本サイトの雑記から分離整理したできたブログ。
タイトル通りライト層による単なるメモなので面白みはないかと思われます。
書き手がミラニスタなので内容はACミラン中心です。
<< 2020年6月 >>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
<<   >>

思い返せば感動ポイント


※前回・男子トイレのみで告知(2012年3月28日の雑記)

東京のスポーツバー ミラニスタ

 スポーツバー「ミラニスタ」店内。やはりUEFAチャンピオンズリーグ準々決勝 ACミラン VS バルセロナ 1st legのキックオフの時間が近付くとだんだんと店内が赤黒の服の人で溢れ返ってきた。場所はモニターのど真ん前のオーナー席の三つ左。人が多くなる前にミランにもサッカーにも興味がなく世界卓球に興味のあるおじさんが入ってきたのには興味深かった。こんなに客層を絞った店でもふらりと入ってくる場合があるんだね。当然の如く一杯飲んでいつの間にか居なくなっていたが。その後、オーナーは元より、予約せずに飛び込みできて左に座られた一見さんの客とハーフタイムで少し話せて良かった。

Splash Page | AC Milan

※前節・ファン・ボメルに注視(2012年3月7日の雑記)

※前節・仮想バルサって(2012年3月25日の雑記)

ACミランチャンネル2011/2012:BS12 TwellVで無料放送!

