本サイトの雑記から分離整理したできたブログ。
タイトル通りライト層による単なるメモなので面白みはないかと思われます。
書き手がミラニスタなので内容はACミラン中心です。
<< 2022年5月 >>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<<   >>

ホームでのローマ


※ローマ、以前のマッチ・さて、どちらを応援するか(2013年1月21日の雑記)

※ユヴェントス前戦・ユーヴェ、敵地での戦い(2013年2月13日の雑記)

 CSのスカチャン0セリエA 2012/13 第25節 ローマ×ユヴェントスを見る。2013年2月16日現地時間20:45キックオフのナイトゲーム。スタディオ・オリンピコ。解説/実況:三浦俊也/西岡明彦。こちらもバンダイの提供。もちろん下位のローマを応援なんだけど、相手がセリエで最も完成度の高いチームに対して未だチームが整っていないので、望みがうすいが。まぁ、ゆるゆる見ていこう。
 1位ユヴェントス55点、2位ナポリ50点、3位ラツィオ44点、4位インテル43点、5位ミラン41点、6位フィオレンティーナ39点、7位ウディネーゼ36点、8位カターニア36点、9位ローマ34点、10位パルマ32点

 ローマ3-4-2-1、アンドラッツォーリ監督
  24ステケレンブルグ
  23ピリス、29ブルディッソ、3マルキーニョス
  35トロシディス、16デ・ロッシ、15ピャニッチ、7マルキーニョ
  8ラメラ、10トッティ(カピターノ)、9オスヴァルド

 ユヴェントス3-5-2、コンテ監督
  1ブッフォン(カピターノ)
  15バルザーリ、19ボヌッチ、4カセレス
  26リヒトスタイナー、23ヴィダル、21ピルロ、6ポグバ、22アサモア
  32マトリ、9ヴチニッチ

 やはりゼーマン監督解任の話題。あとローマは失点が多いと。映像では「チャオチャオ」言っているユーヴェ・シャツを着たエスコートチルドレン。ローマのトロシディスは新加入だそうな。ローマの応援歌。ローマは臙脂色のシャツに白パン臙脂ソックス、ユーヴェは白黒縦縞シャツに黒パン白ソックス。
 2分、ユーヴェのターン。じっくりボールを回す。ロングボールで攻守交代。5分、やはりじっくりボールをまわすユーヴェ。中盤でボールをテイクして左から攻めるローマ。左のコーナーキックゲット。6分。マルキーニョ、キッカーで、パスを受けたピャニッチがミドルシュートを狙うも大きく外れる。8分、ピルロのミドルシュートは大きく浮く。何かローマ×ミランと違ってゆっくりの展開。9分、今、主導権の取り合いと三浦さん。10分、カウンターでオスヴァルドがボックス内を左に流れブッフォンをかわしてクロスを出すもフォロワーが居なくてユーヴェは事なきをえる。11分、縦のパス交換でリヒトスタイナーのミドルシュートはディフェンダーに当たり外へ。12分、ローマのターン。13分、中盤での攻防。ようやくローマらしさが出てきたというか。17分、デ・ロッシにイエローカード。中央でユーヴェにとって結構、良い距離からのフリーキック。18分、ピルロが壁を超えての右下を狙う。キーパーがファインセーブ。右のコーナーキック。まだユーヴェボール。21分、ゴールに迫るユーヴェ。26分、短いパスでゴールに迫るローマ。しかし攻守一転。またまた攻守一転。しかしローマのショートカウンターの芽は摘まれる。27分、まだゆっくりとした展開で緊張感が漂う。28分、パスを回してゴールに迫るローマ。バイタル左から右奥へのラメラに対するトッティの浮き球は合わず。30分、ピルロのパスを出した後、トッティのカットの足がピルロの足に当たった後、持たれかけピルロが倒れる。トッティにイエローカード。しばし中断。33分、ローマは中盤からのミドルフィードに右サイドで落とし、バイタル右のオスヴァルドに行き、そこからのミドルシュートは宇宙開発。38分、崩しにかかるユーヴェ。39分、ユヴェントスは取られた後、切り替えが早い、と三浦さん。46分、ローマのターンと思ったらユーヴェのターン。じりじりした展開。ユーヴェのリズムのような気がしてきた。
 ハーフタイムでの得点ランキングの話題で、ヨーロッパリーグにてインテルのミリートが怪我をして今シーズン中の復帰は絶望とのこと。デルビーを控えたミランとしてはプラスに働くので、ミラニスタとしては不謹慎にも喜んでしまいそうになるのだけど、それは自重しよう。それに自分がミラニスタだという点を除けば、ミリートのゴールへの嗅覚とすばらしいテクニックを見たかった方なので。

