本サイトの雑記から分離整理したできたブログ。
タイトル通りライト層による単なるメモなので面白みはないかと思われます。
書き手がミラニスタなので内容はACミラン中心です。
<< 2020年7月 >>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<<   >>

ようやくミランのマリオの代表での勇姿が見れる?


※ブラジル前戦・カカはセレソン定着か(2012年10月16日の雑記)

 CSの朝日ニュースターにてサッカー国際親善試合 ブラジル×コロンビアを見る。アメリカ・ニュージャージーだそうな。スパイダーマンの風船に黄色いユニを着せ応援している観客が居る。解説:前園真聖、実況:寺川俊平 コロンビアのワールドカップ予選はアルゼンチンと勝ち点で4差で3位そうな。まず会場となるアメリカ国歌。その次がブラジル国歌。全然、選手をアップにしないな。肩を組んでいるブラジル勢。FIFAランキング13位。カカネイマールチアゴ・シウバもいる。コロンビア国歌。というかFIFAランキング8位か。曲調が明るく会場一体となって合唱。ブラジル勢か何かメダルを貰っている。それからブラジルが「1000」と書かれた横断幕で記念撮影。あとでBSのJ SPORTSの番組『デイリーサッカーニュースFoot!THURSDAY(11/15)』を見ると、ブラジル代表1000試合目だそうな。以下、フォーメーションだけど現地CGではなかったのでテキトー。

 ブラジル4-3-3 マノ・メネーゼス監督
  1ジエゴ・アウベス
  2ダニエウ・アウベス、3チアゴ・シウバ(キャプテン)、4ダビド・ルイス、6レアンドロ・カスタン
  7ラミレス、10オスカー、5パウリーニョ
  20チアゴ・ネーヴィス、11ネイマール、8カカ

 コロンビア4-3-1-2? ホセ・ペケルマン監督
  1オスピナ
  15バレンシア、22モスケラ、3ジェペス(キャプテン)、7アラメロ
  4クアドラード、6サンチェス、20トーレス
  10ロドリゲス
  21マルディネス、9ファルカオ

