三国志ファンのためのサポート掲示板 ※共同掲示板。話題は三国志関係。横レス歓迎。初心者モードの質問からマニアックな雑談まで
  新規投稿 ┃ツリー ┃スレッド ┃一覧 ┃トピック ┃番号順 ┃検索 ┃設定 ┃ルール ┃外部カレンダ ┃フロント  
257 / 659 ツリー ←次へ前へ→

【2959】座るときの敷物の呼称 yu 2007/12/1(土) 3:33 マニアック!

【2965】同席 巫俊(ふしゅん) 2007/12/2(日) 21:49
┗ 【2966】ありがとうございます! yu 2007/12/4(火) 13:35

【2965】同席
 巫俊(ふしゅん)  - 2007/12/2(日) 21:49 -

引用なし
パスワード
   > それで本題ですが(タイトルにあるよう蛇足に過ぎないのですが・汗)、「席」は有名どころでは『礼記』内則にある、
>
>七年.男女不同席.不共食.
>
><清岡による訳>七歳にして、男女は席を同じくせず、共に食さず。
>
>という文でしょうか。これからも判るように「席」は単独で座るものではなく、複数人で座るものです。「同席」は現在では違う意味で使われますが、当時(三国時代も含む)は一つの席(同じ敷物に)に二人以上が座る意味でしょうね。

『礼記』内則の「不同席」は、「同じ席にすわらない」だったんですか。
「席を同じ室に並べない」くらいの意味だと漠然と思っていました。
そういえば、横山光輝の『史記』で前漢の皇帝と皇后が同室で食事しようとする回がありましたね。
画像石などで史実の方は確認していないのですが。

【2966】ありがとうございます!
 yu  - 2007/12/4(火) 13:35 -

引用なし
パスワード
   皆様、ご丁寧にありがとうございました!
色々な事がわかって、とてもとても参考になりました。
次は答えられる側になれるように、精進します。

  新規投稿 ┃ツリー ┃スレッド ┃一覧 ┃トピック ┃番号順 ┃検索 ┃設定 ┃ルール ┃外部カレンダ ┃フロント  
257 / 659 ツリー ←次へ前へ→
ページ:  ┃  記事番号:   
464,258
(SS)C-BOARD v3.8 is Free