本サイトの雑記から分離整理したできたブログ。
タイトル通りライト層による単なるメモなので面白みはないかと思われます。
書き手がミラニスタなので内容はACミラン中心です。
<< 2021年4月 >>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
<<   >>

上位三連戦最後を勝利で飾れるか


※同カード以前のマッチ・蘇る堅守(2012年11月26日の雑記)

※前節・パッツォの活躍に期待(2013年4月15日の雑記)

※ユヴェントス前節・残念ながら欧州の舞台で敗退同士(2013年4月16日の雑記)

AC Milan - Biglietti Milan online

 スカチャン0セリエA 2012/13 第33節 ユヴェントス×ミランを見る。 2013年4月21日現地時間20:15キックオフのナイトゲーム。トリノ、ユヴェントス・スタジアム。解説/実況:宮内聡/西岡明彦。後日、BS12 TwellVの『ACミラン・チャンネル』を見て、追記する予定。解説/実況:野々村芳和/中村義昭。野々村さんとお久しぶりだしい中村さん。

ACミラン・チャンネル2012/2013:BS12 TwellVで無料放送!

 1位ユヴェントス74点、2位ナポリ63点、3位ミラン59点、4位フィオレンティーナ55点、5位ラツィオ51点、5位ローマ51点、7位インテル50点

 ユヴェントス3-5-1-1、コンテ監督
  1ブッフォン(カピターノ)
  15バルザーリ、19ボヌッチ、3キエッリーニ
  26リヒトシュタイナー、23ヴィダル、21ピルロ、6ポグバ、22アサモア
  8マルキージオ
  9ヴチニッチ

 アッビアーティのスローモーション映像。ピルロ挟んでモントリーヴォ。ユヴェントスの観客席のアートはユヴェントスの☆三つ輝く塔に両サイドでインテルとミランのポイント差(つまり-21、-15)を背番号にした人が双眼鏡で見ている姿。三つの幕に絵を描いて表現。

 ミラン4-3-3 アッレグリ監督
  32アッビアーティ
  20アバーテ、17サパタ、5メクセス、21コンスタン
  18リッカルド・モントリーヴォ、23アンブロジーニ(カピターノ)、10ケヴィン・プリンス・ボアテング
  7ロビーニョ、11パッツィーニ、92ステファン・エル・シャーラウィ

