本サイトの雑記から分離整理したできたブログ。
タイトル通りライト層による単なるメモなので面白みはないかと思われます。
書き手がミラニスタなので内容はACミラン中心です。
<< 2020年5月 >>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<<   >>

代表戦の活躍がクラブのにも繋がるか


※イタリア前節・ジョヴィンコ&オスヴァルドのツートップ(2012年10月13日の雑記)

※追記。前節が10月13日のアルメニア×イタリア戦で1-3でイタリアの勝利。番組『FIFAフットボール・ムンディアル』11月29日MBS放送分で結果の告知と練習風景だけ映っていた。ランニングのところでステファン・エル・シャーラウィも少し映っていた。ちなみにマルタ戦の前の9月8日のブルガリア×イタリア戦では2-2の引き分けらしい。

 フジテレビONEFIFA ワールドカップ 2014 欧州予選 イタリア vs デンマークの11月7日放送分を見る。第4節。解説:三浦淳寛、実況:青嶋達也。CSの契約の関係上、まさか見れるとは思わなかったので、下記雑記の通り、結果はすでに把握している。

代表ではリッカ活躍!(2012年10月17日の雑記)

 但し、手違いで20分から見る。おかげでスターティングメンバーやフォーメーションがよくわからない。4バックっぽい? 20分、バルザレッティモントリーヴォのパス交換、21分、ピルロの縦パスを右サイドで受け、すこし上がって、アバーテのクロスにニアのバロテッリが足を上げるも届かず、ファーのオスワルドがヘディングするも左枠外。22分、強いスライディングをうけたバロテッリがホイッスル後、両手で押す。幸い口頭の注意のみ。26分、ブッフォンは負傷中とのこと。28分、カッサーノが代表メンバーに入っていないとのこと。29分、久々にデンマークの攻めはカット。序盤はデンマークの見せ場があったそうな。29分、そのロングのスローインからゴール前で激しい攻防。31分、デンマークが左サイドから切り込み、フリーの状態でシュート。デサンクテスがシュートコースを切る。続く左CKでファーで頭で折り返し中央からのヘディングシュートは枠外。32分、リッカ(モントリーヴォ)が縦パスしてそのまま前へ行き、バロテッリが体を張って、ボールを落とし、それを受けたリッカがペナルティーアーチのところでミドルシュート。そのボールは左隅に入る。そうだ、ここはACミランの本拠地、サン・シーロだ! 1-0でイタリア先制。リッカが喜びのまま両手の拳を下向きに前後し(古い言い回しだがハッスルポーズみたいだ。あるいは腕の方向を変えればヒゲダンス)、左奥に走っていき、後から追い掛けてきたオスワルド(多分)にエンドラインあたりで押し倒される。35分、バロテッリが中央突破を図るが、転かされ、その零れ玉をリッカがミドルシュートを放つが弾かれ右CK。36分、ピルロが右CKでクロスを放つが、弾かれ、ピルロのところへボールが戻ってきて、ディフェンダーを切り返した後、クロスを出し、ニアでデ・ロッシが頭で合わし、左隅に入る。2-0でイタリアが差を付ける。38分、デ・ロッシが相手を掴んでイエローカード。42分、デンマークのヤコボセンのエリア内への突破からのシュートは右外。44分、デンマークのカウンターでロングフィードでボールをエリア内右で目の前にし、そのままシュートを放つが右外。45分、デンマークが攻めるターン。右からのヤコブセンのクロスがディフェンダーに当たり、軌道が変わり、エリア内手前に落ち、そこにクリストが飛び込み、シュートを打ち、左隅に入る。2-1でデンマークが差を縮める。そのまま前半終了
 後半開始18秒でオスワルドが一発退場。なんかリプレイだと振り払った手が相手の顔に当たっている。43分、ピルロの右サイドのロングボールでのスルーパスにバロテッリがエリア内で足を当てキーパーが飛び出すもそれがゴールに吸い込まれる(ハイライトでキーパーの足の下を狙っているとのこと)。3-1でイタリアが差を付ける。61分、イタリアは引いてカウンター狙いっぽくなっている。二回ぐらいバロテッリが会場を沸かす。79分、デンマークのベントナーがゴールネットを揺らすも認められず。81分、リッカのミドルシュートはブレ玉で落ちるも、キーパーが抑える。82分、デンマークのロンメダールが右からミドルシュートを放ち枠外ながら、ゴール前の選手がワンタッチで入れようとするが、オフサイド。84分、キエッリーニがエリア前でファール。相手にFKを与える。モントリーヴォ→ジャッケリーニ交替。85分、そのシュートは壁に当たる。88分、デンマークのサイド攻撃。何とかイタリアがかわす。バロテッリ→デストロ交替。バロテッリが額に芝生の葉をつけたまま。ベンチにいてもそれをとらず水を飲んでいる。アディショナルタイム3分、デンマークのロングボールを左サイドで落とし、そこに走り込んでの決定機は大きく枠外。92分、デンマークのフォールセンによる右を突くシュートはキーパーがかろうじてキャッチ。そして3-1でイタリアの勝利! ピルロとヤコボセンがユニフォーム交換。

※次戦・マリオ&ステファン(2012年11月15日の雑記)

※イタリア次節・派手さはないがイタリア重要な一戦(※2013年3月27日の雑記)

※次回の同カード・消化試合なのでとにかくリッカは怪我なきよう(2013年10月12日の雑記)

※追記・エル・シャーラウィvsネイマールなるか?!(2012年12月2日の雑記)

C O M M E N T


名前 :
E-mail :
URL :
パスワード :(削除用 : コメント投稿後の修正は不可)


  プレビュー

<< >>










RSS

Ringworld
RingBlog v3.22