本サイトの雑記から分離整理したできたブログ。
タイトル通りライト層による単なるメモなので面白みはないかと思われます。
書き手がミラニスタなので内容はACミラン中心です。
<< 2024年6月 >>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
<<   >>

ツリー型のイタリア


※メキシコ前節・まるでメキシコホームのような(2011年6月26日の雑記)

※イタリア前節・こっちも涙目。(2012年7月2日の雑記)

※イタリア前戦・コンフェデ前の調子を見てみよう(2013年6月12日の雑記)

 NHK-BS1FIFAコンフェデレーションカップ2013 1次リーグ グループA メキシコ×イタリア 現地時間2013年6月16日16時キックオフ。ブラジル、リオデジャネイロ、マラカナン・スタジアム 解説/実況 早野宏史/横井健吉
 いきなりステファンのヒールトラップ映像来た! 入場ではデ・シリオの顔が。そして遅刻で小走りのブッフォン(笑) マリオも最後尾に居る。リッカ、アバーテもちゃんと居る…やはりステファンはなかなか先発に起用されないね。メキシコ国歌は伴奏がほとんど聞こえず観客の歌が全体を覆うという変な音声状況。このグループAでは一番、強いチームじゃないかな。そしてイタリア国歌。リッカとアバーテが仲良く肩組んで…というよりみんな肩を組んでいるので、ピルロとデ・シリオも肩を組んでいる。もちろんいつものようにみんなで歌う。

 メキシコ4-2-3-1 デ・ラ・トゥーレ監督
  12コロナ
  22フローレス、2ロドリゲス(キャプテン)、15モレノ、3サルシド
  17サヴァラ、6トルラード
  11アクイーノ、10ドス・サントス、18グアルダード
  14エルナンデス

 イタリア4-3-2-1 プランデッリ監督
  1ブッフォン(カピターノ)
  20アバーテ、15バルザッリ、3キエッリーニ、5デ・シリオ
  16デ・ロッシ、21ピルロ、18リッカルド・モントリーヴォ
  8マルキージオ、22ジャッケリーニ
  9マリオ・バロテッリ

