本サイトの雑記から分離整理したできたブログ。
タイトル通りライト層による単なるメモなので面白みはないかと思われます。
書き手がミラニスタなので内容はACミラン中心です。
<< 2020年7月 >>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<<   >>

まるでコンフェデレーション・カップの続き


※ウルグアイの以前のマッチ・ようやくファラオ先発だが最終節(※2013年7月1日の雑記)

※日本の前戦・そして最終戦(※2013年7月28日の雑記)

TBS系列でキリンチャレンジカップ 日本×ウルグアイを見る。仙台、宮城スタジアム 解説/実況 金田喜稔/清水大輔 2013年8月14日19時30分ぐらいキックオフ。ウルグアイの紹介は2010年のワールドカップがベスト4だってことを推している。あと番組では柿谷が香川とのペアを推している。今回、前田は呼ばれていないんだね。そこにセレッソ大阪の柿谷が収まる感じ。
 日本のユニフォームはアディダスで例の一刀両断ユニフォーム。ウルグアイのはプーマで全身白。

 日本4-2-3-1 ザッケローニ監督
  1川島
  2内田、22吉田、15今野、16酒井高徳
  17長谷部(キャプテン)、7遠藤
  9岡崎、4本田、10香川
  19柿谷曜一朗

 ウルグアイ4-4-2? タバレス監督
  1ムスレラ
  16ペレイラ、2ルガーノ(キャプテン)、3ゴディン、22カセレス
  20ゴンサレス、20ロドリゲス、5ガルガノ、14ロデイロ
  10フォルラン、9スアレス

