本サイトの雑記から分離整理したできたブログ。
タイトル通りライト層による単なるメモなので面白みはないかと思われます。
書き手がミラニスタなので内容はACミラン中心です。
<< 2020年1月 >>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<<   >>

マリオ&リッカが出場停止の中で


※前回の同カード・イタリアのワールドカップ予選スタート(2012年9月8日の雑記)

※前節・マリオ&ステファン先発(※2013年6月8日の雑記)

※前戦・法王杯と呼びたくなる(※2013年8月15日の雑記)

 フジテレビNEXT ライブ・プレミアムワールドカップ2014 ヨーロッパ予選第7節 イタリア×ブルガリアを見る。現地時間2013年9月6日 20:45キックオフ、ナイトゲーム。イタリア、パレルモ開催。解説/実況:清水秀彦/下田恒幸

 イタリア4-3-2-1 プランデッリ監督
  1ブッフォン(カピターノ)
  20アバーテ、19ボヌッチ、3キエッリーニ、15アントネッリ
  16デ・ロッシ、21ピルロ、8チアゴ・モッタ
  6カンドレーヴァ、17インシーネ
  11ジラルディーノ

 ブルガリア4-1-4-1

 イタリアのユニフォームはプーマで青シャツ白パン青ソックス。ブルガリアのはケイパで白シャツ緑パン赤ソックス、つまり国旗色。

 イタリアからのキックオフ。パスを回し、いきなりジラルのボックス内からのシュート。押さえられる。2分、カンドレーヴァが右に張りだし、近くのアバーテにパス。そのクロスはいなされる。3分、ブルガリアのターン。4分、ブルガリアはピルロに付けていると清水さん。5分、ブルガリアのターン。右へ。6分デ・ロッシのミドルフィードは合わず。7分、ブルガリアは横にボールを回す。中央を突破してのミドルシュートは浮く。8分、ブルガリアのパスをカットして、ピルロが前へパス。通らず。9分、デロッシのパスをピルロのマークが奪う。すぐに奪い返してのスルーパスは通らず。10分、カンドがドリブルで切り込むもカットされる。12分、ブルガリアの右サイドからのフリーキック。中で弾かれる。セカンドボールを放り込むも弾かれる。13分、イタリアのターン。14分、ブルガリアのカウンターはいなされる。15分、ブルガリアのターン。16分、イタリア。ピルロが上がってきたアントネッリへパスするが通らず。17分、マノレフの右からのミドルシュートは右に逸れる。18分、戻したパスをワンタッチでのピルロのミドルシュートは浮く。19分、ブルガリアのトレフが右からのパスを受け、マーク1人をかわしてのミドルシュート。ブッフォンがセーブ。20分、インシーネが右から。クロスを出すが弾かれる。21分、ブルガリアのカウンターをアバーテが中盤で追い付きカット。22分、ブルガリアに固められてイタリアが左右に振る。事前にプランデッリの行った通り、ステファン・エル・シャーラウィのように裏をつくフォワードには厳しいかも。23分、左からのパスにジラルがボックス内でワンタッチで戻し、それをデ・ロッシがミドル・シュート。浮く。25分、インシーネが左45℃からのシュート。セーブされる。左からのピルロのコーナーキック。ファーにいくが合わず。26分、ブルガリアのターン。27分、右へのパスがラインを割る。イタリアのパスをカット。28分、ブルガリアのターン。28分、ブッフォンにボールが渡ってもブルガリアがチェイスする。インシーネが左からドリブル。崩しにかかるが、カンドがボックス内で収めきれず。31分、ボールを回すイタリア。カンドが右サイドでフリーキックを得る。ピルロがキッカー。ファーへ弾かれる。33分、カンドの右からのクロスはキーパーキャッチ。ブルガリアのターン。攻める。35分、アバーテの右からのクロスはニアにカンドが飛び込むも方向が定まらず。左からのコーナーキックはショートコーナー。ピルロが左からクロスを出すがシュートまで繋がらず。36分、ブルガリアが右から上がる。サイドチェンジ。ボールを回すブルガリア。37分、パスを繋ぎ、左サイドを上がり、カンドが左奥へ行き、マークをかわしつつ、クロス。それがゴール前に行き、ジラルが頭を合わせキーパーの右を抜け入れる! 1-0でイタリア先制! ジラルはバイオリンのセレブレーション。38分、ブルガリアのパスをカットしてイタリア。アントネッリがオーバーラップしてパスを受け、ボックス進入。フリーのクロスは弾かれる。39分、ボールを回すイタリア。40分、観客席で観戦中のマリオ・バロテッリ。41分、ボールを回すイタリア。42分、センターバックも加わってボールを回す。43分、ピルロの左よりのフリーキックで、デ・ロッシがファーで頭を合わせるが届かず。44分、カンドが右寄りに上がり、オーバーラップしたアバーテにパスするも収めきれず、戻す。カンドがファールを誘う。左へボールを回す。1-0でイタリアリードで前半終了。