 エスコートボーイの前二人はなぜアンドロイド・スーツ? ユーヴェは白黒縦縞シャツに白パン白ソックス、ミランは赤黒縦縞シャツに白パン白シャツ。ユーヴェの応援歌が流れる。アシンメトリーなトサカのコンスタン。
 キックオフ、ミランボール。左にボールを回すが再び右へ。ステファンはここんところ点を取れてないと宮岡さん。1分、ボールを運んで進みながらステファン→リッカ→アンブロと右にパスを回し、最後、ロビーニョのミドルシュートは右へ。ユーヴェの攻略はバイエルンが示してくれたとサパタが発言したと中村さん。ユーヴェのカウンターはアバーテが戻ってキーパーまで戻す。2分、リッカのミドルフィードはステファンに通らず攻守交代。3分、ボールを回すミラン。アッレグリとステファンの不仲説否定の報道に中村さんが言及。4分、プリンスがヴィダルに転ばされる。なかなか攻め上がれないミラン。5分、ピルロの縦パスをアンブロがカット。カウンター。プリンスがボールを運び、ステファンゾーンへパス。そこからのミドルシュートまでいくがブッフォンが正面でキャッチ。その調子。リプレイだと強いシュートで良い感じだったんだけど。一転、ユーヴェのターン。右サイドから崩しに掛かる。右サイドからクロスを入れられるがサパタがクリア。自陣バイタルのアンブロのカットから右へパスするもロビーニョがハンドを取られる。6分、ピルロのフリーキック。壁に当たってコースが替わるが(ジャンプしたアンブロの肩)、アッビが反応しファインセーブ! 7分、右のコーナーキックを弾き、左へのパスをステファンが競るがカウンターまでいけず。8分、ボールを回すミラン。パッツォが倒れており一時中断。中村さんはパッツォを注視していたが、アッビが何やら怪我。9分、ユーヴェのカウンター。急がずポグバのミドルシュートは浮く。低い位置でプレスをかけるユーヴェ。11分、リッカがパスを出していく。メクセスがドリブルで上がってきて掻き乱し、リッカに戻し、そこから右奥へのアバーテへのパスは遠い。そしてウィリー宮原さん。左からの零れ玉をアンブロがミドルシュート。左に大きく逸れる。宮原さんによると9℃だそうな。ムンタリとボーヤンがアップしているそうな。あとアメーリアがユニフォームに着替えているとのこと。12分、ユーヴェのカウンターを何とか防ぐ。カウンターの縦パスがレフリーに当たる。13分、左でコンスタンのパスを受けステファンのドリブルは左から長い間、横に進んでバイタル中央のパッツォにパスするもあわず。ユーヴェのカウンター。右からのクロスは遠く助かる。14分、アッビアーティ→1アメーリア交替。やはりピルロのフリーキックが効いたみたいだ。残念。野々村さんによると黄緑のソックスと同色のテーピングじゃないといけないので、白のテーピングをアメーリアが取っていて時間がかかったそうな。16分、ユーヴェの右からのクロスにファーでポグバが高い打点のバイシクルシュート! 単なるショーマンシップ・プレイで終わって助かった。17分、左から攻めるユーヴェ。ミドルフィード。それをテイクし、中盤右でのリッカへのファール。18分、ゆっくりとボールを回すミラン。リッカの縦パスをパッツォがジャンプして足でトラップ。野々村さん、「うまい」と。アバーテの速いパスを近くでうけたロビーニョはそこを狙われカットされる。でも再びミランボール。リッカが左に回す。しかしコンスタンとステファンは無理に攻めず。19分、サパタの縦パスはパッツォがおさめきれず。しかし分厚いユーヴェの守り。リヒトシュタイナーの右からのクロスはコンスタンがブロック。右のコーナーキックをファーへ出し。アサモアのミドルシュートは浮く。20分、高い位置から守るユーヴェ。今シーズンはひょっとすると歴史に語られるターニングポイントになるかもしれないと中村さん。サパタとメクセスがボールを回す。21分、プリンスのミドルフィードはパッツォから遠い。ピルロへのプレッシャーでアンブロのスペースにボールが行き、そこからのミドルシュートは右に逸れる。22分、再びプレッシャーをかけプリンスがボールを取ったと思ったらオフェンスファール。メクセスのカットからステファンが長い距離、ボールを運び、バイタル左でポストプレーするパッツォにパスするも納めきれず、再びパッツォがボールテイクし、ステファンにパスし、ミドルシュートはブッフォンが拾う。24分、コンスタンからステファンへパス。ドリブルで切り込むも四人に囲まれる。アンブロの例のスライディングは先にパスされファール。25分、プリンスのターンしながらのカットは急がず、左からステファン→パッツォと繋ぎ、近くのプリンスへ渡し、そこからのサイドチェンジでアバーテがクロス。ニアで相手を背中で押さえつつのロビーニョが飛び出し足で合わせるもサイドネット。惜しい! ピルロを狙うリッカ。27分、ピルロが良い位置でアンブロのファールを誘い、フリーキック。