本サイトの雑記から分離整理したできたブログ。
タイトル通りライト層による単なるメモなので面白みはないかと思われます。
書き手がミラニスタなので内容はACミラン中心です。
<< 2020年11月 >>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
<<   >>

パッツォの活躍に期待


※同カード以前のマッチ・トサカ王決定戦(2012年11月18日の雑記)

※前節・上位三連戦の初めはアウェイから(2013年4月7日の雑記)

AC Milan - Biglietti Milan online

 セリエA 2012/13 第32節 ミラン×ナポリを見る。 2013年4月14日現地時間20:45キックオフのナイトゲーム。サン・シーロ。解説/実況:宮内聡/八塚浩。後日、BS12 TwellVの『ACミラン・チャンネル』を見て、追記する。解説/実況:中西永輔/中村義昭

ACミラン・チャンネル2012/2013:BS12 TwellVで無料放送!

 1位ユヴェントス71点、2位ナポリ62点、3位ミラン58点、4位フィオレンティーナ52点、5位ラツィオ51点、6位インテル50点、7位ローマ48点

 ミラン4-3-3 アッレグリ監督
  32アッビアーティ(カピターノ)
  20アバーテ、17サパタ、5メクセス、21コンスタン
  16フラミニ、18リッカルド・モントリーヴォ、4サリー・ムンタリ
  10ケヴィン・プリンス・ボアテング、11パッツィーニ、7ロビーニョ

 ナポリ3-4-1-2 マッツァーリ監督
  1デ・サンクティス
  14カンパニャーロ、28カンナヴァーロ(カピターノ)、5ブリトス
  11マッジョ、85ベーラミ、20ジエマイリ、18ズニカ
  17ハムシク
  19パンデフ、7カヴァーニ

