三国志ファンのためのサポート掲示板 ※共同掲示板。話題は三国志関係。横レス歓迎。初心者モードの質問からマニアックな雑談まで
  新規投稿 ┃ツリー ┃スレッド ┃一覧 ┃トピック ┃番号順 ┃検索 ┃設定 ┃ルール ┃外部カレンダ ┃フロント  
1017 / 3859 ←次へ前へ→

【2883】Re:関所の役割
 如墨委面  - 2007/8/12(日) 3:00 -

引用なし
パスワード
   辺境の事例ですが・・・

籾山明著『漢帝国と辺境社会』中公新書 1999、

に、河西地方(武威郡から敦煌郡にかけての地域)の関所についての記事があります。それによると(P74〜P76):

河西にあった関としては、次の四つが知られているそうです。
 エチナ河流域:
  居延懸索関
   所在地は推定されているが確定に至っていない。
  肩水金関
   学術的な調査がなされている。
 疏勒河流域:
  玉門関
   所在地について議論がある。
   いまだに決着が付いていない。
  陽関
   所在地は諸説ほぼ一致している。
   十分な調査は行われていない。

肩水金関については、復元図と構造の説明があります。
抜粋要約すると

建物は、大きく分けて、関城(全体をとり囲む城壁、長城)、塢(居住区)、烽火台の三つの部分から成っている。

北側が関城で、関門が開いている。
 門の両側には楼櫓が向かい合って建っている。
  楼櫓の基底部は左右とも、六・五メートル×五メートル、
  間を通る道の幅は五メートル、
 楼櫓上には門楼があったものと推定されている。

関門を入った西南に塢がある。
塢内の西南の一角に烽火台がそびえている。

塢壁の規模は
 北側で三十六・五メートル
 東側は残長二十五メートル
東南のかどに入口があり、壁の内外に小部屋が並ぶ。その一部は厩だった。

烽火台は、全体の大きさ十三メートル×十二・五メートル。
望楼と塢からなる。
出土遺物から推定すると、内部は倉庫や執務室だったようである。

P76 に「符」(通行証)の写真があります。

あと、同書 P171 に玉門関の「致」(短距離旅行者用のパスポート)の記事があります。

                   委面如墨

17 hits

【2880】関所の役割 馬秉 2007/8/11(土) 15:08
┣ 【2881】Re:関所の役割 清岡美津夫 2007/8/11(土) 17:11 多分…
┣ 【2882】Re:関所の役割 黒耀竜 2007/8/12(日) 2:22 感想
┗ 【2883】Re:関所の役割 如墨委面 2007/8/12(日) 3:00
┗ 【2886】Re:関所の役割 馬秉 2007/8/14(火) 2:08
┗ 【2887】Re:関所の役割 如墨委面 2007/8/14(火) 10:05

  新規投稿 ┃ツリー ┃スレッド ┃一覧 ┃トピック ┃番号順 ┃検索 ┃設定 ┃ルール ┃外部カレンダ ┃フロント  
1017 / 3859 ←次へ前へ→
ページ:  ┃  記事番号:   
464,258
(SS)C-BOARD v3.8 is Free