本サイトの雑記から分離整理したできたブログ。
タイトル通りライト層による単なるメモなので面白みはないかと思われます。
書き手がミラニスタなので内容はACミラン中心です。
<< 2022年6月 >>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
<<   >>

2位3位対決


※ラツィオ以前のマッチ・クローゼ、魂の一撃(2012年12月16日の雑記)

※ナポリ以前のマッチ・強い雨の中で(2013年2月3日の雑記)

 CSのスカチャン0セリエA 2012/13 第24節 ラツィオ×ナポリを見る。2013年2月9日現地時間20:45キックオフのナイトゲーム。トリノ、スタディオ・オリンピコ。解説/実況:川勝良一/下田恒幸
 1位ユヴェントス52点、2位ナポリ49点、3位ラツィオ43点、4位ミラン40点、5位インテル40点、6位フィオレンティーナ39点、7位カターニア35点、8位ローマ34点、9位ウディネーゼ33点

 ラツィオ4-1-4-1、ナポリ3-4-1-2
 カヴァーニが入れない形でミラニスタとしては引き分けが見たいかな。まぁ、ゆるゆると。ラツィオはコッパイタリアの決勝進出を決めたもののそのせいかリーグ戦はおとしているとのこと。キエーヴォ戦は3ヶ月ぶりの黒星だそうな。ナポリはここ5戦負け無し。ラツィオは水色シャツに白パン白シャツ。ナポリは紺一色。
 3分、ナポリのカウンターでハムシクのスルーパスは惜しくも通らず。5分、ラツィオの右からのコーナーキックは弾かれる。高い位置でラツィオのカンドレーヴァがカットしてボックスに切り込み二人に囲まれ倒れるもノーファール。8分、ナポリが短いパスをつなぎ徐々に前に持ってくる。9分、ラツィオのフロッカリのターンしながらのミドルシュートは浮く。9分、ハムシクがボールを運びボックス左のスニガに通るも前でブロックされる。10分、ラツィオのカウンター。カンドレーヴァが運び右奥に通り、そこからクロスはフロッガリに通る。フリーでの落ち着いて胸トラップしてのシュートはゴールマウス右に刺さる。1-0でラツィオ先制! 12分、カウンターでハムシクが距離のあるところで打つがキーパーが押さえる。14分、負傷でラツィオのマウリがピッチ外へ。リプレイによると、ボールを誤って踏んで転がって足首を捻ってしまうという、本人にとっては笑えない話。15分、ラツィオのフリーキックは直接狙い、キーパーが零すもなんとか押さえる。16分、カンドレーヴァのドリブルで上がってからのミドルシュートはキーパーがなんとかセーブ。そのコーナーキックからのナポリのカウンターは中盤で潰される。24分、ナポリが崩しに掛かるシーン。しかしナポリのネストがシミュレーションをとられる。27分、スニガがミドルシュートでそれをキーパーが零し、ナポリが詰めて、ボックス内左からの浮き球に、頭で合わせようとするがラツィオの選手が戻り、ラツィオが助かる。続くナポリの右コーナーキックもしのぐ。32分、ラツィオのフロッカリの左寄りからのミドルシュートは惜しくも右のコーナーポストに当たる。左への零れ玉にもシュートに行くが惜しくも右に逸れる。35分、ボックス右からのクロスが通るも戻ったディフェンダーにカットされる。攻めるラツィオ。37分、スニガが左からクロスを出し、カヴァーニが強い背筋を使ってのヘディングシュートは惜しくもクロスバー。真下に跳ね返ったものの入らず。何かさっきからすごい高度な攻防で面白い。39分、ナポリのフリーキック。39分、ラティオのカウンターは遅らせられる。43分、ナポリのカウンターだがラツィオが戻って対応。45分、ナポリの選手がセンターサークルで倒れている。45分+2分、スニガがボックス外でハンドを貰い、インシーネにイエローカード。絶好の位置でのラツィオのフリーキック。レーザーが飛ぶ。+3分、ヘッドギアのヘルナレスが直接狙いキーパーのセーブ。アディショナルタイムが3分から5分に。
 48分、ワンタッチでラツィオがつないでいき最後、右からのクロスに飛び込むもなんとかカット。その右からのクロスに飛び込みゴールネットを揺らすものの、オフサイド。49分、ナポリのカウンターでラツィオがイエローカードで止める。52分、ナポリのクロスがラツィオの選手の鳩尾に入り、しばし中断。57分、ラツィオの選手にイエローカード。62分、インレルの左からのクロスはファーのカヴァーニに通らず。まだ攻めるナポリ。66分、カウンターでインシーネがバイタルに迫り、ラツィオの選手のイエローカードを誘う。アポリのフリーキックは弾かれ、粘るナポリ。ラツィオのカウンターの芽を早々に摘み、再びナポリがゴールに迫る。ボックス内右のカヴァーニにボールが通るがそこからのクロスが左に流れる。79分、まだナポリ・ボール。ラツィオに攻撃が移ると、今度はナポリの選手のイエローカード。カードは多く出るがすごく高度な戦い。どちらのファンでもないのが口惜しいぐらいだね。今のミランもこれぐらいの攻防をしてほしいものだ。73分、ナポリのキーパーが飛び出し、完璧にラツィオの選手がフリーになったとおもったらディフェンダーがフォローする。76分、ナポリの左のコーナーキックをラツィオが弾くが再びナポリボール。78分、迫るナポリ。81分、攻めるナポリ。84分、ユビッチが高い位置でカットし、キーパーと1対1になるがそのシュートはキーパー正面。85分、ラツィオの速攻は不発。86分、インレルのミドルシュートはキーパーのファインセーブ。86分、その右のコーナーキックをカンパニアーノがジャンプしてのボレーシュート(つまり跳び蹴りのような)はゴールマウス右に直接入る! 1-1でナポリが追い付く! ※追記。2月11日放送、スポーツ番組『すぽると!』の「マンデーフットボール」のコーナーの「MONDAY SELECTION」で3位に選ばれていた。勢いはナポリだが果たして。89分、ナポリのパンデフの強烈ミドルシュートを弾くキーパー。90分、それでもカンドレーヴァ等、カウンターに行くラツィオ。成功せず。アディショナルタイム4分。カンドレーヴァがオランダ戦にてバロテッリとエル・シャーラウィとでスリートップを担ったことに触れる下田さん。ラツィオのカンドレーヴァの右からのクロスにフロッカリが頭に合わせるもクロスバー! 91分、ラツィオのショートカウンターでバイタル右からミドルシュートとを選択。惜しくも左に逸れる。リプレイでは前のディフェンダーに当たったので、コーナーキックのはずだがゴールキックに。そして1-1で試合終了! うーん良いマッチだった。

※ナポリ以降のマッチ・得点ランキング1位と3位との戦いでもある(2013年2月26日の雑記)

C O M M E N T


名前 :
E-mail :
URL :
パスワード :(削除用 : コメント投稿後の修正は不可)


  プレビュー

<< >>










RSS

Ringworld
RingBlog v3.22