本サイトの雑記から分離整理したできたブログ。
タイトル通りライト層による単なるメモなので面白みはないかと思われます。
書き手がミラニスタなので内容はACミラン中心です。
<< 2020年8月 >>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<<   >>

スコアレスが続いた先に


※前節・4-3-1-2にとどめを刺した壮大な実験マッチ(2012年10月21日の雑記)

※前戦・アッレグリ博士のフォーメーション実験は続く(2012年10月25日の雑記)

AC Milan - Biglietti Milan online

 セリエA第9節 ミラン×ジェノア2012年10月28日ナイトゲーム開催を東京のスポーツバー「ミラニスタ」にて2012年12月22日に見る。

東京のスポーツバー ミラニスタ

 下記のように結果は知っているが押さえておきたいマッチなので、「ミラニスタ」の放送予定のない、19時開店直後から見る。

パト先発!(2012年10月29日の雑記)

 解説/実況:野々村芳和/西岡明彦。ミランは二連敗していると西岡さん。インテルとラツィオだ。アフガニスタンでイタリア人兵士が亡くなったことで黙祷。

 ミラン3-4-3 アッレグリ監督
  1アメーリア
  17サパタ、25ボネーラ(カピターノ)、76ジェペス
  20アバーテ、34ナイジェル・デ・ヨング、18リッカルド・モントリーヴォ、77アントニーニ
  28ウルビー・エマヌエルソン、9アレシャンドレ・パト、92ステファン・エル・シャーラウィ

