本サイトの雑記から分離整理したできたブログ。
タイトル通りライト層による単なるメモなので面白みはないかと思われます。
書き手がミラニスタなので内容はACミラン中心です。
<< 2020年6月 >>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
<<   >>

アクイが居ない中


※ユヴェントス以降のマッチ・ポグバが出てきた(2013年1月20日の雑記)

※フィオレンティーナ以前のマッチ・アクイラーニは先発定着か?(2013年1月20日の雑記)

 CSのスカチャン0セリエA 2012/13 第24節 ユヴェントス×フィオレンティーナを見る。2013年2月9日現地時間18:00キックオフのナイトゲーム。トリノ、ユヴェントス・スタディオ。解説/実況:野々村芳和/西岡明彦
 1位ユヴェントス52点、2位ナポリ49点、3位ラツィオ43点、4位ミラン40点、5位インテル40点、6位フィオレンティーナ39点、7位カターニア35点、8位ローマ34点、9位ウディネーゼ33点
 ミランのすぐ下にフィオレンティーナが迫っているが(というよりミランが追い抜いたのだが)、フィオレンティーナ応援でゆるゆる観戦。ユーヴェ3-5-2、フィオレンティーナも3-5-2。ユーヴェの応援歌が流れる。アクイラーニが出場停止かぁ、残念。Goal.comでイングランドで挫折したイタリア人選手たちに選ばれた人。

>>イングランドで挫折したイタリア人選手たち - Goal.com

 ロベルト・バッチョの1990年のフィオからユーヴェへの電撃移籍で両チームのティフォージにしこりがあると西岡さん。ユーヴェは白黒縦縞シャツに白パン白ソックス。フィオは紫一色。
 キックオフ。2分、ユーヴェが高い位置でカットして中央突破を図るがカットされる。3分、フィオが右サイドを上がり、一人かわしてのクロスは受け手が居ない。5分、ユーヴェ右からのコーナーキックは弾かれる。8分、ピルロの浮いたミドルフィードがマルキージオの走り込むちょうどにはまりゴール左前からワンタッチでシュートを放つが惜しくも右に逸れる。9分、ヴチニッチのバイタルでの右へのパスに、マルキージオが一人かわしてのミドルシュート。しかし右に逸れる。こちらも惜しい。9分、フィオのスルーからワンツーに抜け出しシュートを放つが弾かれる。こちらも惜しい。10分、ウィリー宮原の中継…と思ったら不通。11分、ユーヴェは前からプレッシャー。12分、零れた球をフィオのクアドラードのミドルシュートはグラウンダーでキーパーが拾う。13分、すばやいリスタートでボックス左に抜けたヴチニッチがシュートするもブロックされる。15分、フィオのバイタル右からのミドルシュートが弾かれ、さらに詰めていてシュートを放つもキーパーに弾かれる。浮いた玉をさらに頭で押し込もうとするが二人に高さで阻まれる。19分、フィオの短いクリアがちょうどヴチニッチにきてそこからのミドルシュートがまっすぐゴールネットに突き刺さる。1-0でユーヴェの先制。25分、そうかクアドラードはコロンビアの選手かフィオのフリーキックは壁の下を狙ったが弾かれる。25分、マトリが抜け出すチャンスがあったがフィオがなんとか凌ぐ。28分、ユーヴェがボックス右に抜け出し、そこからのクロスは通らずクアドラードが奪取してカウンターのチャンスだがうまくいかせず。30分、ピルロのミドルシュートはディフェンダーのカット。左のコーナーキック。13分、ヴチニッチが高い位置でボールテイクし、絶好機だったがキーパーに当ててしまう。38分、フィオが攻めるターン。ヴィダルがバイタル中央でボールキープを粘り、そしてボックス左のマトリへのパス。なぜか黄色い靴が片足脱げているマトリの絶好機で決めきる。2-0でユーヴェが差を付ける。45分、クアドラードのミドルは大きく外れる。2-0で前半終了。
 ゴールランキングでエル・シャーラウィはPKとらないって話題。クローゼもPKとらないらしく、しかも今怪我中だそうな。
 47分、ユーヴェが左に抜け出し、そのクロスは一人スルーでヴィダルがバイタル右にとびこみシュートを打つもふかす。51分、ボールを回すフィオ。クアドラードにイエローカード。52分、ピルロが左サイドからボールを戻された時にシュートを選択するが浮く。54分、ユーヴェがボックス右に進入し、そこからの浮き球クロスは相手の胸トラップに阻まれる。59分、ヴチニッチがピットの外へ。61分、ジョビンコが入る。73分、フィオのヨベティッチリャイッチ交替。ユーヴェはポグバが準備中。74分、キーパーから強引にボールを取りに行ったヴィヴィアーノにイエローカード。75分、マトリ→ポグバ交替。76分、ジョビンコのバイタル左からのミドルシュートはキーパーのファインセーブ。84分、バイタル左からのポグマがファーの裏を突いたパス。ワンタッチで戻しジョビンコがそれに対しバイシクルシュート。崩し方が面白のだが、ジョビンコは体勢を崩す。アディショナルタイム4分。90分、ユーヴェのカウンターでジョビンコが単独でボールを運ぶが追い付かれ潰される。2-0で試合終了。ユーヴェの勝利。ユーヴェの次戦はチャンピオンズリーグとのこと。やっぱり手を繋ぎ並んで走ってジャンプ。

※ユヴェントス次戦・ユーヴェ、敵地での戦い(2013年2月13日の雑記)

※フィオレンティーナ、以降のマッチ・アクイラーニ先発(2013年2月17日の雑記)

※追記・3位浮上なるか、苦手なラツィオ戦(2013年3月3日の雑記)

※追記・なんやかんやでマリオに話題が持って行かれる(2013年2月18日の雑記)

C O M M E N T


名前 :
E-mail :
URL :
パスワード :(削除用 : コメント投稿後の修正は不可)


  プレビュー

<< >>










RSS

Ringworld
RingBlog v3.22