本サイトの雑記から分離整理したできたブログ。
タイトル通りライト層による単なるメモなので面白みはないかと思われます。
書き手がミラニスタなので内容はACミラン中心です。
<< 2022年6月 >>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
<<   >>

マリオ&ステファン


※イタリア前戦・代表戦の活躍がクラブのにも繋がるか(2012年10月17日の雑記)

※イタリア前記・「パトとツイッター」(2012年11月12日の雑記)

※フランス前戦・EUROのリベンジなるか?!(2012年10月17日の雑記)

 CSのフジテレビNEXTにてサッカー国際親善試合 イタリア×フランスを見る。解説:小林徳男 実況:小野浩慈 2012年5月にパルマでルクセンブルク戦が予定されていたがイタリア北部の地震で中止になり、それを今回ようやく実現したという、フランス戦。イタリアはFIFAランキング5位、フランスは18位。実況によると、イタリアのプランデッリ監督は若手を起用し彼らの準備をみたいとのことだ。フランスのデシャン監督は選手を信頼し自信を持たせている、と。2008年6月17日のEUROのグループステージ以来約4年半ぶりの戦いとのこと。イタリアが2-0で勝っているそうな。ステファン・エル・シャーラウィリッカルド・モントリーヴォ先発! マリオ・バロテッリも先発だから早くもイタリア代表トサカコンビの出来上がり。やはりみんなで肩を組んでイタリア国歌「マメーリの賛歌」を熱唱! というよりバロテッリとステファンが並んで肩を組んで熱唱映像は何だかユーモラスに感じてしまう。以下、現地CGに基づくがイタリアに関しては現状をみながら左右変更。

 イタリア 4-3-3
  16シリグ
  2マッジオ、15バルザーリ、3キエッリーニ(カピターノ)、6バルザレッティ
  18モントリーヴォ、4ヴェラッティ、8マルキージオ
  7カンドレーヴァ、9バロテッリ、14エル・シャーラウィ

 フランス 4-3-3
  1ロリス
  2ドゥビュシー、21コシールニー、5サコ、3エヴラ
  11シソコ、20キャプー、12マチュイディ
  8ヴァルビュエナ、9ジルー、7リベリ

 個人的にはEURO2012決勝トーナメント一回戦幻のカード。

メクセスの居ない間に(2012年6月24日の雑記)

 ヴェラッティは20歳とのこと。イタリアのユニフォームはアッズーリ。白パン青ソックス。ステファンはビアンキ色のシューズ。フランスは白に紺パン白ソックス。若手中心のイタリアのチャレンジマッチだろうね。
 次のピルロを担う選手を発掘したいと解説。2分、パスを回すフランスにカットを狙うイタリア。イタリアは守備から入っていると解説。4分、右サイドでリッカがバロテッリにスルーパスは合わず。しかしそこから攻撃が始まっていた。5分、バロテッリがバイタル左からドリブルで中央に行きそこからのミドルシュートはふかす。6分、ステファンが左サイドで降りていって縦パスを貰うパターンはなかなか次に繋がらないね。失敗2回目。7分、デルビーの時、ローマのデ・ロッシラツィオの選手を叩いたという素行不良で招集されていないそうな。7分、左サイドでカンドレーヴァが右奥に上がったマッジオにパスしそこからの折り返しのクロスはキーパーキャッチ。8分、16シリグはPSGの正ゴールキーパーだとのこと。9分、ヴェラッティの中盤からのループ気味のパスにバイタルでトラップするステファン(リプレイを見たらディフェンダーの頭にあたりそれを拾っていた。相手の頭トラップか?)。相手を背にマイナスのパスがバロテッリに渡り、そこからのミドルシュートは惜しくも左上のポストに当たる。10分、フランスのFKはクリアしてカウンター。パスがステファンに通らず。11分、リベリの左サイドからの切り込みを二人で止める。そこからのカウンターの芽は摘まれる。12分、低い位置でのヴェラッティの軸足の後を通した蹴り足のパスは会場が湧くもののステファンに通らず。ヴェラッティはPSGの選手で代表1キャップとのこと。13分、イタリアの守備は機能しているね。15分、マッジョとカンドレーヴァとの右サイドでのコンビネーションは合わず。18分、ステファンは代表でも素美貢献しているね。リッカは三人に囲まれ潰される。そこからのカウンターでフランスの左サイドからエリア進入は何とか防ぐ。20分、フランスは右サイドからパスを繋いでエリア進入するとみせかけて、ヴァルビュエナのミドルシュートはキーパーキャッチ。22分、バロテッリがファールをさそいFK。キッカーはリッカで大きすぎてターゲットに合わず。23分、左奥へのボールに追い付いたステファンは二人に囲まれ続かず。24分、実況によるとデンマーク戦で活躍したオスワルドは足首を痛めているそうな。25分、カンドレーヴァのパスに右奥に流れるバロテッリ、折り返しのクロスはディフェンダーに当たりボテボテになりニアのリッカがエリア内で拾い三人に囲まれるもヒールパスで抜けるが続かず。惜しい! 28分、左サイド、スローイン、ステファンが受け、バロテッリに渡り、より左のバルザレッティへのパス、そこから左CKゲット。ショートコーナーからカンドレーヴァのグラウンダーのミドルシュートはあさっての方向。29分、実況によるとベンゼマは太股の怪我、エムビワは合宿中に夜遊びしたことで(ニアンのあれか?→下記雑記からリンクを辿って確認するとやはりそうだ)、2014年6月まで代表招集はないそうな。

