本サイトの雑記から分離整理したできたブログ。
タイトル通りライト層による単なるメモなので面白みはないかと思われます。
書き手がミラニスタなので内容はACミラン中心です。
<< 2020年9月 >>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
<<   >>

ようやくファラオ先発だが最終節


※ウルグアイ前節・まずは南米対決(※2013年6月27日の雑記)

※イタリア前節・先発ロッソネロの居ない手負いのイタリア(※2013年6月28日の雑記)

 NHK-BS1FIFAコンフェデレーションカップ2013 決勝トーナメント 3位決定戦 ウルグアイ×イタリア 現地時間2013年6月30日13時キックオフ。ブラジル、サルバドール、フォンチノーバ・アリーナ 解説/実況 山本昌邦/杉澤僚

 ウルグアイ4-3-1-2 タバレス監督
  1ムスレラ
  16ペレイラ、2ルガーノ(キャプテン)、3ゴディン、22カセレス
  5ガルガーノ、17アレバロ、7ロドリゲス
  10フォルラン
  21カヴァーニ、9スアレス

 イタリア4-3-3 プランデッリ監督
  1ブッフォン(カピターノ)
  2マッジョ、4アストリ、3キエッリーニ、5デ・シリオ
  6カンドレーヴァ、16デ・ロッシ、18リッカルド・モントリーヴォ
  23ディアマンティ、11ジラルディーノ、14ステファン・エル・シャーラウィ

