本サイトの雑記から分離整理したできたブログ。
タイトル通りライト層による単なるメモなので面白みはないかと思われます。
書き手がミラニスタなので内容はACミラン中心です。
<< 2020年2月 >>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29
<<   >>

どこがチャレンジか見極めよう


※日本の前戦・まるでコンフェデレーション・カップの続き(※2013年8月14日の雑記)

 日本テレビ系列でキリン・チャレンジ・カップ2013 日本×グアテマラを見る。大阪、長居スタジアム。2013年9月6日19時30分キックオフ 解説/実況:都並敏史・北澤豪/中野謙吾

 日本4-2-3-1 ザッケローニ監督
  12西川
  3酒井高徳、22吉田、6森重、5長友
  17長谷部(キャプテン)、7遠藤
  9岡崎、10香川、8清武
  20大迫

 グアテマラ3-5-2

 日本のユニフォームはアディダスで全身紺色。グアテマラのは全身白、水色のタスキデザイン。

 グアテマラからキックオフ。2分スルーパスを狙う日本。4分、日本の左からのクロス、弾かれる。5分、かわしての右からのクロスは弾かれる。長谷部がボックス右奥へ流れ、戻しのクロス。それを香川がボレーシュート。ブロックされる。右からのコーナーキック。ファーで森重がヘディングをするが浮く。8分、大迫をターゲットに香川がハイボールのパス。届かずキーパーがキャッチ。10分、攻め続ける日本。右のゴールライン際で岡崎が中央へ寄せ、浮き球。ファーで清武が頭を合わせるが外れる。11分、迫るグアテマラ。16分、攻める日本。19分、左からのグラウンダーのパスをワンタッチでヒールでボックスの左奥へそれを清武がシュートを打つもサイドネットを由良巣のみ。左からのクロスをファーで森重が頭を合わせるが上に外れる。20分、大迫のミドルシュートはキーパー正面。21分、しかし決め手にかけるね。28分、グアテマラが攻めている時間。32分、遠藤香川のコンビネーションで、最後ボックス内で大迫がシュートを打つがセーブされる。33分、右のコーナーキック。弾かれる。38分、長友が左奥にドリブルで上がり、クロスがファーへ。岡崎が頭を合わせるがブロックされる。45分、高い位置で奪って日本のカウンター。奪い返される。0-0で前半終了。
 日本のキックオフから。大迫→11柿谷曜一朗交替、清武→4本田交替。攻める日本。49分、長友が上がっての左からのクロスをファーで本田が頭を合わせ入れ込む! 1-0で日本の先制。51分、岡崎がボックス右よりへ飛び出し、足を合わせるが、外れる。60分、岡崎→18工藤交替。65分、ボールをバイタルの左からワンタッチで二人がつなぎ、中央で本田のミドルシュート。弾かれる。惜しい。66分、長友の戻しのパスから遠藤のミドルシュートは左に逸れる。68分、日本の右からのショートコーナー。長谷部のスルーパスにボックス右に香川が切り込む(結果的に香川のワンツーだね)。ニアへのクロスに工藤が飛び込みキーパーの裏を通り入れ込む。2-0で日本が差を広げる。70分、グアテマラのフリーキック。それを弾いて、日本のカウンター。柿谷が運び、本田へのスルーパス。しかしその届く前にカットされる。惜しい。75分、日本のフリーキック。遠藤が蹴り、壁に当たって、ボテボテだけど、キーパーがすでに左に飛んで、入る! 3-0で日本が差を付ける。グアテマラの選手の交替。78分、遠藤→14青山交替。85分、長谷部の縦パスに右から工藤のシュート。左に逸れる。惜しい。そうか柏レイソルの選手か。87分、本田の浮き球パスにボックス左で工藤が頭を合わせるが外れる。3-0で日本の勝利。
 本田がユニフォーム交換していた。

※日本の次戦・サリーもプリンスも居ない中で(※2013年9月10日の雑記)

C O M M E N T


名前 :
E-mail :
URL :
パスワード :(削除用 : コメント投稿後の修正は不可)


  プレビュー

<< >>










RSS

Ringworld
RingBlog v3.22