三国志ファンのためのサポート掲示板 ※共同掲示板。話題は三国志関係。横レス歓迎。初心者モードの質問からマニアックな雑談まで
  新規投稿 ┃ツリー ┃スレッド ┃一覧 ┃トピック ┃番号順 ┃検索 ┃設定 ┃ルール ┃外部カレンダ ┃フロント  
607 / 659 ツリー ←次へ前へ→

【488】爵位について 孫ぽこ 2003/12/13(土) 17:31

【538】Re:爵位について 怨霊 2003/12/23(火) 1:06
┗ 【540】Re:爵位について 孫ぽこ 2003/12/23(火) 13:07
┗ 【541】Re:爵位について 怨霊 2003/12/23(火) 13:53

【538】Re:爵位について
 怨霊  - 2003/12/23(火) 1:06 -

引用なし
パスワード
   ▼孫ぽこさん:
>使持節 平東将軍 領徐州牧 温侯(呂布の事)
>騎都尉 鳥程侯 会稽太守(孫策の事)
>呉王 大将軍 使持節 督交州 荊州牧(呉王封国時の孫権の事)
>
>のように、軍権(使持節・持節・仮節・将軍・都尉・校尉など)と地方領(牧・刺史・太守など)と爵位(王・侯など)などが三つ並べて記載されます。
>
>このうち、軍権と地方領は分かり易いのですが、爵位が不明です。これは名誉的な物であるのか?あるいはその地方の権益を有するのか?

>皇帝の子(皇太子でない)が王として地方に配属される場合は、その地方の軍権まで有しているように思われますが、例えば孫堅の鳥程侯・呂布の温侯などは、実権はなかったように思われ、王と侯では全然意味合いが違うのか?規模が違うだけなのか?が分かりません。どなたかご教授よろしゅう♪

いきなり失礼します。私でよろしければ…。
諸侯王(王)は本来は軍権を含めてその領域内の君主として振る舞う存在で、
前漢では年号さえ独自のものを使用していました。
皇帝の子だろうがそうでなかろうが、王はそういった存在です。
ただし後漢以降ではかなり弱体化していて、
諸侯王の「相」(旧名「丞相」)が郡太守と同等のものとして事実上国を統治しました。
王は封邑からの上がりで生活しているというだけの存在と言っても過言ではありませんでした。
それでも、封建された土地に住むことは義務付けられていました。
(魏でもそうだった)

但し、曹操、劉備、孫権がなった「王」はそれぞれ「漢初の諸侯王」の制度を用いることになっていました。
これは「諸侯王(王)は本来は軍権を含めてその領域内の君主として振る舞う存在」
という最初の制度にのっとるという事で、軍権なども持っていたのです。

列侯(郷侯なども含む)は県、郷などのレベルの封建君主で、
一応は封建された土地の君主です。
しかし軍事力は持たなかったと思われます。
仕官していなければ名目上の君主としてその地に居住しましたが、
仕官していれば別に封建された場所には住みません。
その地の統治は県令と同格の列侯国「相」が行います。

【540】Re:爵位について
 孫ぽこ WEB  - 2003/12/23(火) 13:07 -

引用なし
パスワード
   おおおっ(喜)!!

怨霊さんだー♪某スレいつも拝見しております。

>諸侯王(王)は本来は軍権を含めてその領域内の君主として振る舞う存在で、前漢では年号さえ独自のものを使用していました。皇帝の子だろうがそうでなかろうが、王はそういった存在です。

皇帝の子であってもやはりそうですか。そうなると、魯王に封じられたはずの孫覇の待遇が、皇太子である孫和とほとんど一緒で、同じ宮殿に住んでいたという、二宮の変の異常さが浮き彫りになってきますね・・・。怨霊様も某スレでおっしゃってましたが、孫権ってば、かなり既存の制度を無視しまくっています。

>ただし後漢以降ではかなり弱体化していて、諸侯王の「相」(旧名「丞相」)が郡太守と同等のものとして事実上国を統治しました。

諸侯王という事は、宗室王(皇帝の子等)の場合は、軍権は与えられていたのでしょうか?

>但し、曹操、劉備、孫権がなった「王」はそれぞれ「漢初の諸侯王」の制度を用いることになっていました。

あっそうか。孫権より先に曹操の例がありましたね。なるほど・・・。納得です。

色々とありがとうございます。怨霊さん光臨でちょっとハイな孫ぽこでした♪

【541】Re:爵位について
 怨霊  - 2003/12/23(火) 13:53 -

引用なし
パスワード
   ▼孫ぽこさん:

>♪某スレいつも拝見しております。

光栄です。こちらこそ、最近は魯粛伝楽しみに拝見しております。
今私が赤壁ネタを続けているのもそれが刺激になってます。
どこかで名無しでもいいので感想やご意見ご指摘など頂ければ幸いです。

>皇帝の子であってもやはりそうですか。そうなると、魯王に封じられたはずの孫覇の待遇が、皇太子である孫和とほとんど一緒で、同じ宮殿に住んでいたという、二宮の変の異常さが浮き彫りになってきますね・・・。怨霊様も某スレでおっしゃってましたが、孫権ってば、かなり既存の制度を無視しまくっています。

たしかにそうですね。呉は豪族連合政権的な支配体制に合わせるためか、
漢の伝統的な官制からは外れた部分が結構多いかもしれません。

>>ただし後漢以降ではかなり弱体化していて、諸侯王の「相」(旧名「丞相」)が郡太守と同等のものとして事実上国を統治しました。
>
>諸侯王という事は、宗室王(皇帝の子等)の場合は、軍権は与えられていたのでしょうか?

領内の軍事・警察は中尉の職掌です。名目上は王が最高司令官かもしれませんが、
どちらにしても狭い領内の軍事のみですので、
広大な領地と兵力を持つ国に封建されたのでなければ軍権というほどの力は無かったと思っていいのではないでしょうか。
王が軍権を有する場合、将軍位などを持つものと思われます(例:晋の八王など)。

  新規投稿 ┃ツリー ┃スレッド ┃一覧 ┃トピック ┃番号順 ┃検索 ┃設定 ┃ルール ┃外部カレンダ ┃フロント  
607 / 659 ツリー ←次へ前へ→
ページ:  ┃  記事番号:   
468,328
(SS)C-BOARD v3.8 is Free