27分。キーパー正面で何とかアメーリアがキャッチ。再びユーヴェボール。高い位置でプレスするミラン。28分、ピルロがアンブロに倒されるもノーファール。そこからくずされかけるもカットしクリア。さらに攻めてきたがカットしロビーニョは慌てず組み直す。29分、ヴィダルが倒れている。リプレイだとコンスタンの足を跨いだカットが原因のようだ。リッカのアバーテへのゴール前へのパスは遠く、通らず。30分、右サイドからのピルロのフリーキックをヴチニッチが頭で合わせるも方向が定まらず。ピルロのゴール前のパスは遠く、ポグバに通らず。30分、低い位置でパスをまわしていてプレスに来たところコンスタンが手を顔に当てたのかファール。右サイドからのフリーキックにヴチニッチが飛び込み、頭を当てるが方向が定まらず。31分、コンスタンがようやくプレスから脱出。プリンスが繋いだパスをステファンが左サイドを上がるも潰される。メクセスに戻しサイドチェンジするも崩せず。パッツォが右サイドでポストプレー。オーバーラップするアバーテにボールが渡り、フリーでのクロスは中で弾かれる。中央にボールが零れ、バイタル手前のプリンスのボレーシュートはジャストミートせず、零れる。さらにロビーニョとディフェンダーとの取り合いで零れたところでワンタッチでミドルシュートを打つリッカ。浮く。32分、ミランボール。中盤でゆっくりパスを回し、メクセスがドリブルで上がる。お序にパス回しを上げるミラン。攻め倦ねる。33分、メクセスのサイドチェンジをワンタッチで折り返すパッツォ。距離が定まらず。34分、また中盤で動いてはボールを回すターン。メクセスの縦パスにバイタル左でパッツォが足で落とし、ステファンが加速。しかしカットされる。惜しいね。35分、ユーヴェのターン。中盤でカットする。ステファンが右サイドにいる。ゆっくりパスをするミラン。36分、アバーテの縦のミドルフィードにステファンが右サイドで納めようとする(ロビーニョが左に居る)。何とかロストせずボールを回す。36分、アバーテのクロスはプリンスに届く前に弾かれる。攻守交代。カウンターに焦らないユーヴェ。37分、アンブロがカットし左サイドを上がり、ロビーニョに繋ぎ、ドリブルで運んでからのサイドチェンジはボックス右のライン際でパッツォがパスを受けるも二人に阻まれる。ユーヴェのターンで、またレフリーに当たる。三回目だと中村さん。38分、そこからのカウンターで幹柄のクロスにヴチニッチが飛び込み足を合わせるも何とかキャッチ。アンブロが足首を痛めたようでピッチ外。39分、ボールを回すユーヴェ。39分、ヴィダルにボールがまわり、そこへのリヒトシュタイナーのオーバーラップはステファンが追い付きいなす。素晴らしい守備! 40分、ピルロとのワンツーでマルキージオがボックス左へ抜け出し決定機。アメーリアが足で防ぐ! その前にフラッグが上がっていた。41分、ミランのターン。ボールを回す。パッツォが右奥まで行き、うまく切り返して中へドリブルするが誰もつめておらず、外へ出される。ゴールラインの近くは駆け引きしやすいと野々村さん。42分、ショートカウンターでリッカがミドルシュートすると見せかけ、先行するパッツォへパス。ボールを受け取るがその前にディフェンダーを押したとしてファール。あからさまなプッシングに吹き出してしまった。42分、ユーヴェのカウンターでコンビネーションが合わず助かる。43分、リッカが狙われユーヴェから強引にプリンスが奪い返すもボールが零れミランが納めきれず。ミランの組み直し。44分、コンスタン→プリンス→ステファン。ステファンがボールを左から右へ運び、バイタル右のロビーニョにパス。裏を狙うパスはアバーテと合わず。44分、ユーヴェの左サイドでの攻めはステファンが戻って対応。倒れたキエッリーニは悔しそうに尻餅ついて空中で拳を振る。ボールを回すミラン。ステファンが右。46分、左サイドのプリンスとステファンのコンビネーションは崩せず。ステファンゾーンに通り、切り込み、アンブロに戻し、左のコンスタンを使ってクロスを出させるもブロックされそのまま前半終了。0-0。リッカがインタビューを受けている。西岡さんによるとアンブロはヴィダルとユニフォーム交換していたらしい。
 ACミラン・チャンネルのCM。「セリエAも残り4試合、チャンピオンズリーグ出場権確保のため、一つも落とせない、ACミラン。命運を握るのはイタリア代表エースフォワードでもあるバロテッリ。得点を取り巻くって勝ち進め」とナレーション。「セリエA/残り4試合」の字幕にパルマ戦でのマリオ・バロテッリのフリーキックによるゴール映像。「CS出場権を確保せよ!」の字幕にナポリ戦でのフラミニのミドルシュートによるゴール映像、フィオレンティーナ戦での右のクロスからのフラミニのゴール映像。「ACミラン」の字幕にウディネーゼ戦のバロテッリのファースト・シュートに、ステファンの左からのクロスにバロテッリがボレーシュートした初ゴールシーン。