 サパタは控え。おぉ、キャプテンだから、前ACミランのシウバと現ACミランのマリオ・ジェペスのツーショット。もちろん昨シーズン一緒にプレーしていたんだよな。ジェペスが髪の毛をしっかりとめてミランのときよりゆるめのユニフォームだったから初め誰か判らなかった。
 2分、コロンビアの右CKは大きい。アウベスがミドルシュートは大きくふかす。4分、右サイドでネイマールをジェペスが倒し、FKに。6分、コロンビアのカウンターでわらわら選手が上がってくる。と。7分、ブラジルが左サイドで抜いて行くもモスケラがカット。10分、親善試合とは思えない球際の激しさと解説。11分、右サイドからクアドラードがエリアに切り込みCKゲット。しかしニアで合わせたヘディングで外へ。12分、コロンビアの波状攻撃はワクワクするね。最後、エリア内で倒れるもノーファール。カウンターでコロンビアのロドリゲスがエリア左を攻めるも二人に防がれる。13分、ネイマールの左からドリブルで中央へ動いてからのシュートは右に逸れる。15分、コロンビアが左サイドを攻め、マルキネスがグラウンダーで折り返し、シュートに行くも弾かれる。16分、コロンビアは最後の所のディフェンダーがしっかりしていると実況&解説が評価。17分、ネイマールがバイタル中央でパスを貰い、右からカカが飛び出しシュートまで行くが左に逸れる。19分、中盤のインターセプトからコロンビアのカウンター。左CKに。そこから波状攻撃は凌がれる。20分、一転、ブラジルの攻めは最後、右からのクロスをキーパーキャッチ。22分、コロンビアのカウンターは最後、ロドリゲスの大きいクロス。コロンビアの方が攻撃に迫力あると解説。23分、右サイドでパスを繋ぎ溜をつくるブラジル。そこにネイマールが中央からエリア進入、それにアウベスからのクロスがあがり、ネイマールがヘディングシュートするもキーパーのオスピナが弾く。ファインセーブ! 25分、コロンビアの中盤でのボールテイクからの縦パスにファルカオがバイタルで受け、パスか抜くかの一瞬の迷いの間にシウバ含むブラジルのディフェンダー二人が迎え、後からチェイスされボールロスト。30分、コロンビアのロドリゲスが左サイド奥でボールを貰い、グラウンダーのクロスが通るも受け手が中に居ない。31分、高い位置でオスカーがボールテイクし溜めて中央のカカにパス、ループ気味のシュートはクロスバー。惜しい! その後のブラジルの波状攻撃を何とか防ぐ。34分、両チームバイタルに行く前にボールを奪われ、をくり返す。35分、ネイマールのバイタル左から中央へドリブルしてからのミドルシュートは浮く。シュートに行けたのはカカが追い越してスペースを作ったと実況。36分、カウンターでバイタルにて縦パスを受けたマルティネスは背を向けワンタッチでリフトし、ボールを前に浮かせて体を回転させ突破を試みるもダビド・ルイスが着いていき頭でクリア。高度な攻防だ。36分、ブラジルが左サイドから突破を図られるが、三人で囲んでクリア。37分、カカがボールをバイタルまで運び、一旦、ショートパスし、前へ切り込む。その間、両サイドから上がってきており、ボールは右にそこからエリア進入しディフェンスが着く前にファーのチアゴ・ネーヴィスにクロスが行き、胸トラップしてシュートに行くもディフェンスに阻まれクリア。一転してコロンビアのカウンター。ファルカオがボールを運び、ワンツーで突破を図り、エリア内にボールが渡るも足元で収める前にカットされる。38分、ブラジルのパスミスで高い位置にてボールテイクし(ファルカオ?)、上がり、左サイドに上がってきていたアラメロがエリア進入でパスを受け、シュートするも浮く。39分、ジェペスのタックルにオスカーが足を押さえ倒れるもノーホイッスル。40分、マルディネスが高い位置でボールテイクしたと思ったがファール。41分、中盤でボールテイクしたブラジルは左サイドのカカにボールが渡り、ミドルシュートを打つも落ちずそのまま上へ。42分、実況曰く「本当に攻守の入れ替えが早いですね」 パスを回して組立を図るコロンビア。43分、コロンビアのロドリゲスが左のトーレスとワンツーを使って、バイタルまでボールを運び、バイタル中央からノールックでエリア右に、手を挙げ注視を促し、飛び込んできたクアドラードにパス。そこからクアドラードがレアンドロ・カスタンを左にシュートを放ち、キーパーが触れるもゴールマウス左に刺さる。0-1でコロンビアの先制! 均衡が破れる。そして右サイドでクアドラードが走っていき、追い付いたロドリゲス、アラメロが足を左右に出して進み両手を後頭部に当て、並んでの腰振りダンス。それを二回ステップを踏み最後はみんなで抱きつく。いやぁ、すばらしいシュート。44分、ロングボールを受けたファルカオが右サイドでチアゴ・シウバとエリア内1対1は、シウバがきっちりついて倒れながらも両足でボールを挟み込んで守りきる。さすがと解説。0-1でコロンビアの勝ち越しで前半終了。しかしクアドラードはいきなりブラジルのだれかとユニフォーム交換してた。ハーフタイム中はカメラに映った観客はみんな踊っている。むしろカメラに映ったから踊ったか?
 45分、コロンビアのゴールキックを高い位置でカットし攻めるブラジル。ドリブルでカカが二人抜いた後、エリア内へのパスでネイマールが左隅に左足のトーキックでシュートするもオスピナがそれに触り凌ぐ。それをクアドラードが外へクリア。しかしオスピナが左足を押さえる。48分、コロンビアが右サイドで崩しクアドラードのクロスは受け手がおらず攻守反転。カカがドリブルで上がり(ブラジルの数的有利)、シュートを放つも目前でモスケラにカットされ、左に流れるもモスケラにボールを奪われる。50分、ダビド・ルイスがボールテイクしそのままドリブルで上がり、ブラジルの攻撃。しかしダニエウ・アウベスが、戻ってきたアラメロにボールを奪われる。51分、ボックスの左でオスカーに対するモスケラのファール。ブラジルはFKゲット。52分、しかし、誰にもあわずボールは地面に。その間、マルディネスとジェペスが味方同士でぶつかり、自陣エリア内で倒れる。一旦、試合を止める。ジェペスは暫くたおれていたものの、大丈夫そうだ。口の中を切った感じ。55分、ネイマールが中盤でボールテイク。そこからドリブルで上がり、縦のパスでラインを超えたものの、オフサイド。57分、パウリーニョのミドルシュートは右外。58分、コロンビアの固い守り。ロドリゲスが左サイドで抜きに掛かるも後から手を入れられる。ファール。60分、今度は右サイドの激しい攻防。クアドラードがファールを誘う。61分、ネイマールが中盤の左サイドからドリブル突破でバイタル中央まで行き左を狙いシュートに行くもキーパーが止める。61分、ブラジルのハイプレス。そしてダイレクトでつないでいき攻め上がるコロンビア。後半とは思えない早い展開。こんな中でジェペスが居るだなんて信じられない(笑)。がんばれ中年の星。63分、ネイマールがドリブルで上がっていき、中央にカカ。しかしネイマールがディフェンダーを二人相手に隙間を狙ってシュート。ゴールマウス右に入る。1-1でブラジルが追い付く。解説曰く「ゴールを狙ったパス」 なるほど。65分、左に流れたロドリゲスからのクロスにエリア内へ飛び込むファーのファルカオのヘディングはキーパーキャッチ。66分、左のロドリゲスのクロスにマルディネスが飛び込むもクリアされる。67分、ブラジルのカウンターからバイタルでスルーパスが出るも合わず。その中でバイタル中央で走ってきたネイマールが立っていたジェペスにぶつかり倒れ、ジェペスが起こそうと手を差し出すも拒否され、審判の居る目の前で口論に発展。そのジェペスをカカが止めに入るという、ミラニスタにとってにやつく展開。立ったネイマールはやはり何かジェペスと言い合っていた。ジェペスは肩をすぼめるジェスチャー。実況によると一応、和解はしたようだ、とのこと。わざわざ実況が「ジェペス36歳、ネイマール20歳」という。68分、ジェペスのロングフィードはあさっての方向にいったと思ったら、右奥に走ってくる影が(ここで前園さんが「うわ〜」と声を上げる)。そのクアドラードからのクロスにエリア左のロドリゲスが頭をあわせるもキーパー正面。69分、ブラジルが攻めるターン。71分、バイタルでネイマールがボールをキープして抜きにかかると倒れてしまう。すごくくやしそう。クアドラードが左サイドで抜きにかかるが、レアンドロ・カスタンが足を掛けて倒す。そして今マッチ、初めてのイエローカード。あのゆるゆるの審判がイエローカードを出すとは思わなかった。72分、チアゴ・ネーヴィス→17ルーカス交替。ロドリゲスのFKでのクロスにファルカオが頭を合わすも浮く。惜しい! 73分、バイタルでのオスカーの突破にジェペスが足を掛け止める。イエローカード。ブラジルはFKゲット。なぜかカカと抱き合うジェペス。75分、ネイマールがけるも右上に外れる。77分、ロドリゲスに対するラミレスのイエローカード。そこからのロングボールにエリア右で頭で折り返し(ファルカオ?)、ニアのマルディネスが足をあわせるも右の枠外。78分、パスを回し崩しにかかるブラジル。そしてダニエウ・アウベスがエリア内に突破しアラメロがタックルし止めるもファール判定。ブラジルのPK。79分、レアンドロ・カスタン→16ファビオ・サントス交替。80分、キッカーはネイマール。おもいきっりふかす。自称ペナルティ・テイカーのパトに合わせたのだろうか。

