本サイトの雑記から分離整理したできたブログ。
タイトル通りライト層による単なるメモなので面白みはないかと思われます。
書き手がミラニスタなので内容はACミラン中心です。
<< 2022年5月 >>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<<   >>

下降気味と上昇気味との戦い


※ウディネーゼ以前のマッチ・得点ランキング1位と3位との戦いでもある(2013年2月26日の雑記)

※ラツィオ前節・残念ながら欧州の舞台で敗退同士(2013年4月16日の雑記)

 セリエA 2012/13 第33節 ウディネーゼ×ラツィオを見る。 2013年4月20日現地時間20:45キックオフのナイトゲーム。スタディオ・フリウリ。解説/実況:野々村芳和/倉敷保雄

 ウディネーゼ3-5-1-1グイドリン監督
  1ブルキッチ
  17ベナッティア、5ダニーロ、11ドミッツィ
  8バスタ、37ペレイラ、3アラン、21ラッツァーリ、34シウヴァ
  94ジエリンスキ
  10ディ・ナターレ

 ラツィオ4-3-3 ペトコヴィッチ監督
  22マルケッティ
  2シアニ、3ディアス、20ビアヴァ、33スタンケピチュス
  23オナツィ、24レデスマ、15ゴンザレス
  87カンドレーヴァ、11クローゼ、6マウリ(カピターノ)

 1位ユヴェントス74点、2位ナポリ63点、3位ミラン59点、4位フィオレンティーナ55点、5位ラツィオ51点、5位ローマ51点、7位インテル50点、8位ウディネーゼ48点

 ウディネーゼが白黒縦縞シャツに黒パン黒ソックス、ラツィオが、水色一色。
 2分、右からのクロスにクローゼがニアに飛び込むも中でカットされる。惜しい。5分、ラツィオのミドルシュートはキーパー正面で押さえる。9分、ウディネーゼのホームという意味でデータではウディネーゼが有利とのこと。15分、ウディネのボックス内への浮き球は弾かれる。16分、ウディネの右のクロスがボックス内のナターレに入るもシュートは外れた方向へ。17分、ラツィオがクロスを二回出すも弾かれる。18分。ウディネの左サイドのワンツーで左奥へ。行き崩し。そこからの折り返しのクロスはファーに行き、ナターレがボレーシュートで、ゴールマウス左へ入る! 1-0でウディネが先制! 18ゴール目。26分、ウディネのカウンター。右サイドを上がり、スルーを織り交ぜ、バイタル右のナターレがシュート。ブロックされそこからのラツィオのカウンターはファールで止まる。35分、ウディネが右から崩しに掛かり、ペレイラが右で崩しクロスを出し、ラッツァーリが飛び込むも惜しくも合わず。40分、ウディネのカウンター。右サイドから零れた球をラッツァーリがミドルシュート。右に外れる。44分、ゴールに迫るラツィオ。ボックス左でマーク二人を前にナターレがクロスを出すも惜しくもキーパーが飛び出しキャッチされる。
 49分、ウディネの右からのクロスは遠い。しかしラツィオはすっかり牙を抜かれた感じに見えてしまう。54分、レデスマのイエローカード。56分、ナターレの浮き球は弾かれるも、最後、アランがミドルシュート。ブロックされる。59分、右サイドからバスタが飛び込みシュートをうつも大きく外れる。60分、レデスマ→8エルナレス交替。スタンケピチュス→7エデルソン交替。63分、ラツィオのカウンターでのミドルフィードで遠く左奥までクローゼが拾いに行くも続かず。64分、ショートカウンターでジエリンスキがドリブルで上がり、自ら打たずバイタル右のナターレへパス。そこからのミドルシュートは左に逸れる。72分、マウリ→99フロッカリ交替。ラツィオがミドルシュートまで行く。左に逸れる。74分、ゴールに迫るウディネ。決定機ながら、いなされる。78分、ウディネのカウンターはナターレのオフサイド。ディ・ナターレ→12ラニギエ交替。81分、ゴンザレスが後ろから足を蹴ってイエローカード。85分、ジエリンスキ→7バドゥ交替。アディショナルタイム3分。というわけで、1-0でウディネーゼの勝利。

※ラツィオの以降のマッチ・調子の対照的な2チーム(2013年5月9日の雑記)

※ウディネーゼ以降のマッチ・インテル応援のはずだが(2013年5月20日の雑記)

C O M M E N T


名前 :
E-mail :
URL :
パスワード :(削除用 : コメント投稿後の修正は不可)


  プレビュー

<< >>










RSS

Ringworld
RingBlog v3.22