 ミラノ・レポートは「ACミラン オフィス訪問」。トロフィーがずらっと並ぶ。ビッグ・イヤーがたくさん。ファン・バステンが寄贈したバロンドールのもある。マンチェスター・ユナイテッドとミランの選手が握手したフィギュア。2010年のチャンピオンズリーグのときだそうな。ファン・バステンは1988、1989、1992年にバロンドール獲得だそうな。そしてタイトルをとったときの集合写真の数々。
 ロビーニョの髪形がひらべったくなっている。アンブロジーニ→4サリー・ムンタリ交替。リッカがカピターノでアンカー・ポジションへ。
 いきなりハイプレスをくらうミラン。46分、今日はコンスタンがよく守備についている。粘るね。コーナーキックの際にステファンが上がる。右のコーナーキックのキエッリーニのヘディングは浮いて助かる。プランデッリ監督が見に来ているところをカメラに抜かれていた。リッカへの戻しのパスが狙われ、リッカが倒れても粘るも納めきれず。47分、マルキージオのミドルシュートはアメーリアがセーブ。メクセスがドリブルで上がる姿をメクセスらしいと評する野々村さん。48分、ボールを回すミラン。コンスタンの左の上がりに、ステファンが入るしロビーニョとパスを回し、右へ行くも攻めきれず。コンスタンのクロスにバイタル内でパッツォが胸で左奥へパスするもステファンに行く前にカットされる。攻守交代。49分、ボールを回すユーヴェ。リッカがカットし、ゆるいカウンター。パッツォがボールを運び、ロビーニョにパスし、アバーテに回し、戻したところをプリンスのミドルシュートは浮く。50分、中盤でメクセスがカットし、そのままドリブルで上がり、ディフェンダー3人を引き連れ、左にフリーのステファンが居るもシュートまで行く。ブッフォンの正面。そのファイトは買うが、思わず「シュートまでいくなー!」と突っ込んでしまった。51分、ステファンへのボールは通らず。攻守交代。今日も自慢のヘアスタイル、この髪形をセットするには10分かかると中村さん。蝋をつかうそうな。52分、ボールを回し徐々にゴールに迫るユーヴェ。ムンタリがボールを保持する相手からカット。そこからのカウンターはアバーテとキエッリーニがゴールライン際で競るも共に倒れオフェンスファール。ユーヴェの速攻でヴィダルからの縦パスがボックス内のヴチニッチに通ったように思えたがサパタがいなし、ヴチニッチが転び助かる。53分、ステファンへのパスは大きくまたユーヴェボール。54分、ユーヴェの左からの崩しをカットし、プリンスの縦パスが右サイドのロビーニョに通り、そこで保持。もどして組み直す。55分、ミランのボール回しはゴールに迫れず。攻守交代。ナポリもフィオレンティーナも今節勝ったと中村産。ピルロによるボックス内への浮き球にアバーテが対応するも目測を誤り立つ場所より遠く行く。そこにフォローのつもりかアメーリアがボールをとろうと飛び出し、たまたまアサモアを倒してしまいイエローカード。56分、ヴィダルによるペナルティキック。アメーリアが反応するも右上に決める。1-0でユーヴェの先制。外したかと思ったが、あんなギリギリ誰も取れんわ。58分、ここでウィリー宮原さん。59分、左サイドでのリッカ、ステファン、パッツォの崩しは最後、リッカからのスルーパスをピルロがカット。そこからのカウンターは中盤でムンタリがファール。最後、ピルロのミドルシュートが浮く。61分、ハイプレスのミラン。みんなガンガン前からトライしていく。それがパスミスを誘うも攻撃が続かず。コンスタンとステファンが相手の右サイドで挟み込んでいなす。ユーヴェの右からのコーナーキック。62分、メクセスとキエッリーニがやり合い、レフリーに止められる。ピルロがキッカー。マンマークで防ぐ。アサモアが頭に合わせるも上に行く。63分、ボールを回すユーヴェ。64分、左からのユーヴェの攻めをサパタが凌ぎ、カウンター。ボールがムンタリに運ばれ、ロビーニョと回り、さらに左へ回りコンスタンがドリブルで抜こうとしそこからのクロスはディフェンダーに拾われる。65分、サパタが体を入れイエローカード。左からのピルロのキックは合わず、助かる。67分、ミランの高い位置でのプレス。左でロビーニョがチェイス。最後、コンスタンがカットしたように見えたがうまくおさめきれず、バイタル手前でリッカとプリンスがサポートにいき、プリンスが倒れるもノーファール。奪い返されユーヴェのカウンター。ピルロ→ポグバ→ボックス内のヴチニッチとボールが通るがそこからのシュートはメクセスが素晴らしい。カット。コーナーキックでまたもボックス内にボールが通るがカット。68分、再びの右からのコーナーキックでポグバがヘディングに行くもプリンスがブロック。零れたボールをアバーテがクリア。