 ミランはファーストジャージィに白パン黒ソックス。ジェノアは白に黒パン白ソックス。
1分、デ・ヨングがカットして、ステファンに渡し中央でのパトとのコンビネーション。2分、アントニーニのオフサイド。4分、リッカから右奥へのパスはアバーテが触れるも収められず。ノンアルコールカクテルを頼み見ていると近くのコースターが飛ばされ「コースターがロビーニョみたいになっちゃいました」とかずたかさん。6分、右サイドのウルビーの縦パスはカットされカウンターのピンチをみんなでふせぐ。7分、ベンチ外スタンドのケヴィン・プリンス・ボアテング。ジェノアのフリーキックはアメーリアのキャッチ。8分、ボックス外左のアントニーニとパトのスイッチはパトが転ぶがノーファール。9分、アントニーニが高さでせって不意にボールが顔に当たりしばしピッチ外へ。観客席からジェノアコール。10分、中央から右へのステファンのドリブル。右のアバーテにパスしクロスは弾かれる。中央のデ・ヨングの縦パスはパトが惜しくもボックス内でおさめきれず。11分、左サイドのウルビーのフリーキック。12分、ボールを回し機会を伺うミラン。13分、ジェペスの左奥へのミドルフィードはアントニーニのオフサイド。14分、リッカの中盤でのボールテイクからのミドルフィードはカットされる。15分、カウンターで中央パト、左ステファン、右ウルビー。パトが右にいったところで転ぶがノーファール。16分、サパタが低い位置でパスカットされ一気にジェノアの絶好機。しかしそこからのニアへのクロスをアメーリアが飛び出し防ぐ。17分、ミランが合宿したと実況。18分、カットからデヨングの繋ぎにアバーテが駆け上がり、近くのウルビーにパスしたが続かず。パトやステファンに繋げられず。21分、ジェノアが右サイドから崩しに掛かる。24分、右からのミドルフィードをアントニーニがボックス内で触れるが収めきれず。25分、アントニーニのクロスはキーパーが外に出す。26分、ウルビーの右コーナーキック。アントニーニのニアからのクロスはファーのジェペスが頭にあわせるも浮く。28分、デ・ヨングがうけそこね、タッチラインを割る。28分、長いドリブルでバイタル中央へいってのステファンのシュートは弾かれる。29分、右のコーナーキックで零れた球をデ・ヨングのシュートは弾かれる。30分、右サイドで崩しにかかるミラン。31分、デ・ヨングの縦パスにパトがポストプレー。その場で転んでファールを誘う。32分、パトがバイタル左からの切り込んでのステファンのワンツーは戻りでカットされる。33分、右からのクロスはパトの頭にかする。33分、ウルビーからのサイドチェンジでステファンが切り込み、ボックス中央のパトを起点に使おうとするもカットされる。34分、ガリアーニがカメラに抜かれる。35分、ウルビーの戻りオフサイド。35分、中盤でステファンに対するベルトラッチのイエローカード。36分、ブーイングが響くようになったそうな。37分、右サイドでラインを割ろうとしたところをパトが追い付きステファンへのクロスを出すもカットされ、ステファン不満顔。37分、右コーナーキックでファーのステファンがフリーで拾い、グラウンダーのクロスを出すもファーのウルビーがあわず。38分、アントニーニが左の膝から出血。左の腿裏(ハムストリング)をおさえピッチ外へ。21コンスタン準備→交替。39分、リッカが自陣バイタルでボールロスト。ピンチになるが自陣ボックス内でジェペスがボールテイク。40分、ベルトラッチが股間を押さえ倒れたんで中断。42分、右サイドからの縦パスにパトがワンタッチで前にフィードし、自ら切り込もうとするもキーパーが前に出ておさえる。43分、コンスタンの左サイドのゆっくりとしたあがり、グラウンダーのクロスがボックス内のパトに繋がるもつぶされる。44分、右サイドでのフリーキック。何か抗議しているミラン勢。アディショナルタイム3分。リッカ経由で左のステファンにわたり、戻すようにクロスを出すもカットされる。45+1分、ステファンがボールを運ぶもボールロスト。さらにパトが奪い返すもボールロスト。+2分、アバーテのパトへのクロスは弾かれる。再びファーへのステファンに出すも流れる。0-0で前半修了。
 アバーテの無精髭姿が映し出される。パッツィーニの準備中。パトとステファンが話している。45分、右奥へのパスはアバーテが追い付かず、体を入れられる。46分、パトが右サイドから切り込んでのファーへのクロスは惜しくもコンスタンに合わず。野々村さんはパトについての長友インタビューを引き合いに出す。48分、アッビアーティは気管支炎とのこと。アバーテの右への縦パスはウルビーが追い付かず。50分、フリダシに戻されるミラン。右サイドでフリーキックゲット。ウルビーがキッカー。大きすぎ。51分、ボーヤンがアップ中。52分、中盤でボールをロストしかけたが、サパタがねばり前へ送る。デ・ヨングがボックス右手前角でフリーキックゲット。53分。ウルビーがキッカー。弾かれ元に戻り、エマヌが戻っての浮いたスルーパスにデ・ヨングがボックス内で押されるもノーファール。零れた球をアバーテが股抜きシュートもキーパーおさえる。54分、右コーナーキックはフリダシに戻る。55分、ベルトラッチ→10メルケル交替。トップ下だって。おひさー。ドイツ出身。57分、距離のあるところでメルケルが倒れフリーキックゲット。オフサイド? 58分、パスミスでピンチもメルケルに繋がらず。