 ミランは今年に入ってセリエでは一回も負けてないと中村さん。その後、アッレグリ監督を褒めまくる。一発目はパッツォのスローモーション映像。ナポリはハムシク。そしてシェフチェンコ来場の映像。プランデッリ監督も来追う。というか戦術的にステファン・エル・シャーラウィを先発から外しているそうな。「ACM」の観客席アート。昨シーズンのスクデット付きのユニフォームを着た女子児童。サン・シーロの雰囲気がよくなったと八塚さん。しかしマリオ・バロテッリの三試合出場停止なんて、そんなところまでズラタン・イブラヒモビッチを継承しなくても(昨シーズンのように出場停止でユヴェントス戦に出られないところも)。会場ではACミラン・チャンネルのキャスターのクラウディオ・リッピさんを追悼する映像が流れて、涙する女性の映像。良い雰囲気だと八塚さん。ステファンはすこし膝を故障しているそうで。ミランは赤黒縦縞シャツに白パン黒ソックス、ナポリは水色一色
 ナポリボールから。リッカがカットしボールを回す。1分、右からのアバーテのクロスにプリンススルーでパッツォは納めきれず。ロビーニョの左からのドリブルで崩し、マイナスのパスでプリンス起点でのパスは通らず。2分、ジエマイリの右からのクロスをムンタリが目前でブロック。3分、ナポリの右コーナーキック。ナポリの右からのミドルシュートは右に外れ、アッビが押さえる。4分、プリンスの右からのミドルシュートはディフェンダーに当たり軌道が変わりキーパーが弾き、ムンタリが拾いに行きクロスを出すもシュートまで行けず。入ったパターンかと思ったが。5分、プリンスに対するファールで、バイタル左からのリッカのフリーキック。弾かれる。その左からのスローインがムンタリに回り、そこからサイドチェンジ。右サイドでメクセスが受け(上がりすぎ・笑)、アバーテのパスからバイタル右からのプリンスのミドルシュートはキーパーが弾く。6分。立ち上がりミランの方が良いと宮内さん。パッツォとロビーニョがプレスをかけ、中盤でボールテイク。7分、リッカの縦パスを右サイドで受けたプリンス。それをフラミニがオーバーラップしコーナーに行きパスを受ける。そしてアバーテが右サイドを走りパスを受けクロスを出すが、弾かれる。リッカのユニ交換。何だろう?(長袖から半袖とのことで) 右のコーナーキックでサパタがマークを振り切り頭に合わせるも方向定まらず。9分、ウィリー宮原さん中継。そしてそうするとゲームが動く法則。カウンターでプリンスがボールを運ぶ。右からのパスを受けムンタリがミドルシュート。それはマークで方向が変わり外れる。宮原さんによるとステファンはユーヴェ戦にそなけてとか膝は大したことないとか。リッカは半袖にするため交換したそうで。20℃だそうで。11分、攻めるミラン。随分、ナポリがじりじりと下がっていると八塚さん。パンデフがリッカと競り合い、腕がリッカのアゴをこすりファール。右からのプリンスのクロスはキーパーキャッチ。12分、そこからのナポリの攻めをコンスタンがカットし、ファーへクロス。プリンスが入ってジャンプしてワンタッチで足をあてるが、右に逸れる。13分、ボージャンを絡めたところと宮内さん。でもボーヤンは欠場中。14分、今、セカンドボールをほとんどミランの選手に拾われていると宮内さん。15分、ペースはミランに握られていると八塚さん。16分、ナポリの右サイドでコンスタンがいなす。ミランボール。アバーテの縦パスにプリンスが右奥へダッシュするも弾かれる。右のスローインでプリンスがボールロスト。17分、ナポリの左奥の折り返しのクロスにフラミニのハンド疑惑。18分、ナポリの左のショートコーナーからのクロスは大きくて外に出る。右のコーナーキックは再びショートでオフサイド。19分、低い位置でプレッシャーをくらうミラン。インテル・チャンネルでの「ACミランの野望」発言に触れる中村さん。20分、ナポリのショートカウンターでパンデフがボールを運ぶ。それをメクセスがカットし事なきを得る。直後、フラミニのクリアだが縦パスは合わず。21分、ナポリのミドルフィードでボックス内のパンデフにパスが通るもメクセスにいなされ、ボールを零し、後ろからナポリの選手がくるものの、メクセスが押さえる。ノーファール。「(メクセスに対し)おぉっと、手を出してはいけないぞ」と中村さん。22分、ボールを回すミラン。パッツォがボックス内でポストプレー気味にボールを胸トラップするが直後クリアされる。23分、ボックス右のロビーニョへのパスは通らず。キーパーが飛び出し押さえる。ナポリが崩しにかかるもリッカがボックスに戻った位置でのカット。ムンタリのボール・コントロール独特ですね、と中村さん。24分、リッカの左から右へのサイドチェンジ。ボールを回すミラン。アバーテによるニアでカットインするロビーニョへの低いクロスは弾かれる。25分、リッカとロビーニョがショートコナー。ファーでサパタが折り返すもキーパーが飛び出しキャッチ。パッツォはマークに押さえられていた。26分、ナポリがゆっくりと左右にふってゴールに迫る。プリンスのファールでフリーキック。フリダシに戻す。27分、カヴァーニが飛び出すもオフサイド。27分、高い位置でカヴァーニがボールテイク。しかし三人に囲まれミドルシュートをふかす。28分、ショートカウンターでマッジョが上がるもコンスタンがカット。ロビーニョの左からのクロスは中で弾かれる。ミランの組み立て。ロビーニョが左のプリンスを使って、中へ切り込み、バイタル中央のパッツォに通らず、倒され、零れたところに右からフラミニ! そのままのミドルシュートがキーパーが触れるもゴールマウスの右に入る! 押さえた素晴らしいシュート! 