 ウルグアイからのキックオフ。右へのパスはカットしたと思われたが続く。右からのクロスはブロックされる。右のコーナーキック。ニアにいくが収められず。2分、香川がカットし、左サイドを上がり、クロス。岡崎に合わず。3分、日本のターン。中央から崩しにかかるが弾かれる。左へ。クロスが弾かれ、長谷部の下へ。ミドルシュートは弾かれ、軌道が変わり枠内へ。キーパーの手が触れる。4分、ウルグアイのカウンターは長谷部が戻り防ぐ。5分、本田から柿谷のスルーパスは通らず。6分、カウンターで柿谷が中央突破を狙うが囲まれ、カットされる。7分、日本のターン。長友は遠征疲れでベンチ。8分、ウルグアイはボールを回す。8分、酒井の左からのクロスで岡崎がマイナス方向で足を延ばすも届かず。10分、ウルグアイのカウンター、スアレスとフォルランのコンビネーションが合わず。日本のターン。右からのパスでボックス内の柿谷が収めきれず。11分、ウルグアイのターン。スアレスが抜け出し、川島が飛び出し、なんとか防ぐ。右のコーナーキック。弾かれるがウルグアイが防ぐ。スアレスが左寄りからカットイン。弾いて、日本ボール。12分、中盤で奪い返される。零れたところをスアレスのグラウンダーのボレーシュート。川島が押さえ前に向かって叱咤。13分、本田のパスがボックス左の柿谷に通るが、攻めきれず。パス。戻して遠藤に回るが、シュートまでいけず。14分、日本のターン。15分、ボールを回す。15分、日本のフリーキック。キッカーは本田か遠藤か。16分、本田。直接狙ったところをキーパーが弾き、吉田が詰めるもうまくいけず。17分、ウルグアイのターン。ミドルフィードはフォルランが収めきれず。18分、酒井のクロスはニアに香川が飛び込むも合わず。21分、ウルグアイがゆっくりパスを繋ぐ。22分、中盤で日本のカット。右へ。長谷部の柿谷へのスルーパスはオフサイド。23分、ウルグアイが左から。スアレスの浮き球スルーパスを出す。それをロデイロが飛び込みボレーシュートをするが浮く。26分、スアレスが左サイドを抜け出し、そのまま上がりボックス進入。右へパスし、フォルランが飛び込み、冷静に入れ込む。0-1でウルグアイの先制! 28分、ウルグアイのフリーキック。フォルランが枠の右を突く! 0-2でウルグアイが差をつける。リプレイだと川島が一瞬、向かって左に重心を動かしたのが響いて、ボール一個分、届かず。30分、左からのコーナーキックをニアで岡崎が頭を合わせるが、足でカットされる。31分、ウルグアイのターン。酒井の不用意なバックパスが相手へのパスになり、スアレスがボックス左へ進入。キーパーの前に出るが、パスを選択し、日本としては助かる。32分、岡崎が中央突破。ボックス右へのパスは柿谷へフリーで通るが、浮かせたシュートはキーパーに阻まれる。日本の右サイドからのフリーキック。33分、本田が蹴り、岡崎が頭を合わせようとするがカットされる。34分、ウルグアイのカウンターでスアレスが中央で引き付け、左へパス。フォルランがフリーになりシュートを打つが、川島のセーブ。36分、右からのフリーキック。ゴールに向かうがキーパーがキャッチ。38分、本田の右からのクロスに岡崎が頭を合わせる。キーパーが拾う。41分、右から崩しにかかるウルグアイ。右からのサイドチェンジが通る。零れたところをフォルランがシュート。浮く。42分、日本のターン。43分、スアレスが右サイドから、ボックスの縁を右から左へいくが、日本が防ぐ。再び高い位置でカットしてゴールへ迫る。ミドルシュートは川島がセーブ。45分、右のコーナーキックは戻す。前半終了、0-2でウルグアイのリード。
 日本からのキックオフ。45分、ウルグアイ左から。46分、フォルランの低いフリーキックを川島が押さえる。岡崎が抜け出し、ボックス内でキーパーと1対1になるがシュートは弾かれる。48分、本田のパスを受け左に張った香川がファールを誘う。遠藤のフリーキック。キーパーが弾く。49分、弾かれる。本田から左奥へ香川へ。ボックスの縁を上がり、クロスを出すが弾かれる。50分、遠藤の左のコーナーキック。日本が拾い戻す。51分、ペレイラが右サイドを上がり、クロスを出す。それが弾かれたが、ボックス中央のスアレスがシュート。川島の左を抜け、枠の左に行く。0-3でウルグアイが差を付ける。53分、右からボックス左の遠藤へパス。そこからのパスは弾かれ、遠藤が左に張り、戻す。本田がワンタッチで浮き球スルーパス。岡崎には通らなかったが、キーパーが飛び出してディフェンダー、岡崎と交錯し、ボックス左のフリーの香川へボールが零れ、それを冷静に入れ込む。3-1で差を縮める日本。リプレイ見ても、岡崎の膝が触れているかどうかわからないや。56分、日本のターン。57分、香川がバイタル中央で粘るもカットされる。結局、中盤でウルグアイがボールテイク。スアレスが左からカットイン。コンビネーション。川島が飛び出すもそれをあざわらうかのように、浮き球で右へパス。フリーでゴンサレスが入れ込む。1-4でウルグアイが差を付ける。59分、スアレスのミドルシュートは弱く、川島がキャッチ。60分、早いリスタートで香川がボックス中央を抜け出すもターンしてのシュートはキーパーの足でセーブされる。香川がボックス左に進入。クロスは弾かれる。61分、ウルグアイの選手の交替。二人。ガルガノ、ロデイロ→18ラミレス、8エブレ交替。酒井がバイタル中央へ行く、シュート。浮く。62分、フォルランの長い距離のフリーキックに川島が飛び出し、ヘディングを決められる。そう思われたがオフサイド。63分、柿谷→11豊田交替。65分、酒井がボールを運ぶも香川に通らず。ロドリゲス→11アルバロ・ペレイラ、ゴンサレス→21ストゥアニ交替、67分、ゴールに迫るウルグアイ。左からのクロスをファーで遠藤がヘディング。豊田が邪魔する。68分、上がってきて、本田がそのままミドルシュート。キーパーが押さえる。70分、本田か遠藤のフリーキック。71分、本田。右上に入れ込む! 2-4で日本が差を縮める。いやぁ、いいもん、見れた。ミランに行けるか? 73分、ロングボールでスアレスがゴール前に出る。浮かせたシュートはバーの上。74分、長谷部→13山口螢交替。75分、本田の右からのコーナーキック。戻す。遠藤からのリターンを本田が浮き球パス。弾かれる。山口から右奥への本田へ。ボックス内へのパスが通ったが、その後のシュートは弾かれる。ウルグアイがゴールに迫る。76分、ウルグアイのターン。ミドルフィードは中盤の豊田に通らず。77分、カセレス→6フシーレ交替。78分、ゴールに迫るウルグアイ。スアレスのグラウンダーのシュートは川島が押さえる。ゴディン→4コアテス交替。80分、日本のターン。左からの香川のクロスに本田がボレーシュート。枠のはるか上。82分、内田→3駒野交替。83分、パスを回す日本、駒野のクロスにファーの岡崎が低いボレーシュート。左に外れる。87分、中央から崩しにかかる日本。ルーズボールをスアレスと豊田が追う。リプレイではスアレスの演技が見れる。90分、ウルグアイのターン。右のストゥアニに渡ってそのグラウンダーのシュートは惜しくも左に外れる。アディショナルタイム4分。91分、日本の右からのクロスはキーパーにキャッチされる。92分、香川の左からマークを二人外しての強烈ミドルシュートはキーパーが弾く。93分、ウルグアイのターン。94分、フォルランのボックス左からのシュートは川島がセーブ。2-4でウルグアイの勝利。

※リンク追記・香川と本田の絡みで攻撃力はアップ。次の課題は守備の改善 : コラム | J SPORTS

※日本の次戦・どこがチャレンジか見極めよう(※2013年9月6日の雑記)

C O M M E N T


名前 :
E-mail :
URL :
パスワード :(削除用 : コメント投稿後の修正は不可)


  プレビュー

<< >>










RSS

Ringworld
RingBlog v3.22