分、浦和のターン。左サイドでカットされる。ジラル→9フィリッポ・インザーギ交替。63分、ボールを回すミラン。ピルロのミドルフィードにピッポがボックスに飛び込む。しかし、大きい。64分、田中のスルーパスに右サイドで永井が飛び出し、フリーでドリブルで上がりクロス。ファーのワシントンの前にネスタがダイビングヘッドでカット。右のコーナーキック。ワシントンがニアでネネが頭に合わせるも浮く。65分、浦和の攻めはいなされる。66分、ワシントンのミドルシュートはジダのファインセーブ。キャッチ。ミランのカウンター。カカの左からのドリブル突破はボックス内で転ばされる。ノーファール。浦和の攻め。長谷部のバイタル右からのフリーのシュートはネスタがカット。67分、カカがタッチライン際から左サイドからボックスに切り込み、マイナスのクロスはピルロの近くを抜けセードルフがワンタッチの足で合わせ、ゴールマウスの右に入れる。0-1でミランの先制! カカとセードルフが手を取り合って両手を上げそしてハグ。後からピルロも来て三人でハグ。69分、ボールを回すミラン。72分、ピルロのミドルフィードにピッポが飛び出すもカットされ、零れ玉にヤンクロが飛び出すも田中のカット。しかし田中が足の負傷。担架で外に出る。75分、田中→6山田交替。浦和の右からのクロスはジダがキャッチ。76分、山田がボックス左に抜け出し、シュートを打つもジダの正面。ジダとリノが言い合う。左のコーナーキック。ワシントンのヘディングは空振り。山田の右からのシュートはブロック。77分、右のコーナーキックを弾く。ゴールキック。79分、ヤンクロ→3パオロ・マルディーニ交替! 背が高く逆三角形でかっこいい! 80分、相馬→平川交替。81分、浦和の右のコーナーキック。ニアの長谷部へ合わせるも防がれゴールキック。82分、カカの突破はネネがイエローカード。中央、良い位置でのフリーキック。83分、ピルロのキックはまいてくるシュート。左に逸れる。84分、カカが左サイドからマイナスの動きでボックスを動き、マイナスのパスにピルロが飛び込んでのシュートは触れられ軌道を変えられる。右のコーナーキックは続かず。85分、ボールを回すミラン。86分、左サイドでマルディーニの縦パスにセードルフがワンタッチで左に送りアンブロが上がり、クロス。カカがニアで受けバイタルからドリブル。ピッポが飛び出す。戻しのパスにセードルフが飛び出し、ワンタッチのシュートは外れる。言い崩し。惜しい! リノが左サイドで上がる長谷部を倒す。87分、ボールを回すミラン。ピルロのミドルフィードはボックス内のピッポに通るも収めきれず。89分、浦和のターン。左の細貝のクロスはワシントンに届く前に弾かれる。アディショナルタイム3分。90分、ボールを回すミラン。浦和が攻める。永井のミドルシュートは弾かれる。鈴木のグラウンダーのスルーパスは素通り。91分、セードルフ→32ブロッキ交替。92分、カウンターでのカカのスルーパスはあわず。浦和の攻めで試合終了。0-1でACミランの勝利! 決勝進出。
 カカとワシントンがユニ交換。カカのインタビュー。グラッチェグラッチェ言っている。その次が阿部のインタビュー。

※追記・リッカにアンブロジーニが乗り移った?(2013年1月20日の雑記)

※次節・カカの加速(2007年12月16日の雑記)

※追記・リベンジ一発目なるか(2013年1月14日の雑記)

C O M M E N T


名前 :
E-mail :
URL :
パスワード :(削除用 : コメント投稿後の修正は不可)


  プレビュー

<< >>










RSS

Ringworld
RingBlog v3.22