4-3-1-2にとどめを刺した壮大な実験マッチ(2012年10月21日の雑記)

 34分、低い位置からのミドルフィードを中盤のバロテッリがワンタッチで落としそれをリッカが受け取り少し溜めて、エリア内へスルーパスをし、左から飛び出したステファンが飛び出したキーパーの股を抜きゴールマウスの中央へ流し込む。右へ走りジャンプし右の拳を突き上げる。おぉ喜び方がイブラヒモビッチっぽい。そして後からおってきたカンドレーヴァとハグ。アッズーリがわらわらとよってきてバロテッリやマルキージオともそれぞれハグ。そしてアシストしたリッカともハグし、そこでヴェラッティやバロテッリに頭をパンパン叩かれる。観客席のイタリア国旗がはためく。ステファンのイタリアA代表初ゴール! 1-0でイタリアの先制! これはスポーツ番組『すぽると!』の「マンデーフットボール」のコーナーで新たにVTRが作成されるかな?

※参照リンク・ITALY, RICCARDO MONTOLIVO, MILAN(2012年11月5日の雑記)

 36分、と喜びもつかの間、ヴァルビュエナが左サイドで二人をドリブルで抜き、エリア進入してからのシュートが右上に吸い込まれる。1-1でフランスが追い付く。39分、バイタルでフリーになったリベリのシュートは左外。40分、フランスの勢いは収まらず、イタリアがエリア内まで攻め込まれる。左サイドで降りていったステファンの守備貢献もあって何とかしのぐ。41分、今度はイタリアの攻撃。最後は左でのコンビネーションがあわず。しかしちゃんとバロテッリが攻撃の起点として機能しているね。44分、ステファンを含む4人で左サイドでパスワークし、イタリアは崩しに掛かる。それが右に行き、ステファンにボールが渡り(…ってそこまで走ってきたんだね)、そこで倒されるも残念ながらノーファール。1-1で前半終了。
 バルザレッティ→ボヌッチ交替。47分、カウンターでバロテッリがボールを運びステファンが上がるも減速させるようなパス。48分、早くもバロテッリの胸に汗のあとが。ピルロが準備中。なんだか大量交替の予感。49分、マルキージオ→23ジャッケリーニ交替、モントリーヴォ→24フロレンティ交替。ヴェラッティ→21ピルロ交替。中盤総入れ替え。この三人がスリートップをどう扱うかだね。51分、フランスの左サイドからの良いクロスが入るがディフェンダー二人がしっかりマークし合わず助かる。52分、バロテッリの左サイドのドリブル突破で折り返しのクロスをあげるもキーパーキャッチ。そこからイタリアの波状攻撃は凌がれる。56分、バロテッリのエリア内への動き出しにピルロがミドルフィード。キーパーキャッチ。58分、リベリのFKは直接狙うも壁に当たる。中盤でのステファンのワンタッチのヒールパスを含めパスを繋ぐイタリア。右からのクロスにカンドレーヴァがニアで頭をあわせるも浮く。60分、イタリアがバイタルでピルロを起点にパスを繋ぐもシュートまでいけず。62分、バロテッリやステファンがボックス内で動き回り、チャンスを窺う。最後、右サイドからのクロスは弾かれる。63分、フランス、ジルー→18ゴミス交替、リベリ→14メネズ交替。