 メキシコのユニフォームはアディダスの緑シャツに赤パン赤ソックス、イタリアのはプーマの白一色、胸に白のライン。
 メキシコからのキックオフ。右サイドでボールロストしかけメキシコが自陣ゴールまで戻す。高い位置で右サイドでカットしてイタリアがショートカウンター。スルーパスが通らず。1分、左サイドでシリオが当たりでボールテイク。なんか逞しいぞ。2分、積極的に攻めるがイタリアも当たり負けしない。3分、左サイドで短いパスをつなぐ。ピルロが後ろからのチェイスを華麗にかわし左にパスするがオフサイド。だねー。4分、メキシコが低い位置でのパスミスでマリオがカットするが、そこからのシュートは押さえきれず。でもその調子。5分、メキシコも短いパスで崩しに掛かる。イタリアは崩れない。メキシコがプレッシャーをかけてきて、イタリアに余裕を与えない。6分、リッカが左サイドからジャッケリーニをつかってワンツー。完全にフリーになってリッカがボックスに切り込む。そのパスはボックス内のマリオに通るがシュートはキーパーに弾かれる。それに詰めきれてない。惜しい。7分、ミドルフィードがオフサイドなしに、ボックス左のジャッケリーニに通り、自らマークを外しての右シュートは落ちきれず。8分、イタリアがハイプレスで相手のミスを誘いピルロの縦パスがバイタルのマリオに通る。マリオのシュートはキーパーが収めきれず、それにジャッケリーニとマルキージオが詰めるが間に合わず。ここで点を入れておかないと流れが逃げるぞー。9分、メキシコがようやく自陣から脱出するかにみえたが中盤でパスカットに遭う。10分、メキシコが低い位置でパスを回し、調子を戻そうとする。ドス・サントスが左サイドを上がり、ゴールライン際でアバーテを転ばし、ノーファールでクロス。そこのボックスのニアにグアルダードが飛び込みシュート。ブッフォンが触れるか触れないかの高さでクロスバー。こえー。11分、左サイドを上がるがカット。しかし奪い返しピルロの縦パスにマリオがミドルシュート。押さえきれず浮く。12分、シリオが上がって、バイタルのマリオにパス。ワンタッチでジャッケリーニがボックスに飛び込むもオフサイド。13分、メキシコのミドルフィードは合わず。というよりイタリアの奇麗なフォーバックに見取れてしまう。早野さんもそれを指摘。14分、マリオが右サイドライン際を突破しクロスを出すも合わず。自陣バイタルでピルロがチェイス。さらにキエッリーニが倒し、相手にフリーキックを与える。15分、キッカー、ドス・サントスで壁に当たる。依然、メキシコボール。奪って、そこからのカウンター。左に張るジャッケリーニにパスが通り、そこからのクロスにボックス内のピルロが倒れるもノーファール。早野さんはマルキージオがボールを呼び込めてないとの話だが、リッカ、ジャッケリーニ、マリオ、ピルロがよく合っていて左が攻めやすくなっているんだろうね。18分、マリオがバイタルでボールを受け、右に行き、大きなモーションでミドルシュートを狙うが空振り。そのまま倒れる。長い間、コントのように倒れていた。19分、メキシコのターン。グアルダードがバイタル左からのミドルシュートは浮く。イタリアのミドルフィードにマルキージオがハイキックのファール。21分、メキシコのカウンターで、グアルダードがボックスでフリーだったが、左からのシュートを選択。ブッフォンが押さえる。イタリアが攻めてまたカウンターに行きかけたが、マリオが芽を摘む。ファール。22分、大きなスペースでリッカからのパスを受けたシリオのクロスは誰にも合わず。おもちゃか。でもイタリアの右コーナーキック。23分、ピルロがキッカーでキーパーキャッチ。早野さん曰く、イタリアの中盤3人は流動的だそうで。24分、マリオが左サイドをえぐるように抜くが、戻しのクロスはカットされる。リッカが高い位置でカットしてボックス左に進入。しかしキープしている間に囲まれパスをカットされる。25分、バイタル前でマリオにパスし、突破しようとしてファールを誘う。26分、キッカーはピルロがマリオか。ピルロが早い段階で蹴って、壁を越え左上に吸い込まれる。キーパーが飛ぶも間に合わず。リプレイでキーパージャンプしつつ、手を出し竦んでいる。みんなでハグでダンゴ状態。0-1でイタリアの先制! 28分、ピルロからのスルーパスがジャッケリーニに通るが胸トラップの間に囲まれる。