 ようやくステファン先発! というか、ステファンとのカヴァーニのマッチアップする位置関係だね。でも精神的な疲れとやらは癒えているんだろうか。ウルグアイのユニフォームはプーマで水色シャツに黒パン黒シャツ。イタリアのユニフォームはプーマで白一色で胸に青の四角。しかしイタリアは120分マッチの後の中二日スケジュールでボロボロなんだろうけど、果たして。ステファンはすっかりアシンメトリーな剃りが消えているね。今やシリオの方がより代表っぽい。そして最後のイタリア国歌熱唱。歌っている最中に歓声が起こる。ブラジルのファンは熱いね
 イタリアからのキックオフ。ジラルとディアマンティから。まず下げる。1分、ウルグアイのターン。それをカットして左サイドでジラルがファールを誘う。2分、中盤のジラルへのパスはオフサイド。3分、リッカのプレッシャー。ウルグアイの右でスアレスをシリオが後ろから倒す。杉澤さんによるシリオの紹介。4分、依然、ウルグアイボール。スアレスからキエッリーニがボールテイク。5分、右からのクロスはファーのフォルランに通り、そこからのクロスはゴール前に行くも詰めきれず。あぶねー。ステファンがバイタル左からボックス進入。すぐに左のシリオにパスし、ワンタッチでのクロスは弾かれる。スローインで左からカンドレーヴァが加わり崩しにかかるが攻めきれず。6分、カセレスのロングボールが右のスアレスに通るも攻めきれず。7分、イタリアのターン。二つ目のボールが入ったのでちょっと中断。左からの崩しでシリオに対するペレイラのイエローカード。足がかかったとのことで。左サイドからのフリーキックでディアマンティがキッカー。8分、ニアでキエッリーニが頭を合わせるもおしくも右の枠外。9分、ウルグアイのターン。カヴァーニが中央突破しようとするもキエッリーニがカット。左奥のシリオにパスが通り、クロスを出すも中でカット。積極的と杉澤さん。10分、ロッシが左寄りからロングシュート。浮く。カヴァーニが中央突破をしようとしてファールを誘う。良い位置でのフリーキック。スアレスのゾーンだ。11分、キッカーはフォルラン。低いボールが壁を抜けるもブッフォンが左に倒れ押さえる。あぶねー。12分、ウルグアイのターン。13分、会場ではウェーブが起こっているそうな。確かに画面の端に見える。14分、ウルグアイのハイプレス。かわしながらも低い位置でボールを回すイタリア。左奥のシリオにパスが通り、直ぐにマイナスのクロスを出し、そこにカンドレーヴァが飛び込みシュート。キーパー押さえる。惜しい! ステファンの空けたスペースを利用したクロスと杉澤さん。15分、カンドレーヴァ→ディアマンティでワンタッチの浮き球スルーパス。ジラルが引き付けてステファンが近い位置に飛び込むもカットされる。16分、ステファンの精神面へのプランデッリ監督発言を杉澤さんが言及。ロッシが縦パスでディアマンティが受け、ドリブルでマークを外してのミドルシュートは枠外。17分、シリオにカヴァーニがマークしてた。右からのボックス左へのジラルへのパスは遠い。19分、ロッシが戻ってのカット。そこからロングドリブルで、カンドレーヴァにパス。そこからマークを外してのミドルシュートは浮く。21分、ウルグアイのターン。カットして攻守交代。カンドレーヴァがバイタル左に行き、シリオにパスし折り返しのクロスはカットされ、コーナーキック。22分、カンドレーヴァのキックは弾かれる。左からのスローインにカンドレーヴァがミドルシュートするもカットされる。右からのフリーキック。23分、ディアマンティがキッカー。実は直接狙ってきた軌道でキーパーが慌てて弾こうとしたらポストに当たって、それがキーパーの背中に当たり、入ったかと思ったが外れ、それをアストリが押し込む! すぐ走っていってハグしんたで誰が入れたのかと思ったら、アストリだった。0-1でイタリアの先制! 見ているこっちもハグのポーズをしちゃったよ。25分、右サイドでボールをおさめきれずラインを割るマッジョへブーイング。左からのクロスは、キエッリーニが押さえたスアレスの頭上を通り、ブッフォンが飛び出しキャッチ。そこでスアレスがキエッリーニが何やらいっていた。駆け引き。26分、ステファンがドリブルでバイタル左からカットイン。ディフェンダー3人を引き連れ、バイタル中央のジラルへパス。すぐに折り返し、ボックス進入するも収めきれず左に流れてしまう。ステファン! ウルグアイのボックス右のスアレスへのスルーパスが通り、すぐにシュート。ブッフォンが弾く。27分、右からのフォルランのコーナーキック。素通りして、イタリアボール。カンドレーヴァが走り、ファーに切り込むステファンへのパスは中で弾かれる。左からのクロスは遠く。ファーでリッカが追い付き、戻す。カセレスは怪我でピッチ外。28分、シリオが左からカットインで左のステファンを使いワンツー。バイタル左でのシュートはブロック。29分、フォルランの左からやや中央へよってからののミドルシュートはブッフォンが押さえる。