本サイトの雑記から分離整理したできたブログ。
タイトル通りライト層による単なるメモなので面白みはないかと思われます。
書き手がミラニスタなので内容はACミラン中心です。
<< 2023年2月 >>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
<<   >>

メクセスの居ない間に


ガイドブックにエル・シャーラウィ(ライト層によるカルチョについてのメモ)

 上記のリンク先の続き。この日はTシャツの上に羽織っていたが、フランス応援で自分に気合いを入れるためそれを脱ぎ、ブルーのTシャツで居たが、そのうち眠気から体が冷えてきて寒くなったんでゲーム開始まで羽織っていた。前のスクリーンにはよく分からない肌色率の高い時代劇が流れていて、そろそろ暇を持て余していた頃、EURO目当てのお客さんがぼちぼち来始めて、スペインの応援かと警戒していたんで誰とも話さず終いだった。でもそれらお客さんの一人の真似して、『GIANT KILLING』のマンガを読んでいた。手持ちぶさたになったら今度からそうしよう。それにしてもこのマンガが置いていただなんて、やはり赤黒繋がりで?

赤黒(2012年5月5日の雑記)

 イスを増設するほどの予約客の多さでキックオフ時間が近付くとどんどん集まってきていて、中でも小学生ぐらいの親子連れが印象的だった。やはりスペイン応援な感じだったが。

※フランス前節・超人イブラ(2012年6月20日の雑記)

 というわけで『UEFA EURO 2012 準々決勝 スペイン×フランス』を見る。あとからWOWOWで見直し補間。スペインは4-3-3、赤ユニフォームに青パン。フランスは4-5-1で、ナスリが外されている。ユニフォームは白。スペイン国歌って歌詞がないんだ(…と矛盾したことを書いているが、訳すときの問題だね、きっと)。
 5分、ロングパスを追って、スペインがPA内で倒されるも、ファールはなし。そんなダイブな。10分、実況曰く、現地の新聞がイニエスタを『キャプテン翼』の大空翼に喩えたそうな。11分、スペインが攻め続けているというより、フランスが攻めている印象がない。…と中盤でフランスがボールとられている。18分、スペインがイニエスタのスルーパスを受けアルバが左サイドでドリブルし、それにつくフランスのディフェンダーが転倒し、それを避けた上でクロスを上げ、逆サイドでシャビ・アロンソのヘディングシュートはゴール。1-0でスペイン先制。22分、シルバが右サイドからPA進入もパスが通らず。そのカウンターでフランスがPA近くまで攻めるも繋がらず。25分、フランスのFK。ベンゼマが直接狙うがふかす。27分、イニエスタがスルーパスを受けるもディフェンスに阻まれる。CK。30分、左サイドでベンゼマがファールを誘う。FKにキャベイで左上隅に来るもキーパーがセーブ。32分、やはりフランスの攻撃は左サイド。36分リベリが左サイドでスルーパスを貰って、エンドまで行ってクロスをあげるがゴール前に誰も居ない。37分、イニエスタ→セスク→イニエスタへのスルーパスだがディフェンダーが間に合い弾く。CKでピケのヘディングシュートはうく。38分、そしてリベリのユニフォームの右脇が破れている。
 50分、シャビ・アロンソのミドルシュートはうかす。51分、ベンゼマがワンタッチでリベリにパスし、右サイドでドリブル突破を狙うも阻まれる。ゴールキック。56分、前半にくらべれば結構、フランスはゴール前まで到達するようになった。59分、左サイドからのリベリのクロスでドゥビュシーがヘディングシュートするも惜しくも枠外。61分、クリシーのクロスはクリアされるがそれを拾ってキャベイが胸トラップしそれが大きく前にでるもPA内のリベリがヘディングでキャベイの進むPA内左奥にパスし、キャベイがターンしつつすぐにクロスをあげ、ナルーダがゴール前でキープしようとするも弾かれる。64分、ドゥビュシー→メネズ、マルーダ→ナスリ交替、スペイン、シルバ→ペドロ交替。66分、セスク→トーレス交替。68分、スペイン左サイドでペドロが飛び出してドリブルであがり、クロスを出すも飛び出したトーレスには繋がらず。69分、リベリの左サイドのドリブルでディフェンダー三人をおいてけぼりにしてクロスをあげるもメネズの足に当たる前にキーパーに止められる。実況によるとナスリやベンゼマの居たU17のフランスはスペインを下して優勝したそうな。77分、エムヴィラ→ジルー交替。79分、アルバからのトーレスへのスルーパスはオフサイド。83分、イニエスタ→カソルラ交替。87分、左サイドのリベリは三人のディフェンダーに阻まれるの巻。ナスリのCKは頭に当たるも大きく外れる。89分、スペインのPA内左側でスルーパスを受けたペドロはドリブルで抜こうとするもディフェンダーに倒され、PKを誘う。シャビ・アロンソのPKは左上に突き刺さる。2-0。スペイン勝利が決定的。アディショナルタイム4分。90分+3分、トーレスはスルーパスを受けドリブルで抜こうとするも阻まれる。2-0でスペイン準決勝へ進出。

 フランスに得点の臭いがしないものだから、前半途中でほとんど眠り掛けていたが、なんとか眠らずに最後まで見た。隣の客はナスリをなぜ起用しない、ということをおっしゃっていたが、私は内心、前戦で負傷して不調なんじゃないかと思っていた。確かにナスリがスタメンだと随分、変わっていただろうな。メクセスが出られるように準決勝進出を祈っていたがそれは届かずだった。これを思ったら、スペイン×イングランドよりはるかに興味のあるゲームだったんだろうから、それは感謝だね。

※フランス、以降のマッチ・最後のカウンター(2012年10月13日の雑記)

 やはりゲームが終わると皆さん帰って行くんで、釣られるような形で6時前には店を出る。外はすっかり明るくなっていた。高速バスは東京駅9:40発でお目当てのスターバックスは7時開店なので、乗換無しで鈍行でゆっくりと向かう。ターゲットは八重洲北口店だったが、遂にその場所がわからず、八重洲地下街に降りたら、その地図にスターバックスを発見したので、そこに向かうとすでに開店していたので、入ってくつろぐことに。

Starbucks Coffee Japan - スターバックス コーヒー ジャパン

 途中、意識を失いつつも9:20まで過ごし、そこから数分で発着場に向かい、バスが到着すると一番に乗り込み、すぐにリクライニングを倒し眠りにつく。しかし1時間半ぐらいしか寝付けずに、さらに眠ろうとしても眠れなかったため、切り替えて起きて、必要なメールを書いていた。


※追記・マリオ&ステファン(2012年11月15日の雑記)

C O M M E N T


名前 :
E-mail :
URL :
パスワード :(削除用 : コメント投稿後の修正は不可)


  プレビュー

<< >>










RSS

Ringworld
RingBlog v3.22