 試合の中身は後日、ACミランチャンネルを見て思い出しつつ。以下。
 焦点はチアゴ・シウバが抜けた穴、ってことだけど、最近のミランの傾向として重要な選手が抜けても逆に良い具合に緊張感が増し、新たなヒーローが出てくるってことで逆に楽しみが増えるところ。不安材料はアーセナル戦2ndみたくいつものミランの戦いができなくて勢いに呑まれ負けるってことだろう。
 ディフェンダーのメンバーは右からボネーラメクセスネスタアントニーニ。中盤はノチェリーノアンブロジーニセードルフロビーニョイブラヒモビッチのツートップにKPボアテングのトップ下。前戦のようにボアテングがどこまで自由に振る舞い相手のディフェンスのフォーメーションをかき乱せるかってことだろう。バルセロナがホーム・ユニフォームでACミランのセカンド・ユニフォームとのこと。後者は元担ぎだろう。
 セードルフはビッグマッチになると頼もしい動きだな、ワンタッチの前方へのパスか。2分、左でセードルフのパスカット→エリア内のロビーニョからのマイナスのパス→中央のボアテングが打つもディフェンダーに阻まれる→それをイブラが高さを活かしたヘディング、ワンタッチへ左ゴール前のロビーニョへ→そしてダメーニョ・シュートの宇宙開発。こんなところでびにょり貯金しなくても。
 3分、アンブロジーニのスチール、良い動きだね。直後右でメッシとメクセスのマッチアップ。よしよし。5分、メッシのフリーキックで滑る。パスみたいになったがケイタがびにょる。それにしても緑のレーザーをメッシに当てている観客にはブーイングだ。8分、バルサのショートパスを繋いでの波状攻撃でアッビが零すもアントニーニがクリア。15分、フリーキックからのパスでゴール前でフリーになるがノチェリーノのナイス対応。ファールギリギリだったけど。後でアッビがファールじゃないかって批判があったが。審判にうまく自分で倒れたとアピールできたのかな? 16分、メッシによりボールがラインを割ったがオフサイドでノーゴール。19分、セードルフからの縦パスでイブラがゴール前の決定機だったが、決めきれず。20分、ネスタの相手ドリブルをナイスカットでカウンター。21分、イブラがゴール前でバルサのパスをカットして、そこにロビーニョが来たが、イブラはキープしきれず。あれでキープできていたら次戦のカターニア戦におけるロビーニョのシュートみたくなっていたんだろうね。24分、ディフェンスで4-3 +1あるいは、4-4 +1ブロックを見て、なんでミランは飛び掛かってスペースを埋めないのだろう、と思ってしまったが、それこそミランの作戦で、バルサに釣られてフォーメーションを崩さず、バルサがエリア内へ攻めてきたらみんなで潰すってことなのだ。31分、やはり波状攻撃でメッシがフリーになるもネスタが止める。34分、バルサのカウンターでなんとかアントニーニが止める。37分、カウンターの流れでノチェの右からのパスでセードルフの決定機だったものの、ボールに足が届かず40分、ロングパスでゴール前のイブラがボールを拾い、左のロビーニョ、マイナスのパスからセードルフのシュートだがディフェンダーに阻まれる。
 48分、後半からピンクシューズを別のに履き替えたロビーニョが倒される。ミランチャンネルによるとイブラはローマ戦の後半のシューズとのこと。51分、ロビーニョ→シャーラウィ交替。52分、メクセスのフリーキック→イブラの高いところからのつなぎ→シャーラウィと渡るが、シュートまで行かず。53分、集音マイクからノチェの悲鳴が聞こえる。痛そうだったが、すぐピッチの戻る。55分、カウンターでボアテングがドリブルで振り切り、右のノチェにパスするも、更なるパスをカットされ、それでもセカンドボールを拾いミランは攻めるも攻めきれず56分にカウンターされ、メッシのドリブルをネスタがファール前提でニールキックのように止める。その後のネスタのわかっているよ、って顔が溜まらなく面白い。58分、ボアテングがぶつかって地面に落とされ足首を捻る。61分、シャーラウィがゴール近くでディフェンダー二人を翻弄しクロス。見せるねぇ。65分、メッシのゴール前ドリブルをボネーラがうまくいなす。素晴らしい!66分、ボアテング→エマヌエルソン交替。そして早速、イブラからの行って来いパスでゴール前だが、もたつく間にディフェンダーががっちりマーク。見た当時は気付かなかったがイブラはきっちりポストプレイしているな。68分、右でイブラとプジョルが競り合うも、シュートはキーパーの正面。69分、ノチェリーノのロングパスで、ディフェンダーごしに胸トラップ。まるでクジラが海面からでてきたような豪快さがある。店内はどよめいていた。72分、攻めきれず、珍しくメッシが吠えてます(笑) それにしても間の取り方でボネーラ巧い。73分、足を引きずるネスタ→メスバに交替。77分、メッシのコーナーキックからプジョルの飛び込み。メスバがマークを外されプジョルの服を引っ張っていたが、よくファールを取られなかったな。80分、カウンターをくらったがアッビが飛び出してナイスセーブ。85分、アンブロのファールで、エマヌが言い掛かるプジョルの間を入って、その直後、プジョルがあいーん! 86分、エリア内でメスバが倒れ(あとでリプレイを見ると、メスバは思わず手で持とうとし止めた様がでていて面白い)、最大のピンチで、アッビがナイスセーブするものの、ボールがエリア内を転がり最後はアントニーニが防ぎ、ガッツポーズ! かっこいい! 87分、アーセナル戦2ndを彷彿とさせるような、メスバとボネーラのメッシの挟み込み。直後、ボネーラが手を差し出しメッシに握手するところなんて審判へのアピール度満点な大人な対応。88分、高いところでイブラがヘディングで受け、シャーラウィにパス。シャーラウィが攻めきれなかったが、こういうところはイブラは頼もしい。89分、アントニーニの縦のパスでシャーラウィがエリア内で受けようとするもののディフェンダー二人に突き飛ばされる。残念ながらファールなし。91分、せっかくのカウンターをエマヌがボール持ちすぎで三人に囲まれ潰れる。ホント、なんとかビッグマッチでも活躍とはいかないまでも普段のセリエのようになってほしい。しかし、次節でもイブラのポストプレイに期待だね。
 試合後、オーナーさんは両脇の常連さんと話し込んでいたこともあって、そのまま帰宅することに。帰りは青春18きっぷで中央本線ルート。ちょうど松本駅で1時間ぐらい待ち時間があって、そこで駅ビル内のスタバでくつろぐ。

Starbucks Coffee Japan - スターバックス コーヒー ジャパン

※前戦・Acid from 3rd Uniform(2012年4月1日の雑記)

※前節・誰?誰?!ノチェ?!ノチェ!(2012年4月3日の雑記)

※追記・今季こそはイブラ&シウヴァの活躍を(2013年3月20日の雑記)

C O M M E N T


名前 :
E-mail :
URL :
パスワード :(削除用 : コメント投稿後の修正は不可)


  プレビュー

<< >>










RSS

Ringworld
RingBlog v3.22