本サイトの雑記から分離整理したできたブログ。
タイトル通りライト層による単なるメモなので面白みはないかと思われます。
書き手がミラニスタなので内容はACミラン中心です。
<< 2024年5月 >>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<<   >>

コンフェデ前の調子を見てみよう


※前戦・マリオ&ステファン先発(※2013年6月8日の雑記)

 国際親善試合 イタリア×ハイチ ブラジルリオ・デ・ジャネイロ、スタディオ SAO JANUARIOを下記のイタリア国営放送 Rai のサイトで見る。

Rai Sport - Calcio - Brutta figura per la nazionale, 2-2 con Haiti

 というと現地時間2013年6月11日15:45キックオフか。イタリアは青一色、ハイチは赤一色。一応、イタリアがホーム扱いで後の国歌斉唱。いつものみんなで合唱だけどアクイラーニとデ・シリオ以外、見知らぬ面々。メンバーおとしてきやがったか。せめて1.5軍だった日本を見習え。
 ハイチは4-4-2。

 イタリア4-3-3 プランデッリ監督
  12シリグ
  2マッジョ、19ボヌッチ、4アストリ、5デ・シリオ
  22ジャッケリーニ、7アクイラーニ、23ディアマンティ
  17チェルチ、11ジラルディーノ(カピターノ)、6カンドレーヴァ