1-0でミランの先制! 走っていって観客席に向かって両腕を下げて力を込めて何かを叫ぶ。ジャンプして拳を突き上げる。後ろからロビーニョが飛び付いて抱きつく。プリンスは強めのハイタッチ。そして三人でハグ。ガッリアーニは何か叫んでいる。30分、ミランがカットしてボールを回す。右でアバーテとロビーニョのコンビネーション。31分、再びミランボール。中央でプリンスがファール。今日はロビーニョらしさを非常に出していると宮内さん。ナポリのターンで左サイドにボールがあるとこにハムシクがフラミニを置き去りにしてボックス左に抜け出しワンタッチで繋ぎ、最後リッカがマークついていたパンデフがニアに走り込み、ゴール前に抜け出しシュート。1-1でナポリが追い付く。パンデフにベンチの選手も集まりダンゴ状態。33分、左サイドから崩しにかかるナポリ。アバーテの足が効いている。カウンターでロビーニョが左に抜け出し、ワンタッチのクロスにパッツォが飛び込むもマークに防がれ共に転ぶ。パッツォが引っ張った判定でファール。34分、プリンスが足を痛めたようで、ピッチに出て寝転がる。35分、プリンス→19ニアン交替。36分、パッツォが右サイドでドリブルで進み足ごとかられるがノーファール。中村さんがニアンのインタビューを引いてパッツォと良好の仲であると紹介。37分、右からのクロスにファーからロビーニョが走り込むがマークにブロックされ、零れたところをムンタリがダイビングボレー。大きく右に外れる。39分、中盤でムンタリがロスト、ショートカウンターぽくなるがメクセスがカット。ニアンの右からのクロスをパッツォがワンタッチで右奥にいくがカットされる。リッカの右サイドからドリブルで動いてからのグラウンダーのミドルシュートはキーパーに押さえられる。40分、カヴァーニへのミドルフィードをコンスタンが押さえる。ファール判定。41分、ナポリが回す。ロングフィードがボックス内のカヴァーニに通り、そこからのループシュートを狙うが方向が定まらず助かる。あぶねー。リプレイを見るとアッビが触って外に出していることに気付き、二度驚く。42分、ハムシクの崩しをサパタがカットし、右のニアンにわたし、カウンターがかかるが中盤に行く前にカットされる。まだナポリの攻撃が続く。ハムシクの左からのサイドチェンジが大きくミランボール。43分、ボールを回すミラン。44分、ナポリのゴールキック。45分、コンスタンの縦パスが審判に当たって、ムンタリが左サイドに張って、そこからのクロスはキーパーキャッチ。直後のナポリの上がりにニアンが高い位置でボールテイク。ロビーニョがバイタル中央でボールをキープ左に動いての戻しのパスに、スペースに飛び込んだニアンがミドルシュート。左に逸れる。1-1で前半終了。審判が先程の接触に肩を気にしている。審判が肩を回すなんて珍しいですねと中西さん。
 ミラノ・レポートは「極上の魚料理が味わえる海鮮レストラン」。
 ACミラン・チャンネルのCM。「首位を独占するユヴェントス。この勢いを止めることができるのは、後半戦驚異の追い上げを見せる新生ACミランだけ。本当に強いのはどっちだ。プライドをかけた頂上決戦を見逃すな」とナレーション。「勝ち点71点」の大きな文字の下に「第31節終了時点」と小さな文字、ピルロとブッフォンの続けての映像。「ACミラン」の英語黒字カタカナ赤字の大きな文字。ラツィオ戦のパッツォのごっつあんゴール映像、フィオレンティーナ戦のリッカの高い位置でボールテイクしてからのミドルシュート(1点目)。文字が消えた後、右からのリッカのクロスにフラミニがニアで足を会わせたシュート(2点目)。「プライドをかけた頂上決戦」の文字にユヴェントス戦でのロビーニョのペナルティキック、それに続くボルト・ポーズ。
 カヴァーニとステファンが話している映像。ステファンが上着を脱いでベンチに座る。
 後半の頭から(ステファンで)いかないところが面白いところ、と宮内さん。45分、でもベンチではステファン準備。ボールを回すミラン。46分、センターでニアンのファール。47分、圧力をかけるミラン。48分、ナポリもハイプレス。ミランのターン。ボールを回すミラン。ニアンの右奥でのナイスファイトで右コーナーキック(ボールロストしても食い付いていく)。49分、コーナーキックは弾かれる。50分、パンデフの強烈ミドルシュートはアッビの正面。51分、来シーズン、アッビに替わるキーパーの話題を八塚さん。フラミニの縦パスにバイタル右でのポストプレーのパッツォが倒れるもノーファール。52分、ナポリのターン。リッカが抜かれそうになるもメクセスがカバー。53分、縦パスをロビーニョがバイタル右へワンタッチのヒールパスで落とし、そこにフラミニが飛び込み、グラウンダーのミドルシュートを放つがキーパーがおさえる。54分、ナポリのカウンターにハムシクがカヴァーニへスルーパス。それをサパタが体を投げ出しカット。右へ零れたボールをカヴァーニが追うもアッビの方が早く押さえる。こえー。55分、右から攻めるミラン。56分、クロスが零れ、そこに飛び込んだリッカのミドルシュートはブロックされ、零れたボールをパンデフがカウンターに行こうとするも後ろからアバーテが追い抜きカット。57分、ウィリー宮原タイム。ようやくマッチ前のビデオについて言及。リッカの放り込みのパスにフラミニが飛び込むも中でカット。右のコーナーキックは左へ素通り。58分、後ろからニアンがカット。そこからカウンター。ニアンが少し戻しのパスにリッカへ。右よりセンターのリッカがサイドチェンジ。それを受けたロビーニョが左からカットイン、さらに左のコンスタンに通るもそこで潰される。ニアにパッツォが飛び込んでいた。