29分、ゆっくりボールを回すメキシコ。30分、ドス・サントスの左に上がってのクロスはキエッリーニがクリア。30分、メキシコの左コーナーキック。しのぐ。32分、ドス・サントスが前からプレッシャーをかけ、バルザッリが倒し、ペナルティキック。ひでー。33分、キッカーはエルナンデス。ブッフォンが左に飛んで、右端へ決める。1-1でメキシコが追い付く。35分、メキシコのプレッシャーが強くなっているね。ジャッケリーニのミドルフィードのスルーパスは通らずキーパーキャッチ。36分、リッカのスルーパスにジャッケリーニに通り、三人に囲まれる。メキシコの攻撃。左から、右にパスがまわり、アクイーノがボックス進入。シリオがカット。よく働くね。37分、アバーテの右からのクロスはキーパーにパンチング。バルザッリがイエローカード。38分、イタリアがゆっくりパスを回す。右奥のシリオにパスが通り、リッカに戻して、バイタル左からのクロスにファーのマリオに合わず。39分、高い位置でイタリアがカット。ボックスのライン際でマリオに通り、マークを外しつつシュートをするが緩くてキーパーが拾う。40分、ピルロが中盤でパスカットに行ったと思ったら、ワンタッチでスルーパス。それが右を上がるアバーテに通り、そこからニアへのクロス。マリオが飛び込むも、キーパーが飛び出し間を割る。ボックス左のシリオにパスが通り、折り返しのクロスにジャッケリーニが飛び込むもタイミングが合わずそのまま流れる。一瞬スルーかと思ったら、後ろに誰も詰めてなかった。早野さんにはジャッケリーニは好評価。前半のうちに差を付けたいところ。43分、中盤、右でカット。それがジャッケリーニに通り、さらに縦パスにマリオが飛び込むがその前にキーパーがキャッチ。44分、シリオがサイドチェンジを受け中に切り込むかとおもったら、ラインを割っていた。さすが表情を変えないから判らない。45分、ボックス内のマリオを狙ったミドルフィードは通らず。1-1で前半終了
 マリオとシリオが仲良く話ながら出てくる。しかし国旗の色が同じなんでどっちのサポーターか判りにくいね。
 イタリアからのキックオフ。いきなり前掛かりだな。両サイドバックが上がっているし。最終ラインでボールを回す。アバーテからのミドルフィードはマリオに通らず。前戦からプレッシャー。46分、ファールで攻守交代。長谷部みたいな雰囲気のモレノがオフ・ザ・ボールでマリオを後ろから襲う。イエローカード。48分、放り込みを多用するイタリア。リッカがバイタル右のマリオを使ってのボックス右奥へ張り出すが二人に囲まれ潰される。そこからのカウンターはグアルダードが中央をドリブルで運ぶがバイタルで二人で当たってあっさり奪われる。49分、左からのクロスが零れ、右のマリオが拾いそこからの早いクロスは誰にも回らず。イタリアに戻り組み直し。50分、ジャッケリーニの左をえぐるようなドリブル突破。戻しのクロスはクリアされる。51分、ピルロの右からのコーナーキックは弾かれる。バイタル手前左でマリオがポストプレー、入れ替えで前に出るも引っ張られファールを誘う。52分、キッカーはピルロかマリオか。マリオが引き下がる。メキシコ、アクイーノ→21ミエル交替。53分、壁の下を通すピルロのフリーキックは零れて、リッカに回る。リッカのシュートはキーパーに阻まれる。悔しくてしばしうずくまるリッカ。54分、高い位置でカットするイタリア。左でハンドを誘ったようだ。55分、ピルロのキック。クリアされる。右サイドでマリオが足を引っかけられる。ちょっとつっかかるマリオ。右サイドからピルロがキッカー。56分、弾かれ右のコーナーキックへ。ここで入れないとね。零れたボールにアバーテに対してスライディングしたドス・サントスのイエローカード。ペナルティアーク前に絶好の位置からのフリーキック。58分、もうマリオがいかなくなったと早野さん。諦めたか。ピルロがキッカー。右上に逸れる。59分、メキシコが左から崩しに掛かる。倒れるもノーファール。次はピルロからのミドルフィードでマリオがボックス内で転ぶもノーファール。悔しくてマリオがスパイクを蹴り上げる。飛んでいくスパイク。拾うところで大きな歓声とブーイング。苦笑いマリオ。60分、スペインのようにイタリアが押し込みながらパスをまわすと横井さん。そこまでいったらスペインに失礼と早野さん。61分、左サイドのスルーパスにシリオが追い付かずゴールキックへ。