65分、バロテッリに警告。実況&解説はマリオ&ステファンのコンビネーションについて。ステファンがちゃんとマリオが空けたスペースを見ていると。66分、フランスの左サイドのメネズのエリアへの切り込みにニアにマイナスのパスを出し、それを受けたエヴラがツータッチで出した(シュートと思わせての)クロスに飛び込んだフリーのゴミスが入れる。なんてあっさりな(汗) 1-2でフランスが勝ち越す。70分、カンドレーヴァ→10ジョビンコ交替。元パルマだけに同会場では大きな歓声と実況。71分、フランスがリズムを作っている。ゴミスのバイタル左に流れてからのシュートはキーパーキャッチ。72分、フランス、ヴァルビュエナ→19グルキフ交替。イタリア、エル・シャーラウィ→22ディアマンティ交替。ベンチに居るステファンはまだやる気満々な表情。73分、ディアマンティの右からの早いクロスはニアのバロテッリ、ファーのジョビンコにおしくも合わず。76分、ジョビンコがファールを誘いFK。キッカーがピルロでバロテッリが頭であわせるも真上に飛ぶ。惜しい。ダメだ、ACミランの選手が居なくなったので集中力が欠けてきた。ピルロ居るし、イタリアがんばれ。80分、ジョビンコが右からエリア進入で浮かすパスを出すもディアマンティのボレーはジャストミートせず。82分、ジョビンコの左を狙ったミドルシュートはキーパーのファインセーブに阻まれる。フランス、キャプー→17ゴナロン交替。84分、自陣のゴールからメネズが左寄りにボールを運びシュートまで行くもなんとかキーパーが触り、軌道を変える。フランスの右CK。85分、ディアマンティが右サイド、ドリブルで上がり、グラウンダーのクロスを出し、ディフェンダーの内股に当たり軌道の変わったボールを受けたゴール正面のジャッケリーニがフリーの状態でシュートを出すもクロスバー。決めろよー。42分、バロテッリが左サイドでファールを誘いFK、ピルロがクロスを出し、キエッリーニが頭をあわせられず。90分、シソコ→22トレモリナス交替。アディショナルタイム3分。試合終了で1-2でフランスの勝利。ピルロが入ったことによりピルロ中心の攻撃になったと解説。それにしてもクラブでの対決を想定していたが、もしかして来年のFIFAコンフェデレーションズカップ2013での代表の選手としてのエル・シャーラウィとネイマールの対決の方が早いかもしれないので、それをひそかに楽しみにしておこう。

※追記・ようやくミランのマリオの代表での勇姿が見れる?(2012年11月15日の雑記)

※追記・ズラタン(良い意味で)大暴れの巻(2012年11月16日の雑記)

※追記・トサカ王決定戦(2012年11月18日の雑記)

※追記・エル・シャーラウィvsネイマールなるか?!(2012年12月2日の雑記)

※次戦・クラブの次は代表でのアッズーリ・コンビ(2013年2月7日の雑記)

C O M M E N T


名前 :
E-mail :
URL :
パスワード :(削除用 : コメント投稿後の修正は不可)


  プレビュー

<< >>










RSS

Ringworld
RingBlog v3.22