 ブルガリアからのキックオフ。プレスに遭う。左の縦のミドルフィードをブッフォンがキャッチ。46分、ピルロが左からの縦のパスにジラルが飛び込み、ボックス内で収めシュート。キーパーキャッチ。47分、ブルガリアの右からのクロスがファーにいき左から折り返しのクロス。それがゴール前に行き、飛び込み足を合わせるが、ブッフォンのスーパーセーブに防がれる。49分、アバーテが上がってのクロスは頭で弾かれる。インシーネのミドルシュートは浮く。50分、ピルロがドリブルで上がり、左のインシーネへ。ドリブルで切り込んでからのシュートはキーパーが押さえる。51分、ブルガリアが左から。クロスはブッフォンが拾う。52分、イタリアのターン。デ・ロッシが中央突破。右のカンドへパス。戻す。中央から崩す。カットされる。ブルガリアの速攻。ボヌッチがカット。53分、イタリアのターン。ボックス内のデ・ロッシへのパスは合わず。54分、イタリアのターン。ブルガリアの選手交代。マノレフ→22イリエフ交替。55分、ブルガリアのターン。カンドがミドルシュート左に外れる。56分、ブルガリアのパスをカットして、インシーネがボールを運ぶが奪われる。57分、ブルガリアのターン。イタリアの4-4ブロックが機能している。58分、左から崩しにかかるブルガリア。59分、アントネッリがボールを追って、足を痛めた模様。相手に体重を乗せられたと下田さん。一旦、ピッチ外へ。60分、ブルガリアの右からのコーナーキックにブッフォンがスーパーセーブした模様。コーナーキックのやり直し。61分、ブルガリアのボックス内の浮き球。それに合わせての至近距離でのヘディングシュートをブッフォンがやはりスーパーセーブ(リプレイだとピルロの頭にあたって至近距離シュートみたくなっている)。つづくシュートはディフェンダーがカット。62分、アントネッリ→4アストーリ交替。キエッリーニがサイドバックに行く模様。ブルガリアの左からのコーナーキック。シュートを防ぐ。再び左コーナー。ネデレフがパスワークでボックス進入。決定機。そのグラウンダーのシュートは左に逸れる。64分、インシーネ→22ジャッケリーニ交替。65分、イタリアの右からのクロスは合わず。中央でジラルがヒールパス。ジャッケが左を上がりボックス進入。浮き球パスは合わず。66分、ピルロの左からのコーナーキック。ジラルがニアに飛び込むもクリアされる。67分、ジャッケがドリブルで上がるも足をかけられファール。68分、距離のあるところからピルロのフリーキック。左上の狙うが、キーパーが弾く。69分、パスを回すイタリア。70分、ブルガリアの右からのクロスにボックス左からボレーシュートを狙うが真上に飛ばす。71分、デ・ロッシの縦のミドルフィードはジラルのオフサイド。72分、ブルガリアのターン。ジラルがプレッシャーをあたえ、決定機、キーパーが倒れている間にシュートにいくが、ディフェンダーに防がれる。惜しい! 73分、ボールを回すブルガリア。引くイタリア。スルーパスを狙うが、アストーリが体を入れてブッフォンが押さえる。74分、ブルガリアの選手の交替。ディアコフ→7デレフ交替。シフトアップしてきたと下田さん。75分、ブルガリアの右からのクロスは遠い。76分、ジャッケの左からのサイドチェンジにカンドがファーでボレーシュート。浮く。77分、ブルガリアのターン。イタリアに攻めがかわるが、ピルロがカットされカウンター。ポポフが運び、ミドルシュート。目の前でブロック。その右からのコーナーキックがボックス手前に零れミドルシュート。右に逸れる。78分、アバーテが足を負傷(やめてー。左の内股のようだ)。アバーテ→2マッジョ交替。アクイラーニ投入ならず。80分、ピルロのバックパスが外に出る。ブルガリアの右からのコーナーキック。なにやらボヌッチが審判に行っている。いなすが、ブルガリアのボール。81分、ブルガリアの猛攻。82分、ブルガリアのターン。83分、ジャッケリーニのドリブルであがってからのクロスが弾かれる。続けて左からの攻撃。ジャッケにイエローカード。ボールを奪われたときのスライディングに対してのことのようだ。84分、ブルガリアのカウンター。左に展開するがそのクロスだかシュートはカット。85分、ジャッケリーニが左奥にいって、クロスを出すが足下でカットされる。86分、ピルロの左からのコーナーキック。弾かれ、ブルガリアのカウンター。裏を狙ったミドルフィードはブッフォンが拾いに行く。87分、イタリアがボールを回し落ち着かせる。モッタが中央からジャッケへのパスをするが収めきれず。通れば決定機。88分、ブルガリアのターン。スルーパスが右へ行って、クロスを出すが中とは合わず。89分、イタリアのターン。ジラルがファールを誘う。アディショナルタイム4分。左で短いパスを回すイタリア。ブルガリアのターン。90分、左サイド。ボヌッチに対応される。ゴールキック。91分、ブルガリアの攻め。イタリアのカウンター。ジャッケに通る。しかしボックス内で奪われる。プランデッリが「アントニオ」と繰り返し叫んでいる。92分、右からのブルガリアのコーナーキック。左に流れる。左からのコーナーキック。ニアで弾かれる。左からのクロスは弾かれる。右からサイドチェンジ。ラインを割る。93分、イタリアのスローイン。ブルガリアの左からのコーナーキック。キーパーが上がってくる。ピルロがクリア。左からのクロスをファーで頭を合わせるが、サイドネットを揺らす。下田さんが同点?ってことになっていた。試合終了、1-0でイタリアの勝利!

※次節・ワールドカップ出場なるか(※2013年9月11日の雑記)

C O M M E N T


名前 :
E-mail :
URL :
パスワード :(削除用 : コメント投稿後の修正は不可)


  プレビュー

<< >>










RSS

Ringworld
RingBlog v3.22