観客のマリオブラザースのレイヤーを映す。62分、メキシコのターン。63分、モントリーヴォが攻守によく動くと横井さん。フローレスがキエッリーニの腹を跳び蹴りして攻守交代。64分、リッカが左奥に抜けクロスを出そうとするがカット。さらにシリオに回り、左奥に上がってのクロスはニアに飛び込むマリオに合わず。大きい。65分、メキシコの右コーナーキック。クリア。前から行くメキシコ。キエッリーニから奪ったように見えたが奪い返す。そのときにメキシコの選手が倒れるがノーファール。66分、右奥のマルキージオがマイナスのクロスを出すがキーパーキャッチ。67分、アバーテのクロスはマリオの頭上を素通り。点を入れろー! マルキージオ→17チェルチ交替。早野さんのチェルチの解説が的確。(トリノで)突破する力があるとのことで。68分、シリオのクロス、チェルチが頭を合わせるが前に飛ばず。ドスサントスにアバーテが付いていく。ドス・サントスはコーナー付近で倒れ、フリーキックを得る。69分、ヘディングシュートにいかれるが、左に逸れる。あぶねー。70分、チェルチが右サイドからバイタル右にいってのミドルシュートは左のコーナーキックを誘う。ピルロはショートコーナー。71分、クロスが弾かれ、バイタルのマリオに零れそこからのミドルシュートは左に外れる。72分、古代ローマの兜を付けてくるサポーターが映る。73分、ボールを回すメキシコ。フローレスのグラウンダーのミドルシュートはブッフォンが押さえる。74分、デ・ロッシにフローレスの肘が入る。イエロー出しても良いですね、と早野さん。同感。なんかピルロを中心にリッカ、マリオがレフリーが話している。ドロップボールで再開。ドスサントスにバルザッリがスライディングでクリア。76分、メキシコの左コーナーキック。イタリアボール。77分、デ・ロッシの浮いた縦パス。それにジャッケリーニが足のワンタッチで浮かせたスルーパス。それにバイタル中央でポストプレーのマリオ、入れ替わってサイドから二人のディフェンダーが来る中を右足を伸ばしインサイドで当て、キーパーが足で触れるもそのままゴールマウスの上に入る! 1-2でイタリアが勝ち越し。マリオがすぐにシャツを脱ぎ、後ろの青いテーピングを見せつつ、例のセレブレーションをしようとするがうしろからすぐにデ・ロッシが飛び付きできずにみんながハグ状態。みんな戻ってくるときにシャツを着ようとするマリオがわびしい。そしてすぐに観客席のマリオを映すのはさすが。マリオは当然、イエローカード。確かに、画面の前で「脱ぐなよ!」ってツッコミを入れてしまった。79分、ボールを回すメキシコ。しかしステファンはジャッケリーニに差を開けられまくりだな。80分、デ・ロッシにイエローカード。82分、チェルチのスルーパスは誰にも合わず。ボールを回すメキシコ。中央でのパスでロスト。83分、ボールを回すイタリア。84分、チェルチの裏へのスルーパスはカット。85分、マリオ→11ジラルディーノ交替。大きな拍手。サヴァラ→19ヒメネス交替。87分、ジャッケリーニ→7アクイラーニ交替。ついにACミラン3シーズン・チャンスメーカー・ミッドフィルダーが揃った! 88分、ヒメネスがドリブルで中央を上がり、右を狙うグラウンダーのシュート。ブッフォンが横跳びで押さえる。リッカの低い位置からのミドルフィードはジラルディーノが高さで競ってファール。攻守交代。90分、ボールを回すイタリア。アディショナルタイム3分。やはりがんがんプレッシャーに来るメキシコ。右サイドでシリオがいなし、ゴールキック。46分、股抜きパスのアバーテ。47分、イタリアの右サイド、ライン際のフリーキック。ピルロとチェルチがボールを回し時間を使う。そして試合終了、1-2でイタリアの勝利! ここにステファンが居ないのが残念だ。そしてプランデッリのインタビューを映さず切る。

※メキシコ次節・オリンピック決勝のトップチーム版(2013年6月20日の雑記)

※イタリア次節・日本に居ながらイタリア応援で(2013年6月20日の雑記)

C O M M E N T


名前 :
E-mail :
URL :
パスワード :(削除用 : コメント投稿後の修正は不可)


  プレビュー

<< >>










RSS

Ringworld
RingBlog v3.22