29分、シリオが上がってパスを貰うも胸トラップでおさめきれず。それにしてもよく上がってくると杉澤さん。30分、ウルグアイのターン。イタリアが中央でいなす。しかし攻守交代時にシリオのハンド。カセレスが頭に包帯を巻いてピッチ内に帰ってくる。31分、フォルランのフリーキック。距離のあるところ。完全にフリーでカヴァーニがヘディングシュートでネットを揺らすも、やっぱりオフサイド。びっくりした。32分、縦パスをバイタルでジラルのポストプレー、ワンタッチしてマイナス方向へ。そこにステファンが飛び込みミドルシュート。左に行くもキーパーのファインセーブ。入れろよ、ステファンの泣き顔になってしまった。さすがジャンパオロ・パッツィーニの遺伝子を持つジラルディーノのポストプレーのうまさ(ホントはその逆)。左からのコーナーキックは弾かれ攻守交代。33分、ディアマンティの浮き球スルーパスにジラルが飛び込むもキーパーが先にキャッチ。35分、マッジョの右からのクロスにジラルがバイタル中央でポストプレーにてリフト。それにステファンが飛び込むもボールに触れず。カヴァーニが左からミドルシュートは足元でブロック。それを拾ってフォルランが左からのミドルシュート。ブッフォンがキャッチ。36分、カヴァーニがバイタル中央で起点になり、右へ。ペレイラがボックス右へ進入し受け取り回転してのシュートはブッフォンのファインセーブ。37分、右からのフォルランのコーナーキックは弾かれる。1点目のリプレイでその得点はアストリかディアマンティかという問題提起。38分、カヴァーニがボールを運ぶドリブルで加速。バイタル左で急停止。スルーパスはキエッリーニがカット。フォルランのマークを外してのグラウンダーのミドルシュートはブッフォンが押さえる。39分、カセレスが転んだ所にステファンがボックス内左でボールをキープして、シュート。前に出たキーパーをかわすも後ろにいたディフェンダーがカット。惜しい! 入ってくれ! 39分、ウルグアイの左からのクロスをカットする際、イタリアの自陣ボックス内のハンドをウルグアイがアピールするが流れる。41分、低い位置でボールを回すイタリア。左からのクロスにジラルが飛び込み左奥へ流れる。そこで起点になり、カンドレーヴァに戻し、そこからのミドルシュートはキーパーキャッチ。ステファンはゴール前。42分、ウルグアイのミドルシュートは右に外れる。ディアマンティが倒れている模様。43分、ディアマンティがバイタル左でキープ。結局、マークを外し自分からのミドルシュートは外れる。44分、ウルグアイの左でカットしてイタリアへの攻守交代。アディショナルタイム2分。45分、イタリアの低い位置での右でリッカがフォルランからプレッシャーを受ける。46分、なかなか前へいけないイタリアにブーイング。リッカからステファンへの浮き球スルーパスはオフサイド。前半終了、0-1でイタリアのリード。
 結局、ディアマンティのゴールだそうな(※後でさらに訂正あり)。後半開始前にNHK実況陣にてステファン評。はじめは堅さがあったが、ジラルディーノとのコンビネーションもいくつかあったと山本さん。
 ウルグアイからのキックオフ。47分、イタリアの右からのクロスは通らず。イタリアは基本、4-3-3と山本さん。48分、カンドレーヴァが左への縦のグラウンダーのパス。シリオがキープするがカットにあう。49分、ウルグアイのターン。50分、ウルグアイの右からのクロスがファーに流れ、フォルランの左からのクロスもファーへ流れる。リプレイでゴール判定システムが初めてお目見え。CGだね。結局、アストリのゴールだって。51分、シリオが顔をおさえ倒れている。ペレイラの肘が当たった模様。52分、ウルグアイに弾かれ、低い位置右からイタリアのスローイン。53分、ウルグアイのターン。縦パスがあわず。右からのスローイン。弾き、零れたところをバイタル右からのボレーシュートはブッフォンがおさえる。54分、キエッリーニにイエローカード。バイタル右からのウルグアイのフリーキック。ロドリゲス→20ゴンサレス交替。55分、スアレスがキッカーで壁に当たる。56分、スアレスがえぐるようなドリブルはほんとにえぐってゴールラインを割る。57分、高い位置の右でウルグアイがカット。ショートカウンターで、ボックス左にカヴァーニが抜け出しシュート。ブッフォンが横跳びするも間に合わず、右を抜け、ゴールマウス右へ入る。1-1でウルグアイが追い付く。イタリアに火が着くと嬉しいが。59分、イタリアの左からのクロスは弾かれる。60分、ウルグアイのターン。スアレスが高い位置で相手の足をかけ、イエローカード。61分、アクイラーニとジャッケリーニがウォーミングアップ中。62分、中央の崩しはカットされる。63分、ウルグアイが高い位置でカット。スアレスがボックス右でドリブル。スルーパスを選択するが合わず。64分、フォルランの右からのコーナーキック。イタリアの苦しい時間。65分、イタリアのカウンターで、ステファンが右の低い位置で縦パス。