69分、左からのピルロによるコーナーキックにファーでボヌッチがボレーシュートし、アメーリアが腰を落とし押さえる。再三のピンチを何とか凌ぐ。70分、ロビーニョ→22ボーヤン・クルキッチ交替。西岡さんによるとトップの右にプリンスが入りボーヤンがトップ下だそうな。ヴチニッチの右からのドリブルにメクセスがイエローカード。体当たりでドリブルを防いでしまった。71分、そこからのピルロのフリーキックをクリア。それを取られ再び攻められるも、その後のカウンターでステファンが左サイドでボールを運び、中央のボーヤンにパス。ボーヤンからパッツォへのパスが繋がらず。72分、若干、ユーヴェの守備が緩くなったような。ボランチ二人にボーヤンがトップ下と野々村さん。73分、プリンスがアバーテの縦パスを受け、切り返してマークを外し中へドリブルで切り込みクロスを出すも中でカットされ零れたところをボーヤンがボックス内で拾おうとするがカットされる。ユーヴェのカウンターをしのぐ再びミランのカウンター。ステファンが切り込み。パッツォへパス。パッツォが囲まれ、何とかパスを繋ぎ、ムンタリのミドルシュートはブッフォンが正面で受ける。シュートがなかなか入らないけど、中村さんの実況は気持ちよいね。74分、ボーヤンが入ったことでミランが前で動けるようになったと宮内さん。プリンスの縦パスをうけ、アバーテがクロスを出すがカットされる。75分、なかなか攻められないミラン。76分、ステファンがドリブルで切り込むもヴィダルに服を持たれる。左サイドのホイッスル後、プリンスが小突かれ相手に向かって行くが間にステファンが入る。コンスタンにボールが回り、そこからのクロスは素通り、しかし戻せる。ボーヤンが起点になっている。77分、プリンスが斜めの動きでパスを貰おうとするがコンスタンのパスが合わず。ショートカウンターでプリンスのパスが短い。78分、アバーテの上がりはアサモアがいなし、ゴールキック。79分、高さで競ったメクセスがファールを誘う。その攻撃はゴールに迫れず。コンスタンのクロスが飛び込んだプリンスの前にカットされる。ユーヴェのパスはリヒトシュタイナーにステファンが足で競り勝つ。80分、コンスタンの二人かわしたドリブルで上がってのクロスは浮く。80分、リヒトシュタイナー→20パドイン交替。81分、ユーヴェがボールを回す。センターラインでのサパタのファール。82分、ユーヴェの左からの崩しをメクセスがカットしそこからのパスがボーヤンへ。そこをキエッリーニに狙われ、ファールで止まる。83分、ムンタリのクロスは遠い。プリンスがトライする。なにやらアッレグリがレフリーと話している。84分、メクセスの高い位置でのパスミス。それを自らカバーしにいく。左サイドでボーヤンとステファンのコンビネーションはボールをキープするのがやっとで、戻し、85分、そこからリッカのミドルシュートはブッフォンの正面。想像できなかったと野々村さん。86分、ミランはシュートまでいけないと宮内さん。背後を狙おうとする動きが出てきたと野々村さん。ユーヴェのカウンターだがあせらずボックス付近でボールを回す(またレフリーにボールが当たる)。87分、リッカが長いグラウンダーの縦パスし、ポストプレーのパッツォがファールを誘う。88分、リッカの距離のあるところからのフリーキック。パッツォがボックス内で止め、メクセスがシュートを打つもパッツォに当たってしまう。その前にパッツォがオフサイドとのことで。89分、ヴチニッチ→27クアリアレッラ交替。ゲーム全体の印象ではそんなにやられている印象はないと野々村さん。90分、アディショナルタイム2分。メクセスのドリブルはファールを誘う。リッカのミドルシュートはブッフォンが拾う。それにパッツォが詰めていたけどね。91分、アサモア→13ペルーゾ交替。ボーヤンが追い掛けてペルーゾに対するファール。試合終了1-0でユーヴェの勝利。今年に入ってリーグ戦で初の敗戦と中村さん。4位のフィオレンティーナにミランは勝ち点1に迫られる。これでお尻に火が着いたように勝利を量産してくれれば良いが。リッカとブッフォンがハグ。ボヌッチが誰かとユニ交換した模様。ユーヴェの曲が響く。メクセスがユーヴェのコーチみたいな人と肩を組んで歩いている。誰だろ?

※ユヴェントス次節・「貴族の遊び」と雖も注視してしまう(2013年4月28日の雑記)

※次節・しおれたクレスタ(冠)(2013年4月29日の雑記)

※来季の同場所同カード・このタイミングでこの一戦か(2013年10月7日の雑記)

※来季の同カード・勝ってさらなる上昇を!(2014年3月3日の雑記)

C O M M E N T


名前 :
E-mail :
URL :
パスワード :(削除用 : コメント投稿後の修正は不可)


  プレビュー

<< >>










RSS

Ringworld
RingBlog v3.22