※追記・El Shaarawy hoping for quick Milito recovery - Goal.com

 と思っていたら、ステファンもミリートの早い復帰を願っているようだね。

 47分、カウンター、速攻で中央からトッティからオスヴァルドへのスルーパスでラインを抜けての最後、ワンタッチのシュートは惜しくも左に逸れる。48分、ロングボールでボックス内にてポグバが胸と頭で後に落とし、ヴチニッチがバイタルからダイレクトにミドルシュートは浮く。50分、ローマのより早い崩し。ピャニッチの枠内へのミドルシュートはブッフォンがセーブ。51分、ユーヴェのカウンターはポグバのパスがオフサイド。53分、ポグバのスルーパスにマトリが左に飛び込むもそのシュートは弾かれる。55分、ヴチニッチ→12ジョビンコ交替。20アサモア→20パドウィン交替。56分、右からのクロスにファーのオスヴァルドが素晴らしいヘディングを見せるもブッフォンが弾く。57分、やや右からのピャニッチのフリーキックは壁に当たり、それをバイタル中央でダイレクトにトッティがミドルシュート。それが左上隅に突き刺さる! 1-0でローマが先制! 「トッティ、トッティ、トッティ」と観客が声を合わせる! 60分、左から崩し、ラメラがボックス進入し決定機を迎えるがボールに至らず。64分、ローマのカウンター、デ・ロッシからのパスでバイタル左にてオスヴァルドが折り返し、デ・ロッシが飛び込むもそれが阻まれる。66分、ローマの左のコーナーキックでファーに流れ、ラメラが押し込もうとするも右に逸れる。だんだんとローマらしくなってきた! 68分、ピャニッチ→4マイケル・ブラッドリー交替。アメリカ代表とのこと。70分、ヴィダル→16アネルカ交替。かなりの賭に出てきたと三浦さん。71分、オスヴァルドが前の方でチェイスしボールテイクし絶好機かと思われたがホイッスル。74分、右サイドからジョビンコがクロスを入れるも中でクリアされる。75分、マトリ→アネルカ→左のジョビンコがやわらかく浮いたクロスはホイッスル。ユーヴェの選手が相手を押していたとのこと。76分、右からのクロスが中で零れ、トッティがそれに飛び込みシュート。しかし目の前で弾かれる。79分、ローマのカウンターだがシュートまでいけず。ラメラの手がピルロにあたってしばし中断。しかしユーヴェの無得点マッチについてミランまで遡るのはミラニスタとしては気持ちが良いね。81分、リヒトスタイナーの右からのクロスにキーパーキャッチ。前半はゆるゆる見ていたのに、今や画面に釘付け。82分、ピルロのロングボールをクリア。マルキーニョ→42バルザレッティ交替。83分、ポグバの放り込みのパスはキーパーキャッチ。そうかユーヴェは中三日の上にアウェイとアウェイか、三浦さんによると。85分、バイタル右でアネルカがクロスを出す振りをして、ニアで斜めにボックス進入のジョビンコにグラウンダーのパス。通るも続かず。86分、ローマのバイタルの右からフリーキック。敢えて危険を冒さず右に流す。87分、トッティ→48フロレンツィ交替。カピターノ腕章の引き渡しはしなかったね。89分、ピルロによる右からのコーナーキック。みんな上がってくる。ワンチャンスにかけるといった感じ。ニアでキーパーのパンチング。ローマの速攻。ラメラが運ぶ。グラウンダーで走らせるパスに追い付き右で折り返すも誰も詰めて無くて流れる。左のコーナーキック。90分、左コーナーで時間稼ぎをするローマ。アディショナルタイム4分。それをピルロがプレスしファールしてしまう。ゴール前にオスヴァルドしかいない。91分、ラメラがドリブルで突破を図り転びファール。時間稼ぎだねぇ、すばらしい。短いパスを繋ぎ右に回し、トロシディスがゴール前でシュートまで行くもブッフォンが押さえる。92分、ユーヴェが迫るも危険なシーンなくローマに攻守交代。中盤でピルロのイエローカード。やはり時間を稼ぎボールを回すローマ。当然、ハイプレスのユーヴェ。バルザレッティが中盤でボールロスト。ユーヴェが迫る。93分、ユーヴェの右からのフリーキック。ピルロがキッカー。ローマが弾く。94分、ピルロのコーナーキックと思われたが、試合終了のホイッスル! 1-0でローマの勝利! レフリーに抗議にいくマトリとピルロ。ローマの応援歌が鳴り響く。大きく肩をすぼめるブッフォン。

※ユヴェントス、以降のマッチ・1位、2位との対決。(2013年3月2日の雑記)

※ローマ以降のマッチ・6位7位のローマデルビー(2013年4月9日の雑記)

C O M M E N T


名前 :
E-mail :
URL :
パスワード :(削除用 : コメント投稿後の修正は不可)


  プレビュー

<< >>










RSS

Ringworld
RingBlog v3.22