そこからの戻りのパスがカットされる。66分、マッジョの右からのクロスにステファンが中央で頭を合わせるがその前に弾かれる。67分、高い位置でカットして、ボックス左にフォルランが迫り、シュートにいき、ブッフォンのカット、跳ね返ったところを足でカット。スーペル・セーブ! 思わず拍手。68分、フォルランの左からのコーナーキック。ファーで折り返されるもディアマンティがクリア。チェルチとアクイラーニが呼ばれている模様。チェルチは意外とこの大会で出なかったね。ショートコーナーでゴンサレスのミドルシュートは左上に逸れる。あぶねー。デ・ロッシ→7アクイラーニ交替。70分、左からボックス右へのカヴァーニへのスルーパスが通るもオフサイド。こえー。71分、ステファンが左からバイタル中央へのカットインに足が出てステファンが倒れる。絶好の位置でフリーキックを得るが、まだ倒れているステファン。心配。72分、ディアマンティがキッカー。直接右に決める! 1-2 リプレイだと綺麗な弧を描き、右下に落ちているね。というか、本田選手よりディアマンティにミランのターゲットが移るのでは? 74分、ディアマンティがオフ・ザ・プレイでガルガーノからちょっかい出される。75分、リッカが中央でドリブルで上がる。左へパス。そこからのアクイ(?)のミドルシュートは止められ、そこにジラルが詰めようとするもオフサイド。ウルグアイの右サイドでカセレスとステファンのマッチアップ。76分、カヴァーニに対するアクイのファール。やや左寄りの絶好の位置でフリーキック。カヴァーニがキッカー。左上に決める。2-2でウルグアイが追い付く。というかこちらはドッピエッタ! リプレイだと中央上でブッフォンが届いているのだが、弾けず。78分右からのクロスにステファンが飛び込むも合わず。カンドレーヴァの左からのクロスは弾かれる。79分、カンドレーヴァの左からのコーナーキック。マッジョが飛び込みジラルが頭を合わせるも右に逸れる。79分、短いパスを繋ぐイタリア。アクイを使ったカンドレーヴァのバイタル中央からのループシュートは落ちきれず。80分、マキシリアーノ・ペレイラ→6アルヴァロ・ペレイラ交替。何か観客席に青黒縦縞が見えたけど、気のせいだろう。81分、センターサークルでリッカがイエローカード。ついていけないって感じなんでしょうね、と山本さん。82分、ディアマンティ→22ジャッケリーニ交替。カヴァーニを含む三人により右からの崩しを何とか防ぐ。83分、スアレスが高い位置でカットしたとおもわれたが、ファール。あぶねー。マッジョが右から裏へ抜け出す動きでホイッスル。オフェンスファールだそうで。84分、ジャッケリーニが中盤でカット。ドリブルで加速して、アクイにマイナスのパス。そこからのミドルシュートはキーパーキャッチ。良い動き。85分、中盤でカヴァーニとアクイのマッチアップ。イタリアのメディアはアクイラーニとモントリーヴォがもうちょっと活躍してくれればという声があると杉澤さん。だねー。86分、イタリアのパス繋ぎ。左から右へのサイドチェンジのジラルは追い付かず。87分、中盤でのカヴァーニに対するアクイのカット。スローイン。ウルグアイのターン。ペレイラがクロスを出し、カット。ウルグアイの左からのコーナーキック。88分、フォルランのショートコーナー。ファーへ戻しのパスはカセレスに合わず。フォルランの左からのドリブルはアクイがカット。まだウルグアイボール。アストリが足を吊っている。一時中断。両足ともらしい。アストリがピッチ外。アディショナルタイム3分。91分、ウルグアイのターン。ペレイラの左からのクロスをいなす。カウンター。ステファンが左奥へ追い付く。カセレスの足がステファンごとけって、ボックス外左からフリーキック。92分、カンドレーヴァがキッカー。素通り。そのゴールキックがブッフォンまで戻り。蹴ったところで2-2で延長戦突入。中二日の連続の120分でイタリアに不利だね。メンタル的には勝ちたいというのが伝わってくると山本さん。
 前に腕を組むステファン映像。
 90分、ボールを回すイタリア。カンドレーヴァからのクロスはカット。攻守交代。91分、オフェンスファールで攻守交代。92分、ボールを回すイタリア。さすがに初めよりプレッシャーが緩い。左からの攻め。93分、カセレスを右に持ってきて(ディフェンスが)安定してきたと山本さん。94分、ウルグアイのターンかと思ったら、ゴールキックをカットして左のステファンがパスをおさめきれず。アストリ→19ボヌッチ交替。95分、ボールを回すイタリア。左から右へのサイドチェンジでボールが零れる。攻守交代。96分、左からの攻めでペレイラが追い付けず。攻守交代。97分、スアレスのカヴァーニとのコンビネーションでボックス右へ進入。弾きコーナーキック。98分、フォルランの右からのコーナーキックがゴール前に転がるがクリア。リプレイではスアレスのハンド、アクイの後ろからの相手の股間をとおしたキックがあった。