 元ミランが二人もいるよ!
 開始20秒でカンドレーヴァのボックス右奥からの折り返しのパスで、ジャッケリーニが流し込む! 1-0で先制! 1分、逆にハイチが右奥に切り込むも転ぶ。2分、ハイチの選手がセンターサークルで倒れている。3分、ボールを回すイタリア。4分、ディアマンティーのスルーパスにカンドレーヴァに通ったと思われたがキープできず。7分、ハイチからボールを奪ったと思ったら後ろからチャージをくらう。ボールを回すイタリア。8分、右サイドを上がって、最後はチェルチの切り込み、自らのワンタッチに追い付かず。9分、ジャッケリーニが相手に体当たり。10分、デ・シリオが左サイドを上がり、カンドレーヴァにショートパス。そこからのクロスは弾かれる。左のコーナーキック。ショートコーナーを選ぶが攻め込めず。12分、ボールを回すイタリア。マリオとステファンのベンチで仲良し映像。13分、ジャッケローニのミドルフィードに、カンドレーヴァがボックスに飛び込むもその前にキーパーが飛び出しキャッチ。14分、また仲良し映像(といっても並んで話しているだけね)。16分、イタリアが右サイドを崩しに掛かり、右奥からのクロスはキーパーキャッチ。左サイドをカンドレーヴァがカットインしシュート右にそれる。17分、ハイチがボックスに迫る。19分、アクイラーニのミドルシュートは右に大きく外れる。21分、イタリアのチェイスを翻弄するハイチ。ハイチの右からのミドルシュートはキーパーがキャッチ。22分、チェルチの右サイドから中央へ寄せてのミドルシュートは右に外れる。22分、アクイラーニの低い位置のカットから左サイドカウンター。右に回し、フリダシに戻す。ボックス内へのカンドレーヴァの縦パスはトラップするもカットされる。25分、イタリアが左サイドでカットされるが、すぐに奪い返し上がってクロスを出す。弾かれるがバイタル左からのファーへのスルーパスがジラルに通りゴールネットを揺らしたかに見えたがその前にオフサイド。29分、デ・シリオが抜かれるが、その後弾かれハイチのコーナーキック。右からのコーナーキックはキーパーがキャッチ。ミドルフィードが弾かれ、その浮いた零れ玉をチェルチがワンタッチで浮いたシュートに行くがキーパーが戻りキャッチ。32分、ハイチの選手が左サイドに切り込む。3人抜いたが、3人目の股抜きの先でカットされる。34分、ハイチのパスが抜け出すもキーパーが飛び出し抑える。37分、イタリアの右サイドからの放り込みのパスはキーパーキャッチ。37分、ハイチが右サイドからの崩し。ミドルシュートまでいくがジャストミートせず。39分、チェルチが右サイドからカットインするが、カットされる。41分、ハイチの選手がボックス左でボールキープ。そこからのクロスに飛び込むが頭が届かず。デシリオのグラウンダーのクロスにニアにジラルが飛び込みさらに中央にジャッケリーニが飛び込むが惜しくも届かず。右のコーナーポストに当たる。42分、チェルチがバイタル右で縦パスを受け前を向いたときに後ろから足をかけられイエローカードを誘う。43分、そのフリーキックはディアマンティ。弾かれキープするときにチャージをくらいふたたびフリーキック。44分、再びディアマンティがキッカー。サイドネットを揺らす。0-1で前半終了。
 外でハイライトを解説するお二人。何か観客席に赤黒縦縞のユニフォームを着ているやつがいるぞ。マリオがスパイクの紐を結ぶ。
 シリグ→13マルケッティ交替。46分、ジラルが高い位置でカット。左にパスを回しそこからのクロスは精度にかく。47分、スルーパスがジラルに通り、相手二人の間を通すミドルシュートはキーパーセーブ。50分、カウンターでハイチに左サイドをロングランされ、中に切り込まれる。左コーナーキック。それはキーパーキャッチ。51分、右からの浮き球スルーパスはオフサイド。52分、ハイチが右サイドを二人も抜け出し、フリーのクロスは残念ながら合わず、左に流れてしまう。さらにハイチが左サイドを攻める。53分、左のコーナーキックを頭で合わせるが右の枠外。54分、ジャッケリーニ→16デ・ロッシ、ディアマンティ→18リッカルド・モントリーヴォ、ジラル→9マリオ・バロテッリ。ミラン新旧エース交替か。旧が数世代前だが。デ・ロッシがカピターノ。あとミラン新旧18番交替。55分、ハイチの選手交替。選手交替の度にCMが入る。ハイチの左からのクロスは流れるも右で拾い。さらにクロスを出すがキーパーがキャッチ。56分、ハイチのボックス左からのシュートはキーパーが抑える。57分、攻めるハイチ。58分、ステファン準備。ファラオーネって呼ばれているね、実況から。勢いに押されるイタリア。チェルチ→14ステファン・エル・シャーラウィ交替。カンドレーヴァが右に行った感じ。61分、ハイチの選手の交替。ステファンゾーンに通り、左に張りだし左サイドで戻すが、方向定まらずラインを割る。時差ボケ? 63分、左奥で粘るハイチ。抜け出しいきなり角度のない所からのシュートはキーパーがセーブ。そこから左サイドにボールがまわりシリオが運び、ステファンが左に張りだしたため中へカットイン。しかし何故か無人のところへの縦パス。64分、今度は右サイド。縦パスがカットされる。なかなか中央のマリオにボールが回ってこない。65分、縦パスにステファンが飛び出し、ライン際でボールを納めよとしクロスを出した頃にはラインを割っていた。やはり何か疲れが見える。気候が合わないとか? 67分、マリオが低い位置でラインを割る。カウンターでバイタル中央を走るステファンに通ったかと思われたが、零す。68分、右からのクロスは弾かれる。そこからのカウンターで、ハイチがバイタル左からマークを外してのミドルシュートは浮いて助かる。69分、ハイチの選手の交替。リッカのカットがステファンに回り、戻し、リッカのミドルフィード。右奥のマリオに通らず。70分、右からのコーナーキックにアストリのボレーシュートはが空振り、71分、二回目の時にアクイ→8マルキージオ交替。右サイドのデ・ロッシの縦パスにマルキージオがワンタッチでスルーパス。マリオが右サイドで上がりゴールライン際を中央へ寄せ、折り返しのクロス。それにニアでステファンが詰めシュートするもキーパー正面で弾く。ファーから来ていたマルキージオが入れ込む。というかステファン、きめとかないと。マルキージオとステファンがハグ。2-0でイタリアが差を付ける。73分、センターラインでマリオが体当たりをくらう。74分、ステファンゾーンから中央に切り込むシリオへパス、ワンタッチで返すがブロックされる。76分、右サイドのコンビネーションで、ボックス右奥に到達し、そこからのクロスにステファンが飛び込むもその前にキーパーがキャッチ。77分、ステファンがバイタル中央に抜けるがオフサイド。ハイチがバイタル中央に抜け出し、すかさずミドルシュート。キーパーが触れ左にそれる。78分、左のコーナーキックはキーパーキャッチ。79分、左からのカンドレーヴァのクロスにステファンがボックス右でトラップするも長くてカットされる。ステファンによる右からのコーナーキック。中で零れクリアされる。ステファンが右サイドで粘るも押し負ける。いつのまにチェンジしたんだ。80分、デロッシの左からの浮き球にステファンが飛び出し、胸トラップするもそれが大きい。一瞬そのまま入るかと思われたが左にそれ、さらにステファンが自らのタッチしたボールに追い付かず、外へ。ステファンがよほど悔しかったのかフェンスを二回蹴る。八つ当たりは珍しい。つかステファンらしくない。82分、ボールを高い位置で回すイタリア。ハイチに攻守交代。中盤からのカウンターでアストリがボックス内で足を引っかける。リゴーレ。83分、右へのキックに反応するが届かず入れられる。1-2でハイチが差を詰める。85分、シリオの縦パスがステファンゾーンに通り、左に張り出す。シャドーのようにシリオが近くへ。しかし戻す。86分、ステファンの行って来いパスにシリオがボックス左に行くが中へ切り込むときにカットされる。87分、ハイチの選手が倒れしばし中断。88分、ハイチの左の縦パスはボヌッチがいなす。最後、ハイチの選手が触りゴールキック。アディショナルタイム2分。90分、ハイチのロングボールをボックス左でハイチが競り勝ちシュート。それが尻餅付いたキーパーの右を抜け、ゴール。2-2でハイチが追い付く! そして喜びのあまりシャツを脱ぐ選手。2-2で試合終了。イタリアにとって痛い引き分けだね。
 プランデッリのインタビューがあるがイタリア語なんで解らず。※追記。昨日、ブラジルに到着したばかりだって。あの切れのない動きはそれでか。

※イタリア次戦・ツリー型のイタリア(2013年6月17日の雑記)

※追記・放送しろよ、と。(2013年6月15日の雑記)

C O M M E N T


名前 :
E-mail :
URL :
パスワード :(削除用 : コメント投稿後の修正は不可)


  プレビュー

<< >>










RSS

Ringworld
RingBlog v3.22