パトにニールキックしたボヴォにイエローカード。ステファンが距離のあるところで右へ横切り、アバーテへパス。そこからのクロスは外に弾かれる。59分、左のコーナーキックは弾かれ中央のアバーテ経由で右のステファンに渡りそこからのクロスは眼前で弾かれる。60分、中盤でパスを足裏で収めるステファンが横から体当たりされファールを誘う。61分、バイタル右でのウルビーとパトのコンビネーションは繋がらず。62分、メルケルのミドルシュートはワンバウンドしアメーリア正面でキャッチ。ウルビーがボックス右外でボールをおさめ中央へ切り込みディフェンダーを一人倒しシュートを打つも左上へ消える。64分、緩い時間帯。パトが中盤でウルビーに繋ぎ、ドリブルでいくも潰されロスト。65分、右からのミドルフィードにステファンが収めきれず。65分、右からのウルビーのボックス中央へのパスにステファンが左から飛び込むもうまくおさめきれず。惜しい! アイディアは良いと野々村さん。66分、リッカの浮いた縦パスは大きくてステファンが追い付かず。67分、モレッティクラインツ(18歳)交替。中盤で高さで競って、そのボールが前に行き、パトが追い掛けるもオフサイド。パッツォ準備中。68分、スローインからステファンが跳ねるようにバイタル中央へ行きジャストミートしないシュートはディフェンダーにあたってそれる。右コーナーキック。デ・ヨングの頭でのスルーパスはオフサイド。70分、ジェノアの攻めはアメーリアがキャッチ。サパタがドリブルで上がる。71分、デ・ヨングの浮いた縦パスはパトが頭で合わせるも方向が定まらず。71分、パト→パッツィーニ交替。パトは今シーズン初先発だったそうな。72分、アバーテのクロスは目の前で触られ、ボックス中央のステファンがポストプレーでヒールで収めようとするもうまくいかず。ステファンの左コーナーキックはパッツォがニアに反応。73分、ウルビーがボックス付近でボールロスト。ヤンコビッチがバイタル右でボールをおさめようとしたところ、ジェペスの跳び蹴り。イエローカード。フリーキックを与える。リプレイだとジェペスが先にボールに触っている。74分、フリーキックは壁に当たる。75分、なかなかシュートまでいけないミラン。75分、サパタとのパス交換から距離のあるところでステファンがミドルシュート。浮く。76分、中央のウルビーが少し溜めてから右のアバーテにパス。アバーテのクロスは中央のパッツォがスルーで左からとびこんだステファンが決める。1-0でミランの先制。ステファンは元居たジェノアにリスペクトして両手で抑えて抑えてのポーズ。ウルビーにハグ、続けてデ・ヨングにハグ。リプレイだとそれ以前にゴール前にてコンスタンから後から持ち上げられていた。控え目なセレブレーション。リーグ戦6ゴール! そして今日はステファンの誕生日と西岡さん。お誕生日ゴール。80分、メルケルはダブルボランチの一角と。左コーナーキックにファーのサパタが頭で合わせるも方向が定まらず。西岡さんにより年内にステファンが7ゴールを決めたら、アンブロジーニがバカンス代を奢ると。82分、ステファンのカットから前へのパスにウルビーが追い付こうとするも追い付かず。83分、ウルビーのドリブルでのボックス進入に戻りパス。アバーテの放り込みのパスにパッツォが頭に合わせるも届かず。「Forza Milan!」 84分コンスタンが左サイドからドリブルでボックス境界まで行き逆サイドのウルビーへのパス。ワンタッチでのシュートは浮く。抑えて抑えて。86分、ノチェが出てきた。エマヌエルソン→ノチェリーノ交替。87分、野々村さん曰く「エマヌエルソンには何かクリエイティブなことをやってくれそうになりましたね、ミランに入ってからたくましくなって」 89分、指図するアッレグリ、横から何やら言うタソッティ。90分、ジェノアが右サイドで勢いづくも後からステファンがボールテイク。しかしステファンが足を吊ったようでその場で倒れる。アディショナルタイム4分。91分、左サイドラインギリギリで上がろうとするステファン。囲まれ続かず。ライン際でステファンの縦パスはコンスタンに通る。そこでのスローイン。左サイドのライン際で時間を使う。92分、自陣バイタルでジェペスがボールカットするもすぐにメルケルに奪い返され、そこからパスがつなぎ浮き球の危険なスルーパスは受け手がワンタッチするも左に逸れる。あぶねー。試合終了。1-0でミランの勝利! 「Milan Milan」と応援歌。ステファンはジェノアの選手に一言何かあった。アメーリアがステファンの背を押し出し、ステファンは観客の声援に応え両手を上げ拍手。

※次節・得点ランキング単独トップ(※2012年10月31日の雑記)

※以降の同カードマッチ・バルサ前に勝っておきたい一戦(※2013年3月9日の雑記)

※来季の同場所同カード・カピターノ・リッキー!(2013年11月24日の雑記)

※来季の同カード・11位と13位の戦い(2014年4月8日の雑記)

※追記・22日はボーヤンの日(2012年12月23日の雑記)

※追記・日本で出世したファラオ(2013年6月12日の雑記)

C O M M E N T


名前 :
E-mail :
URL :
パスワード :(削除用 : コメント投稿後の修正は不可)


  プレビュー

<< >>










RSS

Ringworld
RingBlog v3.22