本サイトの雑記から分離整理したできたブログ。
タイトル通りライト層による単なるメモなので面白みはないかと思われます。
書き手がミラニスタなので内容はACミラン中心です。
<< 2022年6月 >>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
<<   >>

ズラタン(良い意味で)大暴れの巻


 BSのJ SPORTSの番組『デイリーサッカーニュースFoot!FRIDAY(11/16)』を見る。昨日の同番組の予告通り、スウェーデン×イングランドの国際親善試合の様子が放送されるようだけど、その前に内巻敦子さんのイラストがデフォルメの少ないズラタン・イブラヒモビッチ。バイシクルシュートの絵とバロテッリのように腕章(こっちはキャプテン腕章だけど)だけ残し上半身裸になるイブラの絵。

南米と欧州の二本立て(2012年6月29日の雑記)

 だからアクセスログを見ると、11/15 (木) 17:54:28に「イブラ バイシクル」だの11/17 (土) 02:25:19に「イブラのチンピラタトゥー、久々にみたな。」の検索語句があったんだ。…とそれはVTRを見てからだ。まずイタリア×フランス。倉敷さん曰く「今度、エル・シャーラウィとバロテッリのコンビネーションが見たくなってくる」 次がスウェーデン×イングランド。イブラの一点目のシュート。一旦、ディフェンダーに弾かれるもそれが弱かったんで、押し込む。次が左のクロスからウェルベックのゴール。1-1。ジェラードのFKにコーカーが合わせてゴール。1-2。後半。放り込みのパスにイブラが胸トラップしボレーシュートで2-2に追い付く。直後イブラがコーカーを気遣うシーン。距離のあるフリーキックに低めのシュートは右隅に入る。3-2で差を付ける。最後、90分にスウェーデンのロングボールをキーパーがエリアの外に出て頭でクリアしたと思ったが、そこからイブラがバイシクルシュートを放ち、キーパー不在のゴールにボールが向かう。ディフェンダーがクリアしようとするも間に合わず。信じられない距離を決める。そしてイブラは直後、喜びの余り服を脱ぎ上半身裸に。次がオランダ×ドイツ。意外と渋いゲームと倉敷さん。それをゲストが退屈なゲームだったと評する。やっぱしワールドカップ予選ドイツ×スウェーデンの話。4点差をスウェーデンが追い付いたマッチだね。


マリオ&ステファン(2012年11月15日の雑記)

目立つデ・ヨング(2012年11月15日の雑記)

※次戦・アルゼンチンにとって最も危険なシーン(2013年2月7日の雑記)

C O M M E N T


名前 :
E-mail :
URL :
パスワード :(削除用 : コメント投稿後の修正は不可)


  プレビュー

<< >>










RSS

Ringworld
RingBlog v3.22