59分、コンスタンの頭に相手のハイキックが入る。リプレイ映像は相手から耳を引っ張られるパッツォ、それからパッツォのやりとり。60分、左の距離のあるところでリッカのフリーキック。それが弾かれ、ナポリのカウンター。カヴァーニが中盤で起点になり、一人抜け出しそうになるもアバーテが戻りスライディングでカット。というより粘り強くボールをキープ。フラミニの右からのサイドチェンジにロビーニョが頭で落とし、ムンタリへパス。61分、左に張ったムンタリからのパスをウケ、バイタルの左でリッカがドリブルで回るところを足をかけられ、ボックス外でのフリーキックを誘う。62分、ニアンがキッカー。念願の。抑えきれず浮く。63分、ミランのターン。左での起点となったロビーニョがサイドチェンジでアバーテが上がるもしっかりマークをつかれそのクロスは大きい。63分、ゴールキックをゆっくりするナポリのキーパーに対しブーイング。64分、八塚さんによるとナポリにジダンの再来、エル・カブリが居るそうで。65分、ナポリの攻めに対し、カヴァーニのマークから離れたコンスタンがカット。ニアンのボックス内への縦パスにロビーニョが飛び込むもカットされる。八塚さんによるとナポリのキーパー、デ・サンクティスにイエローカードだそうな。66分、パンデフ→24インシーネ交替。68分、右サイドでのリッカからフラミニへの縦パスは遠い。69分、ハムシク→27アルメロ交替。70分、ミランの組み立て。中盤でのボールの取り合い。左からのアルメロのクロスは遠い。アッビがキャッチ。ステファン準備。71分、アバーテの手前のクロスをロビーニョが落としたが、貰い手がおらずそれをスニガが拾う。そこにフラミニがスニガに大して両足のスライディングでレッドカード。両チームの選手が入り乱れる。マッジョにイエローカード。72分、スニガのところにフラミニが謝罪にいっていると宮内さん。73分、ロビーニョ→92ステファン・エル・シャーラウィ交替。しかし、間の悪い交替だな。ステファンの負担がかなりそう。74分、ニアンが中央でドリブルで上がるニアンが倒れている。カヴァーニがリッカのシャツを後ろから引っ張ってイエローカード。75分、距離のあるところから左のメクセスへのリッカによるフリーキックは高く合わず。76分、ニアンが右でボールロスト。荷が重いような。77分、ベンチに居られないので、フラミニが観客席から観戦中。78分、ボックス中央へカヴァーニにパスが通るもセットしなおしてのシュートは大きく浮く。78分、戻ったニアンが左サイドでファール。79分、ナポリのボックス左外のフリーキックでのセットプレイ。ボールが中に通るもクリア。ナポリの選手はハンドをアピール。リプレイだとまったく当たってない。80分、ミランのカウンターは左に出る。素早いリスタートでサイドチェンジ。アバーテのクロスはファーのステファンに通り、それを二回リフトし、緩いパス。そこにパッツォのボレーシュートは浮く。リプレイでパッツォがマークの服を引っ張るところが出る。81分、マッジョ→9カライオ交替。82分、ボールを回すナポリ。83分、右からのインシーネのクロスをムンタリがカット。右のコーナーキック。バイタル中央へボールが行きパッツォがスニガに対しファール。イエローカード。パッツォのアップで左目の下に芝が付いている。84分、カヴァーニがキッカー。壁に当たる。崩しに掛かるナポリ、カライオのヘディングは浮く。アバーテの痛そうな表情。85分、アバーテ→2デ・シリオ交替。リプレイでは右の足首を押さえている。86分、中盤でのパッツォに対してブリトスのイエローカード。スニガ、足を吊るの巻。サパタに手伝ってもらっている。距離のあるところからフリーキック。リッカがキッカー。87分、左奥のステファンに通り、そこからのクロスはブロックされる。フリダシに戻る。ムンタリのショートパスにリッカが飛び込んでのグラウンダーのシュートはマークもあって左に大きく逸れる。シュートの軌道にいたパッツォは避けた後、片膝を付いて顔を押さえる。コースを変えれば良かったと思っていると中村さん。88分、ナポリのターン。カンパニャーロにイエローカード。胸ぐら掴むメクセスにもイエローカード。アディショナルタイム4分。90分、アルメロがインシーネを使ってのクロスをアッビが弾く。続けての右からのクロスにカライオのヘディングは左に外れる。あぶねー。91分、ニアン、だめだよ、そこで歩いちゃ、と中村さん。92分、シリオのスローインに右奥でパッツォのファール。リプレイだと左腕と左脇で相手の左腕を挟んでいる。試合終了、1-1のドロー。メクセスが口論中。もし最終的に勝ち点が並んでも一応、アウェイゴールを多く決めているミランが勝っている、その点だけが評価できる点か(※追記。ガッリアーニの試合後のコメントを見ると、順位にアウェイゴールは関係ないようだね)。メクセスとカンナヴァーロがユニフォーム交換。そういうシーンも見れて良かった。
 ACミラン・チャンネルのCMはユーヴェ版。

※次節・上位三連戦最後を勝利で飾れるか(2013年4月22日の雑記)

※ナポリの以降のマッチ・負傷者続出のインテルは(2013年5月6日の雑記)

※同カード同場所来季のマッチ・早くも上位との対決(2013年9月23日の雑記)

※来季の同カード・ウルビーじゃなくてアバーテがウィンガー?(2014年2月9日の雑記)

C O M M E N T


名前 :
E-mail :
URL :
パスワード :(削除用 : コメント投稿後の修正は不可)


  プレビュー

<< >>










RSS

Ringworld
RingBlog v3.22