アクイラーニの意地(2012年11月11日の雑記)

 大喜びするサポーターを抜くカメラ。81分、ジェペスががんばって中盤で抜いてボール運び。そこからつながるもシュートまでいかず。82分、ルーカスの突破をジェペスが粘ってボールに食らいつくがファール判定。距離のあるFK。なんかFKのセットで距離を置いてシウバとジェペスが言い合っている。83分、ダビド・ルイスの強烈シュートはバーの上。84分、コロンビア、トーレス→5アルド・ラミネス交替、マルディネス→19グティエディス交替。87分、オスカー→18ジュリアーノ交替。88分、コロンビアがワンツーで抜け出しエリア進入するもディフェンダー二人に囲まれる。アディショナルタイム2分、実況曰く「もうあと2分しかないかと思うと残念ですね」 同感同感。91分、コロンビアが攻める。最後まで期待させる攻撃。ブラジルに攻撃が移って、試合終了。何かクアドラードとカカが言い合っているが。親善試合とは思えない気迫だね。1-1で引き分けに終わる。
 いやぁ、オマーン×日本、イタリア×フランス、オランダ×ドイツの代表戦を続けざまに見た後(奇しくも旧同盟国の並びだったんだね)に、このブラジル×コロンビアを見たけど、最後が一番面白かったしワクワクしたし、途中、何度も巻き戻しして見ていたよ。

香川不在の中で(2012年11月14日の雑記)

マリオ&ステファン(2012年11月15日の雑記)

目立つデ・ヨング(2012年11月15日の雑記)

 BSのJ SPORTSの番組『デイリーサッカーニュースFoot!THURSDAY(11/15)』ではカカとネイマールのコンビネーションが良かったのが収穫と。

※ブラジル次戦・動き出すまでが退屈(2012年11月22日の雑記)

※コロンビアの以降のマッチ・こちらのマリオも見てみよう(2013年6月8日の雑記)

※追記・こういう記事を見たかった(2013年1月24日の雑記)

※追記・セレソンの小歴史(2013年5月5日の雑記)

※追記・史上初の決勝でのローマ・デルビー(2013年5月27日の雑記)

C O M M E N T


名前 :
E-mail :
URL :
パスワード :(削除用 : コメント投稿後の修正は不可)


  プレビュー

<< >>










RSS

Ringworld
RingBlog v3.22