99分、イタリアのターン。ジャッケリーニへのパスが通らず。そこからのカウンターでスアレスがボックス左に進入。キエッリーニが押さえゴールキックへ。リプレイだとスアレスのダイブだね。100分、イタリアのターン。シリオの左からのクロスは中で弾かれる。右サイドでは崩せず。101分、イタリアが右から左へボールを回す。ゆっくりまわす。ブーイング。ジャッケリーニから浮き球。ボックス内のジラルに合わず。102分、スアレスからボックス内へのパスがカヴァーニに通ったかと思われたがトラップが大きく、両サイドから挟み、イタリア助かる。103分、シリオの左奥からのクロスは精度を欠き大きい、攻守交代。カウンターはシリオが戻りカット。アップの表情はいつものポーカーフェイスながら疲れが滲み出ている。104分、イタリアがボールを回す。バイタル中央で、ジラルが左のステファンへショートパス。そこからまたをぬくスルーパスは合わず。アディショナルタイム1分、105分、アクイのミドルシュートは目前でブロック。マッジョがオーバーラップするもクリアされる。右のスローインに入る前に延長前半終了。
 杉澤さんによるとレフリーも水を取りに行ったり足にきたりする過酷な戦いとのことだ。
 105分、ウルグアイのキックオフ。アレヴァロ→15ペレス交替。106分、ウルグアイのターン。ボールを回すイタリア。ジラルがオフサイド。107分、リッカがボールを運ぶ。攻め倦ねるイタリア。108分、左奥へのシリオへのミドルフィードはカット。リッカからの左へのパス。カンドレーヴァのミドルシュートは左へ逸れる。109分、スアレスが高い位置でカット。リッカへイエローカード。その理不尽さに笑いながらリッカが退場。二枚目のイエローカードだね。110分、カヴァーニがフリーキック。ふかして助かる。111分、中盤右からのパスがカットされる。ボールを回すウルグアイ。ウルグアイの浮き球スルーパスは合わず。112分、徐々にだけどイタリアが押される展開。スアレスとカヴァーニのワンタッチでの中央突破を何とかカット。左からのクロスは右へ流すアッズーリ。113分。スアレスの強烈ミドルシュートは浮いて助かる。114分、ゴールキックがカットされる。カヴァーニのバイタル右からのシュートは左に逸れる。リプレイだとマークはステファンだったね。115分、ウルグアイのターン。しかし全然、イタリアがゴールに迫れない。サイドチェンジで右からのマイナスのクロスにカヴァーニがミドルシュート。浮く。116分、シリオが左サイドを上がる。ボールを回しながら時間を使う。117分、ウルグアイの右からのクロスを弾く。左に回すウルグアイ。左からのクロスをブロックし、左からのコーナーキック。ショートコーナーでバイタルからのスルーパスを上へ弾き、ブッフォンがキャッチ。118分、ボックス左へボールが零れ、スアレスがショートパス、カヴァーニがシュートにいくが弾き、ガルガーノがミドルシュート。ブッフォンが弾き、それにカヴァーニが詰めようとするがオフサイド。119分、高い位置でスアレスがカットし、ボールを運ぶがなんとか凌ぐ。120分、2-2で試合終了! PK戦に突入。ああ、なんかデジャブ。
 ステファンの映像でこういうのを乗り越えて欲しいですね、若い選手には、と山本さん。
 フォルランがキッカー。左寄りに行ったのをブッフォンがセーブ! 0-0。アクイラーニ。キーパーが右に飛ぶも右上に入れる。0-1。カヴァーニ。左に飛ぶが右にボール。1-1。ステファン。つか初めて見るぞステファンのPK! 観客が騒然。右に飛んだ所を左に入れ込む。1-2。あぁ、よかった、これで後に引きずらない! スアレス。左に飛んだ所を右に入れる。2-2。デ・シリオ。なぜかブーイング。左にシュートをいったところを止められる。さすがのシリオも顔を覆う。2-2。カセレス。右にボールが行ったところをブッフォンが左の飛んで腹に収める! 2-2。まずジャストミートしてませんね、と山本さん。ジャッケリーニ。左に飛んだところを右に流し込む。2-3。ガルガーノ。左に行ったところをブッフォンが左へジャンプキャッチ! 2-3でイタリアの3位決定!
 ブッフォンにみんな笑顔でかけよってハグとかたたき合うとか。シリオも笑顔。良かった、良かった。拍手! フォルランとステファンが握手。いやぁ、よくがんばった。イタリアの2点目はステファンのカットインからなのを認識宜しく。

※イタリア次戦・法王杯と呼びたくなる(※2013年8月15日の雑記)

※ウルグアイの以降のマッチ・まるでコンフェデレーション・カップの続き(※2013年8月14日の雑記)

※次回の同カード・マッティア、ミッドフィルダー!(2014年6月25日の雑記)

C O M M E N T


名前 :
E-mail :
URL :
パスワード :(削除用 : コメント投稿後の修正は不可)


  プレビュー

<< >>










RSS

Ringworld
RingBlog v3.22